ほんたべ さん プロフィール

  •  
ほんたべさん: ほんものの食べもの日記part2
ハンドル名ほんたべ さん
ブログタイトルほんものの食べもの日記part2
ブログURLhttp://hontabe.blog6.fc2.com/
サイト紹介文オーガニック・有機野菜などほんものの食べものを作っている人たちのこだわりの生産現場レポート。
自由文某老舗有機食品の宅配会社に勤務中、食についての現状と問題を知りました。生産現場の情報が食べる人たちにほとんど伝わっていないこと、有機農業を目指す若者たちが農業の基礎的な知識を知らないままに就農する例を多く見たことから、2010年ほんものの食べものをつくる人と食べる人をつなぐWEBサイト「ほんものの食べものくらぶ(http://www.hontabe.com/ )」を設立。現在試行錯誤中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/06/27 17:53

ほんたべ さんのブログ記事

  • 「種子法廃止」で日本のタネが失われるってのはほんとの話?
  • きちんと発芽すること、遺伝的に純粋性があることなどが高品質なタネと言えるそうです。「種子法」とは、このような高品質なタネを増殖し品質管理をきちんと都道府県の責任において行うことを義務付けた法律で、タネの独占とかF1とか不妊とかはあんまり関係ありません。4月13日、メディアや国民が森友問題でわーわー騒いでいる間に「主要農産物種子法」の廃止が可決されましたですね。わたくし、種子法についての理解が全くありま [続きを読む]
  • ほんたべ農園4本仕立トマト現状報告と道法メソッドの不思議
  • 紫色かなんだかわからない色のミニトマトの苗を買ってしまい、取りどきがちっともわからないので過熟になったり早取りしたりしています。しかもなんか独特の酸味があってフツーのミニトマトの方がおいしいの。珍しいものは買うべきではないわよねと激しく後悔中。ほんたべ農園では今までトマトは最高で8段しかとれたことがありません。主な理由は支柱の高さが足りないせいであろうと思っている次第です。施設でのトマト栽培は、上 [続きを読む]
  • 無肥料無農薬「道法メソッド」の勉強会に行ってきた
  • 主枝は4本。葉っぱの付け根から出る脇芽には2個ならせて切り取ります。切り取るときは枝の途中からではなく、枝の付け根からが鉄則。途中で切ると植物ホルモンの流れが悪くなり生育が不良になります。早いうちに4本数えとかないとわけがわかんなくなるので要注意→今ここ(泣)柑橘栽培の「切り上げ剪定」で著名な道法正徳さんとわたくしの縁は2010年の大地を守る会の柑橘会議がきっかけである。あまりにもシンプルなその理論に [続きを読む]
  • 「脱・下農」宣言!
  • 隣の区画のおじさまに「草生えてるね」とよく言われておりましたし、世田谷区から「草ぼうぼうですよ」と怒られていたわたくしですが、「どこに?」なんちて思っていました(泣)。大変とても反省しています。すごくどうでもいい話なのですが、わたくし今年の区民農園で今までにないくらい除草に力を入れております。シーズン最初から気合を入れ除草用の武器を購入したくらいです。しかし残念なことに、手取りのほうが早いことがわ [続きを読む]
  • 食品添加物のそもそもの問題を考えてみた
  • 「マクドナルド社のパティはビーフ100%です」という新聞広告を見ました。パティはオーストラリア産ビーフのトリミング肉100%で作られています。トリミング肉がどうかってのは置いといて添加物も使ってないらしいです。でもバンズとかピクルスとかチーズとかは別。「食べたら危険」「食べてはいけない」と言われる食品添加物ですが、基本的に「売ってる食べものは危険じゃない」という前提でものごとを考えたほうが健全でいられる [続きを読む]
  • ゲノム編集による明るい未来への期待とザワッとする感覚
  • 現在結核・エイズと並んでヒトを殺しまくっている感染症マラリア。媒介するのはハマダラカという蚊なのですが、ゲノム編集でマラリアを媒介させない蚊を開発したそうです。しかし放飼にはさまざまな問題が指摘されております。当然だよねえ。侵略的外来魚と言えばブラックバスが有名ですね。バスはまだ釣り師に喜ばれるからいいとして、ブルーギルという食べないし釣らないし釣り師も嫌う魚がいる。今年の2月、ゲノム編集で不妊化 [続きを読む]
  • グルテンフリーって何がいいんですか?(54歳・女・ライター)
  • 昨年自家製マーマレードがすげーおいしくてバクバク食べてたら太りましてマーマレードを食べないよう、すっかりパンを焼かなくなりました。自分的にはパンは食事ではなくおやつ。すぐおなか減るんだもん。わたくし、アメリカドラマをめっちゃ見ております。日々、密室殺人とかヴァンパイアはなぜ昼間歩けるのかとか、ドラゴンに乗ったり焼き殺されたりコーヒーに毒を入れられたりするさまざまなアメリカとイギリスの人々を見ている [続きを読む]
  • もしかしてこれからが正念場なのではオーガニック
  • 大地を守る会の最後の総会が先日行われたようであります。以下の例にならって考えると、現在の敵はOisixなのではないか、としみじみ感じた次第です。昔、大地を守る会の規約には「人の悪口を言わない」と書いてあった。今はどうか知らないが、この小学校の学級目標のような言葉がわたくしはずっと不思議であった。大地を守る会の機関誌を制作していた2006年、会長の藤田和芳さんのインタビューを企画したことがある。藤田さんは学 [続きを読む]
  • テロワールと地理的表示の可能性について考えてみた
  • 京都のブランドたけのこ「シロコ」とか登録されてないかなーと思ったけど、されてませんでした。というか、高齢化で品質が一定しないので、大量に販売するのむずかしいって記事を見つけました。悲しい(泣)先日、日本農業新聞に「地理的表示制度」の登録数が35品目になりましたよね、という記事が掲載されていた。記事の主旨は「家族経営の農家が地理的表示登録品目を守ってきた。小規模な家族経営の農業者を大切にしなくては」的 [続きを読む]
  • お買いものは世界を変えるか、その2
  • そろそろさくらんぼの季節ですねえ。くだものはスーパーで買うより農家にお願いして送ってもらうほうがおいしいのです。くだものを食べて幸せになりたいなら直送に限ります。『ほんとうにおいしいものはお店で買えない』(雷鳥社)を読んでおります。これはわたくしが2014年に出版した本なのですが、今読んでも非常におもしろいのでご興味ある方はぜひご欄ください。最後のQ&Aなどは編集者の方の素直な質問に直球で答えていて、か [続きを読む]
  • おいしいトマトと栽培方法についての話
  • ほんたべ農園で粛々と大きくなりつつあるトマト。今年はなんか暑いせいかやたらと生育がいいのが不思議です。野菜の栽培方法ってどんなものがあると思います?まず最初に「有機栽培」と「一般(慣行)栽培」ってのが思い浮かぶが、これは肥料とか農薬についての分類方法で、そのほか、ハウス、露地など環境での分類方法、また、促成栽培、抑制栽培など栽培時期の分類など、「栽培方法」とひとことで言ってもさまざまである。上記は [続きを読む]
  • 「寿命の回数券」テロメアがおもしろい!!
  • 旬の野菜をビシバシ食べていればいいんじゃん。と素直に思いました。『細胞から若返る! テロメア・エフェクト 健康長寿のための最強プログラム』エリザベス・ブラックバーン、エリッサ・エペル著 NHK出版 を読んでおります。NHK出版ってのが興味深い。というのは先日クローズアップ現代でテロメアの番組をやっていたからだ。本の販促をするのかなと思ったがやらなかったのはNHKだからか。んで、テロメアとは何か。カンタンに言う [続きを読む]
  • 健康が気になるそこのあなた、緑茶をガンガン飲むってのはいかが?
  • 緑茶の甘みを楽しむには水出しが一番ですが、緑茶を低温のお湯で上手に抽出すると、とろりとした不思議な感覚のアミノ酸と甘さが際立つ、まさに甘露って飲みものになります。先日NHKの関東ローカルで「茶摘み」が紹介されてました。そう言えばそろそろ新茶シーズンでありますね。わたくし極度の貧血で、医者から「緑茶禁止令」を出されておりましたが、去年の人間ドックでヘモグロビン値がなんと13とかになっており、晴れて茶を飲 [続きを読む]
  • ほんたべ農園定植完了&今年度の野望
  • 自根と接木とミニと見たことない品種(デルモンテ苗)とぉ〜、なんちて考えつつカゴに入れてたら全部で9本買ってました。うううううビックリだ。ゴールデンウイークが終わりましたですねー。わたくしこの休みの間、ほぼほんたべ農園のことしか考えておらず「海に山に海外にヒトの波が」的な報道を横目で見つつ、苗をめぐって三千里(というか3km圏内をウロウロ)しておりました。区民農園のスタートは3月ですが、わたくし的に [続きを読む]
  • 日本の山にオオカミが戻ってきたら?
  • わたくしが猪・鹿の害を認識したのは2000年である。産地周り部署に移動して初めて野生動物の被害があることを知った。電気が通った柵(以後電柵)を見て「なにこれ?」と聞いたのはたぶん山梨の山のなかのすももかぶどう産地だったと思う。「猪が木に登って食べちゃうんだよね」と聞き、「山の中の畑は大変だわー」と思った。当時はまだ山に近い平地では被害が出ていなかった。今考えると当時は農業被害額が200億円にもなる、なん [続きを読む]
  • なんと「ジビエ認証」が制度化されるんですってよ!
  • 駆除とか狩猟とかで追われるとアホな鹿は最初に死にますから、生き残ってるのは基本的にウッカリ者ではない賢いのが多くて、昨今捕獲がむずかしくなっており、彼らは「スマートディア」と呼ばれます。鳥獣保護区でのほほんと草をはむエゾジカ(メス)。「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(改正鳥獣法)」が2015年5月に施行され、丸1年経ちました。一般ピープルには「なんですかそれ?」という法律でしょうが、 [続きを読む]
  • ヒトは見たいものを見て聞きたいことを聞く
  • 石岡市のダチョウ王国にて。カピバラ(子)を触りまくって激写していたら、後ろにいたビーバーが「ワシもなでてなでて」とフェンスをかじってるのが写り込んでおりました。わたくしには前方のカピバラしか見えておらず、まさに「人は見たいものしか見ない」を具現化した写真かと。違うか。Aさんの話最近太ってきたような気がするのでダイエットをしなくてはと思いネットを検索してみたら、いろいろな記事がヒットした。「毎日消費 [続きを読む]
  • 「網免許」を取っておけば良かったといまさら悔やむ件
  • 張り網の見学をさせてもらいました。ここにカモがかかります。暴れるので網から外すのに苦労するそうです。ということはやっぱりなげ網の方が鳥ストレスがなくていい、ってことでなげ網猟のカモが最高と言われるゆえんでしょう。先日NHKで「埼玉鴨場」の網猟を紹介しておりました。「カモを網で捕獲する」ってなんか「へー」って感じでしょうが、この猟は非常に伝統的なもので金沢でも行われてるのが有名です。『狩猟読本』にもこ [続きを読む]
  • 対談で知った自分の偏りにビミョーにショックを受けた件
  • 対談当日は「黒・紺以外の服装で」と指定がありまして、基本的にわたくし黒・グレー・紺というような色の服しか持っておらず、買いに行きました(泣)これを機会に明るい色のお洋服を買おうと思いました。まる。『クロワッサン』という雑誌が今年で刊行40周年なのらしい。わたくしの母は創刊間もないころから愛読していて、高校生のころ、わたくしもなんとなく読みはじめた。大阪に4年間行って帰ってきてからも『クロワッサン』は [続きを読む]
  • 「F1の野菜を食べたら不妊になるってほんとうですか」と聞かれたら
  • 自家採種するとその土地にあった性質のものになっていくとよく言われておりますが、とくにネギは非常に味がよくなります。ネギのタネを採るのはわりとカンタンなので採ってる農家はわりといます。先日お友だちに「F1って種のね、野菜を食べたら不妊になるってほんと?どういう理由かわかんないけど、なんかこわいねー」と聞かれました。「ならない。っつか、今スーパーで売ってるアブラナ科ほとんどがF1だから。大根とかほぼF1だ [続きを読む]
  • 新しい畑なので土壌分析やりました
  • ほんたべ農園4の数値。カルシウムの過剰さに寒気がしております。今年も区民農園があたりましたよひゃっほう!!つーことで、毎度ながら土壌分析をやりました。今回の当選で5回目という、人に言わせると「運がいいねえ」ということですが、それは大神山神社のおかげと言っても過言ではないでしょう。ありがとう!! オオクニヌシノミコトよ!!今までは毎回新しいところに応募していたのですが、今年はナメクジも出ずCECも高く [続きを読む]
  • 60歳になったら半狩猟採集農耕半Xってのはどうだ
  • 農作業と言えば長袖長ズボン農家のオバチャン帽子に顔手ぬぐいです。ワンピースとエプロンなんてあり得ません(偏見)。半農半Xってしばらく前に話題になっていたでしょう。わたくしこれについてかなり否定的な気持ちを抱いておりました。当時わたくしは大地を守る会で働いておりまして、有機農業の畑を増やすことを自分の使命だと考えておりました。当時の仕事は情報制作でしたが、わたくしの発信する情報によって消費者会員が増 [続きを読む]
  • ブラトップは楽だけど50過ぎたら向かない件
  • ずーっとサイズがAだったのですが、知らない間に大きくなりました。単に10kgほど太ったからだと思います。昔みたいに少年のようなぺたんこの胸になりたいです。【ご注意】今回わりとセキララなことを気にせず書きますので、セキララ話が苦手な方はお読みにならないようお願い致します。ということで気にせず行きます。娘の頃、ブラジャーがキライでほぼノーブラだったわたくし。フランス人なんか皆ノーブラだもんねーとか思って [続きを読む]