pockn さん プロフィール

  •  
pocknさん: facciamo la musica!
ハンドル名pockn さん
ブログタイトルfacciamo la musica!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/pocknsan/
サイト紹介文作曲をするpocknが週1以上ペースで通っているコンサートの感想録を中心に、クラシック音楽を追求します。
自由文アバドの大ファンで、2009年にベルリンでアバドにもらったサイン入りパネルは宝物。音楽は聴くだけでなく、ピアノや作曲もやります。吹奏楽コンクールの課題曲も作曲しました。
現在は金子みすず(金子みすゞ)の歌を中心に作曲を続けています。
音楽ネタのほか、旅日記(台湾、ドイツなど)や美術鑑賞記、ハイキング&登山レポートなどを載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2010/06/26 09:50

pockn さんのブログ記事

  • 猴? 〜猫たちと触れ合える炭鉱の町〜
  • 2015年3月30日(月)→今朝はホテルの朝食バイキングへは行かず、みんなで行きつけの朝ごはん屋さんに行った。お店の人達が笑顔で迎えてくれた。お店のおとうさんは息子を見て「大きくなったね!」豆漿、油條、水煎包、培根焼蛋(ベーコンエッグ)… みんな美味しい!今日は陽明山地方の竹子湖周辺のハイキングとカラー摘み、温泉に浸かってから台北へ戻り、行きつけのお茶屋さんへ行き、夜はyoyoさん達と夕食… という予定だった [続きを読む]
  • 新作歌曲の会 第18回演奏会
  • 7月15日(土)新作歌曲の会 第18回演奏会 東京文化会館小ホール【曲目】1.大畑 眞/『バリトンとピアノのために・・・』(詩:萩原朔太郎) 瀧/間奏曲/蛇苺Bar:石崎秀和/Pf:畑 めぐみ2.高島 豊/『黒人礼賛〜ニキ・ド・サンファルの詩(うた)〜』 恋人へのラブレター/心の肖像/Black is Different(黒人礼賛)S:佐藤貴子/Pf:小田直弥3.高嶋みどり/『波 〜女声とピアノのための』(詩:宗 左近) 波Ⅰ/見ている/揺 [続きを読む]
  • 小川典子 ピアノ・リサイタル
  • 7月7日(金)小川典子(Pf) ヤマハホール【曲目】1.モーツァルト/ピアノ・ソナタ 変ロ長調 K.2812.モーツァルト/ピアノ・ソナタ イ長調 K.331「トルコ行進曲付き」 3. リスト/ラ・カンパネラ S.141/R.3b 4. ブラームス/6つの小品〜 間奏曲イ長調 Op.118-25. シューマン/幻想曲 ハ長調 Op.17 【アンコール】サティ/ジュ・トゥ・ヴ 僕が注目しているピアニストの一人、小川典子のソロリサイタルを聴くのは2010年以来。メイン [続きを読む]
  • 低脂肪乳 尿酸値を下げる驚きの飲み物!
  • 2017年6月25日(日)時々毎年の健康診断で10年来引っかかるのが「尿酸値」。これが高いと痛風になるリスクが高まる。高尿酸は痛風のみならず、腎臓病や動脈硬化、心筋梗塞といった命にかかわるこわーい病気を引き起こすリスクも高めるそうで、放ってはおけない。なので、10年来ずっと尿酸値を下げるための対策を試してきた。一つは、プリン体を多く含む食品をなるべく摂らないこと。尿酸はプリン体から作られるのだ。ビール、明太子 [続きを読む]
  • 小菅優「ベートーヴェン詣」2017
  • 6月16日(金)小菅優「ベートーヴェン詣」2017〜調布国際音楽祭2017〜調布市文化会館たづくり【曲目】1.ベートーヴェン/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調 Op.16 2. 藤倉大/GO〜ピアノと管楽の5重奏のための〜(小菅優 委嘱新作)3.モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調 K.452 【アンコール】ベートーヴェン/小菅優編/悲歌 Op.118【演奏】Pf:小菅 優/Ob:フィリップ・トーンドゥル/Cl:吉田 誠/Fg:小山莉 [続きを読む]
  • エマーソン弦楽四重奏団
  • 6月2日(金)エマーソン弦楽四重奏団 ヤマハホール【曲目】1. モーツァルト/弦楽四重奏曲 第15番ニ短調 K.421 2.バルトーク/弦楽四重奏曲 第3番 BB93 3.ドヴォルザーク/弦楽四重奏曲 第12番ヘ長調「アメリカ」Op.96 【アンコール】1. パーセル/ファンタジア第11番ト長調Z.742 2.ベートーヴェン/弦楽四重奏曲 第13番変ロ長調Op.130〜第2楽章 3.ドヴォルザーク/弦楽四重奏のための「糸杉」B.523〜第7曲「とある家の辺りを [続きを読む]
  • 東京理科大学管弦楽団 創団70周年記念演奏会
  • 5月28日(日)川合良一指揮 東京理科大学管弦楽団〜創団70周年記念演奏会〜東京文化会館【曲目】1.ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲2.チャイコフスキー/組曲「くるみ割り人形」Op.71a3. チャイコフスキー/交響曲第4番ヘ短調 Op.36 【アンコール】チャイコフスキー/バレエ音楽「くるみ割り人形」〜「パ・ド・ドゥ」東京理科大学管弦楽団は今年でなんと創団70年を迎えるそうで、その記念すべき演奏会が、クラシック音楽の殿堂 [続きを読む]
  • 東秩父村 展望と新緑の堂平山・笠山を巡る
  • 2017年5月3日(水)ゴールデンウィークのファミリーハイクでは、東武東上線の沿線に出かけることが多いが、今回選んだ堂平山と笠山を巡るコースは20年以上ぶり。4人家族になって出かけるのは初めてだ。頂上に天文台のドームがあって芝生広場が広がっていたことと、眺めが良かったことだけ覚えているが、その他新緑の美しさと、コース後半の山ツツジの群落が印象に残る、GWの季節に相応しい山歩きとなった。池袋から東武東上線の小 [続きを読む]
  • 鶯歌&三峡 〜台北近郊の陶器の町と100年の老街を歩く〜
  • 2015年3月29日(日)朝から快晴!空気はひんやりして気持ちいい。今回はホテルの宿泊に朝食が付いてるけど(本当は朝食なしプランがいい…)、奥さんと行きつけの朝ごはん屋さんに行き、豆漿と油條、水煎包を買ってくる。やっぱ台湾の朝食にはこれがないとね!お店の人たちと「好久不見!(おひさしぶり!)」と笑顔で挨拶を交わし、おしゃべりするのも楽しい。明日はホテルの朝食はパスしてみんなでここで食べよう。今日は台北近郊 [続きを読む]
  • 矢野顕子×上原ひろみ「TOUR 2017 ラーメンな女たち」
  • 4月25日(火)矢野顕子×上原ひろみ「TOUR 2017 ラーメンな女たち」 〜昭和女子大学人見記念講堂(追加公演)〜曲目ラーメンたべたい(旧)、東京は夜の7時、おちゃらかプリンツ、真赤なサンシャイン、ドリーマー、飛ばしていくよ♪ ♪ ♪トムとジェリー(上原)、スーパー・フォーク・ソング(矢野)、チルドレン・イン・ザ・サマー、こいのうた、ホームタウン・ブギウギ 、ラーメンたべたい(本気で食べたいバージョン)アンコー [続きを読む]
  • 仲道郁代 ピアノ・リサイタル
  • 4月13日(木)仲道郁代(Pf) 〜3台のピアノの響きとともに〜なかのZERO大ホール<第1部>3台ピアノの弾き比べとお話し♪ベートーヴェン/ワルトシュタイン・ソナタ〜第1楽章の一部、ピアノ協奏曲第5番「皇帝」〜冒頭カデンツァ♪ショパン/「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」〜ポロネーズ、遺作のノクターン(それぞれ一部)♪チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番〜冒頭<第2部>♪ベートーヴェン/ソナタ第14 [続きを読む]
  • 新国立劇場オペラ公演「オテロ」
  • 4月12日(水)新国立劇場オペラ公演新国立劇場【演目】ヴェルディ/「オテロ」 【配役】オテロ:カルロ・ヴェントレ/デズデーモナ:セレーナ・ファルノッキア/イアーゴ:ウラディーミル・ストヤノフ/ロドヴィーコ:妻屋秀和/カッシオ:与儀 巧/エミーリア:清水華澄/ロデリーゴ:村上敏明/モンターノ:伊藤貴之/伝令:タン・ジュンボ【演奏】パオロ・カリニャーニ指揮 東京フィルハーモニー交響楽団/新国立劇場合唱団/世 [続きを読む]
  • 阿里山〜巨木群に太古の声を聴く〜+台北南機場夜市
  • 2015年3月28日(土)→時々石棹バス停から乗った阿里山行きのバスは既に満員で、道はいいけれど険しい山岳地帯の山道で、カーブの連続のなかでの立ちっ放しでかなり辛かった。45分で阿里山に到着。ちなみに「阿里山」とは、台湾最高峰の玉山一帯の山岳地帯の総称。阿里山の巨大なバスターミナルには大型観光バスがどこまでもズラーッと停車していた。これに乗っていた観光客が、みんな阿里山に来ていると思うと、ちょっと引いてしま [続きを読む]
  • 優しい台湾
  • 毎年台湾に旅行するためか、「台湾って、どんなところがいいの?」と聞かれることがよくあります。台湾はとても近い国で、最近は日本からの旅行者数もグンと伸びていますが、アメリカやヨーロッパに比べるとまだまだよく知らない日本人が多いのかも知れません。「食べ物がおいしくて、懐かしい風景があって、人が優しくて…」と、短い言葉で説明しようと思っても簡単ではありません。そんなとき、エッセイを書いてみませんかという [続きを読む]
  • 伊藤 恵 ピアノ・リサイタル
  • 3月24日(火)伊藤 恵 ピアノ・リサイタル ヤマハホール【曲目】1.シューマン/幻想小曲集 Op.122.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109 3.シューベルト/ピアノ・ソナタ第20番 イ長調 D.959 【アンコール】シューマン/リスト編/献呈 3年ぶりに聴く伊藤恵のリサイタルは、恵さんが得意とする作曲家たちの傑作が並んだ。シューマンは響きもアプローチも明晰。恵さんが弾くシューマンは、少しくぐもった響きの [続きを読む]