じゅん さん プロフィール

  •  
じゅんさん: 定年後の田舎暮らし
ハンドル名じゅん さん
ブログタイトル定年後の田舎暮らし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goo04321132/
サイト紹介文 定年後、神奈川県から北海道のニセコへ移り住み、田舎暮らしを楽しんでいます。
自由文 定年後、神奈川県からニセコへ定住し、スキー、ゴルフ、山登り、写真、押し花、コーラス、野菜作り、ガーデニングなど趣味を楽しみながら、田舎暮らしをしています。できるだけ良い写真を載せて、ニセコを紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供386回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2010/06/26 21:09

じゅん さんのブログ記事

  • 長万部公園1)八重桜
  •  黒松内から更に長万部方面にドライブしました。            N夫人は長万部出身の方なので、ご夫妻共にこの付近にはとても詳しくて、前日の日曜日に桜祭りが行われていたという、富野の「長万部公園」に案内していただきました。   ソメイヨシノなどの桜はもう、散りかけていましたが、ここは「八重桜」がちょうど満開で、濃いピンク色の八重の桜がとても見事でした。                      [続きを読む]
  • 黒松内の菜の花畑2)
  •  3番目に行ったところは更に奥まで広がった広大な菜の花畑でした。                       緑と黄色のコントラストが鮮やかでした。            アップにして菜の花を撮っていると、何と「春ゼミ」が居ました。季節外れの感があります。                  菜の花で作られた曲線も、とても良い感じです。陽があたっている場所と、山影になって雪が遅くまで残っている場所と [続きを読む]
  • 羊蹄山麓の風景
  •  数日前、朝5時すぎに目を覚ますと、寝ているはずの夫が出かけてしまっていました。どうやらお天気も良く、早朝に靄がかかっていたため撮影に出かけたようでした。            朝靄の中、すでに水を引かれた田んぼに、ニセコアンヌプリとイワオヌプリが映り込んでいる写真です。              羊蹄山山麓の畑は、次々に耕されて、長い畝が出来ていました。何か植えてあるのかもしれません。気温が上が [続きを読む]
  • 黒松内の菜の花畑1)
  •  5月22日、曇り日でしたが、友人のN夫妻に誘われて、黒松内にあるという菜の花畑に連れて行ってもらいました。車で1時間半ほどかかりました。                    3か所の菜の花畑に行ったのですが、最初の菜の花畑は道路際にありました。まだ、蕾の所もありましたが、一面に広がった黄色の絨毯の目を見張りました。              農家の花壇に咲いていた水仙と黄色いチューリップが、鮮やか [続きを読む]
  • 野菜苗の植え付け
  •  野菜の苗が揃いましたので、我が家の菜園に植え付けをしました。        2週間ほど前に畑をミニ耕運機で耕し、肥料や苦土石灰などを入れ込んで置きましたので、植え付けまでの期間は十分でしたが、鶯の鳴き声は聞こえるものの、まだカッコウが鳴きません。しかし、ワイスホルンに白馬の雪形も見えてきたことではあるし、気温も25℃近くになりましたので、そろそろ植えても大丈夫のようです。              [続きを読む]
  • ニセコ高校の花・野菜苗販売会
  •  5月20日、ニセコ町のニセコ高校で、今年も花・野菜苗販売会があり、出かけて行きました。            ニセコ町にはお知らせのビラがまかれたようですが、倶知安町に住んでいる私は、ニセコ高校のホームページでこの日の販売会のことを調べました。   9時スタートの30分ほど前に着きましたが、みるみる長い列が出来ていました。                               今日は道東の方では [続きを読む]
  • テン
  •  我が家のすぐ近くの道路を車で通っている時、何か?動物を見つけました。       一瞬、キツネかしら?と思いましたが、少し小さめです。エゾリスにしては毛色が異なります。        そっと近づくと、こちらを振り向きました。黄褐色の毛色で、のどから胸元が白く、どうやら「テン」の子供のようです。数年前には冬に我が家のベランダまで来て、生ごみ入れの中に入り込んだときがありました。くるっとした目でかわ [続きを読む]
  • 工芸茶
  •  母の日に息子夫婦から届いた中華の食べ物の中に、「工芸茶」と言うのが入っていました。      工芸茶とは、茶葉を細工し花を組み合せて作られた「見て楽しむことができるお茶の芸術品」で、中国茶のなかではとっても新しい中国茶だそうです。            耐熱性のガラスコップに入れて熱いお湯を注いでしばらくすると、みるみる赤いお花が開いてきました。     どうやら中に入っているお花は赤いカーネー [続きを読む]
  • 春の庭の花
  •  冷たい雨も止み、やっと春の暖かな日差しを感じるようになりました。先日ご紹介したチューリップの花に続いて、やっと春の花が咲きだしました。                  植木鉢に植えている「ハナカイドウ」が今年も濃いピンク色の花を咲かせています。だいぶ大きくなり私の背の高さくらいに伸びてきました。花よりも蕾がかわいらしい気がします。           寒さに強い「クリスマスローズ」も白と赤紫の [続きを読む]
  • 萌える若葉
  •  Nさん宅からの帰り道、羊蹄山周辺の若葉を見ながら帰宅しました。                          あいにく山頂は隠れていましたが、周辺の若葉の緑が美しくうっとりとします。尻別川の川べりも緑が萌えていました。          水田にはもう、水が張られていました。もうすぐ田植えが始まることでしょう。                  写真は倶知安町では有名なお蕎麦屋さんの後ろの池で [続きを読む]
  • カボチャの赤ん坊
  •  我が家のチューリップは         この場所に植えているのは赤いチューリップですが、一斉に咲きだしました。春になったことを感じます。               友人のN夫妻宅を訪れると、ハウスの中でカボチャの芽が出ていました。N夫妻はカボチャの生産は特に重視されていて、目を離さずに育てていらっしゃいます。まるで赤ん坊のよう・・・・最初の双葉から4つ目の葉が出ると、中心の芯を止めて畑に移植して [続きを読む]
  • オレンジピール作り
  •  初夏の気候になったり、雨が降ったりで不安定なお天気が続いています。今年は何故か気温が低く、まだ時々薪ストーブを焚いている状態です。     ストーブに火が付いている間に、八朔の皮でオレンジピールを作りました。アク抜きなどの処理はマーマレードの作り方と同じですが、アク抜き処理をした後に皮を千切りに切って、砂糖と煮た方が崩れなくて良さそうです。  冷蔵庫で2日間ほど乾燥させてから、グラニュー糖をまぶ [続きを読む]
  • 春紅葉
  •  真狩から蘭越町へ向かいました。                                                蘭越町は倶知安町に比べると雪が少ないので、さすがに木々の若葉は鮮やかな緑になっていました。更に中には黄色や黄橙色の葉が混じって、まさに「春紅葉」の景色でした。                   羊蹄山とニセコアンヌプリも望むことができました。羊蹄山の形が真狩と葉ずいぶん [続きを読む]
  • 羊蹄山自然公園
  • 樹木園のすぐ近くの羊蹄山自然公園に行ってみました。羊蹄山の登山口をはじめ、キャンプ村や宿泊施設などある緑あふれる公園です。                         公園の入り口から桜並木が続き、その向こうに羊蹄山が見えていました。真狩村からの羊蹄山の形は山頂がとがっていないので、少し格好が悪いのですが、真狩村の人達には親しまれています。                         [続きを読む]
  • 若葉を求めて2)樹木園
  •  出入口がカツラの並木道になっている真狩の樹木園に行ってみました。        ここは林の中に広く「エゾエンゴサク」が咲いていることで有名です。        樹木園の中には、期待通りちょうど桜の花が満開になっていました。上記の写真のようにポツンと咲いている景色は気に入っています。                  桜の花の後のカツラの林の真っすぐ伸びた幹とこぼれるような太陽の光が、美しく見えて [続きを読む]
  • 若葉を求めて1)羊蹄山周辺
  •  5月9日全道が晴れマークになり、新緑の若葉を求めてドライブに出かけました。          毎年羊蹄山の麓の若葉が美しいので見に行ってみました。まだ、完全には緑になっていませんでしたが、雪解けの頃の羊蹄山の景色は抜群です。      反対側のダケカンバの並木の間から見たニセコアンヌプリです。7日でスキー場のリフトが動かなくなって営業が終了されています。            畑の道端にツクシンボ [続きを読む]
  • 百年の森、春を歌う会
  •  春爛漫の森林の中で、皆で大きな気を出して歌いました。                  春の歌を中心に懐かしい思い出の歌などを歌いましたが、あいにく曇り空で風が強くて薄着で来た人は寒そうでした・・・             10曲ほど歌って、一休み。「花より団子」とお菓子をいただきました。上の写真は札幌で買い求めたと言うマシュマロのお菓子で、1個ずつ楽譜が書いてあり素敵なお菓子でした(#^.^#)。  [続きを読む]
  • 百年の森の花達
  •  5月7日は「えぞふじ合唱団」で、倶知安町にある百年の森で春を歌う会が行われました。 百年の森は営林署の森の一部を倶知安町が譲り受け、出来るだけ人の手をかけずに放置?して、守っていこうと云う試みで、森を管理する一家族だけの家があるだけの静かな場所です。 幸いに、ここにわが「えぞふじ合唱団を指導していらっしゃる先生が住んでいられるのです。 トドマツ、ミズナラ、シラカバなどの木々が9.83ヘクタールもの広い [続きを読む]
  • 牛のテールのシチュウほか
  •     2日目の夕食のメインディッシュは「牛のテーツのシチュウ」でした。              美味しそうでしょう?この牛のテールは、北九州のY夫人にお願いして、お得意先から購入して冷凍でわざわざ持って来ていただいたものです。倶知安ではなかなか手に入りません。 8人分の量としては足りないため、シチュウ用の牛肉も加えて、2日前から赤ワインや玉葱、ニンジンなどと共に煮込んで作ったものですが、テールのシ [続きを読む]
  • 余市〜小樽行き
  •  5月6日、あいにく曇り空のお天気でしたが、皆でドライブに出かけました。夫は一人留守番でした。                行き先はまず、余市の「ニッカウヰスキー工場」です。朝ドラ「マッサン」の影響は大きく、若い人には魅力がある場所のようでした。倶知安町よりは穏やかな気候のため、この周辺は桜が8分咲きくらいになっていました。           まずは試飲会場へ。連休中はたくさんの人出があったらし [続きを読む]
  • 羊蹄山と水仙
  •  5月5日の子供の日、倶知安の街に下りて羊蹄山の眺めの良い場所で、黄色い水仙がたくさん咲いているのを見つけました。                     農家の方がご自分の畑の傍に球根を植えたと思われますが、黄色い花が太陽に向かって一斉に咲いて綺麗でした。              そのすぐ近くで、やはり羊蹄山をバックにして泳いでいる鯉のぼりを見つけました。もう少し風が吹句と良かったのですが・・・ [続きを読む]
  • キクザキイチゲと鯉のぼり
  •  倶知安の街に下りて、川べりを車で通っていると、「キクザキイチゲ」の群生を見つけました。                  わずかに羊蹄山の姿が見えていましたが、こんなにたくさんの「キクザキイチゲ」を見たのは初めてでした。               5月5日は「端午の節句」でした。保育園の広場に鯉のぼりが泳いでいました。高い木と重なってしまったのがとても残念でしたが、バックの羊蹄山はばっちりでした [続きを読む]
  • 渓流のヤチブキ
  • 5月2日の朝、お天気も良いので近くの渓流へ下りてみました。           雪渓を踏みしめて長靴で下りていくと、期待通り、たくさんのヤチブキが清らかな水辺に咲いていました。                                  マクロレンズでシャッタースピードを変化していろいろな花を写してみました。やっと開いたばかりの蕾がかわいらしく感じます。          食用にヤチブキの葉を [続きを読む]
  • 渓流の水芭蕉とキンクロハジロ
  •  ヤチブキを撮影していると、すぐ近くに4,5株の「水芭蕉」を見つけました。                        少し逆光気味で写してみました。水芭蕉の花は濃い緑色の伸びたもので、白い部分は花ではありませんが、水辺で透き通るような白さがとても美しく見えました。最後の写真は「水芭蕉」のバックシャンです。              帰り道、東急ゴルフコースの大きな池に、「キンクロハジロ」が泳いで [続きを読む]
  • 早春の花とツクシンボウ
  •  我が家の庭に少しずつ早春の花が咲き始めています。             ヒマラヤ雪割り草が雪解けと共に一気に花を咲かせました。気温が低いためか、背丈が伸びません。          早春に咲く、星形の小さな花「チオノドクサ」です。草丈が10cm以下の球根で、どんどん広げて群生したいのですが、なかなか増えません。今年は肥料をちゃんとあげなくては・・・        林の傍の畑に行者ニンニクが芽を出し [続きを読む]