七田チャイルドアカデミー かほく教室 さん プロフィール

  •  
七田チャイルドアカデミー かほく教室さん: 七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ
ハンドル名七田チャイルドアカデミー かほく教室 さん
ブログタイトル七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ
ブログURLhttp://scakahoku.blog134.fc2.com/
サイト紹介文七田チャイルドアカデミーかほく教室のブログです。子育て・教育情報をお伝えしています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2010/06/16 18:46

七田チャイルドアカデミー かほく教室 さんのブログ記事

  • 小学生コースで読んでいる「6つの約束」
  • 小学生コースの全Stepで、今月はこれを読んでいます。新しい内容に、「できない」とか、お友達と比べて優劣を感じてしまう時期なので、繰り返し、「6つの約束」を読んで、心に入ってくれればと思っています。私もお友達もここにいるだけで100点です。って感じてくれたら嬉しいな。**********************ゴールデンウィークのため、4月29日から5月5日はお休みです。***************** [続きを読む]
  • ツバメの季節がやってきました。
  • 我が家の犬 モモタロウの朝の日課は、ベランダでまったり過ごすこと。いつものようにベランダに出ると今朝は、にぎやかな声が・・ベランダの前にあるテレビアンテナにツバメが!!周りにも、何羽ものツバメが飛び互いに挨拶をしているようににぎやかに鳴いていました。ツバメが来る季節になったんですね。おかえり〜ツバメさん。最後まで読んでくださってありがとうございました。ポチッと押していただけたら、ありがたいです。↓ [続きを読む]
  • 認めてほめて愛して育てる
  • 七田の子育ての基本は、「認めて ほめて 愛して 育てる」ですね。これは、子どもにとって、最も幸福な子育てです。その証拠に、そのように接し始めると、子どもはエネルギーに充ちて、自ら動き始めます。ですが、反対にするとどうでしょう。「認めて」→ 「認めない」子どもができても当たり前だと思って、言葉にしない。しかし、できないことは言葉にしてしまう。「ほめる」→「ほめない」「否定する」良いところより悪いところが [続きを読む]
  • 結婚20周年
  • 4月12日結婚20周年を迎えました。当日、主人が花束をプレゼントとしてくれ、20年前、ウエディングケーキを作ってもらった「ぶどうの木」でディナーをいただきました。優しい主人が、私を喜ばそうと心を尽くしてくれ・・本当に幸せだなぁと思いました20年 仲良くやってこれたのも多くの人の支えがあってこそです。今あることを感謝して、二人でこれからも使命を果たしてまいります。花束のリボンをつけられて・・******* [続きを読む]
  • 3歳までに聞く「単語数」が語彙力を決める
  • 『3歳までに聞く「単語数」が語彙力を決める』なんて言われると、ドキッとしませんか?私も教室では「語りかけをたくさんしてください」って言っていますが、これにはちょっと衝撃を受けました。「3歳までなの〜」って。でもこれは、きちんとした研究からわかったことなのだそうです。トレーシー・カチロー著 『最高の子育て ベスト55』によると・・貧困層の通うプレスクールの教師ベティ・ハートは、4歳児に語彙力を向上さ [続きを読む]
  • 新年度がスタートしました。
  • 教室周辺の地域では、今日が入学式のところが多いです。また、新学期が始まった子どもたちも多いのではないでしょうか。教室でもこの月曜日から新年度がスタート!初めてのレッスン、初めてのクラス、初めての内容・・・。まだまだ戸惑うこともたくさんあるけど、”焦らず・比べず・休まず” 少しずつ取り組んでいくと、きっと力がついていることに気づくでしょう。ドキドキを乗り越え、新しいこともやってみよう。”できない”っ [続きを読む]
  • スマホじゃななくてぼくを見て!
  • 「お母さん、スマホじゃなくてぼくを見て!」これは我が家の犬 桃太郎の声です。といっても、犬が本当にそう言った訳ではないんですが・・誰だって、自宅に戻って携帯を見てみると、大切なメール等が入っており、すぐに返信しなくちゃって時ありますよね。そんな時、桃太郎は鼻でスマホを持つ手を押し上げ、メールを打たしてくれません。桃太郎からすると「長い間 留守番して待ってて、やっと戻ってきたと思ったら、スマホばかり [続きを読む]
  • 3・4・5月は入室金無料 今が入室のチャンス!
  • ただ今 七田チャイルドアカデミーでは、入室金 16,200円が無料になる、春の入室キャンペーンを実施しています。新年度が始める今、お子様に「学ぶのが楽しい!」「できるのが楽しい!」をプレゼントしませんか?まずは、体験レッスンでお子様の様子をご覧ください。かほく教室では、「わくわく」と「やりきらせる」を合言葉にお子様の学びを応援しています。「今 できる」力をもちろん大切にしていますが、それ以上に「将来もで [続きを読む]
  • コマをつくったよ
  • 小学4年生以上のSEコースで7週にわたり、ゾムツールをしました。今年のゾムツールの最終は、「芸術的なコマをつくろう」でした。そしてできあがったのが、フラワーこま工夫したところは、「お花みたいにするために、下に青い棒をつけて広がっているようにして、上にも うきでるみたいに 五角形を作りました。お花の花火みたいにしたところも工夫しました」すてきなこまができたし、しっかりと制作についても書けました。** [続きを読む]
  • 正しいかもしれないが、優しい?
  • 先日、映画『恋妻家宮本』を観てきました。その中で、行動の選択について「正しいけど、優しくない。 正しくないかもしれなが、優しい。」というのがありました。「正しさ」は、人や立場が変われば、変わってくる。互いの「正しさ」を主張し合えば、争いになる。けれど、互いに「優しい」行動をすれば、争うことなく、和合できる。素敵な考えだと思いました。娘を叱ったり、ガミガミいう時、私の言っていることは、「正しいかもし [続きを読む]
  • 小学生コースのコンセプトとつけたい力
  • 小学生コースの説明を年長クラスの保護者の方にしました。その中から、「コンセプト」と「つけたい力」の2つを抜粋してご紹介。私たち親が意識する「学力」や「知識」、「運動や芸術での成果」は、子どもの人間力で考えれば、それは枝葉の部分に当たると考えられます。人間力の根幹は、「人間性や魂」です。枝葉ばかり大きく、幹が育っていなければ、強い風が吹けばポキッと折れてしまいます。七田の小学生コースでは、幹、枝葉と [続きを読む]
  • 1,2月はトライアルレッスン
  • 教室では、トライアルレッスンが始まっています!トライアルレッスンは、月謝(12,960円)+1,080円で、通常レッスンを4回、受けられるというものです。入室金も教室維持費もいりません。1月、2月と月をまたいでの受講も可能なので、今からでもまだまだ間に合います。七田のレッスンがお子様に合っているか試されたい方は、この機会がチャンスです。***********************************1, [続きを読む]
  • 今日で今年のレッスンは終わりです。
  • 今日で今年のレッスンは終わりです。2017年は、1月5日からレッスンをスタートします。その間の12月29日から1月4日は、教室はお休みです。一年間、保護者の皆さま、ご理解・ご協力ありがとうございました。2017年も皆さまご家族が、健康で幸多い年となりますことをお祈り申し上げます。***********************************1,2月はトライアルレッスン3,4,5月は入室金無料        [続きを読む]
  • 自信が心を大きくする
  • 毎年この時期になると、子どもたちの成長を感じ、頼もしく、嬉しく思っています。4月や入室当初は、レベルアップした内容に、「難しい、いやだ、できない」とぐずったり、やる気のない雰囲気を醸し出している子も、プリントや課題を投げ出さずやりきってきたことで、「わかる、できる」に変わってきています。「難しい」と感じていた内容が、すらすらできるようになると、「あんな難しいことが自分はできるんだ」という大きな自信 [続きを読む]
  • 子どもはお母さんを幸せにする 勇気と覚悟を持って生まれてくる
  •  前回の記事「七田の胎教は、やっぱりとてもいい。」でも紹介させていただいた、『いのちのやくそく』。この本は、胎内記憶の研究から、母と子の立場に立ったお産をされている産婦人科医の池川明先生と、世界初男性のスピリチュアル・ミッドワイフ(たましいの助産師)の上田サトシ先生が書かれた本です。 この本を読むと、子どもたちは、たましいを成長させるために天命(=生きる目的)を決めて生まれ来ることがわかります。そ [続きを読む]
  • 七田の胎教は、やっぱりとてもいい。
  • 「いのちのやくそく」を読みました。この本は、胎内記憶の研究から、母と子の立場に立ったお産をされている産婦人科医の池川明先生と、世界初男性のスピリチュアル・ミッドワイフ(たましいの助産師)の上田サトシ先生が書かれた本です。この本を読むと、胎児にも意志があることがわかります。そしてお母さんや周りの人の思いを受け取りわかっています。一人の意志を持つ存在として、胎児を思うとき、その人格を大切にして、声をか [続きを読む]
  • イオンカードでの特典に1000円分の教材券が追加されました。
  • かほく教室が、イオンカードの優待施設になりました。そしてこの度、優待特典に1000円分の教材券が追加されました。詳しくは、こちらから入室されます時に、イオンカードをご提示いただきますと、1000円分の教材券と七田式子育てがわかる小冊子「心の子育て」を差し上げます。ぜひぜひ 入室を決められた時には、イオンカードをご提示ください。これからも、かほく教室は 教室に来てくださる皆様に喜んでもらえる教室を目指してま [続きを読む]
  • 七田ママから学ぼう
  • 1.ピアノの先生をしているママ生徒には、七田の子とそうでない子がいますが、七田の子は全然違います。七田の子は愛情を一杯うけているので、心と心で対話できます。子どもの未来のため、無限の才能を親がつぶすことのないように2.オリンピック出場 水泳 池江璃花子選手のマママイナスの言葉を子どもに聞かせない。「あなたはできる。できる。」と言い続けた。叱るときは、魂に届くくらい叱り、叱った後は、「あなた自身は、 [続きを読む]
  • 10歳の言葉 とてもいいです。
  • 10歳の少年が書いた本。すてきな言葉がちりばめられています。子どもたちにも「10歳の子が書いた言葉だよ」と紹介しています。あきらめず、やってみることの大切さを伝えています。大人が言うより、同年代の子どもの言葉は伝わると思います。保護者の方にも紹介しています。子ども側からの視点に、子育てを考えさせられます。さいごに私が好きなのはものを二つ紹介。『僕は小さい頃身体を洗ってもらう時、感謝することをママに教 [続きを読む]
  • 読み聞かせをしましょう。
  • 少しデーターが古いですが、乳幼児期の家庭環境が、小学校の成績とどのような関連を持つかを調査した結果が、つぎの表です。  このデーターから小学校で 成績が上位だった子どもは、 乳幼児期に、豊かな言語環 環にあったことがわかります。 お母さんや周りの大人から、十分言葉をかけてもらったり、絵本を読んでもらったり、早くから字が読み書きできるようになったりしていたなどの事実がはっきりデータにでていますね。  [続きを読む]
  • 即買い やはり 大ウケ
  • 久々に本屋に行きました。そして見つけたこの2冊。中身を見て、教室におけば、きっとウケると思い 即購入!絵本『おばけだじょ』は、ハロウィンの時期でもあるのでレッスンで読み聞かせをすると、やっぱり大ウケ読み聞かせたあとは、みんなが「○○だじょ」って、語尾が「じょ」になっちゃうそれくらい子どもには大ウケでした。図鑑『くらべる図鑑』は、小学生コースのレッスン前、わーわー、ぎゃーぎゃー、いいながら見ていたら、 [続きを読む]
  • 個性豊かなどんぐりどんぐりたち
  • 秋のイメージトレーニングで、どんぐりをしました。0,1歳さんは、歌に合わせてペープサートをふりふり。未満児と年少さんは、思い思いに、かわいい帽子と顔を描きました。年中さんと年長さんは、折り紙で折って、帽子に飾り付けをし、顔を描きました。個性豊かなどんぐりが、教室を彩ってくれています。最後まで読んでくださってありがとうございました。ポチッと押していただけたら、ありがたいです。↓ にほんブログ村  あ [続きを読む]
  • 傘でプラネタリウムができました!
  • 小学4年生以上のSEコースで傘のプラネタリウムをつくりました。これは、思考開発の「星」の取り組みの一つで、傘の中心を北極星に向けると、その時期に見られる星がわかるというものです。見た目にもすてきだし、自分でつくったということで、星に関しても主体的に学べているように思います。明日まで、晴れるということで今夜も星が見えるかもしれません。秋の夜空では、”W” の形の“カシオペア座”が見つけやすいとおもいま [続きを読む]
  • 継続は力なり
  • 「水泳のぼくの先生 お父ちゃん」前回紹介した至恩君が、俳句でも秀作に選ばれました。お母さん曰く、「本人は作文に苦手意識がある」とのこと。そのためお母さんは少しでも自信をつけようと、幼稚園の頃は絵日記、小学生からは、「ここで一句(小学生コースの俳句課題)」に自主的に取り組まれてきました。書き続けることで、文章の質がだんだん高まってきていることを感じました。今回の受賞も、その継続の力だと感じています。 [続きを読む]
  • おめでとう!Brain Master合格!
  • 小学生コースStep.2の真田至恩君(小2)が、Brain Masterの「暗唱文集 漢詩・漢文編」にチャレンジして、見事合格しました!!小学生Brain Masterは、記憶や「1円玉くっつけ」など、日頃の取り組みを高い基準でクリアできるハイレベルな子どもたちです。小学生の暗唱基準(タイム)でも、非常に短くて、かなり早口で言わなければならないほどです。特に長文は、ブレス(息継ぎ)もしてられないし、こちらも聞き取れないくらいの速 [続きを読む]