ガンさん さん プロフィール

  •  
ガンさんさん: 自分だけのお魚図鑑
ハンドル名ガンさん さん
ブログタイトル自分だけのお魚図鑑
ブログURLhttp://gyotaku.seesaa.net/
サイト紹介文釣った魚で自分だけのお魚図鑑を作っています。瀬戸内海の福山・尾道界隈で釣れるお魚です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/06/17 12:34

ガンさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オニオコゼ
  • カサゴ目 フサカサゴ科 オニオコゼ属 オニオコゼ (鬼虎魚)学名 Inimicus japonicubr食味 ★★★★★釣場 広島県三原沖釣法 一つテンヤ背鰭に毒腺を備えた棘があり、刺されると激しく痛むので注意か必要。釣れたら直ぐにハサミで切り取っておくと良い。体長は20cm程度であまり大きくならない。食べて美味しく個体数が少ない希少な高級魚。薄造りや唐揚げにすると絶品。〓 釣りバカ男の手料理 オコゼの姿造り [続きを読む]
  • ショウサイフグ
  • フグ目 フグ科 トラフグ属 ショウサイフグ (潮際河豚)学名 Takifugu snyderiコモンフグに似るが体はツルツルしており、白い斑紋は細やか。目の下まで斑紋があるのでナシフグとは区別できる。卵巣や肝臓は猛毒。皮膚と腸は強毒、身や白子は弱毒〜無毒とされているが、瀬戸内海にはナシフグとコモンフグの交配種がいるらしく、ショウサイフグと見分けがつきにくいので注意が必要。 [続きを読む]
  • カミナリイカ
  • コウイカ目 コウイカ科 カミナリイカ (雷烏賊)学名 Sepia lycidas Gray捕獲地 愛媛県上島町佐島コウイカに似るが最大で胴長40cm、2kg位になる大型のイカ。胴に唇の様な斑紋が散らばるのが特徴で、一般にはモンゴウイカ (紋甲烏賊) と呼ばれる。カミナリイカの語源は、雷がよく鳴る春から初夏にかけて産卵のため岸近くに回遊して来てよく採れるからと言われる。 [続きを読む]
  • アミメハギ
  • フグ目 カワハギ科 アミメハギ属 アミメハギ (綱目剥)学名 Rudarius ercodes Jordan and Fowler体長は成魚でも7〜8cmの小型の魚。カワハギの仲間で沿岸の岩礁や流れ藻などについて生息。生息場所によって体色が変化する。 [続きを読む]
  • アイナメ
  • 釣り場 / 瀬戸内海の福山沖、釣り方 / 投げ釣り 餌 / 本虫、体長 / 36cm釣り場 / 日本海の島根県沖、釣り方 / インチク、体長 / 34cmカサゴ目 アイナメ科 アイナメ属 アイナメ学名 Hexagrammos otakii食味 ★★★★☆漢字では、鮎並、鮎魚女、鮎魚並、愛魚女などと書く。名の由来は、鮎のように縄張りをもっているので鮎並みからきたらしい。アイナメとクジメの見分けは難しく、アイナメは尾びれが直線的であるのに対してクジメ [続きを読む]
  • ゴンズイ
  • ナマズ目 ゴンズイ科 ゴンズイ属 ゴンズイ (権瑞)学名 Plotosus japonicus捕獲地 愛媛県上島町佐島夜行性の海水魚で群れになって集団で行動し、その塊は「ごんずい玉」と呼ばれる。背びれと胸びれに毒をもった棘があり、刺されると激痛を伴う。刺されて死亡した例もある様です。白身の美味しい魚で、棘を取り除いて味噌汁や蒲焼、天ぷらなどで食される。 [続きを読む]
  • タケノコメバル
  • スズキ目 メバル科 メバル属 タケノコメバル学名 Sebastes oblongus Günther捕獲地 広島県尾道市向島日本各地の浅い岩礁域や防波堤などに生息する。名の由来は、タケノコが出る時期が美味しいと言う説や、体の色や模様がタケノコの皮に似ているからと言う説がある。ムラソイとよく似て区別が難しいが眼隔域、つまり目と目の間にくぼみが無いので区別できる。体色は黄褐色から茶褐色で色合いや模様が鼈甲に似ていることからベッ [続きを読む]
  • ホウボウ
  • カサゴ目 ホウボウ科 ホウボウ属 ホウボウ (魴鮄)学名 Chelidonichthys spinosus捕獲地 日本海出雲沖胸鰭が進化した左右6本の軟条で方々を歩くようにして餌を探すチョッと変わったお魚です。名の由来も、方々を歩き回ることからきた説がある。胸鰭は鮮やかな青緑色で翼のように大きく広がり、まるでオオムラサキの羽に様である。釣り上げるとグウグウと浮き袋から音を出す。 [続きを読む]
  • シマフグ
  • フグ目 フグ科 トラフグ属 シクフグ (縞河豚)学名 Takifugu xanthopterus捕獲地 日本海出雲沖背中に黒と白の縞模様があり、ヒレは黄色。皮に小さな棘がたくさんあり、強く触ると痛い。体長は60センチ以上になる大型種。釣り上げる時、水面近くに来ると船影を見て驚くのか、青物と間違えるほど暴れる様に引く。身は硬いが水分が多く、刺身にする時はさらしなどに巻いて一晩置いておくと良い。卵巣や肝臓は強毒。身や皮、白子は無毒 [続きを読む]
  • オオクチバス
  • スズキ目 サンフィッシュ科 オオクチバス属 オオクチバス学名 Micropterus salmoidesブラックバス(Black bass)は、北アメリカ原産のオオクチバス (ノーザンラージマウスバス) やフロリダバス (フロリダラージマウスバス)、コクチバス (スモールマウスバス) などの8種のオオクチバス属の総称でブラックバスと言う特定の魚類はいない。コクチバスに比べて口が大きく、上顎の後端が眼の位置よりも後方に達する。水生昆虫や甲殻類、 [続きを読む]
  • ミナミヌマエビ
  • 十脚目 ヌマエビ科 ミナミヌマエビ (南沼蝦)学名 Neocaridina denticulata denticulata日本各地の川や沼に分布する淡水のエビ。体色は、若い雄は半透明で雌は茶色や緑黒色など様々。(画像はメス)釣り餌にも利用され、ブツエビ、タエビなどと呼ばれる。観賞用としても飼育され、雑食性なので生物の死骸や藻類、水垢などを食べ水槽を掃除してくれます。 [続きを読む]
  • アカカマス
  • スズキ目 カマス科 カマス属 アカカマス (赤魳)学名 Sphyraena pinguis捕獲地 岡山県笠岡沖ヤマトカマスに比べ大型で50cm以上になる。どらも良く似ており見分け方は、アカカマスは腹ビレが背ビレよりも前方にあるのに対しヤマトカマスは腹ビレと背ビレがほぼ同じあたりにある。別名 本カマス [続きを読む]
  • コショウダイ
  • スズキ目 イサキ科 コショウダイ属 コショウダイ (胡椒鯛)学名 Plectorhinchus cinctus体側に3本の斜めの縞模様があり、背側から尾ビレにかけて胡椒の実の様な黒い斑点がある。別名 コロダイ、バダイ、ヘダイなど [続きを読む]
  • ウッカリカサゴ
  • カサゴ目 メバル科 ウッカリカサゴ学名 : Sebastiscus tertius捕獲地 : 島根県カサゴと混同しやすく 「うっかりするとカサゴと区別できない」 ことから命名された様です。カサゴよりも型が大きく50cmを超えるものもある。カサゴは上側の斑紋が不鮮明であるに対して、ウッカリカサゴは斑紋が多くて鮮明で、褐色に縁取られてる。 [続きを読む]
  • サクラマス
  • サケ目 サケ科 サクラマス (桜鱒)学名 O. masou ヤマメの釣り掘りに混ざっていた、小判型のパーマークが薄く銀化したヤマメ?サクラマスでしょうか。基本的にサクラマスは、海に下って回遊し産卵時に川を遡上する降海型の魚であるが、一生を淡水で過ごす河川残留型(陸封型)もいる様です。 [続きを読む]
  • アキアミ
  • サクラエビ科 アキアミ属 アキアミ内湾や汽水域に生息。オキアミはプランクトンだが、これはエビの仲間。撒き餌に使う小粒のアミエビに似ているが、これは三陸産のツノナシオキアミ(アカアミとも言う)という種類らしい。 [続きを読む]
  • ムラソイ
  • カサゴ目 フカカサゴ科 メバル属 ムラソイ (斑曹以)学名 Sebastes pachycephalus沿岸の岩礁域やテトラロポッドなどに生息。厳密には、ムラソイ、オウゴンムラソイ、ホシナシムラソイ、アカブチムラソイの亜種に分けられる。 [続きを読む]
  • イシガニ
  • エビ目 カニ下目 ワタリガニ科 イシガニ (石蟹)学名 Charybdis japonica塩茹でにすると美味しいが、あまり大きくないし殻が硬いので食べるのが難しい。マダコ釣りの餌としてタコテンヤに付けると良く釣れる。 [続きを読む]
  • スルメイカ
  • ツツイカ目 アカイカ科 スルメイカ属 スルメイカ (鯣烏賊)学名 Todarodes pacificus食味 ★★★★☆補各地 日本海 (鳥取市青谷沖)日本で一番消費量が多いイカ。価格は安い。ケンサキイカやアオリイカと比べると味は落ちる。胴長20cm以下の若いイカをムギイカと呼ぶ。そのほか、地方によってはマツイカ、真イカ、サルイカなどと呼ばれる。 [続きを読む]
  • ケンサキイカ
  • ツツイカ目 ヤリイカ科 ケンサキイカ属 ケンサキイカ (剣先烏賊)学名 Uroteuthis edulis食味 ★★★★★捕獲地 日本海 (鳥取市青谷沖)刺身にすると他のイカと比べて透明感があり甘味は強く、高級イカの代名詞になっている。山口ではマイカ、山陰ではシロイカ、伊豆諸島ではアカイカと呼ばれる。また、佐賀県の呼子などではヤリイカとも呼び、ヤリイカやアカイカは別種がいるのでややこしい。先端が尖りヤリイカとよく似ているが、 [続きを読む]
  • ヒラマサ
  • スズキ目 アジ科 ブリ属 ヒラマサ (平政)学名 Seriola lalandi食味 ★★★★☆同属のブリに似ていて区別は難しいが、ブリは上顎の上後端が角張ってといるが、ヒラマサは丸みを帯びる。また、ヒラマサは胸鰭が腹鰭より短く、体側の黄色い縦帯が明瞭である。ブリと比べると格段に引きが強く海のスプリンターと呼ばれ釣り人を魅了する。体長は1mを超えるが50cm前後の小型のものはマメヒラと呼ばれる。その他の呼び名 ヒラス、ヒラサ、 [続きを読む]
  • アカササノハベラ
  • スズキ目 ベラ科 ササノハベラ属 アカササノハベラ学名 Pseudolabrus eoethinus補各地 日本海ホシササノハベラよりやや沖合いの岩礁に生息。体色は赤みか強い。目の下から胸鰭にかけて黒い筋がある。🍴 釣りバカ男の手料理 ベラ科の魚料理 [続きを読む]
  • 過去の記事 …