morinof さん プロフィール

  •  
morinofさん: 杜の舟・morinofune・
ハンドル名morinof さん
ブログタイトル杜の舟・morinofune・
ブログURLhttp://morinofune.blog72.fc2.com/
サイト紹介文木工工芸の傍ら、写真・エッセイ・児童文学・童話などの創作。
自由文130種余りの樹種を使っての原色積み木や箸、スプーン、バターナイフ、コースター、カッティングボードなどのカトラリー類。また寄木や象嵌細工のペンダント、ブローチ、イヤリング、指輪などのアクセサリー類。他にもオルゴールや時計、花瓶、印鑑などの制作。他に童話集、神話、エッセイ、絵ハガキなどの創作自費出版。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供655回 / 365日(平均12.6回/週) - 参加 2010/06/14 22:45

morinof さんのブログ記事

  • 三等歌・其の二十六
  • 三等歌・其の二十六こぶし頑なに 握り締められていた拳も 光に解けてゆく【かたくなに にぎりしめられていたこぶしも ひかりにとけてゆく】 幣辛夷【しでこぶし】モクレン科の花では一番最初に咲く辛夷の中でも花弁の数が多い様を神主の御幣(ごへい)に見立て幣のような辛夷とあてた呼び名である。 今月の初めだったかに橈骨神経麻痺を発症して右手がクンネリと握り締められたままになり随分不安と難儀な思いをしていたが薄紙 [続きを読む]
  • ベビースプーンを送る。
  • 東京都のSさんからウッドボウルの御注文を頂いているけれど特注品なのでちょっとお時間を貰って後から御注文頂いたベビースプーンの発送。在庫があったから先日準備を始めたのだけれど宛名書きをしようと思ったらこんな調子だったのでそのままになっていたがようやく読めるくらいの宛名書きができるようになったし猫絵も見られるだけにはなった。 お待たせで大急ぎの分を12個発送・・・ [続きを読む]
  • Syuuくんの積木
  • 会津若松のMさんから積木の御注文Mさんには出産のお祝いにはこれまでもう数十個の積木の御注文を頂いている。 少ない在庫の中から選ぶには彩りも良くないから新しい材料を追加しての新規制作。 Syuuくんの積木・TSUMIKIT・101 この積木に使用されている各樹種名を記載縦向き三列左上から順にアフリカンパドック・榧(かや)・白樺(しらかば)百合木(ゆりのき)・梍(さいかち)真ん中の列縞黒檀(しまこくたん) [続きを読む]
  • お待たせの針山の台を
  • いやはや、ちょいと手首を痛めていた間に2月からの御注文が先が見えない程に滞ってしまっていた。リハビリと称して旋盤作業を始めたがやっぱりデリケートなもので普段、風のように削り上げていた材料達が思うように形をなしてくれないばかりか刃先が引っかかってバリリ〜ンと割れて吹っ飛んでしまう始末。しかし、20個ばかり削るうちに、萎えた心と手首も感を掴んで先ずは目標の半分の104個出来あがり随分お待ち頂いているお [続きを読む]
  • Sakurakoちゃんの積木
  • いつも出産のお祝いにはこの積木を御注文頂いている戸畑のYさんから春の便りのような御注文を頂く。 Sakurakoちゃんの積木・TSUMIKIT・101 この積木に使用されている各樹種名を記載縦向き三列左上から順に欅(けやき9・橅(ぶな)・パープルハート・イエローハート・ブビンガ真ん中の列桜(さくら)・鉄刀木(たがやさん)・菩提樹(ぼだいじゅ)右端の列針桐(はりぎり)・百合木(ゆりのき)・アフリカンパド [続きを読む]
  • サクランボノハナガ
  • 河津桜の色も薄れ青葉が目立ち始め僅かの風に舞い散る様に駄犬も思わず見とれている。 これを追うように、おかめ桜が咲きはじめるのだけれど サクランボの花が先に満開を迎えている。サクランボは桜よりも雄蕊が長く梅の花に似ているのは多分まだ虫が少ない時期だから 鳥たちにも受粉を手伝ってもらうために雄蕊が派手に長いのではなかろうかいつの間にかサクランボの花の気持ちになって考えている妄想癖の杜の舟であった・・・。 [続きを読む]
  • 真っ赤なハート
  • 川土手で袋を提げた人を見かけたツクシンボウが顔を覗かせ始めたらしい期待して風の丘をくるりと回ってみたけれどここは少し標高がたかいから、まだ見当たらない。 イヌフグリの中に真っ赤なハートを見つけてふふふ、と嬉しくなり心が軽くなる。本日、開店中。 [続きを読む]
  • 3・在庫の神様
  • 『ゲゲゲ!そろそろベビースプーンを注文しようかな〜なんて呑気にブログ覗いてビックリしました!だ…大丈夫ですか?大丈夫じゃないですよね…( ; ; )どうか大切なお身体ご自愛ください。かなりお忙しい日々を過ごされていたようなので神様が休憩するよう配慮したのかもしれませんね。』そんな優しい優し〜い、コメントを頂き御自愛中であるがベビースプーンは幸い在庫があったので助かった。「ああ、在庫の神様、ありがとう [続きを読む]
  • 花嫌いの続き
  • 彼岸峠に有志で植えている花が毎年荒らされるのでこれ以上荒らされないように昨日、立て看板を立て今朝確認に行くと看板は無事であったが真新しい切り跡があり水仙のつぼみが散乱している。 昨日写真に収めておいた木陰の水仙の姿が見えずそのあとにはぽっかり穴が開いている。これは別の誰かが自宅の庭にでも植えるために失敬したのだろうと思いながらも気になって土手の下を探してみたら根こそぎ引っこ抜いて放り込んであった。 [続きを読む]
  • 花嫌い
  • 昨年、菜の花や水仙のつぼみが膨らむ頃に根こそぎ引き抜かれたり薙ぎ払われたりして最初は猪の仕業だと思い頭を悩ませていたのだけれど猪にしては執拗なまでの花嫌いに人間仕業ではないかと。「花を荒らさないで」の立て看板を立ててみたらそれまで引き抜かれて藪の中に放り込まれてしまった。幾ら器用な猪でも字は読まぬだろうと、また立て直して攻防をするうちに、春を過ぎた頃には納まっていた。しかし今年も春とともに頭の中に [続きを読む]
  • 春なのに
  • 西南女学院の納品を17日延ばしてはみたがはたしてそれ迄に間に合うかどうか。いくら悩んでみてもやってみなければ分からないし無理をすると、また手首の麻痺がぶり返すかも知れない。焦っても仕方がないから風のガーデンを散策 一昨日は忘れ雪にしては霙から霰、雪と激しい降りであったがやっぱりこうして馬酔木(あせび)の花を見ると季節は春である。 数日足を延ばさないうちに蕗の薹が花を開きはじめ それを見るとまた、背中 [続きを読む]
  • 2・梯子医
  • しかし、二日も掛けて某総合病院で検査をして置きながら何の処方もないまま『私は手の専門医ではないがこのままでも心配ないだろうと判断していますから専門医の日程が空く2週間後にまたお出でなさい。』と言われそのまま「そうですか。」と帰ってきたもののその2週間、この痺れは、この不自由さはどうなるのだろうと不安になって来たから何時もの町医者へ梯子。 末梢性の橈骨神経麻痺は一時的に神経が麻痺している状態で麻痺の [続きを読む]
  • 1・猫の手
  • 猫の手も借りたい急がしさに夜なべ仕事をしていたら手が痺れて来て手首がクンネリ猫の手みたいになって動かなくなった。 ひええ〜、脳梗塞の前兆かもと真夜中の12時過ぎに急患センターへCTやらMRIやら4時間余りかけての検査で夜が白みかけ、長い長い一日の後にまた今朝一番に再来院で検査漬け。幸い脳梗塞の疑いは晴れたが橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)聞き慣れない名であるが別名をハネムーン症候群などとも言う [続きを読む]
  • 椿花控帖・130「岩根絞り」
  • 大輪の椿である。赤白、紅白、また源平絞りなどと呼ばれるタイプの紅白混じりの花弁が美しい 岩根絞り【いわねしぼり】今朝はPM2.5に喉も鼻も目も遣られアレルギー対策セットが活躍する季節になった。この数日は十分睡眠はとっている筈なのに眠くてねむくて仕方がない。多分これもアレルギーのせいらしいああ、納期の迫った仕事が間に合わないよ。??????Chinkahikaetyoh???????①炉開き?椿花控帖?131へ続く [続きを読む]
  • OIL・1「まっとう」
  • 「まさかここまで長生きするとは思わなかったよ。」『私だってそうだよ。』と口だけは達者であるがひと月ばかり前にベットから落ちて骨にひびが入り歩くこともままならなくなってしまった。幸いデイケアだけは通えるから良いのだが車いすの部屋への出し入れが神輿担ぎのように大変だから玄関を広いツーステップに改造して役を逃れることができた。 母もこの五月で95歳である「人生を全うする。」そういう意味合いでは、もう良い [続きを読む]
  • 将幸くんの積木
  • 初めてのご来店で出産のお祝いに積木をご購入名前や誕生日の焼入れの際に将幸くんの名前だけはわかったのだけれど以前にも英子と書いて「はなこ」と読む例があり「将」にはショウ、マサ、スケ、タダ、モチなどの読みもあるから、用心のために漢字で書くことにした。 将幸くんの積木・TSUMIKIT・101 この積木に使用されている各樹種名を記載縦向き三列左上から順にパープルハート・梍(さいかち)・ナーラ・メープル・チェ [続きを読む]