kuri-ma さん プロフィール

  •  
kuri-maさん: 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
ハンドル名kuri-ma さん
ブログタイトル三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
ブログURLhttp://sangatusakura.seesaa.net/
サイト紹介文自作の純愛小説と詩のサイト。心がキュンとなる愛の物語。。。毎日ドキドキ連載中♪
自由文愛が連れてくる幸せと、いつか来る別れ。
でも、彼らには永遠の別れはなかった…。
三代に渡る愛の物語です。

Kuri-maの別ブログ「幽霊っているんでしょうか」http://kuri-ma.seesaa.net/で語る、
見えない世界、永遠の愛や、魂に通じるお話でもあります。

ブログタイトルと同名の小説の他に、『雪洗友禅物語』『忘れられた零地点』『あの人は広い傘をもっている』などがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2010/06/03 08:12

kuri-ma さんのブログ記事

  • (詩) 秋が連れてくるもの 2017 (「あき」を折り込んで)
  • いよいよ秋らしい季節となりました。秋 「あ」と「き」で作った即興の詩★    「 秋が連れてくるもの 」 秋が連れてくるもの 愛… それとも きまぐれ 秋が連れて来るもの 安心… それとも 危険?! 秋が連れてくるもの 明日… そして 希望 秋が連れて来るもの 足音… そして 気持ち あき 秋 空き 飽き 厭きあき…?! あき 秋 諦めない 諦めない 諦めない…  秋が連れて来るもの あなた… そし [続きを読む]
  • 159 《最終章》 21歳の純情2 ?三月さくら2017?  【三月さくらⅦ-4-3】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼将来有望な大学講師からナンパされた恵理、さて、どうする?!★ 恵理がはーっと息を吐いた。「どうしよう」「なんではっきり答えないんだ」と、志郎は言った。「気があるの?」「そんな…、ちょっとびっくりして」「断ったら話が済んだのに」と呟くと、志郎は店の奥の仕事に戻った。 恵理にバイトの娘(こ)が言った。「ねぇ、明日も来るんでしょう?なんて答えるの」「わ [続きを読む]
  • 157 《最終章》 志郎のお見合い3 ?三月さくら2017?  【三月さくらⅦ-4-2】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼マスター星矢と女子大生、恵理との会話★「でも、最近の女子大生は、学生でも派手だな」「そうかな。いろいろでしょ」「恵理は飾り気がなさ過ぎる。まぁ、あの娘(こ)たちみたいに、化粧してちゃらちゃらする必要はないけどな。若いというのはいいよ」「若いっていいと思う、マスターは?」「ああ。俺の学生時代は、ここのバイト一色で味気なかったが、今思うと楽しかったな [続きを読む]
  • (詩) 九月 孔雀の羽が広がる瞬間  2017
  • 秋ともなれば結婚式のシーズン。ゴールインするカップルに──おめでとうございます。これが新しい出発ですね。。。★「 九月 孔雀の羽が広がる瞬間 」苦労知らずと言われて くよくよ いつも 比べてばかりだったあの頃 孔雀の羽が広がる瞬間を 待ってる… くしゃみを我慢する辛さ 悔しい思い  繰り返す失敗ばかりの日々 暗闇のトンネルを抜ける時 今かも?    崩れたケーキのよう くしゃくしゃな笑顔  くす玉の [続きを読む]
  • 150 東京はじめてストーリー (前・後編)  【三月さくら】番外編
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼上京したての女の子がいきなりイケメン男性と二人きりで一日を過ごすことに。春の東京のデートスポットを舞台にした短いお話です★東京はじめてストーリー 大学進学のため上京したばかりのまだ肌寒い春の日。彼女は初めての経験をした。 東京の桜も初めてだった。 よく考えてみれば、その日は初めての体験ばかりだった。 子供の頃以来、東京は、修学旅行でディズニーラ [続きを読む]
  • (詩) 悔しいことがあっても 〜九月の応援歌〜  2017
  • 赤勝て、白勝て!がんばっての声があなたにも届きますように♪「 悔しいことがあっても 」〜九月の応援歌〜  悔しいことがあっても 腐っていないで あなたらしさが押し込められるから 空気を変えてしまおう  燻ぶった思いを吹き飛ばして 苦しいことがあっても 唇噛んで我慢する 次に笑うために  暗い闇夜のトンネルも  くぐり抜けられる  雲で覆われたどんより空も  くっきり晴れる日が来る   くよくよしない [続きを読む]
  • 23 《時の追いかけっこ》 「時」に勝つ方法(1)  [THE PAST POST]  
  • [THE PAST POST]  ▼△時の追いかけっこ△▼パーティーでスピーチを語り終えかすみの手を取る斉藤は…★「時」に勝つ方法 つい一ヵ月前には、まだ、日本に帰国してさえいなかった。ボランティアに身を奉げようと覚悟したわけではなく、ただ居場所を求めて、空と人々の瞳が限りなくきれいな、アジアの片田舎の村に引きこもっていた。 かすみと再び会えるなんて、夢にも思わなかった。永遠に会えないと思って、喪失感と後悔の念 [続きを読む]
  • 22 《時の追いかけっこ》 思 い  [THE PAST POST] 
  • [THE PAST POST]  ▼△時の追いかけっこ△▼さて、かすみが沈黙を破って語ります★思い パーティーが佳境に入ると、最近、現地に行って来たメンバーがスピーチするのが、恒例だという。 四年以上行きっぱなしだった私と、一年の任務を終えてから来たことがなかったというかすみ、両方に声が掛かった。 かすみがまず壇上に立った。現地の状況と活動した内容を簡単に説明してから、彼女は、しっかり顔を上げると話し始めた。「 [続きを読む]
  • 20 《時の追いかけっこ》 かすみの五年間(1)  [THE PAST POST] 
  • [THE PAST POST]  ▼△時の追いかけっこ△▼かすみの五年間 私の実家まで来た時には、すでに夜だった。 従妹が5年間乗った車は、古くはなっていたが、問題はなかった。愛着のあるこの車をキレイに使ってくれて、ありがたかった。従妹はこれを期に新しい車に買い替え、昨日は空港まで持ってくるように手配してくれたのだ。 二人で高校を後にしてから、五年前にできなかったドライブをし、夕食もすませていた。 かすみに、五 [続きを読む]
  • 18 《時の追いかけっこ》 最愛(2)  [THE PAST POST] 
  • [THE PAST POST]  ▼△時の追いかけっこ△▼ おそらく、とても長い間口付けをしていたのだろう。 夢の世界から帰ってきたように、目を開けると、またかすみを見つめた。彼女がゆっくりと目を開ける瞬間に、そのまつげが揺れ、じっと見つめ返してくれる。 私は、自然ににっこりと笑っていた。こんな風に笑ったのは、ずいぶん久し振りだった。 心にぽっかり風穴のようなものが空いていて、笑う時には普通の力ではできなかった [続きを読む]
  • (9月の詩)  なつかしい夏 あきらめない秋  2017
  • 夏の名残…かすかに漂う秋の気配…残暑の9月に送る愛の詩★「 なつかしい夏 あきらめない秋 」九月 雲を追いかけて  夏の端をつかまえて 九月 くるぶし見せてた  サンダルが懐かしい 九月 苦労したのに  最初から無理だったの?九月 黒い日焼けあと  まだ戻らないのが口惜しい九月  クスクス笑いは  卒業したわけではないけど 九月 くやしいけれど 私  あの日に帰れないくじけない 少女でいられた夏のま [続きを読む]