goody-goody さん プロフィール

  •  
goody-goodyさん: 哲ノート
ハンドル名goody-goody さん
ブログタイトル哲ノート
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goody4350
サイト紹介文なんでも見てやろう。なんでもやってみよう。アクティブに物事を考え行動しようとがんばります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2010/06/04 09:41

goody-goody さんのブログ記事

  • 久が原 益の湯に浸かる
  • 「これぞ!! まさしく駅前温泉!!」五反田駅から“東急温泉ライン(自分で勝手に名づけちゃいました)”池上線に乗り込みます。池上線沿線はまさしく「温泉の宝庫」ですから…。 久が原の駅を降りて「歩いて41歩(実測)」で「天然温泉 益の湯」さんがあります。駅前温泉とはこのこと言うのでしょう。しかも大田区ですから天然温泉・黒湯が楽しめる便利な便利な銭湯です。ここの黒湯はそれほど黒くはないのですが、入ったとたん [続きを読む]
  • 世界報道写真展2017
  • 今年も恵比寿TOPミュージアム(写美ではない)でおこなわれている「世界報道写真展」に行ってきました。多くの大判写真のなかで、ある1枚の写真の前で立ち止まざるを得ませんでした。自宅の家の前で「なにか…」を訴える少女のまなざし今年の報道部門の題材はやはりシリア・イラク内戦、そしてIS問題が多く展示されています。  毎年思う事ですが、そんな過酷な状況の下で生活する庶民の営みがクローズアップされ、写真を通 [続きを読む]
  • ホットスプーンで牛すじ煮込みカレー
  • 池上線に乗る前に、五反田の街へ…ちょっと遅い昼飯に、前から気になっていたお店に。「ホットスプーン」というカレー屋さん「牛すじ煮込みカレー」だってさ。「牛すじ」「煮込み」って書いてあるだけでうまそうでしょ、しかも辛さとライスの量が選べて腹の調子と相談だ。「牛すじ煮込みカレー」辛口中盛りに「3種のトッピング」追加(玉子とほうれんそうとトマトブロッコリーにしました)で注文。ライスとともに鉄鍋に牛すじルー [続きを読む]
  • 下高井戸・月見湯に浸かる
  • 駅前に市場があったり、学校がたくさんあったりして、いつも“ごちゃごちゃザワザワ”していて活気がある下高井戸の駅に降りて、日大のほうに商店街を歩いてゆくと住宅街の中に温泉があります。「月見湯」です。 メタケイ酸フェリイオン(鉄分)を含む天然温泉で、住宅街であり学生街でもありますんで気軽に温泉がたのしめる身近な銭湯として人気があるようです。浴室に入ると、まぁ〜広い浴槽があり開放感もあってのんびりできそ [続きを読む]
  • 附子・黒塚 -国立能楽堂-
  • 「ただ喰え、ただ喰え…」「扇げや、扇げ…」(狂言「附子」から)今年も国立能楽堂で開催される能楽鑑賞教室に参加しました。能・狂言の普及を計って、中高生向けの公演ですが一般の人も見ることができます。(非常に人気が高く、チケットがなかなかとれません)内容もまずは「能楽のたのしみ」という実地体験での解説があり、狂言と能が一演目づつ演じられます。いづれも初心者でもわかりやすい演目を選んでいるのでわかりやすい [続きを読む]
  • オープンコンペ -川越グリーンクロス-
  • 今回は自分の腕を試したくてオープンコンペに出場(そんな大げさなことじゃないんだけどね…)渡し船でコースに向かう川越グリーンクロス荒川と入間川が合流する広大な河川敷に展開するゴルフ場です。河川敷なんで高低差はありませんが、ところどころ木々が生い茂り、池やクリーク・ハザードもうまく配置してあって、あなどれないコースです。(今回もナイスショットのつもりが木に当たったりして難儀しました。)  同じ“あなど [続きを読む]
  • 太子堂八幡神社の勝守り
  • いつもの世田谷線に乗ってトコトコと…三軒茶屋の1駅手前の「西太子堂駅」で降ります。 そこから住宅街のなかに入って数分、ちょっとした森と鳥居が見えてきました…。「太子堂八幡神社」平安時代の「前九年の役」に出兵する源頼義・義家がこの地で戦勝祈願したのが創立と呼ばれているようです。  ここにも「勝守り」があります。紺色字に兜をあしらい、裏には矢と刀が…なかなかカッコいい勝守りです。 [続きを読む]
  • 煮干鰮ラーメン圓の煮干ラーメン
  • 「ひる、なにすっかなぁ…」と、八王子夢美術館のあと京王八王子の駅に行くまで街中をテクテクと…。「あっそうだ…」昔行ったあの店に…。「煮干鰮ラーメン 圓」(イワシと読めなかったよな)甲州街道からちょっと路地に入ったところにある煮干し系のラーメン。(ホント路地裏の名店です)「煮干ラーメン」にメンマをトッピングいつもなら「ワンタン」を求めてさまようのですが、メンマ(シナチク)のなかでも“材木”と呼ばれる [続きを読む]
  • カッサンドル・ポスター展 -八王子夢美術館-
  • いずれもが、結構有名なポスターでしょ…これは行くしかないでしょで…で、八王子夢美術館に。(時々おぉっというのをやるんで、チェックしておかないと)「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」商業ポスターで先駆的で「革命」を起こしたとよばれるグラフィックデザイナー、カッサンドルの作品を集めた回顧展です。ポスターは第一コンタクトとしてのアイキャッチが大事であることは言うまでもないが、絵図・イラストの [続きを読む]
  • これも1打なんです。
  • 先日のゴルフ・ラウンドでのこと。「お先に…」1メートル足らずのボギーパットプライベートなんで「OK」でもよさそうだけど、フェースをあわせてちょこんと…ボールはカップをかすめて50センチくらい越えちゃった。「おいおい…なんだよぉ」返しは片手でチョンとたたいて、カップイン。「片手でも入るのになぁ…」…………。でもこのなんでもないわずかな1打があとでスコアに響くんだよな。それに気づくのは、大抵ラウンド終 [続きを読む]
  • 「妖精たちの宴」というジュース
  • ワァオ〜。最初ワインかと思った。「妖精たちの宴」なるものをいただき、箱を開けてみたら「まぁ高そ〜」なこと。岡山・蒜山高原の特産山ぶどうをベースにしたノンアルコールワイン「妖精たちの宴」のこれは特注100%果汁ジュース 山ぶどうそのものなんだけど、ネーミングの功か、おしゃれで“格”が上がるねぇ。栓開けると、ぶどうの香りがプ〜ンと…きちゃってさ、1口口に含むと「濃厚…!!おいしいでゲスヨ」なんか飲むのも [続きを読む]
  • 心の持ちようで… -こだま神川CC-
  • 6月最初のゴルフは“山の上にある”「こだま神川カントリークラブ」クルマでくねくね登ってゆくと、えぇ〜と開けるんだよね。ハイキングコースもあるし。コース内はあまりアップダウンはなく(谷越えはあるけど)(池もあるけど)快適です。(今回同伴した人によると、「数年前来た時よりコースのイメージが違っている」…どうやらトリッキーなコースレイアウトを改良しているみたい)(営業的な面でも違うしね)  さてさて…数 [続きを読む]
  • キクラゲと卵の炒め物
  • 食い物の好き嫌いというものは、だれにでもあることだし。それが「食べず嫌い」なのか、「苦手」なのかというのも、その人なりにある。今日は「キクラゲと卵の炒め物」中華料理屋さんでは定番かもしれないが、なんか体調が悪いのか箸がなかなかすすまない。ひさびさ食べたんで、「おいしい…」とか「ごはんにあう」とかの期待が強すぎたのかな。ガツガツと食べるどころか、なんとか食べきったって感じで、最後は箸でタマゴをつまみ [続きを読む]
  • ? So Many Stars ?
  • 連続勤務が続いて、疲れて家に帰る日々夜、一人部屋でふとこの人の歌声が聴きたくなっていつものCD棚へ…ナタリーコール「Ask a Woman Who Knows」おととしの暮れにお亡くなりになりましたが(しばし絶句。ちょっとショックでした)あの艶のある歌声はいつまでも耳に残っています。そのなかの“自分のベスト”のアルバムです。疲れたカラダにシ〜ンとした夜の静けさの中で聴く1曲として「So Many Stars」を…。カラダをクールダ [続きを読む]
  • 連続勤務の日々
  • 今日で8日目の連続勤務。前回の休みも外に出かけていたので、ホントのカラダを休めるOFF日でないのを含めると11日目だぁ…。毎日が同じことの繰り返しで、ただカラダが疲れるだけで、“発散がない”“発奮材料がない”の日々集中力もなく惰性ですごすだけなんで、なんか楽しみを見つけないとやるせないのだ。このブログを作るのもアリだし、(最近控えめの)メシを食うのもアリ?(ストレス喰いになっちゃうか)仕事終わって [続きを読む]
  • 幻滅だぁ!!
  • またまた電車の中。ある駅で見た目“こぎれい”で“ハイソ”でちょっと“ツンツン”した女性が乗車。(ちょっと目をひきます)となりの席に座ったとたん、スマホを取り出して…人差し指を上下左右に、“あの動き”をし始めました。げんなり!! 幻滅!! あなたもかぁ…人は見た目でもないし、だれが何しようが勝手だし、赤の他人が立ち入るのはもちろん、無関心を装うのがある意味礼儀なんだろうけど…さぁ。「幻滅だぁ…!!」 [続きを読む]
  • 宝華らぁめんのチャーシュー油そば
  • せっかく立川に寄ったんで「宝華いくかぁ…」と訪問(駅に近いんでね)宝華らぁめん チャーシュー油そば「チャーシュー アブラ 一丁!!」ここのチャーシュー好きなんだよね。厚くてさぁ、でも箸で切れるくらい柔らかくてさぁ、箸でほぐして油そばとまぜまぜしちゃうんだよ。調べてみたら、ちょうど1年前(2016-05-18)のブログでも訪問していて、注文したのも「チャーシュー油そば 中盛り」を頼んだと記事にありました。(1年 [続きを読む]
  • やすべえでつけ麺
  • ひさびさ「つけ麺屋 やすべえ」さんへ…。もう〇〇年前になるかなぁ…生まれて初めて「つけ麺」というものを食べたのが、「やすべえ」さん。(あとで調べたら15周年だそうです)まだ高田馬場(現・本店)しかなくて、こっち方面に行ったときは途中下車して何度も通ったっけなぁ。(今も昔も変わらず高田馬場駅・戸山口から降りるのが便利です)いまではラーメン屋さんのどこもかしこも「つけ麺」は百花繚乱の勢いがありますが、 [続きを読む]
  • 馬琴と国芳・国貞展 -太田記念美術館-
  • 原宿・表参道にある太田記念美術館へ…。今回は「馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月」展滝沢(曲亭)馬琴といえば「八犬伝」八犬伝の世界は浮世絵でも登場する八犬士たちが多く描かれており、事あるごとに出向いて鑑賞しています。今回の展示会は、当時のトップ絵師である歌川国芳と国貞の作品絵図を対比したおもしろい企画です。 犬飼現八と犬塚信乃が運命の出会いをし、お互い犬士同志とは気づかぬまま闘いをする有名な「芳流閣 [続きを読む]
  • 池袋・平和湯に浸かる
  • 池袋の北口から出て、シンボリックな清掃工場の煙突を眺めながら線路沿いを歩き、平和通り商店街に入ります。  若者文化の発信地の一つである池袋。巨大ターミナルと有数の繁華街をかかえる池袋でも、ちょっと歩けばまだまだ庶民的な街並みが駅のすぐ近くにあります。昔から池袋北口というと“夜の街”“中国人街”“エスニック”なんていうイメージがあり、いまでもちょっと路地に入るとなんか殺伐とした雰囲気があるのですが、 [続きを読む]
  • 八五郎出世 -池袋演芸場 六月上席-
  • 6月の寄席見物は池袋演芸場 上席夜の部から…。トリが“お目当ての”さん喬師匠、池袋演芸場はライブ感がたまらないので最前列に陣取って、高座の演者と目と目が逢いながら“緊張感をもって”寄席を堪能します。 今夜は何と言っても、トリのさん喬師匠が演じた「八五郎出世」好きな落語演目の1つで、さん喬師匠は時間をたっぷりとって、ウィットに富んだ表情・描写・情景をこまかに演じ分け、とっても良かったですね。(しかも [続きを読む]
  • いろり庵きらくのかき揚げそば
  • さあ6月スタートです。まずは腹ごしらえに駅にある「いろり庵きらく」というJR系列の立ち食いそば屋さんへ…。「かき揚げそば」420円内容からするとちょっと高めですけど、いままでの「立ち食いそば」のイメージからすると、そばも生そばのようだし、かき揚げ天もその場で揚げているようなんで良しとしますか。短時間で気軽に腹ごしらえ…というのは変わらないが、昔のちょっと暗めで、ちょっと汚いイメージはなく、昔は無縁 [続きを読む]
  • ザ・ソーセージ・トースト
  • 今日はOFF日冷蔵庫に頂いた“1本もの”のボロニア・ソーセージが…「ヨシッ!!」これを“自分の食べたい分”だけ包丁で分厚く切って、こんがり焼き目をつけて…さ。大好きな“希少部位”のパンの耳を両端2枚トーストして…さ。野菜を添えてはさんじゃって…さ、ボリューム満点、これぞ“ザ・ソーセージ・トースト”(勝手にネーミング)おもいっきり大きなクチをあけてガブリッと…「うまぁぁぁぁぁぁぁぁ…」ボロニア・ソーセ [続きを読む]
  • ガラモンとゼットン
  • “ドンキ”行ってフラフラしていたら、見つけちゃったもんだから手に取ってGO‼(“ドンキ”みたいな店って「なにがあるかな…」ってさまようのが楽しいお店ですからね…これだから衝動買いしちゃうんだけど)ごぞんじ「ガラモン」と「(最強)ゼットン」こんなのに見つめられちゃあ、手に取るしかないでしょ。さっそく自分の机に飾っちゃいました。なにか見守られている“守護神”みたいな存在です。 [続きを読む]