葉子 さん プロフィール

  •  
葉子さん: 別府葉子公式ブログ 〜葉子通信
ハンドル名葉子 さん
ブログタイトル別府葉子公式ブログ 〜葉子通信
ブログURLhttp://yokomusette.blog31.fc2.com/
サイト紹介文大阪、高松を中心に活動するシャンソン歌手別府葉子を脱力な失敗から闘志溢れる野望までアリノママに綴る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2010/06/26 05:11

葉子 さんのブログ記事

  • 別府、能登紀行 その1
  •  先週末から奥能登でのコンサートに行っておりました。 その時のことなどというわけで「別府、奥能登紀行」のはじまり、はじまりです。 当初の予定では、9月17日大阪を出発、飛行機で伊丹〜羽田〜能登空港と乗り継いで能登入り、珠洲市に到着後、打ち合わせ&リハーサル、翌18日はリハーサル後、コンサート本番、9月19日に初日と逆のルートで帰阪、となっていました。 ところが、その前から徐々に日本に近づいていた台風18号。 [続きを読む]
  • まだ遅すぎるわけじゃない?
  •  先日から始まりました別府葉子シャンソントリオ2017ルーテル市ヶ谷ライブ、全曲紹介、全解説シリーズ! そ、そんな大層なものだったのか、と書いている自分が驚いておりますが、とにかく第2回まいります。 第1回が「開演」という題で2曲入っていたので、今日は3曲目です。  「時は過ぎて行く」 フランス語の原曲はジョルジュ・ムスタキの“Il est trop tard”という曲です。 原題の意味は、英語の「It’s too late.」(も [続きを読む]
  • かならず行きます
  •  9月18日(月祝)は石川県珠洲市でのコンサートです。 いよいよ迫ってまいりました。  当日は大盛況が見込まれるとのことです。 共演となります北口世紀さんとMichiko Key さん、石川県で準備を進めておられるお2人のお蔭です。 わくわく。  ところがここに問題が1つ。 台風ですよ。 下は本日(9月15日)15時発表の進路予想図です。               (2017.09.15 pm3:00) 18日の当日は、なんとか台 [続きを読む]
  • 10月の大阪と 11月の東京です!
  •  ライブのお知らせでございます。 10月は大阪です。  別府葉子シャンソントリオ・ライブ in 大阪 10月22日(日)  13:30開演(13:00開場)  【会 場】創徳庵(大阪・中崎町)    HP http://soutokuann.com/  【出 演】Vo&Gt別府葉子 Pf 鶴岡雅子 Bass 中村尚美  【料 金】予約2,800円/当日3,300円(+1drink別途500円〜)   全席自由席 オーナーから「うちでどや?」と誘っていただきまして、「あ、是 [続きを読む]
  • 開演
  •  別府葉子シャンソントリオのライブって、どんな感じなんだろう… そういう思いを抱いてくださった皆様方に、こんな感じですとお知らせしたいという思いはいつもあります。  というわけで、今年のサマーツアーのFinalとなった東京コンサートで演奏した全曲をYoutubeで公開しようと考えています。 ひゅー、どんどんどん  個人的には、生のステージを体感することと、動画になったものを見聞きすることとは、全然別のことだと [続きを読む]
  • 法要後コンサートでした
  •  先週の週末は、四国に行ってきました。  天気が良くて、瀬戸大橋をわたる旅も、は〜、気持ちよいこと。 実はかの地で、別府葉子シャンソントリオによるお寺さんでの法要後コンサートがあったのです。  丸亀市にございます、こちら本照寺さんです。 かつて、この地で別府がシャンソン教室を開いていた頃、本照寺の大奥様が、教室に来られたことが、別府とのご縁の始まりでして、いつの間にやら、ずいぶん長いお付き合いをい [続きを読む]
  • 9月18日 奥能登 珠洲市
  •  9月18日(月・祝)は能登半島北部の珠洲市に伺います。 生まれて初めて訪問させていただく街です。  石川県でシャンソンを歌われ、その普及に努めていらっしゃる北口世紀さんと、たまさかの縁を得て、そのお誘いによって、このコンサートは実現することになりました。 ラポルトすず、こういう素敵な場所らしいです。  2017年9月18日(月・祝) 別府葉子・北口世紀 「ラポルトすず」 ファーストコンサート  14:00 開演 [続きを読む]
  • ありがたくも嬉しくて
  •  ライブをやっておりますと、ご来場くださったお客様からプレゼントをいただくことがあります。 今年の夏のライブでも、いろいろと頂き物をいたしました。 この場を借りて、改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。  上の写真は、東京コンサートでいただいて大阪に持ち帰ったものです。 あとお花をいただいたのですが、残念ながら大阪には持ち帰れなかったので、そちらはヴァイオリンの会田桃子ちゃんに持って帰っ [続きを読む]
  • 東京ライブ、本番編
  •  東京コンサート 本番篇はプログラムとともにどうぞ。 この夏、ほかの会場でライブをお聴きくださった方は、同じところもあり、違うところもあるかと思います…  1曲目 ばら色のジュテーム(インストゥルメンタル) 2曲目 パリの空の下で  3曲目 時は過ぎてゆく 4曲目 シェルブールの雨傘  5曲目 世界の果てに 6曲目 百万本のバラ  7曲目 時は過ぎゆく 8曲目 すべてのママたちへ  そして休憩をは [続きを読む]
  • 東京ライブ、リハ編
  •  8月31日(木)、別府は東京に向かいました。 この夏のライブツアーを締めくくる東京コンサートのために。 自宅を出たとき、大阪は快晴。夏のなごりが色濃い風情でした。  でも到着した東京は、なんか既に秋の気配に覆われていて、ちょっとビックリ。 その日は、譜面や進行表をチェックして、衣装の点検やらを済ませてから、早めに就寝。翌日に備えます。 そして当日。午前中からルーテル市ヶ谷ホールへの音楽機材の搬入・ [続きを読む]
  • 四国を後にして、遂にファイナル東京市ヶ谷へ
  •  観音寺は、別府のふるさと香川県の街ですが、東西に長い香川県の西の端の方に位置しています。 だから東讃にある別府の生まれ故郷、高松とはちょっと遠い街です。 ほとんど訪れることのなかった街というか…  そんな街だからこそ、新鮮な気持ちでやれるかなと思って今年の夏のツアー9ヶ所目に選んだわけでした。  会場の「ホワイトハウス」さんは、まさにライブをやるために作られた素敵な会場だけど、アクセスは基本、車 [続きを読む]
  • この夏9カ所目のライブ地、観音寺へ
  •  松山ライブを終えた後、充実のライブの余韻にひたりつつ、その日のうちに、次なるライブ地、観音寺市に移動です。 アンパンマン電車(四国にはそういうものが走っているのです)に揺られること1時間半余り、観音寺に到着です。  その日は、ホテルでぐっすりと眠って、翌朝はチャージ完了状態で起床でした。 さて、せっかく観音寺まで来たわけですから… まずは西讃うどん事情をチェックしておかないとね(そこですか!笑) [続きを読む]
  • トリオとしての何かが目覚めつつあるようです…
  •  8月26日午後2時半、松山ライブスタート。  えーと  実はライブのことは、そんなに覚えてなくて…  ちょっと霞がかかったみたいな記憶とでも申しましょうか。  ただ、なんか気持ちよかったなーと。  そして言えるのは、この夏のツアーを通じて、別府葉子シャンソントリオはトリオとして急速に成長していることです。  1曲1曲が熟成していっていると申しましょうか。  エネルギーがたぎりつつあるのを感じます。   [続きを読む]
  • 目的地への空の旅
  •  サマーツアー番外編、姫路ディナーショーも終わり… この日は8月25日金曜日。 本日は移動日です。  大阪伊丹空港にて おお、なんかコジンマリした飛行機だぞ。 でも、ちゃんと飛びますよ(飛ばなかったら大変だけど) やがて窓の外に見えてまいりますのは…  懐かしの故郷、高松でございます。 正面に見えますのが高松港、その左手に見えますのが、源平の古戦場にして、別府の育った街があります屋島です。 そして飛 [続きを読む]
  • 姫路ディナーショー その2
  •  業務連絡です。 8月27日(日)の観音寺ライブ、8月26日(土)の松山ライブに続きまして、予約で満席となりました。ありがとうございました。  では8月20日の姫路ディナーショーの続編でございます。 さきにステージで曲を披露した山田直毅トリオに続いて、別府葉子シャンソントリオ登場です。  山田さんに紹介してもらってと。 はじまるよ〜  おお、暗くてよく見えないけど、向こうの方までお客様でいっぱいだぞ。 い [続きを読む]
  • 姫路のご城下でディナーショー、その1
  •  8月20日(日)この日も大阪は晴れでした。 前日の京都ライブのあと、うちに泊まっていた鶴ちゃんと一緒に、この日は姫路に向かいました。  夏休みでごった返すコンコースを抜けてホームに上がって一息。 背中にはもちろん新しいベージュのギターケース・スターウォーズ君(色合いが可愛いと皆の評判も上々)。  新幹線で30分ほど。 さて、ところで上の写真には何が写っているでしょうか? 中央付近を拡大します。じゃー [続きを読む]
  • 京都にて贅沢気分を味わう
  •  えー、まずは業務連絡でございます。 8月26日(土)は松山ライブでございますが、おかげ様で前売券が売り切れとなりました。ありがとうございました。  翌日8月27日(日)の観音寺ライブは、まだ残席がわずかにございます。 ご来場をご予定されていらっしゃる方はお早めに、お店までご連絡くださいませ(090−5711−9514 ホワイトハウス)。 8月19日の午後、京都で充実のライブを終えた後、別府たちは、ほどなく会場を撤収 [続きを読む]
  • 京都アットホームライブレポート
  •  8月19日、お盆明けの土曜日、大阪は朝から気温30度を優に超えていました。  東京では雨続きだというのに、こっちは今日も暑いわねー ライブグッズを荷物に詰めて、新しいギターケース(仮称:スターウォーズ)を背中に背負って、いざ出発! 阪急電車に乗って、京都線の終点、京都の繁華街の中心地、四条河原町まで。  そこは大阪より、さらに暑い街でした… ひえええ この日の会場「巴里野郎」まで歩いて数分の道のりが [続きを読む]
  • 長い間の貢献に対し深く感謝
  •  長い間、苦楽を共にしております。 愛器です。  10年近くになりますね。 フランスの小さな工房で作られたギターです。 手に取って弾いてみて、うん、これね!と思いました。    それ以来の付き合いになります。 こんなときも…  はたまた、こんなときも…  そして、この愛器をずっと守ってくれていたのが、この人でした。  この人との付き合いも長かったのですが… この夏のツアー前半を終えた時点で、こ、これ [続きを読む]
  • 9月もお楽しみがあります
  •  久々に登場です。 「別府ライブやったことあります日本地図」  黄色く塗られている都府県がライブをしたことがある地域です。 先日の千葉県、神奈川県のライブのおかげで、また少し黄色いエリアが増えました。ふっふっふ。 そして9月には、もう1つ黄色いエリアを増やせます。  はい、石川県です。 かの地でシャンソンを歌われ、その普及に努めていらっしゃる北口世紀さんから、お誘いを受けて奥能登・珠洲市でコンサート [続きを読む]
  • 想い出は残り、ライブはつづく
  •  しばらく前のことになってしまいましたが、横浜ライブは8月6日でした。 午後2時、定刻にライブ開始です。  こんにちは〜 お客様ですっかり埋まった客席から「こんにちは」と皆様のお声が。 会場が大盛況となったことに深く感謝しつつ、別府はある人のことを思い出していました。  以前、このブログでも少し書きました東京在住のシャンソン歌手だった故・吉田慧巳さんのことです。 歌の師匠がおらず、プロダクション等に [続きを読む]
  • 珍道中、横浜編
  •  8月5日の千葉市川ライブも、おかげ様で盛況のうちに終了いたしました。 スタッフをつとめて下さった方々にお礼など申し上げてから撤収です。 納涼花火大会で大混雑の市川駅から、今度は横浜に向けて移動です。  1時間あまりだったでしょうか… 横浜の日本大通り駅に到着。  もう日は傾いて、夕闇が迫っています。 予約しておいたホテルにチェックイン。  おお、窓から、ホテルの向かいにある横浜スタジアムのスタンド [続きを読む]
  • 是非お運びくださいませ!
  •  別府とその一味 ↓  様々なハカリゴトなど企てながら(笑)、笑ってしまうほど暑い夏を西に東に奔走しております。 あっという間にサマーツアーも前半が終了し、いよいよ後半に突入しようとしております。 後半の最初は京都ライブです。  8月19日(土)14時〜 京都(開場 13時半) 【会場】巴里野郎  こちらのお店は、老舗のシャンソニエとして知られております。 ただシャンソン教室を持たない、シャンソンのイベン [続きを読む]
  • 明治時代に海を越えた大女優の巻
  •  7月30日(日)名古屋ライブが終わった後… この日、名古屋で知人と夕食を一緒にしてから、大阪に戻ることにしていた別府は、夕食までの少しだけ空いた時間に、訪れた場所がありました。  「文化のみち二葉館」旧川上貞奴邸です。 タクシーの運転者さんに聞いたら、「名古屋生まれだけど、この仕事始めるまでは、名前聞いても知らなかった」と言っていたから、地元でもメジャーな観光地ではないのかもしれません。  そんな [続きを読む]
  • 8月5日(土)市川ライブレポート
  •  それは別府葉子シャンソントリオにとって、ベストライブの1つだったと思います。 ライブがどんなものになるかは、やってみないと分かりません。 プログラムは用意できても、それをメンバーがどんなふうに理解しているのか、お客様として、どんな方々が集まるか、音響がどんなふうにセットされるのか、演奏者の体調や気分、etc … そして小さな偶然。  ライブをやるのは初めてというより、訪れること自体、生まれて初めてと [続きを読む]