こもれび さん プロフィール

  •  
こもれびさん: こもれびの風に吹かれて・・・
ハンドル名こもれび さん
ブログタイトルこもれびの風に吹かれて・・・
ブログURLhttp://ameblo.jp/komorebi2009/
サイト紹介文介護を通じて、利用者の笑顔とありがとうを集め、スタッフと一緒に人として成長することを楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/06/05 12:07

こもれび さんのブログ記事

  • ボトルネックを探せ。。
  • 先日読んだ「ザ・ゴール」その厚さに圧倒されつつも読み始めると以外にスムーズ、映画を観るような感じでした。 製造過程で完成までにどの部分がネックとなっているかを見つけます。そして、そこを通過する量が全体の生産量を決めるという観点から、まずはボトルネックを強化するというストーリーでした。(他の要因もありますが・・)また、効率を上げるために他の余裕ある工程をフル稼働させると、在庫が増えすぎてしまうと [続きを読む]
  • 組織内物語。。
  • 先日、「○○さんがいつも□□」という訴えがありました。??以前にも同じような話が・・と少し前を振り返ると○○さんが入れ替わっているだけで以前も同じことが・・まるで「伊豆の踊り子」の主役が時代によって変わってもストーリーは同じような感じです。わざわざ脚本を作っているわけではないのでしょうが、おもしろい現象です。 また、責任者が部署を変わっても、以前の部署と同じ現象が起こっているとの報告があります。 [続きを読む]
  • 本当に少子高齢化のせい?。。
  • 超少子高齢化、人工知能の進化、制度改定、人手不足・・と時代の変化は事実かもしれませんが、そこに便乗して、だから自社は・・と小さい会社が言い訳に使うのは要注意(^^) 20名程度の事業所で2名採用できないのは本当に人手不足が原因でしょうか?稼働率70%以下の事業所が介護報酬2%下がるから継続できないのでしょうか? むしろ2名採用する方法を考え抜くチャンス、何百人、何千人の採用なら影響あるかもし [続きを読む]
  • 会社の履歴書。。
  • 面接でたくさんの履歴書を拝見する機会がありますが、新入社員ではなくても真っ白な綺麗な履歴に出会います。貴重な履歴書です。それだけで判断するわけではありませんが、あまり若くして3つも4つも履歴があるのは、よほど職場との巡りあわせが悪いのか、本人に何か課題があるかのどちらかでしょう。人間関係も大きな要因になっています。 もちろんいろんな会社があり、個人もいろんな考え方があるので、価値観の違いという [続きを読む]
  • 2025年以降。。
  • 以前にも書いた2025年問題、65歳以上が3人に1人、75歳以上が5人に1人になるということです。ただ本当の課題はその前に総消費が減少、人口減少、税収の減少とそれを前提とした社会の枠組みの見直しです。2017年は2015年、2016年に準備してきたことの動き出す年ともいわれます。組織として本気でこれからの時代に向き合っていかないと、世の中の波に遊ばれてしまうかもしれません。あまりの進化の早さにフェ [続きを読む]
  • SNSの弊害。。
  • SNSを使っている間の子供達の脳には抑制がかかってしまうそうです。コミュニケーションツールとして簡単な文章のやり取りを続けている時、脳は寝てしまい子供たちの学力にも大きく影響してくるとか・・ これは年齢に関係ないようなので、会社で使用しているチャットワークは単に必要な連絡のみにして、返事は確認したことだけを伝え、長々としたやりとりにならない工夫が必要かもしれません。そういえば日本語になっていな [続きを読む]
  • 変えるものと変えないもの。。
  • 人生は投じたものしか返ってこない。人生に何を投じたか、その質と量が人生を決定する。という言葉があります。凡人にとって質とは熱意、量は時間でしょうか?もちろん仕事だけでなくいろんな時間も大切です。 ただし、会社を立ち上げると、膨大な時間と情熱を注いでいかないと育っていかない生き物のような存在と後から気付かされます。ここで早めに引き返すか、「大きくすることは考えていない」とそのままでいるという選択 [続きを読む]
  • アメーバブログとフェイスブック。。
  • 早めに寝てしまうと早く目が覚めてしまうという習慣のため日付が変わらないうちに起きてしまいました。せっかくなのであまり更新していなかったブログをいじってみることに・・ 最近はフェイスブックへの投稿が増え、ブログとの使い分けができなくなっていたため、ブログをフェイスブックに載せるのではなくフェイスブックがブログに出てくるというのがおもしろそうです。 さっそくチャレンジしてみることに・・ 通 [続きを読む]
  • What's起業家。。
  • 言葉遊び・・起業家という言葉があります。起業が仕事?起業し続けるのであればありかもしれませんが、一般的に何かを始める時が起業でありほんの一瞬。何年も起業家であるということは何も始めていないか、継続できていない証拠。さっさと抜け出さないといけないステージです。そもそも起業セミナーと経営指導をしようとしながら融資が受けられないという笑い話のような現実もあるくらいです。 「起業塾5年目の先輩」とか「 [続きを読む]
  • 継続こそサービスの基本。。
  • 時代の変化、変化と言ってましたが、実際に変化のスピードを感じられるようになってきました。高齢者の方は増えてもスタッフが集まらなくなるという予想が現実となりオープンできない施設・・PCの代わりにスマホが多用され、大手の検索サイトもスマホはスマホ用のサイトのみに対応?・・介護業界も大手は増収増益で小さい法人は□収□益・・ 大きな変化に逆らっても仕方ないので、スタッフさんに集まってもらえる方法を探す [続きを読む]
  • 介護事業継続のために介護事業者でなくなる。。
  • 医療・介護の報酬同時改定、それぞれ2年と3年周期のため6年毎に同時。今回は2018年、次は2024年、その次は2030年・・一方で2025年問題という言葉があります。2015年には団塊の世代の方が65歳に突入!(2015年問題?)と話題になっていたので、その10年後に75歳以上・・とあたり前といえばあたり前 一見高齢者の方が増えるので問題ではないように見えますが、その前に報酬改定(根底には財源) [続きを読む]
  • PDCAの『DO』を分解する。。
  • 「夢」「ビジョン」「目的」「目標」いろんな表現があるものの、なかなか具体化できずにいるのが一般的。これはPLAN(計画)をDO(実行)に移せないままでいるから、そして、その理由はDOが抽象的過ぎたり、難しすぎたりするせい・・かもしれません。 そこでDOを簡単にする方法を思いつきました。それは・・DOを細かく分解していって出来るDOにしてしまうことです。細かくすれば一つひとつの動作は『パソコンを開 [続きを読む]
  • 現状の風景を見直す。。
  • OA機器をはじめ世の中便利になっている?というより、様々な機能が追加され続けています。ただ機械は便利になっても、使う側がそのポテンシャルについていけないというのが現状かもしれません。 当社で使用しているグループウェアもスケジュール、ワークフロー(申請)だけでなく様々な機能が付いていますが、使っているのはわずか。むしろ使いにくい部分は別のグループウェアだったりして、今はそれがあたり前(師匠いわく [続きを読む]
  • 経営者の責任。。
  • 一倉定先生の社長学 第7巻「社長の条件」があまりにも心に突き刺さったので一部抜粋させていただきます。***** 会社は絶対につぶしてはならない。いつ、いかなる場合にも利益をあげて存続させなければならない。これが経営者の最低限度の社会的責任である。そこに働く人々の生活を保証するという社会的責任である。 次に、社会に貢献するという責任をもっている。そのためには、会社自体が繁栄しなければならないのだ。繁栄は [続きを読む]
  • うなづく人。。
  • 放課後等デイサービスのお仕事説明会を4回程開催しました。5名から20数名まで参加いただいた人数はバラバラですが、うなづく方が多いととても話しやすくなります。反対にほとんど無表情で聞かれていると100回話した以上にエネルギーを消費したような気分に・・(2回目からは先にお願いするようにしました) うなづくのは人の話を聞きだす傾聴力アップのためと説明していますが、実は人の雰囲気というかオーラのような [続きを読む]
  • 集客は営業マンでなく組織の仕事。。
  • 思っていることはブログ、単純な行動はフェイスブックと使い分けるつもりが、なかなか明確に分けることができないまま・・と、以上言い訳でした。 今では中小企業でもマーケティング等を学ぶ方が増えていますが、「営業」=マーケティングではなく、マーケティングの中でもステップを分けて考えることが大切のようです。最初のステップ「集客」・・これは会社あるいは社長の仕事。そして集まってきたお客様に買っていただく( [続きを読む]
  • 群馬の求人。。
  • 10月1日「内定解禁」とは経団連指針、実情は多くの会社が早々に内定を出しています。内々定という言葉で・・一方で群馬県の福祉系の学生さんの就活はとてもマイペース。10月に正式にエントリーして来る学生さんも初のエントリー。企業ものんびりしているせいか、多くの学生さんがまだこれから。先生によると専門学校では1割強しか内定していないそうです。(学校によるかもしれません) 福祉系の学生さんにとっては今か [続きを読む]
  • チラシの反応率。。
  • すっかりFbばかりになっていました。知らないうちにアメブロのフォームもかなり変わっています。(ちょっとした浦島太郎状態)ところで多くの方に何かを知らせたいとき、チラシという手段があります。これが住宅やリフォーム業界では反応率は10000分の1、5000分の1とかなり低いようです。一方小売店関係では100分の1(1%)、業種に違いがあるとはいえ介護の求人チラシも100枚に1件程度の問い合わせが欲しい [続きを読む]
  • 長期事業構想。。
  • 会社の規模に関係なく、長期事業の必要性がようやくわかってきました。「思考は実現する」といいます。思えば必ず実現するわけではありませんが、思わなければ可能性ゼロ。さらに今の延長にない目標を設定することで、今のままでいいという考えは消え、脳が何かを検索し始めるわけです。5年後の人件費を上げるために売上、粗利、経費、減価償却、販促費、そして売掛け、内部留保、流動負債なども全て連動してきます。そして、その [続きを読む]
  • 何のための会社。。
  • 何のための会社か?と問いかけたとき。業界を変える!地域を元気に!次世代のため!というと聞こえがいいですが、小さな会社は小さな会社なりにできることをしていくだけです。小さな1歩は小さな1歩、業界にも日本にも影響を与えることなく、自社なりの1歩でいいのかなと思います。(実際に業界を変えられるほどの企業は、変えるとは言わず勝手に変わっていきます)ただ、スタッフのお子さんとお会いして感じるのが、この子の成 [続きを読む]
  • 経営計画書。。
  • 5年間の経営計画を作成してみると、経常利益をはじめ売上、人件費、販促費、経費、減価償却、金利(営業外支出)などあらゆる数字が関係して、数字の整合性がとれるまで膨大な時間がかかります。売上が上がれば借り入れも必要になってきますし・・そして、数字を実際の行動に置き換えると何からしていいかわからない位、頭を使うことになります。これも先に数字を決めて追い込まれるから仕方なく考えることに・・電信柱が高いのも [続きを読む]
  • 社歴とネタつくり。。
  • 先日お会いした介護業界の20代の言葉「勤めたらそこで一生働くものだと思っていた」かつて存在した感覚ですが、最近は珍しい発言です。きっと、ご両親の姿勢から身についた感覚のような気がします。終身雇用崩壊という言葉が新鮮だった30年前に比べ、終身雇用という言葉さえ見かけなくなり、企業も個人もクール感満載。それはそれで時代の変化なのでしょうが、そろそろ世の中の大きな波を乗越えていく時代到来、少し軌道修正が [続きを読む]
  • 採用活動(方向性180度以内可)。。
  • 新卒採用、中途採用、いくつかの採用パターンがありますが、採用はスタートにすぎず、その後の時間の方が大切です。入社しても、つらくて3か月で辞めてしまっては採用になっていないのと同じ。1年たって少しだけ成長を感じつつ、続けていければ結果採用。(面接の最初にいつもお伝えしています)入社して5年もするとその会社でのやり方、考え方が身についてきます。そして新人さんに仕事を教え、チームをまとめる役割を担ってい [続きを読む]
  • 内定者家庭訪問。。
  • 今年から内定者の家庭訪問を始めることにしました。新規事業所は当然経験者主体ですが、新卒者の世代が中心となる10年後、20年後に向けての採用活動も必要です。採用にあたって、お子さんを育ててきたご両親の想いを聞くと同時に、責任もってお預かりする覚悟を再認識できます。初めて社会人になる子供さんとそのご両親は不安でいっぱいのはず。(家庭訪問でさらに不安が大きくなる可能性もありますが・・)わずか1時間ですが [続きを読む]
  • 想いの引き寄せに感謝。。
  • 研修中に手に取った1冊の本(講師の方の私物)、何気なく開いたページに最近の疑問を解決する答え発見しました。「人を呪わば穴二つ」負の感情は他人だけではなく自分にも返ってくるということです。想いのパワーについていろいろと書かれていました。「類は友を呼ぶ」という言葉も同じ想いが引き寄せるということかもしれません。想いは伝わる。というと不思議な感じがしますが、本気で営業の活動を始めると不思議なことに思いも [続きを読む]