越前屋平太 さん プロフィール

  •  
越前屋平太さん: すきずき〜やきもの好きの雑感あれこれ〜
ハンドル名越前屋平太 さん
ブログタイトルすきずき〜やきもの好きの雑感あれこれ〜
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ko0214
サイト紹介文古伊万里大好き!趣味で集めた骨董と大好きな日本酒、地元・滋賀県のマイナーな話題が満載のブログです。
自由文古伊万里をメインに、古い陶磁器や道具類などをコレクションしています。
高校生の頃から骨董類に興味を持ち、古伊万里の収集歴は20年になりますが、まだまだその収集欲が衰えることはありません(笑)
古伊万里に限らず焼き物のお好きな方、是非ひまつぶしで覗いてみてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/06/26 15:45

越前屋平太 さんのブログ記事

  • 緑釉そば猪口 (相馬焼)
  • 緑釉そば猪口 (相馬焼) 江戸末期の相馬焼、緑釉そば猪口です。 相馬焼には、相馬藩の御用窯である「相馬駒焼」と、江戸中期に相馬藩の許しを得て始められた 民窯である「大堀相馬焼」があり、本品は後者の作品です。 相馬焼 ・ 緑釉そば猪口 製作年代:江戸末期 / 寸法(mm):別記 大堀相馬焼の特徴である黄色味の強い陶土の素地に、渋い色調の銅緑釉が全面に [続きを読む]
  • 窓枠文そば猪口
  • 窓枠文そば猪口 江戸後期の古伊万里染付、え〜っと、、、 強いて名前を付けるとすれば・・・ 窓枠文そば猪口とでもなりましょうか(笑) 古伊万里染付 ・ 窓枠文そば猪口(染付素地・半製品) 製作年代:寛政期 / 寸法(mm):口径75×高さ57×高台径53 ぽっかりと開いた「花頭窓(かとうまど)」と裾文様以外は空白で絵付け無し。 なんと [続きを読む]
  • 梅に五葉若草文そば猪口
  • 梅に五葉若草文そば猪口 江戸中期の古伊万里染付、梅の古木と五葉若草文を描いたそば猪口です。 古伊万里のそば猪口に見られる梅の図は、そのほとんどが松竹梅文の体裁をとっており、 本作のように梅を単独で扱っている図柄は意外に少ないものです。 古伊万里染付 (型紙摺) ・ 梅に五葉若草文そば猪口 製作年代:元禄享保期 /寸法(mm):口径94×高さ6 [続きを読む]
  • 三月の景色と古伊万里
  • 三月の景色と古伊万里 二月は逃げる・・・ やはりササッ!と逃げられました〜、早くも三月です 琵琶湖畔に咲く早咲きの菜の花、カンザキハナナ(寒咲き花菜)です。 早い年は年末から咲き始め、可憐な黄色い花と冬の琵琶湖、対岸に望む冠雪した比良山系の 景色は、冬の近江の新しい風物詩として人気がありま [続きを読む]
  • 富山ブラック 〜 西町 大喜 〜
  • 富山ブラック 〜 西町 大喜 〜 先日、ブロ友さんのところで「富山ブラックサイダー」なる耽美な飲み物を拝見し 「そう言えばちょっと前に富山ブラックを食べに行ったよなぁ〜」と、撮りためてあるネタ写真から 引っ張り出してきました。 一昨年の初夏ですね〜、富山ブラック発祥の店と言われる「大喜」を引き継いだ「西町 大喜」、 その富山駅前店に行ってます。 調べてみ [続きを読む]
  • 南天文そば猪口
  • 南天文そば猪口 明治中期から大正期に作られたと思われる九谷・大聖寺焼の染錦、南天文そば猪口です。 絵付けは伊万里風ですから、いわゆる大聖寺伊万里の範疇に入ると思います。 九谷 大聖寺焼染錦 (大聖寺伊万里) ・ 南天文そば猪口 製作年代:明治中期〜大正期 / 寸法(mm):口径98×高さ70×高台径51 染付素地に木の幹と枝葉を下描きし、その上から [続きを読む]
  • 龍潭寺 〜 京都三龍(その2) 〜 (京都府亀岡市)
  • 龍潭寺 〜 京都三龍(その2) 〜 (京都府亀岡市) 先日、室町幕府管領家・細川氏ゆかりの「京都三龍寺」のひとつ、 龍興寺 をご紹介しましたが、 すぐ近くに三龍のうちのもう一ヶ寺があるようなので訪ねてみました。 南丹市のお隣り、亀岡市にある龍潭寺(りょうたんじ)さんです。 隣り町といっても、南丹市八木の龍興寺さんからは車で15分ほどの近距離にあります。&nbs [続きを読む]
  • 柳に雪輪文そば猪口
  • 柳に雪輪文そば猪口 毎日寒い日が続いており、ただでさえ出不精の私は、さらに不活性化しております(涙) 日本の四季折々の変化が生み出す美しい自然や風景、それらは古伊万里の多様な図柄にも反映 されていますが、その中にあって圧倒的に作品数が少ないのが「冬」であろうと思います。 季節の花はなく、山々の草木も表面的には休眠している状態であり、これといった題材が見当たら な [続きを読む]
  • 二月の景色と古伊万里
  • 二月の景色と古伊万里 記録的な大雪に見舞われたかと思えば、四月上旬なみのポカポカ陽気もあり・・・ なんとも天候不順な一月が、例年通りに あっと言う間に過ぎてしまいました(涙) 梅の写真が全く手元になく、早咲きの梅を求めて京都の北野天満宮に行ってきました。 三光門の前の梅、四分咲きといったところでしょうか。&nb [続きを読む]
  • 龍興寺 〜京都三龍(その1)〜 (京都府南丹市)
  • 龍興寺 〜 京都三龍(その1) 〜 (京都府南丹市) 昨年の秋、南丹市へ紅葉撮影に出かけた折に、同市内の名刹である龍興寺(りゅうこうじ)という お寺を訪ねました。 龍興寺さんは紅葉スポットとしては名前は挙がっていませんが、龍穏寺、西光寺と見事な紅葉を 堪能した後でしたから、「まあこちらも楓の木の数本くらいはあるだろう。」と立ち寄ってみました。 南丹市八木町にあ [続きを読む]
  • 花落款文皿 (初期伊万里)
  • 秘蔵っ子ギャラリー ☆ その51 ☆ 花落款文皿 ( 初期伊万里 ) 江戸初期の古伊万里染付、菊のような花と落款を描いた初期伊万里皿です。 実はこのお皿、昨年末に 『金直しの弊害 〜 その2 〜』 でご紹介したお皿でして、目障りな 金直しを除去し、お化粧直しをしての再登場です。 古伊万里染付 (初期伊万里) ・ 花落款文皿 製作年代 : 寛永 [続きを読む]
  • マンホールに魅せられて(43) 〜 高山市 〜
  • マンホールに魅せられて(43) 〜 高山市 〜 全国津々浦々のマンホリストのみなさま、ごきげんよう! 今回はミシュランの旅行ガイドにも載っている国際的観光地・飛騨高山の中核都市である、岐阜県 高山市のマンホールです。 高山市は日本で最も広い市町村で、その面積は香川県・大阪府をしのぎ、東京都とほぼ同じだそう です。 そんな広い広い高山市のマンホールがこちら &nbs [続きを読む]
  • 高山陣屋のうさぎ (高山市)
  • 高山陣屋のうさぎ (高山市) 昨秋の白川郷・飛騨高山の旅行の際、高山市街の観光名所としては定番中の定番とも言うべき 高山陣屋 に行ってきました。 高山には何度も来てるんですが、ここは外せませんね 高山陣屋は高山市街の南端の方にあり、観光モデルコースなどでもここを起点として紹介している パターンが多いので、「まずは陣屋へ!」と訪れた方も [続きを読む]
  • 松竹梅文そば猪口 (捻り仕切り・大ぶり)
  • 松竹梅文そば猪口 (捻り仕切り・大ぶり) 江戸中期の古伊万里染付、実に大ぶりの松竹梅文そば猪口です。 捻りをつけた仕切り線で器面を六つに区分し、松・竹・梅を各二面に描いてあります。 古伊万里染付 ・ 松竹梅文そば猪口 製作年代:宝暦期 / 寸法(mm):口径106×高さ82×高台径82 松竹梅の上方に描かれている雲文(ナルトみ [続きを読む]
  • マンホールに魅せられて(42) 〜 白川村 〜
  • マンホールに魅せられて(42) 〜 白川村 〜 全国津々浦々のマンホリストのみなさま、おはようございます! 今回は世界遺産・白川郷でおなじみの岐阜県白川村のマンホールです。 白川郷と言えばもう、この「合掌造り」の家々でしょう。 白川郷すなわち合掌造り、合掌造りすなわち白川郷という鉄板イメージで、ぶっちゃけ他のものを 思いつきません と [続きを読む]
  • 飛騨亭 花扇 (高山市)
  • 飛騨亭 花扇 (高山市) 昨秋、白川郷と飛騨高山観光に訪れた際、 「飛騨亭 花扇(はなおうぎ)」 という宿に泊まりました。 もう三ヶ月も前のことではありますが、季節感とはあまり関係のないお料理中心の記事ですので、 ご容赦ご高覧賜ればと思います 花扇さんの外観です。 昨年10月にアップした 『白川郷 荻町集落』 の記事でもご紹介しましたが、旅行当日はあいにく [続きを読む]
  • 志田染付・山水に鳥文皿
  • 山水に鳥文皿 今年は酉年ですので、まずは干支に合わせた古伊万里ということで(笑) 江戸末期の志田染付、山水に鳥文七寸皿です。 志田染付 ・ 山水に鳥文皿 製作年代:嘉永期 / 寸法(mm):口径204×高さ31×高台径117 水辺の風景が描かれた見込みの周りを薄濃(ウスダミ)で塗り、そこに鳥と雲が描かれています。 鳥と雲は濃い呉須と墨弾きの技 [続きを読む]
  • 今年の年賀状
  • 今年の年賀状 今年の年賀状です。 いたってシンプルにまとめました いまや京都随一のパワースポットとして、世界中から参拝客が訪れる伏見稲荷大社です。 二の鳥居を前面に、その後ろに太閤秀吉が造営した楼門を入れて撮ってみました。 十月の秋晴れの空に朱色の鳥居が映え、見事なコントラストを見せていました なんとなく版画調に見えるところも気に入ってます。& [続きを読む]
  • 一月の景色と古伊万里
  • 一月の景色と古伊万里 新年あけましておめでとうございます。 旧年中はサボり気味のぐたぐだブログをご高覧くださり、まことにありがとうございました。 本年も変わらぬご厚情を賜れば幸いでございます。 よろしくお願いいたします。 雪に残る足跡・・・ わが家の猫の足跡です(笑) 三匹いる中 [続きを読む]
  • 年末のごあいさつ
  • 年末のごあいさつ 大晦日は明日ですが、今日の夜あたりから飲んだくれ生活に入りますので(笑)、一日早く年末の ご挨拶です 今年も年頭に意気込んだ割りにはブログの記事更新が低調のまま終わってしまいました。 特に3月から5月にかけての3ヶ月間は大スランプで(笑)、わずか5件の更新という体たらく 秋になって紅葉の記事などで巻き返しを図りましたが、結局 [続きを読む]
  • 金直しの弊害 〜 その2 〜
  • 金直しの弊害 〜 その2 〜 今年の初めに 「金直しの弊害 〜 その1 〜」 という記事で、金色のミミズ腫れで無残に「金直し」 された相馬焼の緑釉そば猪口をご紹介しました。 このとおり・・・ 相馬の草原を思わせる素朴な緑釉が持ち味の猪口に、こんなハデで下手な金直しとは・・・ これを「直し」と呼んで良いものやら、むしろ「壊し」と言うべきではないのか? こ [続きを読む]
  • 楓散し文猪口 〜 生まれながらの酒杯 〜
  • 楓散し文猪口 〜 生まれながらの酒杯 〜 もう世間では紅葉の話題も一段落ついた感じですね。。。 撮りためた紅葉の写真が未だ2〜3ヶ所残ってるんだけど・・・ どうしようかな ^^; ひとまず、楓を描いた猪口のご紹介です(笑) 古伊万里染付 ・ 楓散し文猪口 製作年代:天明〜寛政期 / 寸法(mm) : 口径75×高さ70×高台径38 美しい白磁 [続きを読む]
  • 石の寺 教林坊 〜2016年 晩秋〜 (近江八幡市)
  • 石の寺 教林坊 〜 2016年 晩秋 〜 (近江八幡市) 今年も近江八幡市安土町にある石の寺・教林坊さんに行ってきました。 紅葉不作の昨年は、こちらのモミジも色付きが今ひとつという感じでしたが、今年はどうでしょうか? 駐車場脇にある総門の前の紅葉もかなり色付いています これは期待大ですね 開門時間の9時半を少し過ぎた頃に到着しましたが、駐車されている乗用車は私の車で [続きを読む]
  • 稲束に雀文そば猪口
  • 稲束に雀文そば猪口 江戸後期の古伊万里染付、稲束に雀文そば猪口です。 表に勢いのある筆致で稲束を描き、裏面にはその稲穂の米を狙っているのか、小さな鳥が描かれて います。 古伊万里染付 ・ 稲束に雀文そば猪口 製作年代:文化文政期 / 寸法(mm):口径75×高さ58×高台径50 日本の歴史や文化を語る上において、稲作の習慣が極 [続きを読む]
  • 西光寺秋光 〜南丹の隠れ紅葉〜 (京都府南丹市)
  • 西光寺秋光 〜 南丹の隠れ紅葉 〜 (京都府南丹市) え〜っと、、、 12月に入りましたがぁ・・・ また紅葉です 「もうええわいっ!」という声が聞こえてきそうですが(汗)、今年の関西は本当に紅葉の当たり年で、 お天気も良くあちこちに出かけてきましたので、もうしばらくお付き合いください ただし有名寺院やライトアップが行われている場所は、情報の鮮度の観点から先に [続きを読む]