川越 さん プロフィール

  •  
川越さん: 旅とElmar&Hektor
ハンドル名川越 さん
ブログタイトル旅とElmar&Hektor
ブログURLhttp://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文旅行に温泉、キノコ狩り、山菜狩りにキャンプや自転車が大好き。写真やカメラ、キャンプ道具も大好きです。
自由文レンズはできる限り少なくしようと努力中。6×6はフレクサットに、マミヤ6(蛇腹)。ライカはM8がメインで、好きなレンズはHektorに SummarとSーロッコール。Summaron35/3.5に球面ズミにエルマリート1st、ルサール、キャノン19ミリと盛りだくさん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2010/06/04 14:42

川越 さんのブログ記事

  • 千代田光機 スーパーロッコール5センチ f2.0
  • 千代田光学(ミノルタ)のスーパーロッコール5センチ、f2.0の写りが好きで、長いこと手元に持っている。今までこのレンズの評価は気にすることなく時々持ち出していたけど、梅鉢と呼ばれた45ミリ、f2.8や50ミリ、f1.8に比べると良い評価を目にする機会はほとんどなかったような気がする。改めてネットでこのレンズの評価を探すと、出てくるのは「前ボケも後ボケも酷く、ハロも激しい。色味は薄い。レンズ枚数が多くヌケが悪い」と [続きを読む]
  • ズマール1本持って
  • 久しぶりにズマールを1本だけ持ってぶらぶらと歩いてみた。しかしよくもまぁこんなに小さいのにf2.0なんてレンズができたもんだ。逆光には弱いけど、それなりによく写る。ときにすごくいい雰囲気の写真になるのが古いレンズのいいところだけど、その個性を生かせる写真が意識して撮れれば最高なんだけど・・・。 [続きを読む]
  • やっと真夏らしくなった
  • 梅雨が明けてからというものずっと梅雨空が続いていたけど、やっと夏らしい天気になった。でも夕方からはまた雨らしい。どうやら10月並みの低気温になるという予報もあるので、今年はやっぱり冬が早いのかもしれない。ストーブの準備、薪の準備が不安だなぁ。ヤフオクにレンズを出してしまったので、最後のつもりでレッドフィルターを使って赤外線撮影の真似事。 [続きを読む]
  • 久々のヤフオク
  • ずいぶん久しぶりにヤフオクに出品した。持っていれば使うこともあるんだけど、なくても困ることはもうないだろうと思ったレンズたち。エルマー9センチはもう80年も前のものだけど、ちゃんと使えるのがすごい。もっとも今のレンズに比べると壊れているんじゃないかと思うくらい、写らないレンズでもある。9センチは小さいし軽いので、旅行にはよく連れ出した。9センチをよく使うと5センチはなんて広く写るのかとびっくりするけ [続きを読む]
  • 猛威の雑草パワー
  • 今年の夏は梅雨が明けてからというもの、ずっと雨が続いている。昨年も結構雨の多い夏だったけど今年はさらに多い。でも雨量自体はそれほど多いわけじゃなくて、川の水はかなり減水気味。こんな陽気なので雑草が伸びる伸びる。畑もあっという間に雑草に覆われてしまったし、家の窓も雑草に占拠されている。 [続きを読む]
  • 久しぶりの釣り
  • もう8月で釣りシーズンも来月で終了。そう思うとなんとか行きたくなってしまい、今日は天気がいまひとつだったけど行ってきた。途中であまりに人が多くてお盆だと気がついたけど、しょうがない。でもこの川にはなぜか人が一人もいない。下流にはいるのになぜ上流にいないのか不思議だったけど、稚魚もいなけりゃ逃げる魚もいない、もちろん魚の姿もついに一度も見ることなく終わってしまった。最高のポイントなのに全く反応がない [続きを読む]
  • 長野側から伏野峠へ
  • 昨日行ってきたコースは昨年の8月に行った峠(http://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/2016-08-25)と同じ場所を、今回は長野側から超えたもの。前回は8月の酷暑の中で、今回はずっと雨続きだったので降られるのを覚悟して行ったら、長野に入ったら快晴で日焼けが辛いほど。新潟の信濃川新潟では信濃川、長野に入ると同じ川が千曲川と名前が変わるが、なんとなく風景も変わって感じるのが面白い。今回は天気も変わったために余計に [続きを読む]
  • 走れるかなぁ?
  • 今日は久しぶりに曇り空なので、ちょっとサイクリング。距離は85キロほどなので問題ないんだけど、獲得標高は1,900m弱もある。先月は道がわからなくて挫折したけど、今回は多分大丈夫。ただねぇ、これだけ登りがあるんでどうなるかが不安。一番高いところは1,032mの長野と新潟の境にある伏野峠(ぶすの峠)。この峠には去年の8月に一度行ったけど、その時は新潟側から峠までで往復距離はわずかに70キロ弱。それでも途中で何度も止 [続きを読む]
  • イノシシの頭とレバーをもらった
  • 長野のまほろばのご主人に、駆除したイノシシの頭とレバーをいただいた。そういえばキャンプに行ったときに捕れたら欲しいとお願いしてあったのをすっかり忘れていた。早速皮を剥いでタンを外したけど、残念ながら散弾の玉がタンを貫いていて奥の方が食べられない。それでも一人で食べるには十分な量のタンや頬肉が取れたので、今晩は相棒がシチューにしてくれるようだ。タンは塩焼きがうまいので、焼いてくれるらしい。久しぶりの [続きを読む]
  • バブアー復活!
  • 以前「コットンのヤッケが欲しい(http://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/2017-02-07)」という記事の中で、バブアーのオイルジャケットが欲しいなんて話を書いたけど、先日ひょんなことから、30数年前によく使っていたバブアーのオイルジャケットが古本の山の中から発掘された。ずっと仕舞われていたので当然白カビに覆われていて、見つけたときは朽ちていて使えないだろうと思っていた。ところが、干しながらこまめにブラッシング [続きを読む]
  • 待ち合わせ
  • 久しぶりに新宿に出て友人と飲んだ。10年以上も前から「新宿は子供の街になった」なんて声を聞いていたけど、今回はそれを実感。とにかく若者が多いことは仕方ないとしても、かつては大人ばかりだった場所が若者に占拠されて、男も女もそれはそれは元気が良くて(なんだってあんなバカでかい声で話さなけりゃいけないんだ?)、同じスペースにいると疲れてしまう。こちらの年齢が上がって、若者のバイタリティについていけないって [続きを読む]
  • 東京へ
  • 土曜日から相棒は埼玉の川越へ、自分は東京に行ってきた。一番驚いたのは東京が様々な匂いに覆われていたこと。これは田舎に引っ越してから初めての経験だった。諸外国を旅するとき、飛行機から降りて最初に感じるのはその国の匂いだった時代があって、それぞれの国で匂いが違うものだなぁと思ったことがあったけど、それと同じことのようだ。季節の影響もあるかもしれないけど、排ガスやゴミを含めたモノ、食べ物、人の匂いなどが [続きを読む]
  • 久しぶりに欲しいレンズ
  • ニコンからDXフォーマット用、超広角ズームレンズAF-P DX 10-20mm F4.5-5.6G VRが出ていました。今までも12-24mmというズームレンズを使っていたけど、はっきり言って重くて最近はあまり持ち出したくないけど、他にないので仕方がなく使っている。でも10-20mmの重さは約230g。標準レンズ並みのお重さしかない。写りはもちろん納得レベルだし、値段が36,000〜40,000円程度とかなりリーズナブル。中古だともう少し安くなりそう。これ [続きを読む]
  • メキシコのビール
  • 相棒が「安かったから」と、メキシコのビールを買ってきた。こんなラベルだし、なかなか手を出す人がいなかったのか100円の値札が付いている。おまけに「Day of The Dead Beer」「Immmortal Beloved」「DEATH BECOMES YOU」なんて書いてある。でも味の方は日本製のさっぱりとは違うけど、案外いけている。まとめて買っても良かったかも。 [続きを読む]
  • お城までのサイクリング
  • 相棒も自転車で走ることが好きなんで、自分用のマウンテンバイクの他にロードバイクも持っている。でもドロップハンドルは怖いのでフラットバーにしてある。そのロードバイク、引越しをしてからというもの一度も乗らずに飾ってあるので、今日は近くの城まで走ることにした。距離は往復で2キロくらいかな?(^^;それでも結構な登りで相棒は途中押しの連続。まあおところでも乗って行くのは無理があると思う。それにうちの周りは激坂 [続きを読む]
  • ムラサキヤマドリタケ
  • 昨日はめぼしいキノコが見つからなかったけど、今日は別の山にちょっとだけ出かけてみた。残念ながらまだ少し早いのか、見つかったのはこの2本だけ。去年はブドウニガイグチも採ってしまったので、今回はすぐにかじってみたけど問題なし。昨日の成菌と合わせてスパゲッティにしてもらおう。 [続きを読む]
  • 夏のきのこ
  • 今年も夏のきのこが出てきたと耳に届くようになったので、ちょっとだけ山に行ってみた。見つかったのはちょっと時期が過ぎて成菌になったムラサキヤマドリタケが1本だけだったけど、アイタケ、アメリカウラベニイロガワリ、イグチの仲間のイロガワリやニガイグチちらほらとあったので、一雨きたあとに行けば見つかるかもしれない。そんなときなにやら獣が出てきたので見ていたら、タヌキが2匹戯れながら目の前に。夢中で遊んでい [続きを読む]
  • ネジバナ
  • ネジバナ、この時期うちの畑にはたくさん咲いている。大人になるまでは「ネジレバナ」だと思っていた。 [続きを読む]
  • 急がば回れ
  • 最近、夕方の一時を手持ちの刃物を研ぐ時間に当てている。刃物の研ぎで難しいのは刃先の平面(直線)を出すことだけど、それが思うようにいかない。横方向の平面はほぼ出せるのに、縦方向(刃物の厚み)が曲面になってしまうのだ。その理由は幾つか考えられるけど、基本的には砥石の平面が出せていないこと。長いことこの問題には自分では無理と目を背け、金盤を利用したり、ダイヤモンド砥石を使ったり、共摺りをしたり、安易な方 [続きを読む]
  • ノミを研いでみた
  • これもカンナと一緒にもらった、教材のノミ。鎬面がとにかくメチャククチャに乱れているので、一度に平面にしようと思うとやる気がなくなる。なので使いながら面を出せればと思い、まずは刃先を整えようと思いつつ研いでいる。最近、刃先はそこそこ付けられるようになったと思ったけど、こうしてアップにしてみるとまだ全然刃先が平面になっていないのがバレバレ。(^^; でも初めて研いだ頃に比べると、少なくとも刃先が少し砥げる [続きを読む]
  • 明治以前のイギリスで作られた橋梁鉄・・・の欠片
  • 刃物といえば、日本ではカンナでもノミでもナタでも包丁でも鋼が地金の先についているか、地金に鋼が挟まれている。これが当たり前と思っていると、どうやら地金がある刃物は日本固有のもので、他国ではほとんど全鋼が刃物の基本らしい。でも刃物が全部鋼でできていると硬くていいかもしれないけど、研ぐのはえらいことになる。金属用のヤスリや動力のあるヤスリを使ってバリバリ研いで行くなら全鋼でも問題はないんだろうけど、日 [続きを読む]
  • 金床の成形
  • 今日は時間と気持ちに余裕があるので、前々からやりたかった金床の成形に手をつけた。この金床は以前にもブログに出したことがあるけど(http://photo-bici.blog.so-net.ne.jp/2016-10-19)、鋸の歯を左右に振り分ける作業や、カンナの刃やノミの刃を裏から叩いて鋼の部分を伸ばしたいときに使う。そのときに道具の刃先を当てて叩くには、金床が曲面のほうが刃物の裏に線でなく点で当たるので都合がいい。そこで長四角の短編を1つ [続きを読む]
  • 毎年写していたかも
  • うちの周りには紫陽花の咲いている場所は1ヶ所しかなくて、どれも同じブルーのあじさいに見える。でも近くに寄ってみるとブルーも微妙に違っていて、やっぱり紫陽花はきれいだなぁと思う。若い頃にはあじさいにはあまり興味がなかったけど、なぜか年とともにあじさいに興味が出てきたかも。たぶん今の季節ってこともあるけど、毎年紫陽花の花をアップしているかもしれない。 [続きを読む]