マドンナ さん プロフィール

  •  
マドンナさん: マドンナが往く
ハンドル名マドンナ さん
ブログタイトルマドンナが往く
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/madonna_keika3
サイト紹介文還暦を超えエッセー「マドンナが往く」で(自称)作家デビュー。鎌倉ペン倶楽部会員。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2010/06/13 08:57

マドンナ さんのブログ記事

  • 桜にけむる彦根城で「おんな城主 直虎」に対面
  • 桜もすっかり散って青々とした葉桜になったこの時季に、満開の桜の写真は泡の抜けたビールのようなものだが、しばしのご辛抱を。 旅行3日目は彦根城へ。国宝5城のうち4城までを制覇した。そして最後の1城、彦根城には去年の秋に行った。しかし天守閣に登るのに大変な人混みで、やむなく登るのを断念。それでは国宝5城を制覇ということにならず、今回、再度トライした。この日は朝から雨、しかし恵みの雨だった [続きを読む]
  • 近江八幡……和船に乗って八幡堀めぐり
  • 近江旅行2日目は石山から近江八幡へ。JRで約30分。 今回のリベンジ旅行の目的は、①寿長生の郷のランチ ②近江八幡で和船に乗る ③彦根城の天守に上るだが、その中でもいちばんしたかったのが、近江八幡での船巡りだった。 だから電車に乗って心ウキウキ。シモヤマさんと変らないくらいテンションが上がっていたかもしれない。近江八幡の船巡りには“水郷巡り”と“八幡堀巡り”がある。 [続きを読む]
  • 石山寺の霊山を背にしたレトロな旅館「ぼだい樹」
  • 「え、どうしてそんな安い所に泊まるの?」と、シモヤマさんの旦那が怪訝な顔をしたそうだ。  1泊目の石山寺近くの旅館は朝夕食付きで11,150円。2泊目の近江八幡ではビジネスホテルで食事なし、ツイン部屋1人4,500円也。  私の父もそうだったが、男性には旅館やホテルは立派な所に泊まりたいという人が多いようだ。自分の家と同じなら旅に出る意味がないと。 観光が目的の場合の宿を選ぶ私の条件は、1に温泉 [続きを読む]
  • 叶匠壽庵“寿長生の郷”の桜と“つづら弁当”を満喫!
  •  自分でも“アホとちゃいまっか”と思う。去年の11月末に滋賀県の“寿長生(すない)の郷”と近江八幡、彦根へと旅行をしたが、同じコースを半年も経たないうちに行くなんて。 名付けて「リベンジ旅行」。だって去年は“寿長生の郷”ではランチを食べなかったし、近江八幡では“八幡堀めぐり”が出来なかった。彦根でも彦根城の天守閣に人が多すぎて登れなかったのだ。 あまりにも残念だったので、4月9日から2泊で桜の時季を狙っ [続きを読む]
  • やんちゃ2歳児と桜満開の名古屋植物園へ
  • 「そんなの関係ねえ、そんなの関係ねえ」。突然の古いギャグに驚いた。しかも言っているのは2歳6か月のワタル。お兄ちゃんたちの邪魔をして叱られ、ふてくされているようだ。4月の初めに名古屋の次男の家に行った。ユウキの入学式にパパ、ママが付き添うのでその間、ワタルとの留守番のために。正月に会ってまだ3か月しか経たないというのに、マア、やんちゃになったこと。子供の大きくなるスピードの速さにはいつも驚かされる。今 [続きを読む]
  • 稲村ケ崎の新鮮な魚料理店「池田丸」と“七里ヶ浜の哀歌”
  •  昨日までの6日間、大阪の従妹アケミが娘と孫を連れて遊びに来ていた。  娘たちが東京に遊びに行った1日、私とアケミは鎌倉へ。アケミが稲村ケ崎公園へ行きたいと言いだしたのだ。稲村ケ崎公園には新田義貞が鎌倉を攻めたときに渡った海岸と、七里ヶ浜の哀歌“真白き冨士の嶺”の歌碑がある。歴史好き、歌好きの彼女としては一石二鳥、絶好の観光地というわけだ。アケミには旧知のさちよさんも誘って、江ノ電の駅で待ち合 [続きを読む]
  • “オリーブの首飾り”はもう古い♪
  • 先週の土曜日、エッセイの仲間のナカガワ氏が所属する「横浜マジカルグループ」の手品の公演に行った。 公演場所は横浜市南公会堂。横浜の街中を歩くのは何年振りだろう。 初めて歩く場所なので、「へえ、高いビルが随分あるねえ」とか言いながらキョロキョロしていると、一緒に行った友人のシモヤマさんが笑う。「いやーね、おのぼりさんみたい」。 ハイ “おのぼりさん”ですから。 そういう自分だって、会場の [続きを読む]
  • “オリーブの首飾り”はもう古い♪
  • 先週の土曜日、エッセイの仲間のナカガワ氏が所属する「横浜マジカルグループ」の手品の公演に行った。 公演場所は横浜市南公会堂。横浜の街中を歩くのは何年振りだろう。 初めて歩く場所なので、「へえ、高いビルが随分あるねえ」とか言いながらキョロキョロしていると、一緒に行った友人のシモヤマさんが笑う。「いやーね、おのぼりさんみたい」。 ハイ “おのぼりさん”ですから。 そういう自分だって、会場の [続きを読む]
  • 名刺の肩書きは“隠居” 
  •  今週の水曜日は定例のエッセイの勉強会「小町会」があった。 勉強会を始める前にエサカ氏がニコニコしながら、鞄から名刺を取り出した。新しく作ったのであげるよ、と言いながら。 エサカ氏の名刺など貰っても仕方がないが、一応貰ってあげる。 肩書きに“隠居”と書いてあるのは前のと同じだ。これが書いてあると初対面の人と話が弾むらしい。  裏を返して驚いた。 なんと所属が8個も書いてあるではない [続きを読む]
  • 名刺の肩書きは“隠居” 
  •  今週の水曜日は定例のエッセイの勉強会「小町会」があった。 勉強会を始める前にエサカ氏がニコニコしながら、鞄から名刺を取り出した。新しく作ったのであげるよ、と言いながら。 エサカ氏の名刺など貰っても仕方がないが、一応貰ってあげる。 肩書きに“隠居”と書いてあるのは前のと同じだ。これが書いてあると初対面の人と話が弾むらしい。  裏を返して驚いた。 なんと所属が8個も書いてあるではない [続きを読む]
  • ♪もうすぐ春ですね〜え〜♪
  • 先週の半ば、“だんご三兄弟”の真ん中のユウキから電話。「バーバ、パソコンつけて」 パソコンつけて、と言われた時はスカイプの始まり。でも、スカイプでのお話はいつも土曜日か日曜日なのにと不審に思いながら画面を開くと、現れたのがコレ。(パソコンの画面を上手に撮るやり方が分からなくて、お見苦しい写真で申し訳ありません) この日はユウキの幼稚園の卒園式だったのだ。「ゆうちゃん、おめで [続きを読む]
  • ♪もうすぐ春ですね〜え〜♪
  • 先週の半ば、“だんご三兄弟”の真ん中のユウキから電話。「バーバ、パソコンつけて」 パソコンつけて、と言われた時はスカイプの始まり。でも、スカイプでのお話はいつも土曜日か日曜日なのにと不審に思いながら画面を開くと、現れたのがコレ。(パソコンの画面を上手に撮るやり方が分からなくて、お見苦しい写真で申し訳ありません) この日はユウキの幼稚園の卒園式だったのだ。「ゆうちゃん、おめで [続きを読む]
  • 丹精込めてミカンを栽培する小田原の女丈夫
  • 先週、土に埋もれた釈迦如来を見るために小田原の根府川に行った。  無人の駅前にこんな立札が。「6つの心がけ」、読んで心がほっこり。きっと根府川の子供たちは人懐っこくて可愛いだろうと、会うのを楽しみにしていたが、残念、子供は1人も通らなかった。  駅の近くに神社がある。寺山神社。 駅が無人なら神社まで無人。 祭神は武甕槌命で創建は不詳。  [続きを読む]
  • 丹精込めてミカンを栽培する小田原の女丈夫
  • 先週、土に埋もれた釈迦如来を見るために小田原の根府川に行った。  無人の駅前にこんな立札が。「6つの心がけ」、読んで心がほっこり。きっと根府川の子供たちは人懐っこくて可愛いだろうと、会うのを楽しみにしていたが、残念、子供は1人も通らなかった。  駅の近くに神社がある。寺山神社。 駅が無人なら神社まで無人。 祭神は武甕槌命で創建は不詳。  [続きを読む]
  • 関東大震災(1923年)で“山津波”に埋もれた釈迦如来像 
  • 5年以上も前になるが、新聞記事で小田原根府川の地下にある釈迦堂のことを知った。関東大震災によって起きた山津波が、江戸初期に彫られたという磨崖仏の釈迦如来像をも埋めた。それを掘り出してお姿が見えるようにし、釈迦堂を建てたという。その時の土石流で約70戸が埋没し、300人近い犠牲者が出た。駅の列車はホーム、乗客とともに海中へ。長さ200mの鉄橋も落ちたそうだ。   沖合の海底には当時のプラットホ [続きを読む]
  • 関東大震災(1923年)で“山津波”に埋もれた釈迦如来像 
  • 5年以上も前になるが、新聞記事で小田原根府川の地下にある釈迦堂のことを知った。関東大震災によって起きた山津波が、江戸初期に彫られたという磨崖仏の釈迦如来像をも埋めた。それを掘り出してお姿が見えるようにし、釈迦堂を建てたという。その時の土石流で約70戸が埋没し、300人近い犠牲者が出た。駅の列車はホーム、乗客とともに海中へ。長さ200mの鉄橋も落ちたそうだ。   沖合の海底には当時のプラットホ [続きを読む]
  • やっと会えた! 神秘の華“ヒスイカズラ” 
  • 数年前から、熱帯雨林にしか自生せず、花には少ない青い色の“ヒスイカズラ”なる花を見たいと思っていた。 去年の5月初めに友人から、近くでは小田原フラワーガーデンと大船植物園にあると聞いて大船植物園へ。しかし時すでに遅く、花の終わった後だった。 今年は絶対に見るぞーと小田原フラワーガーデンのホームページを注意していると、3月3日の“フラワーだより”に「ヒスイカズラが咲き始めました」と書いてあ [続きを読む]
  • やっと会えた! 神秘の華“ヒスイカズラ” 
  • 数年前から、熱帯雨林にしか自生せず、花には少ない青い色の“ヒスイカズラ”なる花を見たいと思っていた。 去年の5月初めに友人から、近くでは小田原フラワーガーデンと大船植物園にあると聞いて大船植物園へ。しかし時すでに遅く、花の終わった後だった。 今年は絶対に見るぞーと小田原フラワーガーデンのホームページを注意していると、3月3日の“フラワーだより”に「ヒスイカズラが咲き始めました」と書いてあ [続きを読む]
  • ああ、ショック!な聞き間違い。
  • 土曜日に嫁からメールが届いた。 彼女は私のブログネタ探しに協力的で助かる。これぞ“嫁の鑑”。 「―前略―。今日はパパがゴルフで、帰りも遅いようです(チクっちゃおー、と。だからスカイプは明日にしますね。 それはそうと日本語は難しいですね。昨日の朝、ユウキを幼稚園のバス乗り場まで送ってゆく時に遅れそうになったので、“行って!”と叫んだら、ワタルに“ママ、そんなに痛いの?”と、心 [続きを読む]
  • ああ、ショック!な聞き間違い。
  • 土曜日に嫁からメールが届いた。 彼女は私のブログネタ探しに協力的で助かる。これぞ“嫁の鑑”。 「―前略―。今日はパパがゴルフで、帰りも遅いようです(チクっちゃおー、と。だからスカイプは明日にしますね。 それはそうと日本語は難しいですね。昨日の朝、ユウキを幼稚園のバス乗り場まで送ってゆく時に遅れそうになったので、“行って!”と叫んだら、ワタルに“ママ、そんなに痛いの?”と、心 [続きを読む]
  • 『べっぴんさん』に影響されて大阪万博にタイムスリップ
  •  昨日は何時間も大阪万博のビデオを観てしまった。 NHK朝のテレビ小説「べっぴんさん」がこの数日、大阪万博のフィルムを流していたので、ついつい懐かしくなってしまった。それで私も自分が撮ったビデオフィルムを押入れから探しだして、見始めたと言う次第だ。  大阪万博は1970年の3月14日から始まったが、私が結婚したのが4月4日。だから特に印象深い。その頃は宇都宮市に住んでいたが、たまたま大阪の従妹も4月 [続きを読む]
  • 『べっぴんさん』に影響されて大阪万博にタイムスリップ
  •  昨日は何時間も大阪万博のビデオを観てしまった。 NHK朝のテレビ小説「べっぴんさん」がこの数日、大阪万博のフィルムを流していたので、ついつい懐かしくなってしまった。それで私も自分が撮ったビデオフィルムを押入れから探しだして、見始めたと言う次第だ。  大阪万博は1970年の3月14日から始まったが、私が結婚したのが4月4日。だから特に印象深い。その頃は宇都宮市に住んでいたが、たまたま大阪の従妹も4月 [続きを読む]
  • 『ラ・ラ・ランド』を観てきました!
  •  アカデミー賞に14もノミネートされた『ラ・ラ・ランド』を観て来た。(結局は6部門で作品賞は取れなかった) シアターの座席に座り、周りを見渡して驚いた。このシネコンが出来て5年、こんなに観客が入っているのは初めてだ。 館内の10あるシアターの中では一番大きく座席が429、月曜だというのにほぼ埋まっている。前評判が高かったせいだろう。 上映されたばかりなので内容は詳細に書けないが、女優をめざ [続きを読む]