メタルフィッシュ さん プロフィール

  •  
メタルフィッシュさん: フィッシュクラフトおやじ
ハンドル名メタルフィッシュ さん
ブログタイトルフィッシュクラフトおやじ
ブログURLhttp://blog.zige.jp/metal-fish/
サイト紹介文実物魚から型を取り、スズ鋳物とする手作りのフィッシュ・クラフトを制作してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供272回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2010/06/15 23:25

メタルフィッシュ さんのブログ記事

  • 米子市展も奨励賞
  • 新聞発表は明日ですけど…、米子市展・工芸の部へ出品した『伊勢海老』に奨励賞を頂きました。これで、『加茂川白鮭』、『奉納真鯛』と続いて、3年連続での奨励賞の受賞となります。                           2015年 米子市展・工芸の部 奨励賞 『加茂川白鮭』                              2016年 米子市展・工芸の部 奨励賞 『奉納真鯛』        [続きを読む]
  • 米子市展搬入と流木探し
  • 今朝は米子市展・工芸の部への作品搬入に、米子市美術館へいきました。 開館の10時代でしたが既に申し込みの人達で混雑してます。職員の方から、「境港市展・市展賞御目出とうございます。」と声を掛けていただきました。             自分で制作したものを審査していただけるので、モチベーションの向上に繋がっています。 そのあと向かったのは、境港の海岸。 県展・彫刻の部へ出展する為の流木拾い。前回行った [続きを読む]
  • 境港市展表彰式と「さかいみなと銀座市場」
  • 朝10時から始まる、境港市民美術展覧会の表彰式に行きました。                       彫刻部門の出展者は全172名の内3名。 うち2名の方は審査員という嘘のような話ですが、市展賞は市展賞なのです。 審査員さんからの講評でも、「昨年よりは彫刻の形になってきた。」ということでした。 しかしまだまだ、改善?するべきところを沢山指摘頂き、今後の参考となります。             過去に頂 [続きを読む]
  • 境港市展で市展賞
  • 新聞発表は明日なのですが…、昨日、境港市展・彫刻の部へ出展した作品が「市展賞」受賞したと電話頂きました。                               『巡礼の丘』 タイトル決めの時、「巡 」という字が、「作品の骨の形」と似ているので、面白いな。。。と思いました。 ふと気づいたのですが、何かの大会や公募展などで、一番上の賞を頂いたのは生まれて初めて。この歳(63歳)になって、人生初 [続きを読む]
  • 公募展への出展準備
  • 20代頃から続けている米子市展・工芸の部への出展。 ここ1,2年前から始めた境港市展・彫刻の部への出展。明日が、境港市展の搬入日という事で、車に積み込みました。            サイズ的にも、軽自動車に積める大きさに。    明日のパート終了後、境港まで走る予定。 そして今週末の日曜日は、米子市展の搬入日。                       伊勢海老               [続きを読む]
  • ヤマセミ・オブジェの打ち合わせ
  • 分かっていた事ですが、公共事業である「ヤマセミ・オブジェ」の設置には事前協議が欠かせません。先日も米子市での現場仕事の途中で、業者さんが来宅。 ヤマセミの打ち合わせをしました。          「前回とは違った形にしたい。」というカービング作家さんのデザインには満足いただいたようです。ただ…、公共施設であるゆえの、設置条件・法令順守・安全性などクリアーしなけれなならない課題も山積。 し [続きを読む]
  • 彫刻作品のタイトル
  • 来週は、境港と米子の市展の搬入日。 どちらも作品は出来上がっているのですが、問題はタイトル。工芸部門はそのままズバリのタイトルで問題ないのですが、彫刻はそこから拡がるイメージが必要。                      各部品はコンクリート用ボンドで鉄板に固定しました。 パートの仕事中や、帰宅してからの読書中、作品を眺めながらの瞑想中など…、考えてます。そして閃いたのが、 『巡礼の [続きを読む]
  • ヤマセミ・プロジェクトのスタート
  • 三朝町のヤマセミ・オブジェの増殖プロジェクトの準備、着々と進んでいます。今朝は朝一で、三朝町までドライブ。  新三朝橋のヤマセミの所では、塗装のハゲを手直し。   新三朝橋では、ラドンちゃんと 一緒です。 そしてその足で、三朝温泉街にかかる かじか橋 と 恋谷橋 へ。   かじか橋   恋谷橋 ヤマセミを [続きを読む]
  • ヤマセミ・オブジェは公共事業
  • 来年春の完成を目指す三朝町のヤマセミ・オブジェは、三朝町役場さんからの公共事業です。             なので、製品の品質は勿論、その安全性や納期の厳守も求められて、厳しい仕事です。しかし逆に…、公的な見地からヤマセミ・オブジェが認められたという事で、張り合いが出て来ます。 一方 境港市で5年目となった「おさかなロード」の魚オブジェ。            NPO法人元気みなと さ [続きを読む]
  • クラゲの動画撮りました
  • 「クラゲの動画撮りました」と言っても…、錫鋳物のクラゲです。支えとなったのは5ミリの鉄筋。 クラゲの重さに耐えられずフラフラするで、クラゲの肉厚を削る事に。9月搬入の、県展・彫刻の部への部品になります。  [続きを読む]
  • 三朝町のヤマセミ増殖
  • 3年前の2014年7月に三朝町に設置したヤマセミの増殖が決定しました。 しかも一気に6羽。2014年設置時の記事は下。 ↓2014年ヤマセミ設置記事 2014年ヤマセミ設置記事                        新三朝橋の欄干に設置された ヤマセミ・オブジェ 3年の時を経て、設置状態の良さや、皆さんからの評判が良かったのかな?と、思っています。そして今回、嬉しいのはその設置場所です。 前 [続きを読む]
  • クラゲの制作
  • 今年度も県展・彫刻の部へ出展するつもり。 8月からは大きな仕事にかかる予定なので、6〜7月に集中制作です。昨日は珈琲飲みながらの友人との話の中から、彫刻の形が出来てきたよう。  彫刻には大きく分けて、リアルな造形によるものと、抽象的なものとがあります。 鋳物屋である私には、リアル彫刻を作る腕が無いので…、鋳物でのリアルさと抽象造形を組み合わせた感じで攻めます。 今回、メイン・テーマとなるの [続きを読む]
  • パート現場の多忙と鋳物でのヤマセミ制作
  • 連休後から、パート勤務のリサイクル現場に集まる空き缶・ペットボトルの量が異常に増えています。             ビニール袋に入れられた空き缶・ペットボトル・その他ゴミが、工場内に山と積まれた状態です。それを分別して、用途ごとに資源として再利用出来る形にするのが、私たち業者の仕事。            しかし最近の人手不足の影響で…、現場はフル回転。 これから夏に向けて、体力維持に努め [続きを読む]
  • メタルフィッシュの東京発送と植村直己さんの漫画
  • 梱包の終えていたメタルフィッシュ達と、レンタル契約関係の書類を入れ、東京へ発送しました。                  何時も荷物の発送でお世話になってる、近所のクロネコさんに行くと…、棚に並べられた数冊の植村直己さんの漫画が目につきました。 「これって、売っておられるんですか?」と、お店の方に尋ねると、「以前から置いてあるだけなので、良ければ差し上げます」と言ってくだされ、頂いて帰りま [続きを読む]
  • 新しい作品
  • 日曜日の朝は、NHKのEテレ『日曜美術館』見るのを習慣で。 今朝は、異色の版画家・一原有徳。作品を制作する時に一切のイメージを持たないそうです。 何故ならイメージした時点で、何かの模倣となるから。昨今は情報社会の発展で、知らないうちに誰かの…、何かの…、影響を受けているのだと言う。ではどうするのか。版画なのに版木を掘るのを止め、インクを使うことも止め、自然に朽ちた鉄板を版木として使用し [続きを読む]
  • 東の知人からうれしい話
  • 新聞での今日の運勢は、「東の知人からうれしい話が来る。 心機一転のチャンス。 乗っていい。」休日出勤のパート現場にかかって来た電話は、まさに東の旧知の業者さんから。  来月に向けて、新たなチャレンジが始まりそうです。  仏教の教えにこんな言葉があります。 『現生不退』 (目の前の現実から退かない) 自分の力を超えた不可思議な力に、気負い無く導かれていくような生き方。 目の前の事に向かっていれば [続きを読む]
  • 東京へ向け出荷準備完了
  • 東京・江戸川区で行われる干潟をテーマーとしたイベントに出品する為、イベント会社さんに送るメタルフィシュ達の梱包終えました。                 左から アカエイ、マハゼ、セイゴ                                ボラ 梱包用の段ボール箱をスーパーなどから貰ってきたのですが、どうしてもピッタリサイズが無い。  箱の大きさも、送料に影響するので、ホームセ [続きを読む]
  • アンチモニー工芸とヤマセミ視察
  • 昨日の午後見た日本の職人さんを紹介する『和風総本家』。 以前メタ工房も取材一歩手前までいったんですが…。東京で120年の歴史を持つ、アンチモニー工芸という装飾鋳物が紹介されました。鉛・アンチモン・錫 の合金で、日本独自の金属だそうです。主に仏具などの装飾品として使用されてましたが、一般に馴染深いのが、トロフィーや盾の関係。           一般に金属は固まる時に収縮するのですが、このアン [続きを読む]
  • 新聞記事に暗示され
  • その時考えたり行動してたりする事が、翌日の新聞記事で目にする事がよくあります。 これって、後押しされてるようで、家族や友達に友人の少ない私には元気でます。                  明日行こうとおもっているギャラリーあんどうさんでの梶村自得・個展  私が彫刻を始めるきっかけを与えてくれた人。 奥様と共に、作品制作への刺激をうけてます。170点の出品ですから、まだ知らない一面も見られるか [続きを読む]
  • メタルフィッシュ江戸へ
  • 数か月前に東京のイベント制作会社さんから、メタルフィッシュ・レンタルの照会がありました。その後数回のメールでのやり取りもあり、正式決定したとの報告がありました。詳細はまだ分かりませんが、江戸川区での干潟の環境、生物を紹介するイベントのようです。 「剥製でも良いのに、何故メタルフィッシュ?」 と質問すると…、 「剥製は移動とか展示環境に気を使うから」というご返事でした。  以前、鳥取県庁か [続きを読む]
  • 作家ネームと次期作品
  • 昨日は米子市公会堂で行われている、年金者組合作品展に行きました。                             で…、自分の作品をもう一度見てみると。 森下明彦 名前が違うじゃん。 でも 明時 で「みつよし」と読むよりは、 明彦 で「あきひこ」のほうがカッコいいかも。 作家ネームを名乗ってみるのも良いかも…、と考えた次第です。                いっぽう8月か [続きを読む]
  • 年金者組合作品展、今日から
  • 全日本年金者組合 鳥取県西部支部 主催の、第13回文化祭・作品展が今日から始まります。今日7日(日)から9日(水)まで。 場所は米子市公会堂・1階の会議室です。          昨日は会場へ作品の搬入に行きましたが、元気な高齢者が沢山集まられておられました。(私も充分その一人…)皆さん、昨年より確実に1歳歳を重ねていらしゃるのですが、作品への制作意欲は益々盛んに。              [続きを読む]
  • パーチン粉の代替品が出来た。^^
  • 昨日から試作していたパーチン粉の代替品が出来ました。  (生型鋳型の分離に使います)             粉チョーク に含まれる 炭酸カルシウムベビーパウダーに含まれる ステリアン酸 と 流動パラフィン配合割合をいろいろ変えながら…、粉チョーク 1:ベビーパウダー 4 でほぼ 良好な結果。             今後は、何度も使用出来生型鋳造でも制作出来るようになりました。     [続きを読む]
  • 彫刻の台
  • 作品的にはおおよそ出来上がったものの、円形の鉄板を際立たせるためには、高さを出す必要がある。境港市展の彫刻展示は、基本、テーブルの上に置かれるようなので…、             高さ10センチほどのこんな台を作ってみました。 使用した鉄板は、鉄工所から頂いたもの。100V溶接機で、見栄え悪くとも、これくらいのものは作れてしまいます。 彫刻部材とした鉄板も、空気中の湿気で、日々表面 [続きを読む]