オフィスM.F.T さん プロフィール

  •  
オフィスM.F.Tさん: 人生を変える『気づきの思考法』とアドラー心理学
ハンドル名オフィスM.F.T さん
ブログタイトル人生を変える『気づきの思考法』とアドラー心理学
ブログURLhttp://ameblo.jp/kiduki-in/
サイト紹介文人生を幸せに変えたいと思う人は、アドラー心理学をベースにした『気づきの思考法』を学んでください。
自由文『気づきの思考法』と心理学教育の必要性を認識してもらい、広める活動をしています。
人生が窮屈に感じたり、不自由だと思ったり、不平不満を持ったりするのはどうしてでしょうか?
それは、ほとんどの人が、人生にアイデアがなく、バリエーションが少ないからだと思うのです。その理由は、思考法に問題があるのです。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2010/06/26 14:54

オフィスM.F.T さんのブログ記事

  • 脳は、足らない部分を勝手に補おうとする
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちの眼球には、穴が開いています。 この穴は盲点と呼ばれ、目の視神経の束を脳に送るためもので、そこには網膜がないために、本来なら何も見えないはずなのです。 しかし、私たちは、普段、自分の視界の中に、そのような何も見えない盲点があることには気がつきません。 これは、脳が、勝手に像を作り出し、盲点を埋め [続きを読む]
  • 屈辱の文化
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、現代は、『屈辱の文化』だと言われています。 SNSには、連日、他人の人格を誹謗、中傷する書き込みや記事が溢れ、多くの人たちが、他人を嘲笑することによって、自らの優越感を満たそうとしています。 俗に言う、ネットいじめやネットハラスメント。 そして、書き込まれた人たちは、大いなる屈辱を感じながら、どうする [続きを読む]
  • アドラー心理学の理解の仕方
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、アドラー心理学を理解する上で、私が必要だと思うのは、すべてをバラバラに理解しないことです。 すべてをバラバラに理解しないとは、どういうことか。 アドラー心理学では、人間を理解するためにさまざまな理論があります。 たとえば、認知論や目的論、全体論などなど。 それらがどのような意味なのかということを、 [続きを読む]
  • 傷口に塩を塗る
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちは、自分の体を怪我したときには、まずはそれを治そうとします。 たとえば、指をカッターなどで切ったときには、そこに絆創膏などを貼って傷口を保護し、早く治るようにと努力します。 こんなとき、さらにカッターで傷口を大きく広げようとする人は、あまりいないでしょう。 しかし、心に傷を負ったときはどうでしょ [続きを読む]
  • 問題を解決するための考え方
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、アドラー心理学では、人間関係の問題を解決するには、他者との間に、どちらが正しいかを競う、敵対的で競争的な『縦の関係』を築くのではなく、ものごとを前に進めるためにお互いに協力し合えるような『横の関係』を築くことが大切だと考えています。 そして、そのためには、他者との間の権力闘争から降り、どちらが正しいかを競うこ [続きを読む]
  • 人の人生を幸せに導くもの
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、今日は、『お菓子の日』だそうです。 ▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 私は、甘いものが好きなので、お菓子を食べていると幸せを感じますが(なんと、単純な)、では、人の人生を幸せに導くものとは何でしょうか。 冨を蓄えることでしょうか。 それとも、名声を得ることでしょうか。 7 [続きを読む]
  • 葛藤は個人的なものではない
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、アドラーは、 「人間の問題はすべて、人間関係の問題である」 と言っています。 また、 「葛藤は個人的なものではなく、個人と世界の間にある」 とも言っています。 しかし、こう言うと多くの人たちが、違和感を覚えることと思います。 なぜなら、日ごろから、多くの人たちが、個人的な悩みのために大 [続きを読む]
  • 「嫌われる勇気」への抗議文
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、先日、ドラマ『嫌われる勇気』に対して、日本アドラー心理学会が抗議文を提出したというニュースに遭遇しました。 その内容は、主人公の言動が、アドラー心理学の考え方とは大きく逸脱しているものであり、脚本の変更かドラマの打ち切りを求める、というものでした。 私も同じアドラー心理学を学ぶ者として、このような結果にな [続きを読む]
  • 劣等感とその補償
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、バスケットボールの日本代表に富樫勇樹という選手がいます。 彼の身長は167?で、身長が高くないという事実は、バスケットボールという競技をやる上では、大きなハンディを抱えることになります。 そんな彼が、そのハンディを克服し、日本代表として活躍している姿からは、並々ならぬ努力が窺い知れます。 あるテレビの [続きを読む]
  • 沈黙
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、遠藤周作氏の小説に『沈黙』という作品があります。 最近は、マーティン・スコセッシ監督によって映画化され、話題になっているようです。 私は、小説も読んでいなければ、映画も見ていませんので、この作品自体に対する感想を述べるつもりはありません。 増してや、キリスト教徒でもありませんので、宗教について論じるつ [続きを読む]
  • 「あなたのために」が伝わらない
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちの発する言葉には、その人の無意識の目的が表されているものです。 このブログに寄せていただくコメントの中にも、純粋に自分の考え方を深めるために違う意見を述べようとされているのか、それとも、ただ単に競争して私の上に立とうとされているのか、それがよく分かります。 たとえば、よくあるのが、 「考え方は人 [続きを読む]
  • 劣等感
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、人は誰しも、何らかの形で劣等感を持っています。 しかし、アドラーが言っている通り、 劣等感を抱くこと自体に問題があるのではありません。 問題は、劣等感に対してどのような態度を示すかということにあります。 また私たちは、 何かがうまく出来ないと、 そのことによって劣等感を抱くようになると思っ [続きを読む]
  • やりたいことをやりたがる
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、今日は、『御事始めの日』だそうです。 御事始め、知ってる?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 調べてみると、「古く東国で、陰暦2月8日に農事を始めることを祝って行なった行事」とあります。 農作業は、いつの時代も大変なことだと思います。 私たちの食を支える仕事に従事している人たちに [続きを読む]
  • 共同体感覚と扁桃体
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、最新の脳研究において、利己的な行動を取る人と利他的な行動を取る人との間で、その脳に違いがあるのかを調べた研究があります。 利己的な行動を取る人として対象となったのは、サイコパスと呼ばれる人たちで、彼らは、反社会的で極端に利己的な行動を取ります。 これに対して、利他的な行動を取る人として対象になったのは、見 [続きを読む]
  • 未来を選ぶ
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、小さいころ、自分が思い描いていた未来の自分と、今の自分を比べてみれば、あまりの違いに愕然とさせられることがあります。 小さいころの私は、小説家か映画監督になりたいと思っていました。 しかし、蓋を開けてみれば、今や、そのどちらにもまったく絡んでいない。 何ともはや、と言いたいところですが、それもそのはず [続きを読む]
  • 人の痛みがわかる人
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、人が、身体的な痛みを感じる脳の部位と精神的な痛みを感じる脳の部位は、共通しています。 また、この脳の部位は、他人が身体的な痛みを感じているの見たり、精神的な痛みを感じているの見たりしても、同じように反応します。 それゆえ、私たちは、たとえば他人が手などを怪我したのを見ると、同じように痛そうに感じたり、ある [続きを読む]
  • 誰が言ったかではなく、何を言っているかが重要
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、吉田兼好の随筆『徒然草』の中に、『高名の木登り』という話があります。 これは、木登り名人として名高い男、まあ、今でいうところの庭師のようなものでしょうか。 その男が、自分の弟子に命じて、高い木に登らせて梢を切らせに行かせるときの状況を描いた話なのですが、 目もくらむような高いところで作業をしているとき [続きを読む]
  • 1UP成長する
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、ある生命保険のCMに、主人公が1UP成長していく過程を描いたものがあります。 最新バージョンでは、主人公が英語の資格試験に挑戦しています。 集中して試験に挑んでいる彼は、 「止め!」 という試験監督の声と共に鉛筆を置きます。 ところが、名前を書き忘れていることに気がつきます。 答案用紙が集 [続きを読む]
  • 当たり前に共感する
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちは、自分が見ている世界が当たり前だと思っています。 そして、自分が当たり前だと思っていることは、他の人も当たり前だと思っていると思い込んでいます。 たとえば、私たちは、動物を飼っては、人と同じ生活をさせるのが、彼らにとって幸せなことであり、彼らもそれを喜んでいるのだと思っています。 しかし、それ [続きを読む]
  • 自己を強化する
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、今日から早いもので2月です。 昔から、 「1月は往ぬる(行く)、2月は逃げる、3月は去る」 などと言って、年の初めは、油断していると、あっという間に月日が過ぎ去ってしまうことを戒めています。 まあ、あっという間に過ぎてしまうのは、年の初めだけではないですが。。。 ところで、私たち人間は常に、自 [続きを読む]
  • 自分の決断を取り戻す
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、私たちは、他人の目を気にし、周囲の人たちの顔色を窺いながら、無理をして「いい人」を演じて生きていると、とても不自由な生き方を強いられているように感じます。 そして、そんな自分は、「本当の自分ではなく、非常にダメな人間なのだ」と思い込み、自分自身を責めては大いに苦しみます。 しかし、そのような生き方に不自由 [続きを読む]
  • 人生の自然治癒力
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、最新の医学の知見によれば、耳の掃除はしないほうがいいらしいのです。 そう、耳は掃除をせずほったらかしにしておくほうがいい。 と言うのも、耳垢は、耳に溜まる単なるゴミではなく、それなりに役割があるらしいのです。 それは、耳の保護。 細菌やウィルスの増殖を抑え、耳の中に入ってくるゴミや埃をキャッチして [続きを読む]
  • 自分はどの行動を選択しているか
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、いろいろな方のブログを拝見していて、いつも感心させられるのは、その造詣の深さです。 小説であったり、映画であったり、ドラマであったり、音楽であったり、他の芸術であったり、あるいは旅行やアウトドア、スポーツ、グルメ、子育てなどなど。 さまざまな自らの体験や趣味などを通して、うまく自分の考えを述べられています [続きを読む]
  • 自分を大切にして生きる
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、 「自分のことを大切に思えない」、 そのように言われる方がいらっしゃいます。 また、世の中には、 自分のことを大切にしていない、 そのように見える方が沢山いらっしゃいます。 そのような方たちは、恐らく、 他人を大切にすることもできていないだろうと思います。 なぜなら、自分を大切にす [続きを読む]
  • 欲しいものを手にしたとしても、うまくは行かない
  • ご訪問いただき、ありがとうございます。 心理コンサルタントの白瀧です。 さて、多くの人たちが、自分にないものを欲しがります。 そして、 「もし、〜があったら」、 「〜さえあれば」、 「〜さえできれば」、 「自分はもっとうまく行くのに」と、 自分にないものを嘆きながら日々を過ごしています。 しかし、もし今、仮にその人が、 自分が欲しいと望んでいるものを手に入れ [続きを読む]