usamama44 さん プロフィール

  •  
usamama44さん: ヨンジュンssiとカッチカジャ〜
ハンドル名usamama44 さん
ブログタイトルヨンジュンssiとカッチカジャ〜
ブログURLhttp://usamama44.blog57.fc2.com/
サイト紹介文ペ・ヨンジュンssiの懐かしい記事や写真、最新の写真からwebニュース等楽しみながら一緒に癒されましょう!
自由文BYJモバイルサイトの情報も紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供811回 / 365日(平均15.6回/週) - 参加 2010/06/10 21:45

usamama44 さんのブログ記事

  • 韓国初のアイドルフェスティバル
  • アイドル250人が集結!韓国初のアイドルフェスティバル「idolCON」開催アイドルフェスティバル「idolCON」が25日、公式Facebookを通じて31組250人のラインナップ及び体験コンベンションプログラムを公開した。「idolCON」ラインナップによると、60分間1組のライブトークショーを楽しむことができる「トークコンサート」に、Block BのユニットBASTARZ、B1A4、OH MY GIRL、DAY6、gugudanなど人気アイドルグループが出演を確定した。 [続きを読む]
  • 「実物が1番綺麗な韓国女優」
  • 「実物が1番綺麗な韓国女優」に選ばれたのは?…関係者たちが口を揃えて“ソン・ヘギョ”と回答TRENDY「江南(カンナム) スタイル」放送画面キャプチャーKangNam(カンナム) がソン・ヘギョの美貌を激賞した。韓国で22日放送予定の女性娯楽チャンネルTRENDY「江南(カンナム) スタイル」第6話では、5月の花嫁を一層美しくするウェディングドレスが紹介される。この日の放送では、MCのKangNamがミス・コリアのキム・ジョンジンと共に20 [続きを読む]
  • 「冬のソナタ2」日本でさらに…
  • 「冬のソナタ2」日本でさらに注目される理由韓流ドラマ「冬のソナタ」の続編への関心が日本でさらに熱く目を引く。「冬のソナタ」は、2002年KBS 2TVが放送して翌年、日本NHKを通じて現地に紹介されて空前のヒットを記録した。日本の中高年層の女性視聴者の感受性を刺激する愛の物語で共感を得て、現在まで最高の韓流ドラマに選ばれている。それだけに、その続編に関する情報も重要ヒ考慮される。 日本の雑誌「女性自身」は、10日と [続きを読む]
  • 韓国ファンが選ぶ「一緒に日本に…
  • 韓国ファンが選ぶ「一緒に日本に行きたい芸能人」ランキング発表…東方神起 ユンホらがランクイン日本旅行で一緒に花見をしたいスターが発表された。コミュニティポータルサイトdcinside(代表:キム・ユシク) と趣向検索企業mycelebs(代表:シン・ジヒョン) が運営中のEXCITING DCが「一緒に日本旅行に行って花見をしたいスターは?」という投票を実施した結果、キム・スヒョンが1位となった。9日から15日まで7日間にわたって行わ [続きを読む]
  • 作家が読み解く「韓ドラの凄ワザ!」
  • 【新連載】15年間で500作品見た作家が読み解く「韓ドラの凄ワザ!」2017年04月10日再ブームの予感がする韓国ドラマ。そんな“韓ドラ”の凄ワザを、『定年後の韓国ドラマ』(幻冬舎新書)の著書もある、韓国ドラマを15年間で500作品見た、作家・藤脇邦夫が読み解く! 【第1回】冬ソナ以前と以後。韓国ドラマに日本人の感情が震えた! 2002年に韓国で制作された『冬の恋歌』(邦題:冬のソナタ)は、取り立てて深い理由のないまま [続きを読む]
  • 韓日関係と旅行は別?
  • 韓日関係と旅行は別? 訪日韓国人観光客が先月30%増先月日本を訪れた韓国人観光客の数が前年同月に比べ30%増加した。韓日関係の冷え込みは韓国人が日本への旅行を決める際に大きな影響を与えていないようだ。外国人観光客でにぎわう東京の築地市場 日本政府観光局は20日までに、3月の訪日観光客を前年同月比9.5%増の220万5700人と集計した。3月としては過去最多となった。このうち韓国からの観光客は48万 [続きを読む]
  • 近々恋人を軍隊に送る…
  • 近々恋人を軍隊に送らなければいけない“ゴムシン”3人!?本日(4月20日)、「東方神起」ユンホの軍除隊のニュースが伝えられましたね!彼の帰りを待っていたファンの方も多かったことではないでしょうか?そこで、今日注目してみたいのは、帰ってくる者あれば行く者あり!ということで、近々徴兵に行ってしまう男性芸能人の“彼女さん”たちです。韓国では彼氏を徴兵に送った彼女を“ゴムシン(ゴムの靴)”と言います。約2年間の [続きを読む]
  • ユミン(笛木優子)が突然日本へ…
  • 韓国で絶大な人気を誇ったユミン(笛木優子)が突然日本へ帰国した理由とは?韓国では“ユミン”という芸名で活動していた女優笛木優子。華やかに見えた韓国での活動を辞め、彼女が日本へ電撃帰国した理由が明らかになりました。4月16日、MBC-TV「セクションTV芸能通信」では“スターとマネージャー”という主題でトークが展開されました。この日、一人の記者が笛木優子の事例を公開しました。過去笛木は“ユミン”として韓国で絶 [続きを読む]
  • 移籍:パク・ソジュン&元KARAハラ…
  • 移籍:パク・ソジュン&元KARAハラ、キーイースト子会社へ俳優パク・ソジュンとKARAのメンバーだったク・ハラが、キーイーストが新設する子会社に移籍する。 芸能関係者が18日に語ったところによると、パク・ソジュンやク・ハラらは、キーイーストが7月1日付で新設するマネージメント子会社コンテンツY(仮称)に移籍する予定だという。パク・ソジュンやク・ハラらは、キーイーストのエンターテインメント事業部門代表であるヤン [続きを読む]
  • 韓国で納豆が人気 
  • 韓国で納豆が人気 市場規模10年で10倍に韓国で納豆の販売がこの10年で10倍に拡大した。健康に良い食品として関心を集めている。ある大型スーパーでは、大豆を発酵させた韓国の伝統食品、チョングクチャンの売上高を上回った。韓国メーカーが製造する納豆 調査会社リンクアズテックと食品業界によると、納豆の市場規模は昨年約250億ウォン(約24億円)で、前年に比べ59.4%拡大した。納豆の販売が本格化した20 [続きを読む]
  • 投資の鬼才 'ペ・ヨンジュン…今度は
  • 投資の鬼才 'ペ・ヨンジュン…今度はコーヒーにハマる韓流スターであり芸能企画会社キーイーストの最大株主であるペ・ヨンジュン(写真)氏が、様々な投資で注目されている。彼は投資家を募集して企業を買収した後、企業価値を上げ、投資の価値を高めて投資回収をするのが上手である。事業が不良だと果敢に整理する冷静さも目立つという評価だ。そのようなペ氏が、今回はスペシャルコーヒー市場に突き刺さった。18日の投資銀行(IB [続きを読む]
  • キーイースト、子会社を設立
  • “ペ・ヨンジュンの事務所”キーイースト、マネジメント子会社を設立韓国の俳優ペ・ヨンジュンが設立した芸能事務所のキーイーストが、マネジメントを行う子会社を設立した。同社は17日、マネジメント専門の子会社「コンテンツワイ」(仮称) を設立したと明らかにした。これにより、キーイーストは現在のマネジメント事業部とは別に、第2のマネジメントブランドを運営することになる。コンテンツワイは新たに俳優と契約する予定で、 [続きを読む]
  • 「韓国スターファミリー」ランキング
  • 芸能界で大活躍!「韓国スターファミリー」ランキングを発表チソン&イ・ボヨン夫妻が信頼して見られる芸能界アベンジャーズファミリー1位に上がった。最近韓国で放送されたtvN「名簿公開2017」では、芸能界で活躍しているスター家族の名簿が公開された。この日、1位を獲得したチソンとイ・ボヨン夫妻は、結婚後にさらに輝かしい活躍を見せている。チソンとイ・ボヨンはそれぞれ結婚後に「キルミー・ヒールミー」「被告人」「神様 [続きを読む]
  • 韓国に迫る「下流老人」問題の足音
  • 【コラム】韓国に迫る「下流老人」問題の足音「天国へのお引越しのお手伝い」をうたう本の会社がある。家族や頼る人がいないため孤独死した高齢者の遺品を整理する「キーパーズ(Keepers)」という会社だ。引っ越し会社を経営していた吉田太一社長は、事故で両親を亡くした少女に頼まれて遺品整理を手伝ったのをきっかけに、2002年にこの事業を始めた。 キーパーズの事業が急成長していた2010年末、東京で取材のため吉田社長に会 [続きを読む]
  • 韓日合弁の統合型リゾート
  • 韓日合弁の統合型リゾート 仁川空港近くに20日オープン北東アジア(韓中日)初の統合型リゾート「パラダイスシティ」が20日、ソウル近郊の仁川国際空港そばにオープンする。運営を手掛けるパラダイスセガサミーが11日、伝えた。同社は日本のセガサミーと韓国カジノ大手のパラダイスによる合弁会社。パラダイスシティのイメージ図(パラダイスセガサミー提供) パラダイスシティは33万9000平方メートル規模で、ホテル [続きを読む]
  • 米「世界で最も稼ぐ有名人100人」
  • 米フォーブス「世界で最も稼ぐ有名人100人」を発表!韓国からBIGBANG、日本からは錦織圭がランクインBIGBANGがアメリカの経済専門誌フォーブス(Forbes) が選定した「世界で最も稼ぐ有名人100人(セレブリティー100)」にランクインした。13日(現地時間)、フォーブスによると、BIGBANGは2016年の1年間、4400万ドル(約501億ウォン) の収益を上げ「2016年世界で最も稼ぐ有名人100人」の54位になった。韓国のアーティストとしてはBIGBANG [続きを読む]
  • 2009年 ペ・ヨンジュン
  • 自然への旅자연으로의 여행2009.11.18↓ で大世界で一番純粋な自然を求めてたどる旅をテーマにした今回のザ フェース ショップの広告にペ・ヨンジュンが共にした。彼と共にした美しい一週間の旅程。そのビハインド ストーリーを今公開する。"誰でもが接することができない、しかし誰でもが享受しなければならない自然の価値。ザ フェース ショップのこのようなブランド哲学を僕が代表することができて光栄です。"ザ フェー [続きを読む]
  • CM撮影に復帰“ヨン様夫人”パク・スジン
  • 出産からわずか6か月でCM撮影に復帰した“ヨン様夫人”パク・スジン“ヨン様夫人”ことタレントのパク・スジンが出産から6か月でCM撮影に復帰しました。4月13日、自身のSNSを通じてダイエット飲料のCM撮影を行っているところの写真を掲載したパク・スジン。写真に写る彼女はブルーのワンピースに身を包み、涼やかな海と青い空の背景を前にポーズをとっています。注目すべきは彼女の体型です。ほんの6か月前に赤ちゃんを産んだばか [続きを読む]
  • JYJユチョンが秋に結婚 お相手は…
  • JYJユチョンが秋に結婚 お相手は大手乳業会社創業者の孫韓国の人気グループJYJのユチョンさん(30)が今年の秋に大手乳業会社・南陽乳業創業者の孫の女性と結婚する。所属事務所のC−JeSエンターテインメントが13日、明らかにした。ユチョンさんは、昨年末から交際していたこの女性と今年の秋に結婚することを約束したという。 所属事務所の関係者は「本人に確認した結果、南陽乳業の創業家の女性で間違いない」と [続きを読む]
  • 韓国に滞在・渡航される方へのお知らせ
  • 韓国に滞在・渡航される方へのお知らせ〜情報への注意と「たびレジ」・在留届についてのお願い〜在韓国日本国大使館領事部からのお知らせです。外務省海外安全ホームページに韓国に滞在・渡航される方へのスポット情報(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C074.html blank)が掲載されました。概要は、下記の通りです。【ポイント】● 朝鮮半島情勢に関する情報に注意するとともに,在留届又は「たびレジ」により, [続きを読む]
  • 韓流地形図、イ・ミンホ・ソン・ジュンギは…
  • 韓流地形図、イ・ミンホ・ソン・ジュンギは、アジア... サイはアメリカ・ヨーロッパ韓流スターらが各自の活動の色に合わせた、世界の人気地形図を表わして注目を集める。演技者イ・ミンホとソン・ジュンギ、ソン・ヘギョ、歌手サイなど韓流トップスターがアメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの戦略に基づいて重点的に活動を行った国で目立つ人気の指標を形成している。文化体育観光部と韓国文化産業交流財団が最近、米国、英国、日本 [続きを読む]
  • 「韓流」への関心低下に懸念
  • 中国だけではない?「韓流」への関心低下に懸念「2016韓流商品博覧会」K-POP公演(中国・瀋陽)米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備に反発する中国で“限韓令(韓流締め出し)”が広がる中、韓流コンテンツに対する海外消費者の消費心理が全般的に萎縮していることが分かった。韓国文化産業交流財団が11日までに公開した2016年の「グローバル韓流実態調査報告書」によると、「1 [続きを読む]
  • 韓ドラ「ごめん、愛してる」日本でリメイク決定
  • 韓国の大ヒットドラマ「ごめん、愛してる」が日本でリメイク決定!主演に長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎ら豪華出演陣にも期待ソ・ジソブとイム・スジョンの熱演で絶大な人気を受けたKBS 2TVドラマ「ごめん、愛してる」が日本でリメイクされることが決定した。本日(10日)、シネマトゥデイやサンケイスポーツなどの日本メディアの報道によると「ごめん、愛してる」の日本リメイク版が、今年7月よりTBSで放送される。主演はTOKIOの長 [続きを読む]
  • スクリーンで輝く長老クラスの俳優
  • 年を取ってもスクリーンで輝く長老クラスの俳優たち↓ で大単に「味のある助演」というだけでは物足りない。古希(70歳)を過ぎ、喜寿(77歳)も超えた長老クラスの俳優らが、このところ韓国映画のスクリーンを輝かせている。薬味のように重ねられた脇役ではなく、堂々たる主演クラスの助演キャラとして登場し、話の流れを左右する。主たる観客の年齢層の移り変わり、より一層多様な映画に対する要求、高齢層をめぐる社会の [続きを読む]