jandmstation さん プロフィール

  •  
jandmstationさん: 函館・青柳町暮らし
ハンドル名jandmstation さん
ブログタイトル函館・青柳町暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jandmstation
サイト紹介文2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいをお伝えするフォトエッセイ。
自由文元雑誌編集者。街・食・医療ライター。
2010年4月、長年暮らした横浜から、函館に移り住みました。
全国の函館ファンの方に、函館で暮らしているような臨場感を味わってもらえたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供317回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2010/06/15 17:03

jandmstation さんのブログ記事

  • 函館公園のすりばち山を覆う色鮮やかなツツジ
  • 函館公園はツツジの花盛り。園内を歩くと、あちらこちらから鮮やかな色彩が目に飛び込んできます。東京にいるころは、ツツジというとふわっとした柔らかい色合いの印象でしたが、函館のツツジのビビッドさは格別です。展望あずまやのあるすりばち山も、ツツジに彩られておしゃれしてます。山がまるごとツツジでできてるような華やかさ。あずまやに上がって公園を見おろすと、花に囲まれているのが一目瞭然です。この季節ならではの [続きを読む]
  • 雨の街、散り桜のじゅうたん
  • 昨日の夜から、断続的に激しい雨が降っていた函館。午後に出かけるとき、函館公園の前の道には散り桜がいっぱいでびっくりしました。ツツジの赤と桜のピンク、色鮮やかなじゅうたんが点々と。ちょっと珍しい光景かな。函館山は霧の帽子をかぶっているみたい、またこの季節がやってきました。雨の日のお出かけも、しっとりとした光景がなかなかいいものです。☆「ホテルに、カフェに、函館のリノベーション建造物の魅力」 New!★ [続きを読む]
  • 夢見心地の子持ちワタリガニと、特製みそ汁
  • 魚屋さんにあると思わず買ってしまうアイテムのひとつが、子持ちワタリガニ。最近、地元北斗産のものが出ていて、すっかり虜になってます。蒸して甲羅をパカッとあけるときのワクワク感……、オレンジのこっこ(卵)やかにみそがたっぷりで嬉しいな。隅々まで食べたら熱燗を注いで、甲羅酒にするのも忘れませんよ。もうひとつ、自由市場の魚屋さん特製、ワタリガニの醤油漬けも。韓国風ケジャンの和風版で、こっこもみそも身もと〜 [続きを読む]
  • 再生を願う、函館公園の旧博物館
  • 138年前の明治12年の今日、函館公園に開場となった博物館(一号)。今年もその記念日に、ふだん閉ざされている扉が開き、一般公開が行われました。サクラが終わって、みずみずしい新緑にツツジの赤が映える、美しい季節です。ただいまー、また来たよ。年に一度、この空間を訪れるのが本当に楽しみ。明治の人は、ここで何を見て、何に驚き、何を思ったのか、妄想はふくらみます。古建築がリノベーションされて、新たな命を吹き込ま [続きを読む]
  • 函館山と市電が見える打ち合わせスペース
  • いよいよ仕事先の事務所の引越しが佳境で、昨日は社外に出てミーティング。五稜郭の新ビル「シエスタハコダテ」4階にあるコミュニティプラザ「Gスクエア」は、打ち合わせや勉強や休憩などに自由に使えるスペースです。朝から窓際に陣取って打ち合わせを始めましたが、窓から見える函館山が気になる〜。ガスがかかって雲海になってます。下を見ると、交差点を市電がガタゴト。これまた気になる〜?おもちゃみたいな街の様子は、ずっ [続きを読む]
  • 笹竹のグリル、木の芽とチーズの香り
  • 北海道の春にぜったい食べたいのが笹竹(ネマガリタケ)。今年も出てきました、自由市場でゲット。近所の道端で、木の芽(山椒の若葉)を調達。初夏の香り〜!笹竹にまぶして焼きましょう。縦に切り目を入れてグリルで焼いて、みそをつけて食べるのが定番ですが、今年は友人に教えてもらって、焼き上がりにパルミジャーノチーズをたっぷりおろしてみました。庭の山ウドとノビルの天ぷらもいっしょに。山菜バンザイ!笹竹に木の芽と [続きを読む]
  • 春の街歩き、花と新緑が美しい
  • 昨日は街歩きの会で、西部地区の建物を訪ねて歩きました。本題もよかったけど、この季節は街じゅうに花が咲き、新緑が萌えだすのも楽しみ。東本願寺では、ヤエザクラのピンクとイチョウのグリーンがきれいだったー。同じく東本願寺の鐘楼前にはライラック。いい匂いで、キアゲハもいましたよ。大三坂のナナカマド並木も柔らかそうな葉っぱに、雪のような小さく白い花が。毎年見に行ってる、カトリック元町教会の遅咲きウコンザクラ [続きを読む]
  • ホヤと山ウドのペペロンチーノ
  • ホヤというと、東北の宮城・岩手あたりのイメージがあったのですが、函館の市場やスーパーでもよく見かけます。新鮮なホヤがこんなに美味しいなんて、函館に来て初めて知りました。こちらは、近所の鮮魚店で買ったホヤの酢のもの。山ウドをさっとゆでて合わせてみたら、ほろ苦と海の香りが絶妙のハーモニーです。次の日、残ったホヤとウドをペペロンチーノにしてみたら、大当たり!オリーブオイルでニンニクと唐辛子を炒め、刻んだ [続きを読む]
  • 快晴、干しマメイカのグリルサラダ
  • 近年、マイカもヤリイカもあまりとれないと心配されてますが、今、函館のスーパーではマメイカが棚をにぎわしています。それも安い!和風の煮ものや、洋風のトマト煮でも食べるけど、いちばんのお気に入りは、さっと干して焼くの。快晴の日はスーパに買いに行って、塩水で洗って水けをふいて、干し網に並べておきます。味つけはこれだけでOK。青空、青い海、さわやかな風……美味しくなーれ。途中で1度ひっくりかえして、その日の [続きを読む]
  • 五月晴れと盛り盛りヤエザクラ
  • 気持ちよく晴れ渡った函館です。数日前に満開と思っていた、函館公園に向かう坂の濃いピンクのヤエザクラが、さらに、これでもかってくらいに盛り盛りになってきました。いやー、お見事。こちらは、スーパーに向かう道の角っこにある薄ピンクのヤエザクラ。毎年楽しみにしている遅咲きの桜で、これも見るからに盛り盛りです。どうですか、すごいでしょ? 鈴なりって、このことです。今年は、正直言って公園のソメイヨシノの花つき [続きを読む]
  • 元ホテルニューハコダテ、再生!
  • 長らく眠りについていたベイエリアの旧ホテルニューハコダテの建物がリノベーションされて、いよいよ来週、新しいホテルとしてオープンします。隣接する旧テディベアミュージアムの赤レンガの建物と合わせて、シェアホテルズ「HakoBA函館」。新しい看板、前のイメージが引き継がれてます。今日は取材も兼ねて、友人とお試し宿泊。昭和7年に建てられた旧安田銀行時代の造りを生かした高い天井の部屋、クラシックなデザインの重厚感 [続きを読む]
  • 昔、函館公園横にビアホールが
  • 谷地頭から青柳町へ上っていく電車通りの途中、左手にひっそりとある路地。何度も何度も近くを通りかかっていたのに、まったく気づかなかったこの場所に、明治31年からビール醸造所とビアガーデンがあったと、先日教えてもらいました。1階でビールを造り、外にビアガーデン、2階にビアホール。明治37年まで営業していたそうで、建物は当時のものとのこと、びっくりしました。周辺は段差になっているため、2階に見えていたビアホー [続きを読む]
  • 雨の庭ですずらん
  • 先週の中盤くらいから、なんとなく雨模様で、ストーブをつけたくなるほど寒い函館。庭のすずらんが咲いてきました。この形、この色合い、本当に愛らしいですね。若々しい緑の葉っぱも素敵。特に手入れをしなくても、毎年顔を見せてくれるすずらん、えらいなあ。街なかでも、街路樹の足元なんかにさりげなく咲いてます。おまけ、去年の秋に球根を植えておいたチューリップ。やっぱりこういう色が好きみたい。そして、日に日にすくす [続きを読む]
  • ライブ感満点、シエスタハコダテでハンバーグ
  • 今日は五稜郭あたりで所用があり、お昼時にシエスタハコダテの地下で腹ごしらえ。すごく気になってた「肉屋さんのやっているイートインカウンター」にGO!はこだて和牛専門レストランの「お肉のつしま」の2号店で、オーダーカットで精肉や惣菜を売っているのと同時に、横のオープンキッチンでステーキやハンバーグを料理してくれるのです。カウンターに陣取って、ハンバーグを注文。目の前のキッチンをガラス越しにのぞき込むと、 [続きを読む]
  • 函館公園はヤエザクラが満開
  • 函館公園は、ソメイヨシノが終わってしまいましたが、今、密かにヤエザクラの関山が花盛りです。ピンクのふわふわの花びらが幾重にもついた乙女なサクラ、関山。まだ提灯の張り巡らされている、誰もいない桜の園を独り占め!こちらは普賢象(ふげんぞう)。たぶん、いちばんの遅咲きさんで、シックな色合いのふわっとした花になるのには、もう少しかかりそうです。公園前の関山並木も、満開までもうひと息。街がカラフルに、美しく [続きを読む]
  • なんと立派な紫アスパラ!
  • 今日は五稜郭の新スポット、デパ地下みたいなシエスタキッチンをぶらぶらして、パンや惣菜などの買い物を楽しみました。野菜売り場で目にとまったのが、立派なアスパラ! 長さ40センチはあります。何度か行きつ戻りつしてもやっぱり気になったので、買ってきました。だってこれで400円なんだもの……興味津々です。上の柔らかそうなところはスライスして、生のままサラダに。かぶとりんごといっしょに、シンプルに塩とレモン汁と [続きを読む]
  • サクラマスの唐揚げとカブの桜花漬け
  • ソメイヨシノの季節はあっという間に終わってしまい、ちょっと桜ロス。スーパーでサクラマスを買ってきて、もう少し桜気分でいたいなあって。桜の咲く頃に旬だからサクラマス、素敵な名前です。塩・こしょうして、小麦粉はたいて、皮までカリッと揚げました。きれいなピンク色で、口当たりはしっとりふわり。マス特有の香味がたまりません。つけ合わせは、庭の山ウドの芽の天ぷらです。これも春の香り。もう一品、春らしく。カブに [続きを読む]
  • 新緑の函館山とハイカラ號
  • 今日は買い物に出たとき、ちょうど谷地頭から坂を上ってくるハイカラ號に遭遇。時間を合わせて見に行くようなことはないけれど、街でたまたま見かけると、なんだか嬉しくて、得した気分になります。背景の函館山は、ずいぶん新緑が目立ってきましたね。車体の赤にグリーンが映えます。ヒュー!青空にもお似合いです。ところで、青柳町の電停にはウエディングドレスとタキシード姿らしきカップルが。ハイカラ號に乗ってきて、ここで [続きを読む]
  • 函館山でシラネアオイと白いエンレイソウ
  • 連休の最終日、桜ばかり見てきたけど、函館山の花も忘れちゃだめということで、山歩きに出かけました。今日は汐見山コース、一人旅です。ちょうどシラネアオイが見ごろで、道端にごきげんよく待っててくれたり、林の中でかくれんぼしてたり。この画面に、手前の花のほか、7つくらい覗いてますよ。あまり群れない孤高の花のイメージを持っていましたが、ニリンソウやエンレイソウの中にちょこんと混じっている場所もあって、とって [続きを読む]
  • 函館公園、雨上がりの桜
  • 今朝は、桜シーズンに入ってたぶん初めての雨。それも午後には上がって、まぶしい日差しが出ました。函館公園のソメイヨシノは、そろそろ葉桜に。新緑が美しい季節です。足元には、雨で落ちたのか、鳥がついばんだのか、桜の花が点々と。あまりの美しさに少し拾って帰り、水に浮かべてみました。ドキッとするような色っぽさです。ところで、今日は久々にびっくりぽん!なことが発覚しました。わが家の庭先にドウダンツツジの木があ [続きを読む]
  • 胸いっぱいのお花見、元町配水場の百年桜
  • 毎年一度は見に行きたい桜のひとつが、元町配水場の百年桜。うちから歩いて15分から20分で行ける、函館山の中腹の特別な場所です。近所の友人と誘い合わせて、散歩かたがた行ってみました。向かって左側の桜は、上へ上へ細い枝をいっぱい伸ばして、のびのび咲いてます。右側の桜は、前へ前へ枝を伸ばして、ポンポンみたいな可愛い花がいっぱい。桜の下に座って、見上げるようなポジション、なんて気持ちいいんでしょ!さらに下にも [続きを読む]
  • 函館公園の屋台、大にぎわい
  • お花見期間が始まって、仕事かたがた函館公園に日参していますが、「そういえば、まだ屋台行ってないね」ということで、お昼を食べに出かけました。いや〜、すごい人でびっくり! みなさんいろいろ買い込んで、嬉しそうです。ちょうど、友人が「これから行くから」と連絡をくれて、合流。みんなで旧博物館二号の石段に腰をおろしてお花見……、青春映画のひとコマみたいで、なんだかぜいたくですね。やきとりとおでんいろいろ。昼 [続きを読む]
  • さらに満開の五稜郭公園で、夕暮れお花見ジンギスカン
  • 昨日から事務所は5連休ですが、前日に引き続き五稜郭公園に集合。仕事仲間と夕方からお花見ジンギスカンを楽しみました。5時すぎは、まだ明るいですね。満開の桜を見上げて幸せかみしめます。「手ぶらジンギスカンプラン」を頼むと、シートが敷いてあって、コンロ、鍋、肉、野菜、取り皿、箸などを完璧に用意してもらえるのでラクチン。さ、焼くぞー。好みの飲み物や具材なども持ち込み自由です。18時半になったら提灯に明かりがと [続きを読む]
  • 桜満開の五稜郭公園でピクニックランチ
  • 今日も出勤前に五稜郭公園をぶらり。お天気も最高、広々とした堀を縁取る満開の桜の風景はじつに美しく、一昨日の弘前公園にも全然引けを取っていないと思います。お昼休憩に、「せっかくだから外で食べよう」ということになって、事務所総出で徒歩1分(笑)の五稜郭公園へ。こんなに近いのに、今まで一度もピクニックランチをしたことはなかったけど、今月末で事務所が移転するので、名残惜しい気持ちでいっぱいです。お弁当を持 [続きを読む]
  • あこがれの弘前公園で桜三昧
  • 昨日は、青森県の弘前へ足をのばして、念願の桜三昧をしてきました。うちから弘前公園まで4時間ほど、一度訪ねてみたかった桜の楽園です。調べてみると、上野公園と並んで日本一のお花見どころ、毎年200万人の人出があるとか! 前日の土曜日は30万人が訪れたそうです。駅から100円シャトルバスで外堀に到着すると、いきなり花筏(いかだ)がお出迎え。花びらの濃い薄いや、ガク、軸などの混じりぐあいで、絶妙な色合いにうっとり [続きを読む]