越後屋 さん プロフィール

  •  
越後屋さん: これ旨いのか?
ハンドル名越後屋 さん
ブログタイトルこれ旨いのか?
ブログURLhttp://etigoya13.exblog.jp/
サイト紹介文食べたい!飲みたい!これ旨いのか?と思ったときだけ作って更新ブログ。だから不味いこともあるかも。
自由文せっかくロシアへ住んでいることだし、周りはロシア人だけしかいないわけだし美味しそうなものは作って食べてみたい!飲んでみたい!!と思って作ってみるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2010/06/06 01:48

越後屋 さんのブログ記事

  • 新生姜と揚げの炊き込みご飯
  • 〜材料〜米    2合新生姜  10?大2本油揚げ  2枚塩    小匙1/2薄口醤油 大匙1酒    大匙2水    300ml強〜作り方〜・新生姜はみじん切り、油揚げは湯通しした後にみじん切りにしておく。・米は洗ってざるに上げておく。・鍋に米/生姜と油揚げを入れ、塩から水までをよく間わざわせたものを上から入れ火にかける。・沸騰したらごく弱火にし蓋を... [続きを読む]
  • ДРАНИКИ С ГРИБАМИ
  •  今日は植物油と温かい料理を食べていいПост(ポスト/大斎:復活祭前の精進期間)の日にお薦めの ДРАНИКИ С ГРИБАМИ(ドラニキ ス グリバーミ/茸入り馬鈴薯パンケーキ)を作りました。 精進期間の料理にも合うように材料は簡素に動物性のものを使用せずに作っています。 そのため馬鈴薯の味や茸の味が決めて。 今日は新じゃがを使用したのだけれど、とても甘くて美味しかっ... [続きを読む]
  • 饅頭酒パン2回目、少しは進歩した?
  •  饅頭酒からの饅頭作りを飽きもせず続けていて、饅頭消費中合間には饅頭酒パンも作るようになってきました。 今日は連れ合いから誕生日プレゼントにもらったダッチオーブンで鍋焼きパンを作ってみました。 以前購入した楕円蓋つきの鋳鉄パンで焼いた時はそのパンには生地量多すぎて、釜伸びしたパン生地にくっきり蓋の跡がついてしまったけれど、今回はいい感じ。 パーチメントペーパーが小さすぎたために鍋へ移... [続きを読む]
  • 豚肉と日本の香り野菜でアジーカ炒め
  •  近所で筍を見かけるようになってきました。 出始めは値段が高いけれど小さくて柔らかくて美味しいですからね、やっぱり買ってしまいます。 今日は筍と豚肉のアジーカ炒めを夕食に作ることに。 筍が小さいので蓮根や牛蒡、独活に椎茸と舞茸でカサ増しして。 追加した野菜もАджика(アジーカ/グルジア(アブハジア)の唐辛子調味料)を相性抜群。 今年は頂き物がそろそろ残り少なくなってき... [続きを読む]
  • 2色おはぎ
  •  お彼岸が近づくと、近所の小さいスーパーのレジ前にお彼岸用お菓子なんていっておはぎが紹介されるようになると無性にたべたくなる。 以前岩手物産館でずんだあんだけ買ってあったので、大納言を煮て今日は2色おはぎ。 前回よりうるち米を増やし、水も気持ち多めに炊いたはずなのに…やっぱり今在庫のうるち米は硬めに炊きあがる。 次こそ柔らかめのうるち米ともち米で好みの食感のおはぎを目指すぞ! 市販... [続きを読む]
  • 激旨チキンライスで誕生日
  •  今年の誕生日は連れ合いも出張に出ることなく日本にいたので駐在中にプレゼントとしてもらっていたチケットの未消化料理をお願いしました。 チキンライス。 今までは最後に入れていたケチャップとトマトピューレを今日は具を炒めるときに入れ、その後にご飯を加えて仕上げてもらったんです。 パラリとしていて苦手なケチャップの酸味や甘みがきになら無くなっていました。 テレビに出ていたカリスマ... [続きを読む]
  • サーモンのタルタルスティックセニュール入り
  •  今図書館から借りてきている「フランス人は、3つの調理法で野菜を食べる。(ごちそうサラダ、エチュベ(蒸し煮)、オーブン焼き…フランス家庭に習う、野菜料理の決定版82品)上田淳子 誠文堂新光社」は食べたいと思う料理が載っていて野菜の消費量が順調に増えています。 もともと野菜をたっぷり摂るためにサラダ以外で何かと探しているときに見かけた本で予約していたもの。 結構人気で予約してから... [続きを読む]
  • 「初かつを」をいただく
  •  祖母が亡くなって以来もう20年くらい食べていなかった「初かつを」。 なぜだったかきっかけが思い出せないのだけれど、急に食べたくなりネットで検索。 現在も三越や高島屋で曜日が決まっているとはいえ東京でも買うことができるとわかり、外出の移動時に途中下車して買ってきました。 新宿高島屋の地下にある全国の銘菓を集めたコーナーはなかなかの充実ぶりでいい感じ。 祖母が買ってきていたも... [続きを読む]
  • 饅頭酒からパンを焼く
  •  饅頭酒と強力粉を合わせて混ぜることを3日繰り返し、日に日に発酵力が上がってきたのでパンを焼いてみる。 駐在中自家製酵母を起こして焼くパンを何度か試したけれど、今思えば失敗といってもいい焼き上がりばかり。 ライ麦粉で種を起こして焼くパンを習うまで天然酵母のパンを焼くことはありませんでした。 どうにも苦手で。 ライ麦パンがこのところ安定して焼けるようになり、饅頭酒もぶくぶくと良く発酵... [続きを読む]
  • 豌豆豆で春サラダ
  •  豌豆豆をベーコンとレタスとともに煮たもので今年の豌豆豆シーズンが始まりましたが、今日はサラダ。 お供はカリフラワーとスナップエンドウ、それに春の味覚菜の花を加えて。 鞘を剥き、鞘と水でまずは茹でるためのスープを取ってから豆類を茹でています。 豌豆豆に皺が寄らないよう気をつけながら。 プリッと仕上がり気分華やぐ。 今日のドレッシングは駐在中から気になっていた修道院のレシピ... [続きを読む]
  • 饅頭酒使用の生地で肉まんを作る
  •  饅頭酒から饅頭という作業が安定してきて饅頭の在庫がなくなると饅頭を作るということが定着。 おかげで小麦粉の消費が早い。 今日は昨日夜に生地と餡を仕込んでおき、朝起きてから捏ね→整形した饅頭を蒸す。 お昼に作りたて熱々肉まんを食べることができるっていいわ。 餡は5mm厚ぐらいの豚肩ロースをみじん切りにし、牛蒡/干し椎茸/赤味噌/味醂/日本酒/塩/胡椒を入れよく混ぜ合わせ一晩冷蔵庫... [続きを読む]
  • 白花豆と白キノコのコロッケ
  •  村にいた時は毎日通っていたロシア人宅が精進をかなり守る方だったのでついでに我が家も精進料理が多かったけれど、食材がまだまだ少ないこの時期精進料理の大きな一角を占める素材のひとつは乾物の豆やキノコでした。 そんなことをПост(ポスト/大斎:復活祭前の精進期間)の期間が始まってから思い出していました。 夕食は豆とキノコを使ったコロッケをメインに。 白花豆を鍋いっぱい戻してやわ... [続きを読む]
  • もちもちどら焼きを焼く
  •  最近饅頭酒から作る饅頭も安定してきて日本のおやつにはまっています。 饅頭用に餡子と焼き芋ペーストを作ったので饅頭の前にどら焼きに。 今日のどら焼きの皮は私の好きなもちもちタイプ。 駐在中ケーキでもち粉を使った時ももちもちだったと今頃思い出す。 本当にもちもち〜。 これ別のお菓子も作れそう。 このところ粉の消費が順調で古くなる前にきちんと循環できるようになってよかった。 どら... [続きを読む]
  • 新生姜と湯葉の炊き込みご飯
  •  先日築地へ行ったときに新生姜がお手ごろ価格で出ていたので作りたかった炊き込みご飯を作る。 根生姜で作ることもあるけれど、やはり新生姜で作ると歯ざわりや香りとも清々しく美味しい。 いつもは油揚げと一緒に炊き込みますが、今日は板湯葉を戻して刻んだものとともに。 新生姜2株をひたすらみじん切りにして板湯葉4枚も刻んでたっぷりと。 土鍋の蓋を取ったら立ち上る湯気までご馳走な香り♪ 新生姜... [続きを読む]
  • 美味しかったトルコ航空の機内食を再現する
  •  航空会社都合で日本への復路がトルコ航空に変更となった時3回食べた機内食はどれも美味しかったなと昨日急に思い出す。 中でもクミンとコリアンダーの風味が豊かなケバブが記憶に残っているとアツく連れ合いに語るも全く別のことを考えていたみたいで話がかみ合わず…。 3回ほど復唱してやっと食べてみたいかもという話になり今日の夕食は機内食再現料理となりました。 牛肉のケバブとインゲン豆のト... [続きを読む]
  • 初饅頭酒から作った酒饅頭蒸しあがる
  •  冷やご飯と麹で饅頭酒を仕込んでの酒饅頭を初めて作ってみる。 日光の湯沢屋の酒饅頭が大好きでいつでも食べたいのだけれど、すぐに買いに行くという距離でもないため一度作ってみたかった。 饅頭が売りのカフェで饅頭を食べて以来饅頭気分持続中で何度か重曹使用の饅頭を作り、甘酒+イーストの生地で作るうちに「やっぱり饅頭酒から作ってみよう!」と饅頭酒を仕込んだのが1週間以上前…。 忘れそうだったわ... [続きを読む]
  • 酒粕入り生地で餡入りЖаворонки
  •  ちょっと色黒に焼きあがったЖаворонки(ジャボロンキ/ひばりパン)。 今回は生地に熟成して色が茶色くなっている酒粕を使用したので焼く前から色黒に。 その代わり酒粕が生地に滑らかに混ざって香りも高く美味しい。 餡子入れて成形はわたしには難しいかった。 生地の状態は良くて成形しやすいのだけれど、細長く延ばすときに餡子が出てきてしまうため、どうしても短めになってずんぐ... [続きを読む]
  • Жаворонки(ジャボロンキ)でほっと一服
  •  ロシアでПасха(パスハ/復活祭)前の春が感じられる様になって来た時期に食べるЖаворонки(ジャボロンキ/ひばりパン)を急に食べたくなり夜作り始める。 精進レシピでちょっぴり和風ジャボロンキ。 生地に酒粕を入れ、いつもは入れないけれど、中に餡を巻き込んでみました。 目も小豆。 連れ合いが干しぶどうが苦手なので小豆で目っていいかも。 生地は砂糖の量がイーストの餌程... [続きを読む]
  • МасленицаにはБлиныを食べましょう
  •  今日から26日までがロシア正教における今年のМасленица(マースレニッツァ/大斎前週・バター祭・謝肉祭)。 初日ののБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)は重曹を入れたブリヌ位にしました。 昨日試し焼きしたものよりも村でいただいていたブリヌイに似た焼き上がり。 連れ合いにも「今日の方がブリヌイらしい仕上がりだ」と褒められる。 もっちりで好き。 強力粉/牛乳/... [続きを読む]
  • ラム丼と大根サラダの夕食
  •  今日はラム丼。 簡単美味しいしかもいつも作っているものより具も少ないので準備も簡単いいことばかり。 ラムだけだとちょっと少ないかもと今日は鶏肉も混ざっていますが、次回はラムだけがっつりいきたい。 ラム/玉ねぎだけの具材で仕上げにコリアンダーをたっぷり刻んで乗せる。 最高。 スパイスもコリアンダー/クミン/チリと簡素なのだけれど、食べるとチリの辛さ、コリアンダーやクミンの... [続きを読む]
  • 予行練習のБлины(ブリヌイ)を焼く
  •  20日から26日が今年のМасленица(マスーレニッツァ/大斎前週・バター祭・謝肉祭)ということで、練習を兼ね久しぶりにБлины(ブリヌイ/ロシア風クレープ)を焼く。 今日はイースト生地と重曹生地の2種類。 重曹は実は初めて。 私がイースト発酵の生地が好みなものでつい重曹の生地は後回しにしていたら今まで一度も焼かずにきてしまっていました。 イースト生地の方はイースト... [続きを読む]
  • 野菜たっぷりカレーの日
  •  八百屋で大袋入り鞘隠元豆が安くて買った時に2種類の料理が頭に浮かぶ。 連れ合いに希望を聞いた結果今回このやっぷり鞘隠元豆はカレーにすることに。 ああ、やっぱり長粒米買おう。 今日のご飯はキノコピラフ。  「もっと食べたいインド料理 ミラ・メータ著文化出版局」から。 作るたびに思うけれど桂皮と月桂樹を炒めてから作るこのピラフの甘い香りが好き。 一番最初にこのレシピで作... [続きを読む]
  • 散歩の途中マンヂウで一息
  •  テレビ朝日の「東京サイト」という番組で今週はこだわったカフェというテーマで興味深いカフェが毎日紹介されていました。 そんな中散歩圏内で店の見た目も特化して出しているマンヂウも美味しそうだったmugimaru2へ行ってきました。 今日はずっと神楽坂の表通りより1本内側をぶらりと散歩して今まで気づかなかったお店を冷やかしながらお目当てのお店へ到着。 いやー本当にテレビで見ていなかったら... [続きを読む]
  • 膨らみすぎて蓋の跡つくチーズパン
  •  最近家で食べる食事パンといえば空焼きした鍋に低温で長時間発酵させた捏ねないパンか黒パンばかりですが、今日もその捏ねないパンを焼く。 連れ合いが健康診断で摂取推奨された乳製品をとチーズパン。 今までは琺瑯の鍋を使っていたのだけれど、最近絶賛使い込み中鋳鉄の蓋つき楕円鍋を使ってみようとそちらに変えてみました。 初めて使う鍋なのに、生地量を琺瑯の鍋の時より少し多くしてしまったもので... [続きを読む]