七田チャイルドアカデミー かほく教室 さん プロフィール

  •  
七田チャイルドアカデミー かほく教室さん: 七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ
ハンドル名七田チャイルドアカデミー かほく教室 さん
ブログタイトル七田チャイルドアカデミー かほく教室のブログ
ブログURLhttp://scakahoku.blog134.fc2.com/
サイト紹介文七田チャイルドアカデミーかほく教室のブログです。子育て・教育情報をお伝えしています♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/06/16 18:46

七田チャイルドアカデミー かほく教室 さんのブログ記事

  • 意識によって、未来が変わる
  • 小学生コースStep.3で学習したことが、私にとって、とても学びになったので、ここでご紹介。『マイケルは飛行機事故で右手の小指以外、麻痺して動かせなくなってしまった。体が動かないことを嘆き悲しんでいたが、ある日、動く一本の指に意識を向けた。動く一本の指で家族とコミュニケーションが取れるようになり、その指に感謝した。そのように動かなくなったことから、動かせる指があることに視点を変えることで、彼はずっと幸せ [続きを読む]
  • 学力に差が出る?スマホ
  • 8月9日(水)の中日新聞に『学力に差が出る?スマホ』という記事がありました。脳トレの川島隆太教授の記事だったのですが、その記事によるとスマホを使うかどうかで学力に大きな差があったそうです。普段学校でしか勉強しない(自宅での勉強習慣がない)子どもたちでスマホを使わない群とスマホを使う群を比較すると、スマホを使う群の成績が低かったそうです。自宅で勉強しないから、スマホの使いすぎで家で勉強時間が減って成績 [続きを読む]
  • 胎教レッスンがスタートします
  • (胎教レッスンの準備ができました)胎教レッスンがスタートします。七田の胎教は最高に良いものだと思っています。それは、ママにとっても赤ちゃんにとっても、最高に幸せなマタニティーライフ、出産になるから。だから受講してもらえて、とてもうれしいです今日は、七田の胎教がいいと思う点をご紹介します。①赤ちゃんの胎内環境をよくするために、ママが漠然と抱く不安を減らし、危険なものを少しでも減らしてもらうことができ [続きを読む]
  • 子どもたちの俳句
  • 小学生コースの「ここで一句」6月の作品をご紹介(紹介が遅れましたが・・)小3 みはるちゃんつゆがくる かたつむりさん いらっしゃいかえるなく ゲロゲロゲロと がっしょうだ小3 しおんくんラムネのむ ビー玉落ちて シュワワワワありがとう タンス開けたら 半ズボン小1 こうたくんつゆのとき かえるがピョンと とんできたどれもかわいらしい作品です。これからも、どんどん季節の俳句を書いてね。******* [続きを読む]
  • 心の筋肉をつける
  • 子どもが大人になるまでに、学力は勉強してつけていきます。運動や音楽も同様にトレーニングして、身につけていきますね。では、心は?心も同じです。心もトレーニングして、強く、大きくしていかなければなりません。では心は、どんな方向に、どんな風に育てれば良いのでしょう。七田眞先生は、 ①自分のわがままを抑えることができること、感情をコントロールできること ②他の人のことが考えられる、人に優しい思いやりをもてる [続きを読む]
  • 輝ける場所を持つ
  • 先日、娘の所属する、金大吹奏楽団のサマーコンサートを観てきました。イキイキと演奏したり、歌っている娘を見て、「輝ける場所を持てたんだなぁ」と感慨深く、涙してしまいました。娘は、ADHDで、困難を抱えているところもあります。でも、好きなものを見つけ、好きな音楽を通して、人と繋がり、成長して来られたことは、とても幸せなことだと思います。その輝きを昨日見たような気がします。どんな子にも、輝ける場所はあると思 [続きを読む]
  • 保護者勉強会があります!
  • 子どもたちが使っている脳は、私たちの使っている脳とはたらきが全く違います。スーパーコンピューターのような右脳について勉強してみませんか?子どもの才能を引き出す鍵はここにあります。どなたさまも参加できます。お問合せ・ご予約は教室まで・・tel 076-283-7947**********************サマーレッスン生を募集しています。月謝(12,960円)+教材費で、通常レッスンを4回、受けられます。7月、8月 [続きを読む]
  • やりきらせる
  • よくこんな場面を見ます。母 「さあ帰るから、おもちゃを片付けて」子  (そのまま遊び続ける)母  (おもちゃを片付けながら)  「ほら、〇〇ちゃんも片付けて」子  (そのまま遊び続ける)母  (おもちゃを片付け終わり) 「こうやって片付けるのよ、わかった?  さあ、そのおもちゃも片付けて」 (子どものおもちゃも片付ける)子  (おもちゃがなくなり、ドアへ)多くのお母さんが、なんの疑問も持たずにされています [続きを読む]
  • 「耳」が脳を変える
  • 語彙量がIQ、思考力を高めることがわかっています。語彙量を増やすには、幼児期に耳から、多くの言葉を聞かせてあげることが大切だろうと思っています。そこで、しちだ教育研究所の教材カタログ「2017 天使のレッスン」より、幼児の優れた「耳」の記憶についてお話します。楽に、忘れない記憶って!?私たちの記憶には2つあります。「目」から入ってきた情報の記憶と、「耳」から入ってきた情報の記憶です。私たち大人は、見たもの [続きを読む]
  • 生後 0か月児・1か月児、受講費無料キャンペーン
  • Happy Babyコースでは期間限定で「生後 0か月児・1か月児、受講費無料キャンペーン」を実施いたします。実施期間 2017年6月〜12月費用 Happy Babyコース    0か月児・1か月児は受講費無料教材 テキスト(3,000円+税)・集中力カード(1,000円+税)受講後の継続入室特典 ①Happy Baby終了後 生後6か月になる月初に(幼児、LB、音楽)コースへ移行→入室金無料②Happy Baby終了後 生後7か月〜12か月になる月初に(幼児 [続きを読む]
  • 小学生コースで読んでいる「6つの約束」
  • 小学生コースの全Stepで、今月はこれを読んでいます。新しい内容に、「できない」とか、お友達と比べて優劣を感じてしまう時期なので、繰り返し、「6つの約束」を読んで、心に入ってくれればと思っています。私もお友達もここにいるだけで100点です。って感じてくれたら嬉しいな。**********************ゴールデンウィークのため、4月29日から5月5日はお休みです。***************** [続きを読む]
  • ツバメの季節がやってきました。
  • 我が家の犬 モモタロウの朝の日課は、ベランダでまったり過ごすこと。いつものようにベランダに出ると今朝は、にぎやかな声が・・ベランダの前にあるテレビアンテナにツバメが!!周りにも、何羽ものツバメが飛び互いに挨拶をしているようににぎやかに鳴いていました。ツバメが来る季節になったんですね。おかえり〜ツバメさん。最後まで読んでくださってありがとうございました。ポチッと押していただけたら、ありがたいです。↓ [続きを読む]
  • 認めてほめて愛して育てる
  • 七田の子育ての基本は、「認めて ほめて 愛して 育てる」ですね。これは、子どもにとって、最も幸福な子育てです。その証拠に、そのように接し始めると、子どもはエネルギーに充ちて、自ら動き始めます。ですが、反対にするとどうでしょう。「認めて」→ 「認めない」子どもができても当たり前だと思って、言葉にしない。しかし、できないことは言葉にしてしまう。「ほめる」→「ほめない」「否定する」良いところより悪いところが [続きを読む]
  • 結婚20周年
  • 4月12日結婚20周年を迎えました。当日、主人が花束をプレゼントとしてくれ、20年前、ウエディングケーキを作ってもらった「ぶどうの木」でディナーをいただきました。優しい主人が、私を喜ばそうと心を尽くしてくれ・・本当に幸せだなぁと思いました20年 仲良くやってこれたのも多くの人の支えがあってこそです。今あることを感謝して、二人でこれからも使命を果たしてまいります。花束のリボンをつけられて・・******* [続きを読む]
  • 3歳までに聞く「単語数」が語彙力を決める
  • 『3歳までに聞く「単語数」が語彙力を決める』なんて言われると、ドキッとしませんか?私も教室では「語りかけをたくさんしてください」って言っていますが、これにはちょっと衝撃を受けました。「3歳までなの〜」って。でもこれは、きちんとした研究からわかったことなのだそうです。トレーシー・カチロー著 『最高の子育て ベスト55』によると・・貧困層の通うプレスクールの教師ベティ・ハートは、4歳児に語彙力を向上さ [続きを読む]
  • 新年度がスタートしました。
  • 教室周辺の地域では、今日が入学式のところが多いです。また、新学期が始まった子どもたちも多いのではないでしょうか。教室でもこの月曜日から新年度がスタート!初めてのレッスン、初めてのクラス、初めての内容・・・。まだまだ戸惑うこともたくさんあるけど、”焦らず・比べず・休まず” 少しずつ取り組んでいくと、きっと力がついていることに気づくでしょう。ドキドキを乗り越え、新しいこともやってみよう。”できない”っ [続きを読む]
  • スマホじゃななくてぼくを見て!
  • 「お母さん、スマホじゃなくてぼくを見て!」これは我が家の犬 桃太郎の声です。といっても、犬が本当にそう言った訳ではないんですが・・誰だって、自宅に戻って携帯を見てみると、大切なメール等が入っており、すぐに返信しなくちゃって時ありますよね。そんな時、桃太郎は鼻でスマホを持つ手を押し上げ、メールを打たしてくれません。桃太郎からすると「長い間 留守番して待ってて、やっと戻ってきたと思ったら、スマホばかり [続きを読む]
  • 3・4・5月は入室金無料 今が入室のチャンス!
  • ただ今 七田チャイルドアカデミーでは、入室金 16,200円が無料になる、春の入室キャンペーンを実施しています。新年度が始める今、お子様に「学ぶのが楽しい!」「できるのが楽しい!」をプレゼントしませんか?まずは、体験レッスンでお子様の様子をご覧ください。かほく教室では、「わくわく」と「やりきらせる」を合言葉にお子様の学びを応援しています。「今 できる」力をもちろん大切にしていますが、それ以上に「将来もで [続きを読む]
  • コマをつくったよ
  • 小学4年生以上のSEコースで7週にわたり、ゾムツールをしました。今年のゾムツールの最終は、「芸術的なコマをつくろう」でした。そしてできあがったのが、フラワーこま工夫したところは、「お花みたいにするために、下に青い棒をつけて広がっているようにして、上にも うきでるみたいに 五角形を作りました。お花の花火みたいにしたところも工夫しました」すてきなこまができたし、しっかりと制作についても書けました。** [続きを読む]
  • 正しいかもしれないが、優しい?
  • 先日、映画『恋妻家宮本』を観てきました。その中で、行動の選択について「正しいけど、優しくない。 正しくないかもしれなが、優しい。」というのがありました。「正しさ」は、人や立場が変われば、変わってくる。互いの「正しさ」を主張し合えば、争いになる。けれど、互いに「優しい」行動をすれば、争うことなく、和合できる。素敵な考えだと思いました。娘を叱ったり、ガミガミいう時、私の言っていることは、「正しいかもし [続きを読む]
  • 小学生コースのコンセプトとつけたい力
  • 小学生コースの説明を年長クラスの保護者の方にしました。その中から、「コンセプト」と「つけたい力」の2つを抜粋してご紹介。私たち親が意識する「学力」や「知識」、「運動や芸術での成果」は、子どもの人間力で考えれば、それは枝葉の部分に当たると考えられます。人間力の根幹は、「人間性や魂」です。枝葉ばかり大きく、幹が育っていなければ、強い風が吹けばポキッと折れてしまいます。七田の小学生コースでは、幹、枝葉と [続きを読む]
  • 1,2月はトライアルレッスン
  • 教室では、トライアルレッスンが始まっています!トライアルレッスンは、月謝(12,960円)+1,080円で、通常レッスンを4回、受けられるというものです。入室金も教室維持費もいりません。1月、2月と月をまたいでの受講も可能なので、今からでもまだまだ間に合います。七田のレッスンがお子様に合っているか試されたい方は、この機会がチャンスです。***********************************1, [続きを読む]
  • 今日で今年のレッスンは終わりです。
  • 今日で今年のレッスンは終わりです。2017年は、1月5日からレッスンをスタートします。その間の12月29日から1月4日は、教室はお休みです。一年間、保護者の皆さま、ご理解・ご協力ありがとうございました。2017年も皆さまご家族が、健康で幸多い年となりますことをお祈り申し上げます。***********************************1,2月はトライアルレッスン3,4,5月は入室金無料        [続きを読む]
  • 自信が心を大きくする
  • 毎年この時期になると、子どもたちの成長を感じ、頼もしく、嬉しく思っています。4月や入室当初は、レベルアップした内容に、「難しい、いやだ、できない」とぐずったり、やる気のない雰囲気を醸し出している子も、プリントや課題を投げ出さずやりきってきたことで、「わかる、できる」に変わってきています。「難しい」と感じていた内容が、すらすらできるようになると、「あんな難しいことが自分はできるんだ」という大きな自信 [続きを読む]
  • 子どもはお母さんを幸せにする 勇気と覚悟を持って生まれてくる
  •  前回の記事「七田の胎教は、やっぱりとてもいい。」でも紹介させていただいた、『いのちのやくそく』。この本は、胎内記憶の研究から、母と子の立場に立ったお産をされている産婦人科医の池川明先生と、世界初男性のスピリチュアル・ミッドワイフ(たましいの助産師)の上田サトシ先生が書かれた本です。 この本を読むと、子どもたちは、たましいを成長させるために天命(=生きる目的)を決めて生まれ来ることがわかります。そ [続きを読む]