Marie さん プロフィール

  •  
Marieさん: 詩集 Le Couer 心のひとしずく
ハンドル名Marie さん
ブログタイトル詩集 Le Couer 心のひとしずく
ブログURLhttp://sanmarie.me/clair
サイト紹介文美しい恋の詩や癒しのメッセージなどを掲載しています
自由文恋と生き方のエッセー『sanmarie*com』(http://sanmarie.me)の姉妹サイトです。
あちこちに書き散らした言葉の断片などを集めています。
隠れ家的なサイトですがお気に入りが見つかれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 192日(平均1.6回/週) - 参加 2010/06/30 17:18

Marie さんのブログ記事

  • 『一体全体こころって何でしょう』 #『質問』の答え
  • https://flyingquestions.tumblr.com/post/162388092675/街中の質問の写真について紹介します2004年東京丸の内周辺エリアに大小さまざまな365の質問が氾 8歳の時、私のことをとても可愛がってくれていた近所のおばさんが亡くなりました。 家族に促され、初めて『葬式』というものに参列し、棺桶に入れられたおばさんの姿を見ました。 ほんの数ヶ月前まで陽気に笑 … [続きを読む]
  • 『おまえの時代』など、永遠に来やしない
  • 新次が少年院を出て来て最初に耳にした「音楽」は村田英雄の「柔道一代」であった。 若いうちだよ きたえておこう いまにおまえの時代がくるぞ 泣きたかったら講道館の 青い畳の上で泣け それをききながら新次はパチンコ屋の地獄の雑踏に背中を洗われながら、じぶんのあまりにも早すぎた人生の挫折について、しみじみと考えていた。村田英雄の、あの分厚い唇はいつもスピーカーごしに「おまえの時代」「おまえの時代」と唱え … [続きを読む]
  • 『一日何回 空を見上げますか』 #『質問』の答え
  • 見上げても、見上げても、答えは訪れず。にもかかわらず、人が空を見上げるのは、まだ心のどこかで大いなる存在を信じているから。いつか、その恵みが自分にも訪れることを願って、雲の向こうに幸いの兆しを探すけれど、百年待っても、そんなものは見えやしない。自分にだけ特別な光が降り注ぐなど。 [続きを読む]
  • 孤独とは慣れるのではなく、利用するもの
  • 人は子供の頃から「たくさん友達を作ろう」「人付き合いを大事にしよう」といったことは教えられても、「孤独を楽しみましょう」「一人の時間を大切にしましょう」といったことはほとんど教えらない。 学校=友達。 青春=友達。 良い人の条件=友達。 友達の数こそ人徳のバロメーターみたいに語られるから、「何が何でも友達を作らなければならない」「交友の少ない私はダメ」みたいな強迫観念にかられ、物理的にも精神的にも … [続きを読む]
  • 『海は誰のもの? 海を汚すのは誰?』 #質問の答え
  • https://flyingquestions.tumblr.com/post/163594769950/海は誰のもの-海を汚すのは誰 人は海に甘え過ぎ。 ビニール袋一つ捨てたって、世界は何も変わらないと思ってる。 海は広いから。 だけども、そういう考えの人が、十万、百万、千万……と集まって、ぽいぽい捨て始めたら、いくら巨大なシステムでもいつかは疲弊する。 大地を潤す雨。 食卓を彩る魚。 真夏の水 … [続きを読む]
  • 能力の商品化 〜やりたい事と将来の選択〜
  • 若い人が進路を選択する時、一番重要なポイントは「失敗したくない」の一言に尽きると思います。(飢えて、荒野に散ろうとも、オレは漫画家を目指す! みたいな熱血は除く) 日夜、メディアに踊る「○○議員、引責辞任」「○○会社、倒産」「芸人○○、どん底の今」「エリート一家に何が? 息子が父親を刺殺」「低所得にあえぐ40代。増える自殺者」「タワマン破産。偽りのセレブ生活」「大学卒でも手取り12万」といった暗い … [続きを読む]
  • 9.11と世界のトラウマ 〜空港セキュリティ編
  • 空港のセキュリティ・チェックもだんだんハイテク化、厳格化しています。 場所によっては、まるでミッション・インポッシブルみたいなカプセルに入り、両手を万歳して、金属スキャン。一般の搭乗客を相手にここまで……と呆れるほどの物々しさです。でも、仕方ない。「まさか」と思うような飛行機テロが2001年に起きたのですから。あれをリアルタイムで経験した人なら、今でも思わずにいません。「この機は大丈夫なのか」と。 … [続きを読む]
  • 『一番好きな悩みは何ですか』#質問の答え
  • https://flyingquestions.tumblr.com/post/162630084330/一番好きな悩みは何ですか それは「今晩、何を食べようかしら」という悩みです。 やっと再就職が決まった時、ふらりと立ち寄ったコンビニで、『タラコおにぎり』を買いました。 白米、一粒一粒のなんと美味しかったこと。 ご飯って、こんなに素晴らしいんだと感動しましたよ。 それまでの半年間、社会保障を得て … [続きを読む]
  • 『心も年をとるのでしょうか』#質問の答え
  • https://flyingquestions.tumblr.com/post/162114716745/東京丸ビルの32階から隣のビルを見下ろすと 残念ながら、とると思います。 だって、いつまでも夜店の金魚すくいやゴレンジャーに胸をときめかすわけではないもの。 子供の頃はね。 OPの爆発音を聞くだけで、嬉しかったですよ。 中に誰が入っているとか、どこで撮影してるとか、構成がどうとか、関連商品が売 … [続きを読む]
  • #『質問』の答え 〜わたしは永遠の謎でありたい
  • 人にあれこれ質問されるのは苦手。 自問自答は得意だけど、人にいろいろ尋ねられても、答えに窮する方が圧倒的に多いから。 だって、「こうですよ」と答えたところで、相手が100パーセント、正しく理解するわけじゃない。 100人の質問者がいれば、100通りの解釈が有り、人間の真実など、何所にも見えないのが本当じゃないかと思うからです。相当にひねくれてますが^^; その中で、自分が思う「我」というのも、もし … [続きを読む]
  • 地殻の割れ目と生の哲学 〜グランドキャニオン編
  • グランドキャニオンは私のバケットリストの一つで、今回、ようやく訪問が叶いました。 凄い所だろうとは想像していたけども、実物は想像以上。ファインダーには収められない美しさでした。 こういう深い峡谷を見ていると、地球というものが人間には計り知れない長いスパンで動き、呼吸し、刻一刻と姿を変えていることを実感します。一見、不動に見えるものも、さらに高い視点に立てば一瞬の変化でしかないし、我々、人類も、宇宙 [続きを読む]
  • 子孫は火星に行くだろう 〜アリゾナ砂漠編
  • 『砂漠』というと、♪ 月の沙漠を〜 はるばると〜 ♪ ホリプロ・スカウトキャラバンならぬ、アラブの隊商とラクダを連想しますが、アリゾナで「desert(砂漠)」といえば、「不毛の地」「荒野」。文字通り、草一本生えない、過酷で、生のままの大地を指します。 なぜ草一歩生えないのかといえば、とにかく乾燥しきって、猛暑だから。 生える時期もあるのだろうけど、連日、摂氏40度以上、雨もほとんど降らず、空気も … [続きを読む]
  • なぜ英語が必要なのか 〜ディズニーワールド編
  • 日本でも英語教育の必要性が言われて久しいですが、日本の中で暮らしていると、英語の必要性を実感する機会も少ないと思います。 私も日本に暮らしていた頃は、それほど必要性を感じなかったし、日常的に使う機会がほとんど無いのに、理屈で必要性を説かれてもピンとこないのが本音でしょう。 特に日本は島国で、「外国人観光客が来る」といっても、地続き欧州のレベルとは物理的にも社会的にも人とモノの交通量が圧倒的に異なり [続きを読む]
  • 自分の目で見ることの意義 〜ラスベガス編
  • この夏、ラスベガスに行ってきました。私のバケットリストには無かったのですが、付き合いで。 それでも、私の大好きな映画『ショーガール』の舞台になったホテルや、作中に登場した場所を目にすると、感慨もひとしおです。 以下、ラスベガスの感想です。 参考URL 最低のクズ映画と批評されても『ショーガール』が好きな理由 ノエミに会ってきた! ラスベガス巡り いわゆる「ラスベガス」と多くの人が認識しているのが、 … [続きを読む]