黒目 河太郎 さん プロフィール

  •  
黒目 河太郎さん: 東久留米みてある記
ハンドル名黒目 河太郎 さん
ブログタイトル東久留米みてある記
ブログURLhttp://kurome.asablo.jp/blog/
サイト紹介文東京都東久留米市の黒目川、落合川で見かける鳥や植物など、生き物を中心に写真で紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供389回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2010/06/21 01:37

黒目 河太郎 さんのブログ記事

  • アオサギが立つ
  •  姿勢がいいアオサギです。暑いのにだれた顔をしていないところが偉い! それにしても、私が歩いている範囲の黒目川に鳥がいません。毎年減っていくような気がします。一時的な大雨で下流に流されたのでしょうか、カルガモの数もめっきり減ってしまいました。 鳥の減少は、桑の木が伐られてしまったことが影響しているのではないとか思っています。一方で、ゲリラ豪雨による洪水を避けるために川の中に生えている木を切る必要も [続きを読む]
  • ああ、巣立ってしまったのね
  •  土曜・日曜と写真が撮れなかったので、今朝、ツバメの巣を見に行きました。予想どおりもぬけの殻。5羽のヒナは巣立っていました。土曜の夜は巣で眠っていたので、今朝早く巣立ったのか、日曜日の朝に巣立ったのかの、どちらかでしょう。今年は、3回もタイミングを逃しました。トホホ…です。巣立つ直前のヒナたちを載せます。3枚目に親鳥が写っています。4枚目で羽ばたいているのはヒナです。《Panasonic Lumix-G7 + 100-300 [続きを読む]
  • 水槽のオイカワ
  •  東久留米市に隣接する清瀬市で、「きよせの環境・川まつり」というのをやっていました。たくさん露店が出て賑わっていました。子どもたちは柳瀬川で水遊び。川の対岸は埼玉県所沢市です。 柳瀬川でとれたオイカワを展示していたので、写真を撮ってきました。美しい色に輝いているのが婚姻色のオスです。私がわかるのは、それだけ。アユが遡上してくるそうで、アユの水槽もありました。《OLYMPUS STYLUS 1》  [続きを読む]
  • ツバメの空中給餌 その2
  •  引く続きツバメの給餌写真です。親ツバメの嘴から虫が見えること。ヒナの口に入る直前であること。ヒナの並び方が揃っていること。この3条をクリアすべく、努力中。1枚目と2枚目は目標に近づいてきた感じもしますが、成功する前にヒナたちが巣立ってしまいそうです。《Panasonic Lumix-G7 + 100-300mm》  [続きを読む]
  • ツバメの給餌
  •  親がヒナに餌を与える直前の瞬間を狙っているのですが、撮れません。親ツバメの嘴から虫が見えること。ヒナの口に入る直前であること。ヒナの並び方が揃っていること。この3条件がクリアできずにいます。難しい!《Panasonic Lumix-G7 + 100-300mm》  [続きを読む]
  • くてっとした顔がかわいい ツバメのヒナ
  •  きょうのツバメのヒナたちは、初めての紹介です。だいぶ大きくなっていますが、巣立ちまでまだ間がありそうです。近くから写真が撮れる。角度もそれほど悪くない。すてがたい巣なのですが、いかんせん暗い。かなり高感度に強いカメラを使わないと、動く姿が撮れません。 動きは諦めて、どうしようかなと思案していたところ、くてっとしたヒナの表情がかわいらしいので、それを撮ることにしました。動いている写真も紹介しました [続きを読む]
  • アオサギに出し抜かれた!
  •  暑いし鳥はいないしと思って、コンデジ1つをカバンに入れて駅に向かいました。黒目川遊歩道を自転車で走行していると、アオサギが見えました。橋の真ん中からよく見えそうです。時間に若干余裕があったので、自転車を止めてアオサギを見ていました。念のため、コンデジを持って。 石がごろごろしている場所にアオサギはいます。突然、姿勢を落としました。魚を狙う格好です。浅い場所なので捕れても小さい魚だろうと思って、カ [続きを読む]
  • ツバメの空中給餌
  •  ツバメのヒナたちの成長ははやく、ちょっと見ないうちにかなり成長しています。7月14日に紹介したヒナは、17日には写真のようになっていました。 親鳥はあっという間に餌を与えて飛び去ります。空中給餌を繰り返していたので、なんとか写真にしたいものだと狙ってみました。まず給餌のタイミングとシャッターのタイミングがあわない。シャッターのタイミングが早くても遅くてもダメ。角度が悪いために給餌そのものが写らない。 [続きを読む]
  • オイカワのオス 産卵便乗派
  •  オイカワの産卵が続いています。水量が増えて濁りもあるため、写真が撮りにくくなりました。産卵を始めると、必ず別のオスがやってきて便乗しようとします。そうなると、もうぐちゃぐちゃ。わけがわからない事態になってしまいます。 1枚目の写真は、オスの向こうにメスの顔が見えます。4枚目、5枚目で別のオスが侵入してきました。《Panasonic Lumix-FZ200》  [続きを読む]
  • 黒いアゲハ
  •  夕方の雑木林。道路と接する外縁部を黒いアゲハが舞っていました。草にとまったかと思うとすぐに飛び立ち、円を描いて戻ってきます。また草にとまって飛び立って。ひたすらその行動を繰り返していました。何をやっているんでしょうか。とまった姿を写真にしたいと思ってピントを合わせようとするのですが、すぐに移動してしまうので、うまく撮れませんでした。 この黒いアゲハはジャコウアゲハでしょうか。翅はぼろぼろでした。 [続きを読む]
  • わが子とドッキング ツバメ
  •  親鳥が虫をくわえて飛んで来て、ヒナに餌を与える瞬間を撮るのが楽しみですが、なかなかうまくいきません。虫が見えるように撮るのが難しい。その虫が親の嘴ととにヒナの口の中に入る瞬間も難しい。親は頻繁に飛んで来るのでチャンスはたくさんあるものの、入ってくる角度が変わるので、「また失敗した」の繰り返し。《Panasonic Lumix-G7 + 100-300mm》  [続きを読む]
  • ツバメ少年少女合唱団
  •  駅で子育てするツバメ。ヒナたちは、親が近づくと大口を開けて「餌をくれ〜」とせがみます。その姿を見ながら、古い歌を思い出してしまいました。デューク・エイセスが歌った「筑波山麓合唱団」。作曲は、いずみたく。作詞は、永六輔。この合唱団はカエルなんですが、ツバメのヒナたちに相通じるところがある?????《Panasonic Lumix-G7 + 100-300mm》  [続きを読む]
  • ツバメの子育て 第2ラウンド
  •  ツバメの子育ては、第2ラウンドに入りました。東久留米駅でも、2回目の子育てが始まっています。1回目の巣を修復して再利用しているのですが、親は同じなのか違うのか、そこがわかりません。 今回紹介する親子は、今季初めてこの巣を使います。時期的には第2ラウンドですが、この巣でいえば初回の利用です。昨年使った巣を修復しました。真下を人が通るため、塵取りのような形の糞よけが設置されています。駅の人たちの配慮 [続きを読む]
  • カルガモのヒナ軍団
  •  やっと時間ができたので川を歩いたら、カルガモのヒナに出合いました。時期が時期だけに、すっかり大きくなっています。7羽の集団でした。しかし、親の姿がありません。事情があったのかもしれません。《Panasonic Lumix-FZ200》  [続きを読む]
  • 今年もハグロトンボを見た
  •  毎年、この時期になると川の周辺でハグロトンボを見ます。ひらひらと飛ぶのが特徴で、見ていてなごみます。まだ、川に近い日陰にいます。梅雨明けごろには川に出てきて飛んでくれるのではないかと思います。 オスは胴体が金緑色の光沢があるのですぐにわかります。メスの胴体は茶色で地味です。オスの翅の方が黒いのですが、光の当たり方によっては細かな筋が走っているのがわかります。メスの翅は茶色で、光をよく通します。メ [続きを読む]
  • ヤブミョウガが咲いた
  •  自宅近くにある雑木林で、今年もヤブミョウガが咲きました。白いのが花のようです。秋になると濃い青紫の実をつけます。 花といっても地味なので、ただ撮っても面白みがありません。ちょうど、雑木林に夕日が差し込んでいたので、光をバックに撮ってみました。《Panasonic Lumix-FZ200》  [続きを読む]
  • 荒れ地に飛ぶアオサギ
  •  いつもの黒目川。アオサギが飛んでくれたのはいいけれど、背景が最悪でした。一時的な大雨で川が増水し、草をなぎ倒してしまいました。そこを飛んだものだから、荒野の写真になってしまいました。バックの処理が、なんて余裕はどこにもありませんでした。《Panasonic Lumix-FZ200》  [続きを読む]
  • 夏のアオサギ
  •  やっと夏らしい写真が撮れました。今年は梅雨らしくない日が続き、いまになって大雨がきました。黒目川の岸に生えた草がなぎ倒されています。しかし、水量は一気に減り、この時期としては川に深さがありません。写真のアオサギが歩いているところは、こんなに浅くては困る場所です。 九州豪雨の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。《Panasonic Lumix-FZ200》  [続きを読む]
  • 真冬のスズメ
  •  いずれも今年1月に撮ったスズメです。川面の色が時間や場所によって変化するので、それを撮るのも冬の楽しみです。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》  [続きを読む]
  • 産卵も楽じゃない オイカワ
  •  久しぶりに黒目川を歩きました。冬の写真ばかり紹介してきましたが、やっと夏の写真を撮ることができました。オイカワの産卵です。 このところ雨が降って、黒目川の水量がちょっぴり増えた感じです。それでもいつもの夏と比べれば少ない。今年は渇水の心配があるなと思いながら浅瀬を見ると、オイカワがいました。 オスは大きくできれいな色をしています。婚姻色です。自分のテリトリーを決めて、他のオスが来ると追い払います [続きを読む]
  • 寒さに負けないダイサギ
  •  1月半ばの午前7時。空は明るいものの、日差しはまだ届かない。霜が被った土手の前からダイサギが飛び立ちました。シャッタースピードが上がらないので、引いて撮りました。ダイサギは寒さが苦にならないのでしょうか。平気で飛び回ります。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》  [続きを読む]
  • 朝霧に舞うカラス
  •  1月に撮った写真です。朝霧が太陽に輝いていたのでレンズを向け、ピントを合わせたところで、カラスが飛び立ちました。慌ててシャッターを切ったものの、ピントは水面に合ったまま。しかし、2枚目はなんだかピントが合っているようにも見えますね。 せっかく飛んでくれるなら、白い鳥の方がありがたかったなあ…。《Nikon D7100 + AF-S NIKKOR 70-300mm》  [続きを読む]