katakatayama さん プロフィール

  •  
katakatayamaさん: 早起きは三文の得、プログラミングは一千万円の得
ハンドル名katakatayama さん
ブログタイトル早起きは三文の得、プログラミングは一千万円の得
ブログURLhttp://ionsait.jp/
サイト紹介文IONSAITのブログ。プログラミング教室です。
自由文プログラミング教室です。HTML、CSS、JavaScript、Python、PHP、MySQL、人工知能やロボット、最先端テクノロジーの話をします。ほか、障害者とIT、タイムマシンの作り方、等の話をします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 11日(平均16.5回/週) - 参加 2010/06/26 11:49

katakatayama さんのブログ記事

  • テスト2テスト2回目です。テストの2回目です。あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもや [続きを読む]
  • 障害者が人より劣っているとはかけらも思わない
  • 私は障害者が人より劣っているとはかけらも思っていない。その昔、ある男を見て思った。この男は神の使いか何かなのか?と。その男は常にみなから言われていた。「あいつは、精神異常者で知的障害者で仕事が全くできない。人とまともに話せない。頭のおかしい能無しのクズだ。」あの男を知っている者は、みながみんな、そういった。あるとき、その男と仕事をすることになった。私はその男のうわさを散々聞かされていたので期待して [続きを読む]
  • 政府の『脱ゆとり宣言』の真意=『姥捨て山』政策
  •  さて、政府から『脱ゆとり宣言』がされて、学校教育が大きく変わることになりましたが、これは表向きの話です。 この『脱ゆとり宣言』の本当の目的は別にあります。政府が、なぜ、こんな『脱ゆとり』という言い方をしてるかというと、その方が大人や老人に受けが良いからです。まるで、「今の若者や子供たちはゆるい教育をしたからだらしがなくなった、だから、ゆとり教育をやめて教育を強化する」と思わせるためです。そういう [続きを読む]
  • 政府が本当にやろうとしていること『姥捨て山』政策
  • 「政府が本当にやろうとしていること『姥捨て山』政策」 最近、ほんの少しづつだけど、政府がやろうとしていることがわかるようになってきた。もともと、アンチ自民党でかつアンチ官僚主義で政治にかかわる人間や組織なんて大嫌いという性格だったのだが、それではダメなんだと反省することにした。しっかりと真実を見なければいけない。 政府が発表することには表と裏がある。表はほんとうにどうしようもないくだらないことばか [続きを読む]
  • 障害者&障害グレーゾーン者のためのプログラミング教室を開校予定
  • 『障害者&障害グレーゾーン者のためのプログラミング教室を開校予定』  ずいぶんと悩み、迷い、いろいろな試行錯誤を繰り返してきましたが、やっと、自分の進むべき道を決めました。前々から考えていた『プログラミング教室』を開校することにしました。  教室自体は前からやろうと思っていて予定通りなのですが、問題はその内容というか誰を対象にするかです。で、誰に教えるかというと、一般の人たちではありません。障害者 [続きを読む]
  • 残業の上限規制に「抜け穴」 「休日労働」は含まれず
  • 最近、残業規制についていろいろと議論されてますが、もう議論するまでもないですね。このことについての結論は単純で明快。『会社員になるべきではない』これしかないです。あと、子供が将来なりたい職業で、前回ランク外だった「自由業、自営業、フリーランス」がランクインしたという記事を見ました。子供たちも徐々に気づいているようですね。「そんなの現実を知らない子供の考えることだ」と思う人もいるかもしれませんが、実 [続きを読む]
  • 最近、朝が早くなりました
  • 最近、朝が早くなりました。4時か5時くらいに目が覚めるようになって、ブログを朝に書くようになりました。もともと春先が極端に弱く、一日16時間とか寝ることがざらにあったのですが、今はそれがなくなって、それでも夜9時とかには寝てしまうので、やっぱり睡魔には勝てない状況ですが、その変わり、朝が早くなったのです。こんなことは今まで一度もなかったことですね。やっぱり早起きはいいね。 [続きを読む]
  • 早起きは三文の得、プログラミングは一千万円の得
  • ブログ名をこれに変更したので改めて書きます。 『早起きは三文の得、プログラミングは一千万円の得』 『早起きは三文の得』 という諺(ことわざ)があるが  現代では『プログラミングは一千万円の得』だ  比較的 小さなアプリやWEBシステムを作るのに ソフトハウスやプロの集団に頼めば  数百万円から数千万円がかかる  しかし 自分一人で作ってしまえば 0円から数千円程度で作成できるか  多くても数万円程 [続きを読む]
  • 【第4回】タイムマシンの作り方 ⇒ 序章 ⇒ 周期表の不思議さ
  • 【第4回】タイムマシンの作り方 ⇒ 序章 ⇒ 周期表の不思議さ 物質は原子の集まりであることは最初に述べました。学校で習ったので誰もが知っていることですね。そして、原子は原子核と電子からできており、その電子の数量はいろいろあり、その電子の数量により元素が決まります。元素は「酸素」とか「水素」とか「窒素」とかのことです。例えば水はH2oと表記されますが水素と酸素の化合物ということです。物質はすべてなんら [続きを読む]
  • 【第2回】タイムマシンの作り方 ⇒ 既存の科学の疑問点
  • 【第2回】タイムマシンの作り方 ⇒ 既存の科学の疑問点 タイムマシンの話をする前に、それから、これからの未来についての話や新しい科学の話をする前に、することがあります。今までの既存の科学や現在に至るまでの社会変化についての話をする必要があるのです。まず、今回は既存の科学の問題点を話すことにします。 ものすごく根本的な問題、『物質は何からできているのか?』です。 私たちは子供のころ、学校の理科の授業で [続きを読む]
  • 『障害者が活躍する社会』
  • 詩を書いています。 障害者や障害のグレーソーンで苦しんでる人たちへのメッセージとして。 けして希望を捨ててはいけないです。その苦しみには意味があります。     『障害者が活躍する社会』     超IT社会の到来と共に  障害者が活き活き(いきいき)と   活躍する社会がやってくる   最新のテクノロジーは障害者にとって  これまでにない社会進出の機会を与えるだろう     なぜなら障害者の方が健常人よりも上手( [続きを読む]
  • ミホノブルボンが逝きましたか
  • ミホノブルボンが逝きました。老衰です。思えばこの馬に関わった重要な人たちは既に先立っています。戸山調教師、小島貞博騎手、やっと、天国で再開ですね。ミホノブルボンといえば、無敵だったけど、最大のライバルはライスシャワー。最後はライスシャワーに負けてそのまま復帰することができないまま引退。ライスシャワーも早くに先立って、これも、天国で再戦ですね。今でもあの菊花賞を覚えている。まさか、ミホノブルボンが負 [続きを読む]