kuri-ma さん プロフィール

  •  
kuri-maさん: 三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
ハンドル名kuri-ma さん
ブログタイトル三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり
ブログURLhttp://sangatusakura.seesaa.net/
サイト紹介文自作の純愛小説と詩のサイト。心がキュンとなる愛の物語。。。毎日ドキドキ連載中♪
自由文愛が連れてくる幸せと、いつか来る別れ。
でも、彼らには永遠の別れはなかった…。
三代に渡る愛の物語です。

Kuri-maの別ブログ「幽霊っているんでしょうか」http://kuri-ma.seesaa.net/で語る、
見えない世界、永遠の愛や、魂に通じるお話でもあります。

ブログタイトルと同名の小説の他に、『雪洗友禅物語』『忘れられた零地点』『あの人は広い傘をもっている』などがあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2010/06/03 08:12

kuri-ma さんのブログ記事

  • (詩) 生まれた時から愛がすき?  ★2017★
  • ひとにとっていちばん大切なのが「愛」愛が命を、家族を、故郷を、そして時間を優しく包み、限りのあるものをエンドレスに 完全なものに変えていきます★「 生まれた時から愛がすき 」わたしたちが生まれた理由(わけ)、それは愛わたしたちが生きる意味、それは愛わたしたちが貴い理由(わけ)、それは生命(いのち)わたしたちが感じる意味、それは生命(いのち)お祖父ちゃんが走り回ったこの山々お祖母ちゃんが見つめていたあの海原 [続きを読む]
  • 5 梅の化身5  《 四月 しあわせの始まり》 【三月さくらⅢ1】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼魔法のように開かれなかった心が開くことがあります。葉奈の縮こまった心は本当は愛を求めているはず…★ 何気ないその会話を思い浮かべながら、一朗は常葉に言った。「葉奈にとっては、おじさんとおばさんが根っこですよね。その関係を切って自分は自分って生きるのは難しいでしょ。切花になっちゃったら、その花が咲き切ったらおしまいだ。根を張って、また次の花を咲か [続きを読む]
  • 4 梅の化身4  《 四月 しあわせの始まり》 【三月さくらⅢ1】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼朝見た悲しい夢の余韻が残っている一朗は葉奈の手を離しません★「私がもっと早く帰ってくればよかったのね。ずっと待っててくれたの、もしかして?」と、葉奈が言った。「待ってたさ。忘れられてるかと思いながら。お前の家も、梅の木のことも、俺のこともさ」「忘れられてると思っていたのは、私。嬉しいな、待っててくれたなんて」 実は一朗は、この何年もの間、葉奈が [続きを読む]
  • 3 梅の化身3  《 四月 しあわせの始まり》 【三月さくらⅢ1】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼一朗と葉奈の家は梅で結ばれた縁があります。ようやく葉奈と再会した一朗ですが…。今日の不思議な出来事は、彼にとっても、きっと忘れられないものになるでしょう★* 次の朝、一朗はいつものごとく出社ギリギリに起き、実家を出る時、葉奈の家を見た。橘家は固く門が閉ざされていた。何年も空家だったためか、まだ人が住んでいるとは思えないような、殺風景な寂びれた様 [続きを読む]
  • (詩) なぜあなたがいかなければならないのか  〜惜春2017〜 
  • ちょっと早すぎます。ちょっとまだ。。。惜しむ時間の猶予をくれませんか。。。★「 なぜあなたがいかなければならないのか 」〜 惜  春 〜  愛は蕾を解いて  生命の花を開いた  万物は季節がめぐるたび  あなたの愛と生命の証しを見せるだろう  永々代々となぜあなたがいかなければならないのかあなたの旅立ちの知らせの後そこここに桜の便りがありましたいつもより早い春の到来はあなたの出発を祝うかのようなぜこ [続きを読む]
  • 2 梅の化身2  《 四月 しあわせの始まり》 【三月さくらⅢ1】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼お見合いは悪くはありませんでしたが、一朗の心によぎった何かの予感。これって…★ 家に帰った頃には、もうすっかり日が落ちていた。母から見合いの事を訊かれた時も、父から同じことを訊かれた時も、「いい感じの人だったよ」と、答えながら、一朗は見合いした女性のことよりも、漠然とした別の女性の影で、心が落ち着かないのだった。 夜遅くなって、彼は気晴らしに外 [続きを読む]
  • 1 梅の化身1  《 四月 しあわせの始まり》 【三月さくらⅢ1】
  • 小説 ▼△三月 さくら待つ月四月 しあわせの始まり△▼今日もまた梅の木を見上げる彼の姿がありました。「待ち人暮らし」の達人、一朗の愛の生涯の物語──「三月さくら」のメインとなるお話を一挙再連載でお送りします★季節は早春梅の季節です★ 三月 さくら待つ月 四月 しあわせの始まり第Ⅲ部 四月、しあわせの始まり  第一章 命の芽生え生命(いのち)はすでに宿っている 母の胎なる大地に息吹はすでに潜んでいる  [続きを読む]
  • (詩) 三月、さくら待つ月  2017
  • 一月は一生懸命、二月は忍耐。「三月」といえば…、「さくら待つ月」今年も満開を待つばかりとなりました★「 三月、さくら待つ月 」 さりゆく冬を 風に感じ ささやくような 春の声を聞きながら 三月 さくら待つ月  さよならは 嫌だけれど いつまでも 慣れないけれど ああ 三月 さよならを越えて さいしゅっぱつ(再出発)をしなければ… さらさら流れる小川 さざ波 ゆるやかな湖畔にも もう時は訪れている 三 [続きを読む]
  • (詩) さき初めさくら  ?2017?
  • 春を待つ心別れをおそれる想い…タイトルを改め再登場!★「 さき初めさくら 」 触ったら 壊れそうな  さまよう心を つかめない  さくらの蕾は 固く結ばれたまま  さっきまで 笑っていたのに  さよならは きっと言えない  覚めない悪夢の中の  冴えないヒーローだった  悟ってもいい頃だね もう  支えがいるのは 僕の方だったと  触ったら 壊れそうな  さまよう心を つかまえて  最後まで笑顔でと [続きを読む]