旦那 さん プロフィール

  •  
旦那さん: Albatrus Club
ハンドル名旦那 さん
ブログタイトルAlbatrus Club
ブログURLhttp://albatrusclub.blog10.fc2.com/
サイト紹介文日常の何気ない事を写真を交え綴っております。 休日は、趣味の野鳥撮影に精を出していす。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供243回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2010/06/07 16:19

旦那 さんのブログ記事

  • 17 5月27日 山の鳥観察
  • 地元の山と河口を覗いてみた。まず山。ヤマガラの雛が飛び回っていた。キビタキの声が聞こえるが姿は見れない。淋しい限りの鳥見。河口の干潟を見ると鳥影なし、即退散。帰宅したのは10時頃だった。終わり。この日は妻の誕生日で夕食は駅前の焼き鳥屋、2人で8600円也。ツバメ、泥を運んでいた。ミサゴ、上空通過。CANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM [続きを読む]
  • 17 5月20日 夏鳥観察
  • 原生林に行って来た。まずはいつものようにミソサザイの声を聞きながら登って行く。他にコルリ、オオルリ、ジュウイチ、アカショウビン、コガラ、ヒガラ、カッコウ、ツツドリなど声だけは聞こえて来る。6時から10時までの「朝の部」で撮れたのはゴジュウカラのみ、昼食を取り少し昼寝して午後から頑張ろうと思ったが、起きると帰路に就いていた。終わり。1度見かけたことがある。docomo SH-04GゴジュウカラCANON EOS 7D MarkII/EF1 [続きを読む]
  • 17 5月14日 夏鳥観察
  • そろそろ渡りは終盤か、登場メンバーも変わりつつあり、鳥群も薄いような気がする。オオムシクイが高い所で鳴いているが見るだけで精一杯。暫くあとを追ったが諦める。キビタキがまだうろうろしていた。前回に続きまたサンコウチョウ出現、ギャラリー多し。今回のは愛想がよく、長い時間皆を楽しませていた。最後にイカルを見て終了。サンコウチョウキビタキCANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM今日もガッツリ疲 [続きを読む]
  • 夏用シートカバー
  • 生憎の天気、10時近くまで寝ていた。起きると雨は上がっていたが、寒い。かかりつけ医に「1日20〜30分歩きなさい」と言われた。思い立って買い物に歩いて行くことにした。毎日はちょっと難しいな。午後から母の所に行き、その後オートバックスへ。今度はは車で。夏用のシートカバーを物色するが、合うものがなく隣接のコーナンで調達。夏準備OK! [続きを読む]
  • 17 5月5日 夏鳥観察
  • まずはコルリ、時折出て来ては水を飲んでいる。同じ場所でスズメが群れていて、ざわざわしてややこしい。キビタキも何度か姿を現してくれた。サンコウチョウを暫く待ってみたが、気配がない。辺りを一回りして戻ってみると別の場所で出てるらしい。行ってみると凄い人だかり。木の間を行ったり来たり、ややこしい所ではゆったりとしているのに、不思議と抜けた所では直ぐに移動してしまう。姿が見えると兎に角シャッターを押した。 [続きを読む]
  • 17 5月3日 帰る日
  • 最終日、午後の新幹線。鳥の状況、交通事情やチェックアウトの時間を考えると、鳥見は取止めゆっくりと帰り支度をすることにした。8時に目覚ましセットだったけれど、6時過ぎには目が覚める。7時、朝食を食いに1階に下りると、長蛇の列。さすが祝日、昨日は数える程だったのに。1度部屋に戻り時間を置いて食べた。朝食、和も洋も頂きました。お世話になりました。 [続きを読む]
  • 17 5月2日 シギ・チドリ類観察
  • 2日目、昨日と同じ場所を目指す。ほぼひと駅分歩くことにした。途中「カシャカシャ」と騒がしい声が聞こえて来た。なんとカササギだった。さすが九州、普通に民家に居るんだなあ。干潟に到着、果てしなく引いていて鳥は遠くで採餌しているのが見える。キョウジョシギキアシシギCANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM11時頃から3時頃までへたり込んでいたことになる。 [続きを読む]
  • 17 5月1日 シギ・チドリ類観察
  • 鉄道を利用してシギチ観察に行って来た。現地到着は11時頃。キャリーケースを駅のコインロッカーに預けようと試みたが、入らずホテルに向かう。またこのホテルが不便で駅の真東にあるのだが、改札口は西側にしかなく線路沿いを北か南に行き踏み切りを渡り、また戻ると云う格好だ。ダイゼンシロチドリCANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM [続きを読む]
  • 17 4月30日 シギ・チドリ類観察
  • シギチを見に西へ。防波堤からざっと見ると干潟は出ているが、人が沢山居て鳥の姿なし。カメラマンが2人佇んでいた。この場所を諦め少し戻って浜へ。20名くらいの団体さん、観察会だろう。メインの干潟に進むと数名と賑わっている。この季節ならでは。チュウシャクシギ1羽割と近くに居た。あとメダイチドリ1羽とシロチドリ2羽。ハヤブサが時折飛んで場を荒らしていた。おわり。チュウシャクシギ、ハヤブサに狙われていた。メダイチ [続きを読む]
  • 17 4月29日 夏鳥観察
  • 今日は違うルートを辿る。まずキビタキとコサメビタキ、樹上高所でうろうろ、まったく撮らせてくれない。その後もキビタキやオオルリに出会うが手強い。そんなことが続きまたもエナガの雛たちが現れる。そろそろ帰ろうと思った時「ヨタカ出た!」の一報が入る。そらから右往左往、上を下への大騒ぎ。撮れたのは逆光や暗い所。一度好位置に居たけれど、チャンスを逃してしまった。おわり。ヨタカエナガCANON EOS 7D MarkII/EF100-40 [続きを読む]
  • 17 4月22日 オオソリハシシギ観察
  • 大きなカメラ屋のあるビルの8階で昼めしを食べ干潟に向かった。到着したのは既に3時だった。遠くの干潟に3羽寝ている。どんどんと潮が満ちて来て行動し始めたのは、4時前。逆光とはいかないまでも光線悪く、タイムリミットと云うこともあり終了。オオソリハシシギセグロカモメミサゴCANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM (トリミング) [続きを読む]
  • 17 4月22日 夏鳥観察
  • このところずっと同じ場所での鳥見。まずオオルリの♂を見たが、直ぐに飛んで行ってしまった。次に現れたのがエナガ、今日はこのエナガをあちらこちらで沢山見ることになった。林縁でクロツグミを発見、こちらも直ぐにへこんでそれ切り。エナガキビタキCANON EOS 7D MarkII/EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM [続きを読む]
  • 母もまた
  • 女子プロゴルフ、久しぶりに上田桃子の名前、注目していたが残念だったようだ。阪神もこのところ調子がいい、今日も勝利した。今朝は車のチェーン、冬物の備品を引き上げたりと少し整理した。午後から母の所へ。このところマスクして行くので、毎回「風邪ひいたのか?」と言われる。そう云う本人も行く度に鼻水をたらしているので、きっと母も花粉症に違いない。久しぶりの広角レンズを引っ張り出し近くの公園へ行ってみた。CANON [続きを読む]
  • 17 4月15日 夏鳥観察
  • 持病のひとつである腰痛で最近悩まされていたが、落ち着いて来たので行ってみる。駅までの距離どれくらいかかるのだろうと計ってみると20分ほどだった。GWの参考にと。午後から降りそうなので折りたたみ傘持参。まずはカモ。先日の雑種と奇妙な姿のヒドリガモをと。しかし旅立ってしまったのだろうキンクロハジロしか居なかった。シロハラ、ツグミなど冬鳥もまだ多し、エナガの姿も見られた。オオルリを一瞬見たが、それきり。セン [続きを読む]