jandmstation さん プロフィール

  •  
jandmstationさん: 函館・青柳町暮らし
ハンドル名jandmstation さん
ブログタイトル函館・青柳町暮らし
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/jandmstation
サイト紹介文2010年4月、函館暮らしを始めました。愛する函館の日常や季節の移ろいをお伝えするフォトエッセイ。
自由文元雑誌編集者。街・食・医療ライター。
2010年4月、長年暮らした横浜から、函館に移り住みました。
全国の函館ファンの方に、函館で暮らしているような臨場感を味わってもらえたら嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供322回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2010/06/15 17:03

jandmstation さんのブログ記事

  • 港まつり間近、たそがれ時の花電車
  • もうすぐ港まつりということで、今日から函館市電の花電車が走っています。自転車で家に帰る夕刻、函館駅前でキャッチ。夕焼け空に提灯の明かりも相乗効果で、お祭りムードが盛り上がります。にぎやかに音楽を流しながら煌びやかな市電が走ってくるものだから、旅行客のかたもびっくり。注目の的です。花電車は3台あり、一般車両の運行の間をぬって、列を作って街を走行。十字街電停あたりは、やっぱり絵になります。今年は新デザ [続きを読む]
  • アジサイの挿し芽、ビフォーアフター
  • 庭のあじさいと、いただきもののあじさいをリビングに飾りました。アナベルの白とピンク、房はカシワバアジサイスノーフレーク。真夏のあじさいは、涼しげでいいものです。昨日のイベントのおみやげ、あじさいの挿し芽。水を切らさないようにしばらくお世話をすると、根が出て、脇目が育ちます。そして、1本1本の挿し穂を地植えすると、4〜5年でこんな1株1株に育ちます。あじさいの生命力ってすごいもの。今年の挿し芽が大きな株に [続きを読む]
  • 市民の森へ、アジサイに会いに
  • いよいよ夏本番、この週末は函館市内のあちこちでイベントが目白押しです。今日の午前中は、市民の森のアジサイフェスタへ。実はアジサイサポート隊に席をおいていますが、今年度は幽霊部員で、今日が初めての市民の森でした。あー、やっぱり気持ちのいい場所です。トラピスチヌ修道院に隣接するふれあいセンター前は、アナベルの花ざかり!今年もまるまると、きれいに咲きました。遊歩道のアジサイ、フラウ(お嬢様)シリーズもい [続きを読む]
  • 地元産のメバルでおつまみ2種
  • 夕方、市電の待ち時間にデパ地下に寄ったら、地元産のメバルがタイムセールに。見事な包丁さばき!このままわさびしょうゆでももちろんOKですが、おつまみにしてみよーっと。左、メバルとつま大根の青ゆずあえ。塩とオリーブオイルだけでシンプルに。右、メバルとパクチーの食べるラー油あえ。こしょうたっぷり。プリプリの身、脂もよくのって、最高です。地魚ばんざい!★函館市公式観光情報サイト「はこぶら」で企画・撮影・執筆 [続きを読む]
  • 市電のレールに散水車で打ち水
  • ここ数日、暑さもひと段落かなと思っていたら、今日は32.4℃まで上がって、今年の最高気温を更新した模様。蒸し暑かったー。夏の日差しに、函館駅前の色とりどりの花が映えます。先日、五稜郭公園に向かう市電通りでの光景ですが、散水車です!ちょうどレールの幅いっぱいに水を撒きながら、通り過ぎていきました。たぶん、暑さでレールがゆがまないように、打ち水してたんでしょうね。一瞬にして涼しい風が吹き、空気がひんやり。 [続きを読む]
  • いよいよアジサイが花ざかり
  • 7月も半ばをすぎて、わが家のアジサイもいよいよ花ざかりを迎えています。気品高く、涼しげなブルースカイ。気高く上品なカシワバアジサイ。フラウシリーズのカツコだか、スミコだか。あれ? 水不足かな。暑い日がつづいていたから弱ったのかもしれません。こちらは元気いっぱいのアナベル。純白のふわっとした花は、ほんとうに夏の清涼剤です。最初はピンポン玉くらい、ほんの1週間くらい前はテニスボールくらいだったのに、今は [続きを読む]
  • 涼風に吹かれて住吉浜を散歩
  • しばらく30℃越えの日が続いていた函館ですが、火曜日から、最高気温でも20℃台前半という過ごしやすさが戻ってきました。買い物に行くにも、ちょっと遠回りして海でも見にいこうかなという気になるもの。住吉漁港近くに出てみたら、懐かしい潮の香りがしてきます。この景色いいですね。古タイヤと浮き球と。木製の電柱にかもめ、赤い灯台。タチアオイ(ホーリーホック)と消火栓。真夏の日差しや潮風にも負けないタチアオイ、函館 [続きを読む]
  • 初収穫のズッキーニとパクチーでサラダ
  • ちょっと留守にしてて帰ってきたら、雑草もすごいけど、畑も元気いっぱい!ラディッシュ、ルッコラに続いて、ズッキーニとパクチーも初収穫です。キッチンに運ぶと、そこら中、力強いパクチーの香り(あの虫と同じ……)が。さすが、採れたてフレッシュのパワーは違います。パクチー(香菜)は今年初挑戦。なかなか芽が出なくて、原産が地中海だから函館ではちょっと無理だったかなと思ってたら、この暑さでぐんぐん育ってきてます [続きを読む]
  • 函館のお盆、お墓参りの風景
  • 函館のお盆は7月13日です。一日遅れの14日に船見町のお寺にお墓参りに行きました。境内に張り巡らされた献灯提灯には、毎年圧倒されます。故人の好きだった庭のあじさいを御廟に手向けて。函館では一般的と聞いている共同墓所の御廟。ラッシュアワー並みの人出となる13日ほどではありませんが、この日もお参りのかたが絶えることなく、みんなで手を合わせるのがいいですね。港が見おろせる函館山の麓にあるお寺。気持ちのいい風が [続きを読む]
  • 郷里で四日市の工場夜景を堪能
  • 7月の3連休は、例年函館港花火大会や大門ジャズ、赤レンガの海イベントなど、函館がもっともにぎやかになる週末のうちのひとつですが、私は今年も法事で三重県の桑名へ里帰り。まずは、七里の渡し近くの「花街」に行って、ハマグリ天丼で腹ごしらえです。そして、夜はお隣の四日市に「工場夜景」を見にいくことに。仕事で函館近隣の北斗市の工場夜景を紹介した際に、室蘭、川崎と並んで四日市が日本の主要工場夜景であることを知っ [続きを読む]
  • 函館野外劇、パワーアップして開幕
  • 今年も、五稜郭公園で野外劇が開幕しました。正面広場での公演で、函館の重ねてきた歴史が市民によって次々演じられます。これは先住民アイヌの踊り。クライマックスの箱館戦争のシーン。この近さですから、迫力満点!土方さんが登場しての殺陣は、さすがのカッコよさです。今年は、堀をはさんだ土手も演出に利用して、奥行きあるステージが見られました。黒船来航、大火、戦争……この地で実際に起こったことに思いをはせて、時に [続きを読む]
  • 畑のラズベリー、ルッコラ、ラディッシュのサラダ
  • 真夏のような日が続いている函館、畑の縁に植わっているラズベリーがみるみる色づいてきました。熟れすぎないうちに採るのに追われる日々が、また始まりますね。ラディッシュ、ルッコラの畑も、ありがたいことにわっさわさです。本日の収穫〜!実りの夏をお祝いして、カラフルな畑のサラダ風に。ラディッシュ、ルッコラ、白菜にかるく塩をふって混ぜ、生ハムを加えてレモン汁であえて、皿に盛ります。チーズとラズベリーを散らし、 [続きを読む]
  • 7月のアジサイ、7月のコスモス
  • 暑い日が続いていますが、函館の街には夏でもいろんな花が咲いていて、街歩きの目を楽しませてくれます。今、まさにアジサイが咲きはじめて、夏の日差しの下、じつに涼やか。こちらは、函館公園の北海池ほとりのホンアジサイです。ラベンダーも花盛り。公園や観光スポットだけでなく、家々のまわりや道端でけっこう普通に見られます。ポプリでよく見かけるのはつぼみが固く結んだものですが、元気に咲ききっているラベンダーもふわ [続きを読む]
  • 真夏日、函館公園の小さなバラ園
  • 台風後の気圧の関係か、ここのところ函館も最高気温30度前後の日が続いてます。週末の函館公園は、噴水まわりが大人気。私も足パチャやりたーい。小型テント持参のかたがけっこう多いのにはびっくりさせられます。そんな喧騒をよそに、旧博物館の裏にある小さなバラ園は、密やかに花盛りを迎えています。白い板壁、濃い緑、強い日差し、そして色鮮やかなバラの花。草刈りも追いついてないようですが、このワイルドな感じがかえって [続きを読む]
  • 亀田川をさかのぼって橋をたどる街歩き
  • 昨日に引き続き、28℃前後まで気温が上がった快晴の日。「亀田川にかかる14の橋巡り」というマニアックな街歩きの会に参加しました。通りを進むうちに橋を渡ることはあれど、川をさかのぼって橋をたどるなんて、初めての体験。まずは、漁火通りの大森橋から。津軽海峡に注ぐ河口の橋で、昭和9年の大火で大惨事のあった場所です。川沿いを歩いたり、橋を渡ったり、寄り道したりしながら、歩いていきます。これは、中島廉売近くの白 [続きを読む]
  • 函館八幡宮で悠久の時を感じるライブ
  • 今日は、函館八幡宮に野外イベントを楽しみにいきました。大正時代に建てられた荘厳な本殿前で、他民族芸能楽団わたらのパフォーマンス。あたりが少しずつ夕暮れ色に染まりはじめる19時に開演です。フードブースでは、百?、Pazar Bazar、ククム、ニーヨル、Drip Dropなど、こだわりのお店が出店。がっつりいただきます!さて、夜の帳がおりて、空が濃いブルーに染まってくると、雰囲気がぐっと高まります。チベットの伝統楽器奏者 [続きを読む]
  • 街じゅうに七夕の飾りつけ
  • 今日は七夕。横浜にいたころは、それほど変わったこともありませんでしたが、函館では子どもたちが家々を訪ね歩き、歌を歌ってお菓子をもらうという、一大イベントの日です。ほんと、ハロウィンみたい。所用で夕方前に二十間坂あたりを歩くと、あちこちに七夕飾りが出てました。これが「お菓子あります」のサイン。こんなお洒落な洋服屋さんも、今日はお子さまウエルカムなんですね。酒屋さんにも、美容室にも、改装中の大三坂ビル [続きを読む]
  • 釣りのおすそ分けでアクアパッツァ&なめろう丼
  • 友人ご夫婦が「緑の島で釣りをして、たくさん釣れたから」と、おすそ分けを届けてくれました。クーラーボックスと氷水を入れたバケツから、出てくる出てくる!こんなにいただいちゃいました。今日の釣果、上からタナゴ、黒ソイ、イワシ、アイナメ。丸魚でいちばん簡単でおいしい料理が、アクアパッツア(イタリア風煮魚)かな。今日は豪華にタナゴ、黒ソイ、アイナメを一緒に「仲よしアクアパッツァ」です。魚のウロコと内臓を取っ [続きを読む]
  • 護国神社の見事なヤマボウシの花
  • 所用でご近所の護国神社へ出かけて、「新政府軍の墓」のほうへ向かったら、鮮やかな赤い花をつけた立派な木が目に入りました。春の花が終わってしまったと思ったこの時期に、これだけの立派な花!これはヤマボウシでしょうか。東京でよく見かけたハナミズキにちょっと似てますが、寒さに弱いらしくて、函館では見たことがありませんでした。ヤマボウシは、秋に美味しい真っ赤な実をつけたり、紅葉が美しいらしいので、また見に来て [続きを読む]
  • 夜霧が流れる十字街から青柳町
  • 夕方から所用で近場にお出かけ。この季節に特有の霧が街に流れて、ちょっと先も霞んで見えます。何かが起こりそうな雰囲気で、ドキドキキョロキョロ。帰りの20時半ごろ、霧はますますしっとりと立ち込めて、電車通りのオレンジ色の街灯が、ぼんやりとにじんでます。それはそれは美しくて、夢でも見ているみたいです。護国神社坂にたたずむ高田屋嘉兵衛像もドラマチック。あさり坂の上から、車通りを見おろして。いつもの風景がまっ [続きを読む]
  • しっとり静かな、雨の谷地頭電停前
  • 昨日の暑さと函館マラソンの喧騒がうそみたいな、今日の函館。雨のなか、谷地頭電停前までパンを買いにいき、市電の走るいつもの風景を目にしたら、何だかホッとしたような気持ちになりました。昨日がこんなお天気でなくて本当によかったのですが、雨に煙る静かな街も、函館らしくてわるくないなあと思う地元民です。昨日まで何日も雨がなくてカラカラ状態だったから、この雨で植物たちも喜んでいるでしょう。うちで今年2番手に咲 [続きを読む]
  • 函館マラソン、西部地区密着観戦
  • 今日は函館マラソンの日。仕事で8人のチームを組み、レポートをまとめるべくコースに散りました。私の担当は函館山エリアの西部地区。ふだん見慣れたこの風景を、ランナーたちが激走する様子は感動ものです。海外からの観光客のかたも混じって、応援も熱烈。西波止場のカリフォルニアベイビーとホテルHakoBA函館前。旧桟橋と函館港を望む……ランナーさんはそれどころではない?基坂。電車通りを市電が横切るのもいい感じ。JO、モ [続きを読む]
  • 可憐なヤマアジサイ、一番咲き
  • うちの周りに植えてあるアジサイたちが、つぼみを蓄えつつある夏の初め。ヤマアジサイが、最初に花を咲かせました。真ん中の粒々はまだ開いてないけど、周りの飾り花が可憐です。訪ねてきた友人に「ワイルドだね〜」と言われたとおり、草取りが追いついてなくて野原のようになってますが、シロツメクサもかわいいですよね。青紫色のと赤紫色の。どちらも涼しげ。近くに植えてあったラムズイヤーも飛んできて(?)居つきました。開 [続きを読む]
  • おいしいチーズとうまいワインでわいわいの夜
  • 昨日は、地元で愛されているお店の開店20周年を祝う会におじゃまして、楽しい時間をすごしました。店の常連さんや女将のファン(!)の気持ちが集まってのほのぼのした雰囲気。共同学舎や世界の美味しいチーズいろいろ。スペインの不思議なキラキラしたスパークリングワイン!イタリアのアモーレな赤ワインなどなど。スペシャルゲストの演奏も。美味しいチーズにワイン、料理、音楽、そして気のおけない仲間とくつろいだ空間。人生 [続きを読む]
  • 夏らしい晴天、海を見にいく
  • 函館は、ここ3日くらい気温が20℃越えでピカピカの快晴。出かける時にはちょっと遠回りしてでも、海を見にいきたくなります。自転車のペダルをこぎながら、行先に海が待ち構える風景は心弾むもの。大森浜の海岸に出ると、海の青さ、空の広さに圧倒されます。日差しは強いけど、空気が不思議にひんやりして、気持ちいい〜!空気中に細かい水の粒が含まれているような、独特の夏の空気です。青森県の下北半島も、くっきり見えつつ、 [続きを読む]