りろん さん プロフィール

  •  
りろんさん: ゴルフ「コンバインドプレーンプレーヤー」への道
ハンドル名りろん さん
ブログタイトルゴルフ「コンバインドプレーンプレーヤー」への道
ブログURLhttp://669798050708.blog113.fc2.com/
サイト紹介文私の通うゴルフスクールの安藤秀プロ(体育学博士)の教えやゴルフ理論を私(主婦)目線で綴っています。
自由文私が通うゴルフスクールのティーチングプロ。確かに指導法はずば抜けてよかった。その彼が自ら考案した「コンバインドプレーン理論」を執筆したら、驚きの売れ行きで重版決定。アマゾンゴルフ部門でも1位をキープ。そんな安藤先生とスクール生の日常。これを読んで一緒に上達していきましょ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2010/06/25 16:21

りろん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 久しぶりのラウンドレッスン
  • ご無沙汰しておりました早いもので前回のブログから、約4ヶ月ぶりの更新となりました〜この4ヶ月間、私は一体何をしていたのかと申しますと・・・・・・・・実はですね・・・・・・・実は・・・・・・・・実は〜〜〜〜〜私は〜〜〜〜〜死んでたんですぅ〜〜〜〜〜〜私は・・・・・・・・0;" class="emoji">まっ、今生きてるんで、仮死状態とでも言っておきましょうかねだから、ブログの更新もできずにいましたその間、ゴルフスク [続きを読む]
  • 安藤、TV出演したってよ
  • 去る23日(日)の夜、テレビ朝日系「Get Sports」に師匠が出演したんですが(ゴルフじゃなくて野球だけどね)、今度の日曜日に後編がO.Aされます前編をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか師匠いわく「自分が緊張し過ぎているのが、映像観てもよ〜くわかったから、自分では観たくないし、観るといやになる」と言っていましたが、私からみるとそんなに緊張しているとは思いませんでしたけどね・・・・でも相変わらず、バック [続きを読む]
  • 4・トップスィングの形
  • ゴルフスクールだった今日も左脇を締めながらバックスィングするということを強化した。私の場合、始動のときはしっかり脇の下を締めているのだけど、トップまでクラブを上げ切った際、脇が少し甘くなるらしいもし左脇の下に体温計を入れながらスィングしていたら、トップオブスィングでおそらくポトンと落ちるだろう。更に師匠が言う。「トップオブスィングまで上げたら、自分でグリップ見上げて確認してみて。蕎麦屋の出前持ちみ [続きを読む]
  • テレビ出演決定!
  • 今日は、お知らせで〜す師匠がテレビ出演しますしかもゴルフにかんけ〜ない、野球で(笑)なんで野球なのかといいますと、師匠は数年前、バッティング理論の本を出版したんです。元々師匠は、中高大学時代とずっと野球部だったんですが、当時はただがむしゃらに練習したそうですみんなが帰ったあとも1人残りもくもくと・・・・その後社会人になったものの、そこから今度はゴルフに目覚め、「コンバインドプレーン理論」を確立し現在 [続きを読む]
  • 3・トップスィングの安定
  • 今回のテーマは前回に引き続き、「トップオブスィングの安定」についてです。師匠が赤星君とゴルフ場で話をしていると、アマチュアゴルファーが「自分のスイングを見て欲しい」と師匠に言いました。師匠はなんて答えるのかな・・・ちなみに今回出てくるアマチュアゴルファーのスィングは、なんと私もこういう傾向があるらしいんですショックでした・・・・・では悲しみと共にお送り致します・・・・・いかがでしたか力の引っ張り合 [続きを読む]
  • 2・トップスィングの形
  • 今日はスクールの日だった。前回に引き続き、バックスィング時の右肘絞りと左肘絞りを強化していく特に左脇の下は、もうこれ以上絞れないよ〜と思って最大限締めているのに、師匠は「もっと絞って〜もっと絞って〜」と横で言う。師匠いわく、私の左脇はまだ甘いらしい更に右太ももの内側の踏ん張りがないので、右足がバックスィングに合わせて右に流れていってしまい、その結果オーバースィングにもなっているという師匠が私のスィ [続きを読む]
  • 1・トップスィングの
  • 師匠の教えは、スィングは力の均衡が保たれていることが重要である。ということ例えば、グリップ。右グリップ人差し指でクラブを釣り上げる力それに対して左グリップは地面方向に押し付ける力この2つの力の均衡が保たれていないと、トゥダウンしてしまったり、逆にトップしてしまったり、ミスショットになる。・・・・・・・てな具合に力の均衡は構えたときからフィニッシュまでの間でたくさん出てくる。いちいち頭で考えられない [続きを読む]
  • 出た〜ホールインワン
  • 先日、イントラ&スクール生のコンペをした際、師匠がなんとホールインワンしたんです私は違う組でしたが、一緒にラウンドした目撃者によると打ち下ろし140ヤード、ピン右寄りなところをバックスピンしてカップに入ったとのことそれを聞いた他のスクール生はみんな師匠に「御祝ですね〜ごちそうさまで〜す」と言って喜び合っています師匠は「無理〜無理〜金ね〜よ〜」と全否定どうやら、本厚木に借金してスクールを作ったばかり [続きを読む]
  • コーチングサミット
  • 今日はお知らせ1件あります今月31日(月)夕方5時〜7時まで。師匠が「コーチングサミット」という企画をやります。これは、現在「コンバインドプレーン理論」の指導法に基づいて、レッスンを行っているインストラクターの方、または「コンバインドプレーン理論」に基づく指導は行っていないけど、どんなもんなのか興味を持たれているインストラクターの方、または今の自分の指導法と比べて他のイントラはどうやっているのか情 [続きを読む]
  • 左肘の絞り方
  • 前回、「右肘の絞り方」という項目でしたので、今回は「左肘の絞り方」についてです右だけ載せておいて左は載せないっていうのもちょっと気持ち悪いですからね両方から力をかけてひっぱり合う・・・・「力の均衡」を保ちながらスィングするっていうのが、師匠の常套句ですからね。だからちゃんと左右共に載せないとね今回も師匠はえりかちゃんと赤星クンとラウンドしていますえりかちゃんがナイスオンしたところから物語が始まりま [続きを読む]
  • 右肘の絞り方
  • 師匠のスクールの本棚には師匠の執筆した「コンバインドプレーン理論」関係の本がたくさん置いてあるそれらの理論本をほぼ読んだことがない私が(だって眠くなるんだも〜ん)、唯一読んだというか漫画なので見たというほうがよいのか、まあ、あくびが出ないで読める本がある。それは「新感覚のゴルフ理論」という漫画。その中に、前回の私のブログにも書いた「右腕の役割」というタイトルの回がある。内容が私のレッスンとかぶって [続きを読む]
  • 右ひじをしぼるワケ
  • 私は前々から、スィングするとき右腕の力が強く、右腕で力いっぱい振り下ろす癖があったバックスィングのときも右ひじが開きやすく、自分では右ひじを絞っているつもりでも、まだ絞りがあまいそうだ。師匠からも、「ダウンスィングは左腕で振り下ろして。」「右ひじ絞りながらダウンスィング。右ひじ、五木ひろしの振り付けね〜」などとその時々で色々な表現を使って、感覚を伝授されてきた。(五木ひろしの振り付けって言われてな [続きを読む]
  • ラウンド!!ベルセルバ
  • 行ってきました〜このクソ暑い中、ラウンドへ〜今回は前回行って今回2回目だった、千葉県のベルセルバカントリーインターからすぐだし、トイレきれいだし、お風呂温泉だし、フェアウエイも狭くないし、ここお気に入りになったんだ前回からしか〜・・・し気温は朝から30度超え、日中は34度になるという・・・・・私が嫌だ嫌だと言ってるのに、周りは「なんで?暑いの気持ちい〜じゃん」だって信じられないよもうこうなったら、 [続きを読む]
  • バックスィング時の左肩下げ度合いの見つけ方
  • 今日はスクールの日だった前回に引き続き、アプローチ練習からスタート8−4スィング、9−3スィング、L字スィング、コの字スィング・・・・・と振り幅を大きくしていくやっぱり、1番注意するのは9−3スィング私は9−3スィングのバックスィングでクラブを後ろに引きすぎてしまったり、フォロースィングで腰の回転が浅くなりがちなので、基本に帰り、師匠の教科書通りの9−3スィングを忠実に再現できるように練習した。一 [続きを読む]
  • 水素水飲んでる?
  • 私が通うスポーツクラブでは、水素水飲み放題というシステムがあるんですこれかなりいいんですよね〜以前私は、個人的にアルミパウチの水素水を定期購入していたんですが、なんせランニングコストがかかりすぎる上に、ご存知のように水素は地球の中で1番分子が小さいから、(高校の時、科学で元素記号の周期、暗記させられたよね。すいへーりーべ、ぼくのおふね・・・ってやつ。水素が1番目だったもんね・・・)、アルミパウチに [続きを読む]
  • バックスィング時の足の裏
  • 今日はスクールの日だった引き続きアプローチ練習からスタートラウンド中、8−4スィングや9−3スィングがトップしたりチョロったりがまだ出るので、ここは気合を入れて練習するよ師匠に言われ続けてきた、右グリップの釣り感や左手首の正しい角度もだいぶ身についてきたから、結構ポンポンうまく打てただけどいつも思うのは、練習ではうまく打てるのにコースではミスショットが多発しちゃうのよね・・・・L字スィングでは両ひ [続きを読む]
  • バックスィングで左肩下げる角度
  • 前回のラウンドではスライスが多発した以前スライスしたときは、打つ瞬間ヘッドが垂れてしまうのと、伸び上がってしまうのが原因だった。だから、ヘッドが垂れないように右グリップの釣り感を強化したり、ハンドアップしないようのに左グリップの押さえつけを強化してきたバックスィングのときも、脇がパカって開かないように両ひじを絞ってクラブを上げていったし、トップオブスィングからの切り返しの時も、左腰先行で腰を思いっ [続きを読む]
  • ラウンド!長竹カントリー
  • 行きで道に迷ったものの、無事到着し、ラウンドスタートです一緒に来たYさんと、スクールでよく話すNちゃんとNちゃんのダンナさんの4人でまわりま〜すフェアウエイは広くていい感じ今回は・・・・というと・・・・、ドライバーのナイスショット率がかなり低かったスライスが4割、左に勢いよく飛んで行ちゃうのが4割(OB3回も)、ナイスショット2割ってとこでしょうかアプローチは毎回ピンの周辺にポトンって落ちるイメージで [続きを読む]
  • 都内から長竹カントリーへ
  • 今日は「コンバインドプレーンアカデミーゴルフスクール」のコンペに行ってきました〜それぞれ各スクールのイントラの先生たちと、そのスクール生たちの面々が一同に集まりました私たち師匠チームからは、7人が参加。場所は相模原にある長竹カントリークラブ。私はおうちも近いママ友Yさんと2人で行ったんだけど、行きにちょっとしたハプニングぅ…事前にナビで場所確認して当日ナビセットして、中央自動車を走っていたら(相模 [続きを読む]
  • ランチで至福
  • 芝公園にある「とうふ屋うかい」にママ友達と行ってきました〜ここは昔、芝ゴルフ場があったところです当時、年1〜2回会社のコンペに無理矢理出させられていたので、コンペ近くなると当時近所だったこの芝ゴルフに打ちっぱ行ってましたね懐かしいな〜それが今や日本庭園が広がり、奥に進むと「とうふ屋うかい」があるんです私が習うお料理教室の先生が、ここの料理長の平田さんを大絶賛されており、それで今回「うかいツアー」が [続きを読む]
  • ラウンド!ベルセルバ
  • ラウンドしてきました〜〜千葉県のベルセルバカントリークラブ天気予報では曇りだったので喜んでいたら、途中から陽が出てきちゃって紫外線に集中攻撃されてしまいました〜SPF50塗りたくって乗り切るよまず朝、ベルセルバに到着してお手洗いがとても綺麗なことにびっくり手洗い場の後ろにがなんとパウダールームになっていてゆっくりとお化粧直しができるようになってるんですおトイレの便座も人の気配を感じて自動で便座カバー [続きを読む]
  • ラウンド!浅間山ゴルフコース
  • 軽井沢 浅間山ゴルフコースに行ってきました〜〜2サム専用でカート乗り入れOKなこともあり、前も後ろもぎっちり入っているにも関わらず、進行が速い速い11時半頃スタートしてスルーでまわって、終わったのが15時半・・・4時間だったも〜ね〜まごまごしていられないし、結構自分たちも順調に進んでるのに、次のホールに行くと、もう前の人たちの姿形がないのすぐ打てるし、ちょっと林に入って球探ししていると、後ろの組が仁 [続きを読む]
  • 過去の記事 …