弁護士と闘う さん プロフィール

  •  
弁護士と闘うさん: 弁護士と闘う
ハンドル名弁護士と闘う さん
ブログタイトル弁護士と闘う
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii
サイト紹介文弁護士懲戒・非行専門。弁護士見張ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供615回 / 365日(平均11.8回/週) - 参加 2010/06/18 15:39

弁護士と闘う さんのブログ記事

  • 泉谷恭史弁護士(和歌山)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌・自由と正義2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・和歌山県弁護士会・泉谷恭史弁護士の懲戒処分の要旨 弁護士法第25条 弁護士職務基本規定第27条違反双方代理懲 戒 処 分 の 公 告和歌山県弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下のとおり通知を受けたので、懲戒処分の公告公表に関する規定第3条の規定により公告する1 懲戒を受けた弁護士氏 名 [続きを読む]
  • 「双方代理」 弁護士懲戒処分例
  • 日弁連広報誌「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分の要旨弁護士職務基本規定だ27条違反の懲戒処分例双方代理・利益相反行為とよばれるもの、依頼した弁護士がいつの間にか相手側についたりするもの、相続事件に多くみられる。また弁護士の少ない地方の弁護士の処分が多い、ベテラン弁護士が多く処分の多くは戒告です。泉谷恭史弁護士(和歌山)17861 戒告 2017年4月https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36281555.html鵜飼源 [続きを読む]
  • 吉川晃史弁護士(東京)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・東京弁護士会・吉川晃史弁護士の懲戒処分の要旨2017年1月31日現在で最新の登録番号は55382番です。吉川晃史(よしかわ・こうじ)弁護士は51853番で登録番号最新番号の処分者となりました。(2017年4月26日現在)東京弁護士会会報【リブラ】の懲戒処分と合せてお読みください懲 戒 処 分 の 公 告 東京弁護士 [続きを読む]
  • 法テラスの役員報酬 理事長1791万円
  • 法テラス平成27年度役員報酬理事長は元日弁連会長、事務総長、日弁連の天下り先が法テラス国から支援を受けないという弁護士自治を標榜しながら理事長の報酬は1791万円。日弁連会長時代は月給100万円 ボーナス6月 年2回 の月給ですが、法テラスの理事長は月給約90万円の安月給?日本司法支援センターhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B8%E6%B3%95%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%B [続きを読む]
  • 弁護懲戒処分情報4月25日付官報通算41件目金子重紀弁護士(千葉)
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。2017年4月25日付官報に掲載された弁護士の懲戒の処分公告2017年1月1日より通算41件目の懲戒処分千葉県弁護士会・金子重紀弁護士の懲戒の処分公告    懲 戒 の 処 分 公 告弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。             記1 処分をした弁護士会   千葉県弁護士会2 処分を受けた弁護士          氏名      金子重紀 [続きを読む]
  • 小山三代治弁護士(第二東京)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・第二東京弁護士会の小山三代治弁護士の懲戒処分の要旨小山三代治弁護士 1987年12月 戒告約30年ぶり2回目の懲戒処分となりました。この内容で業務停止3月で済む業界がうらやましい! 懲 戒 処 分 の 公 告第二東京弁護士会がなした懲戒の処分について、同会から以下のとおり通知を受けたので懲戒処分の公告及 [続きを読む]
  • レッドライン超え!?東京弁護士会問題で 日弁連不要論
  • Holidays  記者のリプルーフ レッドライン超え!?東京弁護士会問題で 日弁連不要論 Holidays シリーズ(書庫)記事は、『今のところ、弁護士と縁もユカリも無い』 そんな皆様のアフタータイムや休日に、お読みいただきたい記事として発信するものです。また、『記者のリプルーフ』では、当会七人の記者による小言・叱責を発信しています。 東京弁護士会が 元会長の名前 に書換 [続きを読む]
  • 三崎恒夫弁護士(第二東京)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・第二東京弁護士会/三崎恒夫弁護士の懲戒処分の要旨【処分の理由】非弁提携弁護士でもないものから仕事をあっ旋してもらう。また弁護士の名義を非弁会社に提供して報酬だけをもらう。主に過払い請求、債務整理事件を非弁が受ける。弁護士として恥も外聞もない行為だが弁護士会は高齢の弁護士無能な弁護士、借金漬けの弁 [続きを読む]
  • 東京弁護士会 この差ってなんだ? 禊(みそぎ)の基準
  • ( 記者のつぶやき) 東京弁護士会 この差ってなんだ? 禊(みそぎ)の基準 先般の日弁連総会、東京弁護士会による委任状書換え事件で、記事配信しています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「市民への不祥事は対応せず、弁護士からの苦情で給料3ケ月分返納した東弁会長」URL https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/36270016.html [続きを読む]
  • 安達浩之弁護士(第二東京)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています日弁連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・第二東京弁護士会/安達浩之弁護士の懲戒処分の要旨【処分の理由】国選弁護人の怠慢な弁護活動国選弁護人の懲戒処分も多く、書庫にまとめてあります。https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/folder/1020963.html  懲 戒 処 分 の 公 告第二東京弁護士会がなした懲戒の処分について同会から以下の通り通知を受 [続きを読む]
  • 「弁護士自治を考える会」当会へのお問合せについて
  • 法人化準備室から お知らせ     当会へのお問い合わせについて 日ごろ当会ブログをご愛顧ご覧頂き、誠にありがとうございます。 募集させていただいております「懲戒請求棄却情報」並びに「懲戒請求代理人情報」に、たくさんの情報をお寄せ頂き、また、関連する有意な情報をお送り戴いておりますこと、ご報告と共に御礼申し上げます。今後とも、ご応募・情報提供ご協力のほど、お願い申し上げます。&nbs [続きを読む]
  • <弁護士>訴訟放置1年半「資料を紛失」 300万円で和解
  • <弁護士>訴訟放置1年半「資料を紛失」 300万円で和解毎日新聞4月20日(木)9時30分  残業代の支払いを求める訴訟を起こすよう依頼したのに弁護士が1年半にわたって放置し、一部が時効になったとして、60代の夫婦が大阪弁護士会の男性弁護士に約800万円の賠償を求めた訴訟が大阪地裁であり、弁護士が300万円を支払うことで和解していたことが19日、分かった。弁護士は不適切な処理をしたことを認め、夫婦に謝 [続きを読む]
  • 松井隆雄弁護士(大阪)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・大阪弁護士会・松井隆雄弁護士の懲戒処分の要旨 報道がありました。弁護士を業務停止3か月京都新聞12月14日 朝刊大阪弁護士会は13日依頼された交通事故の民事訴訟を巡り、既に自動車損害賠償責任保険が支払われているとの情報を裁判所に伝えないまま和解を成立させたとして、同会所属の松井隆雄弁護士(73) [続きを読む]
  • 中島信賢弁護士(福岡)懲戒処分の要旨
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています「日弁連広報誌・自由と正義」2017年4月号に掲載された弁護士の懲戒処分の公告・福岡県弁護士会・中島信賢弁護士の懲戒処分の要旨「弁護士自治を考える会」は過去1000件近くの「自由と正義」に掲載された弁護士懲戒処分の要を公開しています。業務停止1年6月という重い懲戒処分ですが、過去にこれほど短い懲戒処分の要旨はありませんでした。懲戒請求者は福岡県弁護士会です。何があったのか、な [続きを読む]
  • 弁護士懲戒請求事案処理件数報告(207年〜2016年)日弁連
  • 日弁連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された懲戒請求事案処理件数報告(2006年〜2016年)連広報誌「自由と正義」2017年4月号に掲載された懲戒請求事案処理件数報告(2006年〜2016年)2016年は3480件の懲戒請求が申し立てられましたが、1人で100件以上の懲戒請求をした事案が5例(5例の合計1511件)あった。2016年  懲戒処分件数  114件戒告 60 業務停止 47 退会命令 3 除名 42017年 官報掲載 弁護士懲 [続きを読む]
  • 弁護士懲戒処分情報4月17日付官報通算37人目辻内誠人弁護士(奈良)
  • 弁護士の懲戒処分を公開しています。2017年4月17日付官報に掲載された弁護士の懲戒の処分公告2017年1月1日より通算37件目の懲戒処分奈良弁護士会・辻内誠人弁護士の懲戒の処分公告懲戒の処分公告弁護士法第64条の6第3項の規定により下記のとおり公告します。             記1 処分をした弁護士会   奈良弁護士会2 処分を受けた弁護士          氏名      辻内誠人      登録番号   [続きを読む]
  • 「自由と正義」4月号 弁護士懲戒処分の要旨 今月は12件
  • 日弁連広報誌「自由と正義」4月号が届きました。弁護士懲戒処分の要旨が公告として掲載されています。4月号は12人の弁護士と法人の懲戒処分の理由が掲載されています。本日は一覧です。① 新井岩男 埼玉 19458 業務停止2月 処分日2016年11月30日刑事事件の怠慢な弁護活動② 伊藤芳郎 東京 20253 戒告  12月5日守秘義務違反③ 吉川晃史 東京 51853 業務停止1月  12月5日裁判所の出頭カードの記載違反④中島信賢  [続きを読む]
  • 伊藤茂昭殿(元東弁会長)と勝手に書換え委任状の顛末
  • Holidays  ゲイズ(gaze)伊藤茂昭殿(元東弁会長)と勝手に書換え委任状の顛末 このHolidays(書庫)記事は、『今のところ、弁護士と縁もユカリも無い』 そんな皆様のアフタータイムや休日にお読みいただきたい記事として発信するものです。 サブタイトル「ゲイズ(gaze)」とは「熱心に見つめる」という意味でもあります。今回は、東京弁護士会 「委任状書換えの顛末」 をゲイズします。 &n [続きを読む]