nora さん プロフィール

  •  
noraさん: 水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り
ハンドル名nora さん
ブログタイトル水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り
ブログURLhttp://oba-shima.mito-city.com/
サイト紹介文農家以外の人も参加した環境の整備保全、農薬や化学肥料に頼りすぎない農業活動と自然や田舎の暮らし
自由文最近タブレットを買ったので、つたないマンガも写真といっしょに載せてます。今までに撮り溜めた動画もぼちぼちとYOUTUBEに上げ始めました。http://www.youtube.com/user/norahanapy
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2010/06/12 13:15

nora さんのブログ記事

  • やっと多面的機能支払交付金実施状況報告書(略して報告書)提出!
  • それというのも、今年から茨城県土地改良事業団対連合会に多面的機能支払交付金実施状況報告書確認業務という名目でお布施をしているからです。いかにも漢字と漢字の間に魑魅魍魎が潜んでいそうな、読んでいるうちに字面ばかり追って意味を考えなくなるような長い名前。なぜ、なぜなんだ?というわけで、提出の書類が揃っているかどうか何となくチェックしただけで「はい、ごくろうさん」って感じでした。ただ、実施状況報告書の日 [続きを読む]
  • 平成28年度の活動、すべて終りました。
  • 昨日は水路の泥上げやゴミ拾い、総会などが行われました。この水路の泥上げは同じ日に大場町全体で行われるもので、ちょっと壮観です。たまたま東京から来ていた友達がその軽トラの数と人の多さについて「前から切れ目なく軽トラがやってきて通れなかった」「膨大な数の老人がスコップを持って集まっていて、農民一揆でも始まるのかと思った」と驚いていました。いつも使っているカメラが貸し出し中で、小さなカメラを使ったのを忘 [続きを読む]
  • やっとできた!
  • ちょっと前まではその印刷量に必ずプリンターが壊れて焦っちゃったものですが、2年前からプリンターを両面印刷できるものに更新したので、印刷はラクラクです。出てきたものをホッチキスで留めるだけ。それ以前は、いちいち奇数ページを印刷してからひっくり返して偶数ページを印刷していました。天地を逆さまにしてしまったり、紙詰まりしたりして思うようにいかずずいぶん時間がかかったっけなあ・・・それに、ページを順番に並 [続きを読む]
  • 外径が大きく操作しやすい朝顔式ハンドル?クボタL2601DT「撮りトラ」
  • 今日はNさんに見せてもらった、「世界の名門トラクタ」クボタトラクターL2601DT「撮りトラ」続きです。昨日に引き続きまずは動画です↑始動やホーンなど。50秒ほどいきなりタイトルを「外径が大きく操作しやすい朝顔式ハンドル」としてしまいました。これから紹介する写真の中でいちばんインパクトがあったものといえば、この「朝顔式ハンドル」だったからです。(逆にこれ以外はとりたててインパクトがなかったと言えるかもしれま [続きを読む]
  • 「世界の名門トラクタ」は今年40歳。クボタL2601DT「撮りトラ」
  • 今日はNさんに見せてもらった、「世界の名門トラクタ」クボタトラクターL2601DT「撮りトラ」です。まずは動画です↑始動やホーンなど。50秒ほどちょっと前に、四駆ではないですけどL2601のカタログを見ましたよね。そう、「世界の名門トラクタ」でした。『1970年代後半、メーカーは自信がついてきた。クボタL2601「昔のカタログ」』『国産初T15から17年「世界の名門トラクタ」に!クボタL2601「昔のカタログ」』自信を持って「世界 [続きを読む]
  • 佐原の流しびな
  • 連休なのをいいことにあまり頭を使わずにすむような内容になっています。今日は先日行った千葉県の佐原で行われた流しびな。(正確にはさわら雛舟春まつりというらしいです)僕は世の中の流れに無頓着なので、まったく知らない行事。家のものに誘われたのでなんとなく行ってみたんです。「家の中には入れたくないグッズだけど捨てられない」といったところでしょうか。まるっきし外というわけでもなく外に出され、色あせたビミョウ [続きを読む]
  • 利根川下流河川事務所の浚渫船「利根号」撮りフネ?
  • 昨日は仕事の合間を縫って出かけたのでその時見かけた船の写真を(以前もちょっとは船の写真を上げていましたよね)・・・浚渫船、調べてみると「成田市立図書館デジタル資料 」というものを見つけました。以前『昭和6年印刷大日本帝國陸地測量部五万分一地形圖による島地区のようす』で紹介した、スタンフォード大の膨大なデジタルアーカイブのスタートアップ版? すばらしい器ができて、そこへ「モノ」が入り始めたところといっ [続きを読む]
  • 春だなあ
  • 週末なのでとりとめのない話題で・・・日が朝も夕方もどんどん延びて明るくなってきました。茶色だったまわりもポツポツと緑が目立ち始め、田んぼも起こされて黒くなっています。そして、このちょっとあと、ドババババババーーー!とイネ科の雑草が生えてきて覆い尽くされちゃうんですよね。それまでのわずかな時間、なんとか生き延びようと皆必死です。・・・・というわけでオチも結論もありません。さようなら!ゆるく関連してい [続きを読む]
  • 既に現在のカタログの流れ。三菱newマイサン「昔のカタログ」
  • 今日は伊藤産業機械さんに提供いただいた昔のカタログシリーズ、三菱newマイサン「昔のカタログ」続きです。大きな「売り」があった60年代。イメージを使い始めた70年代。ほぼ現在の形の80年代。三菱のカタログの1980年代には技術が熟成し他社と差別化が難しくなってきたのでしょう。せいぜい3気筒と4気筒の違い、わずか1気筒の差の話になっています。他社に差を付けるためには細かい機構の差や、イメージの違いで売っていくしかな [続きを読む]
  • カタログ考古学?妄想学? ブルエースXB1「昔のカタログ」その2
  • 今日もトラクター狂さんに送っていただいた、クボタトラクターブルエースXB1「昔のカタログシリーズ」の続きです。女性が出ているのは女性向けだからなのかな・・・僕は意味もなく突然売り方に困って女性を送り込んできたのかと思ったのですが、小さな管理機なので女性でも簡単に操作できる・・・ということでターゲットが女性なのでは?というコメントをいただきました。そういわれてみれば・・・●らくらく運転のサイドセレクト [続きを読む]
  • 新しいのもガンバって観てみる
  • 今日はずいぶん遅くなっちゃったな・・・先日ダイナミックフェア2016(JAグループ茨城の第42回農機・生産資材大展示会+同時開催の中古農機展示即売会)で見たクボタトラクターのM7151/M110G/SL28/FT25/JB13「撮りトラ」の記事を書きました。その中で新しいトラクターは見方がよくわからない・・・などということを書きました。それは僕がトラクターの外側しか見ていないし、シロウトなので細かい違いはよくわからない・・・という [続きを読む]
  • 全然まとまらないけど思うこと
  • ニュースなどでも連日やってるし、近いなあ・・・と思っていたけど、今朝気がつきました。今日は震災の日だった・・・この場所でもたびたび書いていました。ただ、あまり湿っぽくなるのはイヤなので、失ったものを数えるようなものではなくサバイバル的、足りないモノ生活の中での工夫みたいなものが多かったんじゃないかなあ・・・だんだん忘れてきちゃってるんだ!と、少し自分に驚きました。自分の目に入る地震関連のものは街中 [続きを読む]
  • 国産初T15から17年「世界の名門トラクタ」に!クボタL2601「昔のカタログ」
  • 今日はもちろんクボタトラクターL2601「昔のカタログシリーズ」の続きです。どこへ出しても十分どこへ出しても十分・・・と、ここでも自信のコメントです。1975年から20〜30馬力級トラクターの米国向け輸出が数量的にまとまり出し、米国メーカーとのOEM契約が目立ち始めた・・・という情報が頭に入っているせいかもしれませんが、「どこへ出しても」という部分が世界を視野に入れたメーカーとしての言葉に見えてきてしまいます。今 [続きを読む]