morinof さん プロフィール

  •  
morinofさん: 杜の舟・morinofune・
ハンドル名morinof さん
ブログタイトル杜の舟・morinofune・
ブログURLhttp://morinofune.blog72.fc2.com/
サイト紹介文木工工芸の傍ら、写真・エッセイ・児童文学・童話などの創作。
自由文130種余りの樹種を使っての原色積み木や箸、スプーン、バターナイフ、コースター、カッティングボードなどのカトラリー類。また寄木や象嵌細工のペンダント、ブローチ、イヤリング、指輪などのアクセサリー類。他にもオルゴールや時計、花瓶、印鑑などの制作。他に童話集、神話、エッセイ、絵ハガキなどの創作自費出版。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供621回 / 365日(平均11.9回/週) - 参加 2010/06/14 22:45

morinof さんのブログ記事

  • 今年のネームプレート
  • 「工芸の展」初参加者などのネームプレートやっと仕上げ塗装が乾燥したので金具の取り付けいつも思うのだけれど杜の舟の仕事っぷりは泥縄である。好き好んでこの泥縄状態に身を置いている訳ではないのだがこんな期限を切られ納期のない仕事から逃げきれずにいるから押され押されてこの事態に嵌まってしまうのである。 今回のネームプレート+M       PowanCafé 林智恵むかし布工房 ぼたん     Powan  [続きを読む]
  • 恋するレターテーブル・1
  • 今回で坂元昭二氏のコンサートも8回目4回目からテーマに合わせた杜の舟のための新曲発表と木工作品をコラボレーションするという大人の遊びを始めた。坂元氏と事前に打ち合わせをすると面白くないので毎回のことだけれど、坂元氏に縁遠く苦手そうなテーマを演奏を聴きながらイメージを膨らませて決める。 作り手は、放っておくと、どんどん技巧にのめり込んでしまい対象者と乖離してしまうもので、今回は技巧に走らず音数少なく [続きを読む]
  • 長い品番
  • 心身共にの未熟さがゆえに延々時間が掛かってしまったが針山の台が出来上がったの梱包準備明日、郵メール便にて発送の予定。 大阪府のNさん ウッドボウル・40Sウオルナット 欅 楢 チェリー ぶな メープル 大分市のWさんウッドボウル・60S   ウオルナット チェリー メープル ウッドボウル・50S   ウオルナット メープル40SS/20A  メープル「40SS/20A」なんて長ったらしい品番になって [続きを読む]
  • memorialstand
  • 確定されたご注文ではないのだけれど確か7月にご結婚だとかで訪ねて来られた時の『こんなものが有ったら良いなあ。』の呟きに応えて結婚式の披露宴で使う席次名立てを試作メモリアルスタンド名札と一緒に持って帰って頂けるようにあまり高額な物にはできないけれど記念になるようなメモリアルスタンド【memorialstand】要はメモスタンドなのだけれど結婚すれば「一つ屋根の下に住む」と云うから家型のメモスタンドにして、名札が [続きを読む]
  • 額紫陽花
  • 傘を差し掛けていても梅雨の雨脚は肩まで濡らし駄犬の散歩など適当に済ませてしまおうかと思うのだけれど工房の隅にひっそりと咲く額紫陽花が気になり雨除けに足元にすり寄る駄犬を急き立てる。 この額紫陽花は古い工房の裏藪にあったものを移したものでそのころからなら、40年以上の付き合いになりこうして密やかに咲いた時にだけ思い出し花に出会う度に「ああ、ここに居たのか。」と呟いてしなう。この額紫陽花、例え工房の真 [続きを読む]
  • 梅雨空の宝石
  • ぢとぢとと雨が降り続く随分長く日照りが続いていたから有難い雨ではあるけれども梅雨空にたわわに実る宝石にカビが生えてしまう。 勿体ないから傘で突っついて収穫美しくておいしいよ〜。小止みになったら本格的に収穫して山桃シロップとか山桃ジュースとか果実酒も良いねえああ、時間が足りない・・・ [続きを読む]
  • また一つ・・・
  • 旧知のY氏が大きな木製の玩具を抱えて訪ねてきた。 『スエーデンの玩具なのですが、なかなか国内では手に入らなくてできれば価格も半分くらいの値段で出来ると良いのですが。』手に入らないからと言ってプロの木工屋が同じものをコピーして作るわけにもいかないし北欧とは生活環境も違い遊びに対しての捉え方も変わってくるから日本の生活習慣などに合わせて北欧の感性を拾い上げながら心躍る部分は享受させて戴きたいものである [続きを読む]
  • 南国奇譚3・背後霊
  • 昨年の春に出来たらしいホテルの新館は確かに清潔ではあるが、旧館ロビーとの繋がりの床面に幾つもの不可解な起伏があり、船酔い気分になってしまう。天井にはメンテナンスと節電効果を上げるためにLED照明が埋め込まれ、射るような光線を飛ばしてくる。ベットサイドの手明かりも御多分に漏れずLEDで寝返りを打つたびに舞い上がる微塵のホコリがチンダル現象を起こし、それらが小さな人魂のようにふわふわと舞い飛んで見える [続きを読む]
  • 南国奇譚1・湯場童
  • 南国奇譚・1湯場童【ゆばわらし】三股町の工芸展に参加するのは、これで5回目で今年は交代の運転手もなく一人での参加である。最初の年には都城駅前のホテルに逗留したがその建物も社員もタイムスリップしたような年代物で朝食も賄う古き良き時代を生きてきたであろう老齢のバーテンダーなどは哀愁さえ醸していた。同行の作家氏はこれを大いに嫌って、次の年からは若干宿泊料は張ったが、真新しい郊外のBホテルに宿泊するように [続きを読む]
  • テーラーボード№0054
  • 宮崎市のJさんから特製テーラーボードに、ご注文実は特製でも何でもない失敗品なのだけれど妙にその胡麻化した部分の装飾性が高くみまたモノづくりフェアで、お目に留まった次第である。Tailorboard №0054このカラフルなドット模様は組み立てネジ穴を座繰りして各種の材で象嵌したものであるが寸法間違いで3ケ所も余分に穴をあけてしまったのである。怪我の功名、せっかくだから各樹種名を記載本体はブナ材   [続きを読む]
  • 初心者なのに
  • 「みまたモノづくりフェア2017」で初めてお会いした宮崎市のJさん。『ブログで見ました。』と、針山の台とブローチ木枠を両手に持てない程お買い上げ頂き笑顔と嬉しいお土産まで頂いてしまった。 キリンビールの「宮崎に乾杯」(もう既に冷蔵庫でキンキンに冷やしている。)それでも初めてお会いするのだもの「どうせ杜の舟初心者だろう」と侮って掛かっていたら テーラーボードのレア物にキラリと目をつけられ今回持って行か [続きを読む]
  • 出土研智物語7・箱の数が
  • 宮崎県北諸県郡三股町での工芸展みまたモノづくりフェアから帰ってきて荷降ろしを始めたのだけれど箱の数が合わないのである。正確に申せば積み込んだ時とまったく同じ数だけの11箱なのである。展示会で飛ぶように売れたとまでは言えないが確かに手応えはあったと思うのだが荷降ろしするときにも全ての箱はぎっしりずっしり感があり空き箱は見当たらない。 はてなはてなと荷ほどきを始めると『お久しゅう、お帰りなさい。』と出 [続きを読む]
  • 常磐随想
  • 山法師が散る頃に少し遅れて咲きはじめる常緑の常磐山法師(ときわやまぼうし)である。常磐を古くはトコイワと云い常に変わらぬ岩の如く永久不変のたとえで常緑の緑に永遠の命を重ね新緑には新しい命の誕生を見たのであろう。 常磐山法師【ときわやまぼうし】 昔は3歳頃まで無事に育つのは、大変なことでそんな幼児のことを、生命そのものの発露として緑児(みどりご)と呼んだのであろう。勾玉の翡翠の緑もこの永遠の命を求めた [続きを読む]
  • 梔子香る
  • 今日は宮崎での展示会、最終日こうして数日出張している間に風のガーデンの花や木々はコマ落としのように時を移ろいゆき明日戻った時には、浦島気分になるのだろう。何処からとなく良い香り自宅と工房の間に香り立つ木々を植えていると行き来する度に花だけでなく香りも楽しめる 梔子(くちなし) 子供の頃には餅や栗きんとんの色づけにこの実を使っていたけれど・・・と何だか心懐かしき花である。 [続きを読む]
  • 朝露のスモークツリー
  • 「みまたモノづくりフェア2017」2日目ただいま宮崎県の工芸展に出展中。毎日、杜の舟ブログにお訪ねいただく方に留守の間の予約投稿です。ずっと雨は降らないけれどしっかり乾燥しているのだけれど朝日が槍々と刺すように照るのだけれどスモークツリーの煙々には 朝露が宿るのである。 全部に朝日があたる頃には 煙のように消えてなくなるのだろうね。 [続きを読む]
  • 桐擬はやっぱりヤヤコシイ
  • 数年前に日南までジャカランダを見に行ったことがあるが生憎の雨でゆっくり見られず仕舞い今回も三股町から足を延ばすにはちょっと遠い。 このジャカランダ【Jacaranda】というやつが実はややこしい代物でギターなどに使用されているジャカランダとは別物なのである。 これはノウゼンカズラ科の桐擬(きりもどき)でブラジリアン・ローズウッドに含まれるジャカランダはマメ科ツルサイカチ属である。またローズウッドと呼 [続きを読む]
  • 原色虫酸鑑82・石崖蝶終齢
  • 朝からドヨ〜ンと高曇りの彼岸峠の東側でイヌビワの葉にくっついたイモムシを発見。写真では幾度もお目に掛かったことがあるので直ぐにこいつの正体は判ったけれど現物が見られるとやっぱりワクワク嬉しいものである。石崖蝶終齢【いしがけちょうしゅうれい】 この緑と黒の文様は終齢で、もうじき蛹になる。 南西諸島から九州、四国、紀伊半島あたりが北限とされるが温暖化により徐々に北限を上げている蝶である。成虫の蝶の羽の模 [続きを読む]
  • 八重山野茨
  • 「ロサ・ブラクテアータ」なんて聞くとラテン系の薔薇かなの思うのだけれど「カカヤン薔薇」では東南亜細亜かなと想像する。その昔にフィリピンのカカヤン国から持ち込まれた薔薇だからと云う説からそう呼ばれるらしい。 沖縄でも野薔薇として自生していることから八重山野茨【やえやまのいばら】 五弁に白いハートに囲まれた金糸の中に赤い目玉は一度見たら忘れられない印象的な薔薇である。 [続きを読む]