椋妃(Ryoki) さん プロフィール

  •  
椋妃(Ryoki)さん: タトゥー日和 女性彫師のつれづれ
ハンドル名椋妃(Ryoki) さん
ブログタイトルタトゥー日和 女性彫師のつれづれ
ブログURLhttp://alhaut.exblog.jp/
サイト紹介文大阪アメ村の女性彫師椋妃(Ryoki)。タトゥー作品、下絵、海外タトゥー旅、彫師の日常を掲載。
自由文ブログでは、彫った作品の写真や、イメージの説明,海外タトゥースタジオでの日々をレポートしています。
お店のHP Tattoo Art Works Al-Haut http://www.al-haut.com/ (PC) http://www.al-haut.com/h/ (携帯サイト)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2010/07/01 14:02

椋妃(Ryoki) さんのブログ記事

  • 仕事開始
  • 日曜日に南ドイツからケルン。お天気の中、青空と緑が延々と続く景色を通り抜ける三時間半の道中。今日からゲストワーク開始。今回の二週間は、間の日曜日にお出かけ予定を決めたので、まずは日曜までを目標に仕事を頑張ることにしている。一日一日を大切に、気合いをいれてやります。 [続きを読む]
  • 6月15日ドイツの祝日
  • 6月15日は、ドイツの祝日。キリスト教カトリックの聖体の祝日に基づいたお休み。私の滞在している小さな町はカトリックの町。鼓笛隊のパレードが行われ、町の各所に設置された大きなスピーカーからは教会でのミサの模様を流していた。なんとも、宗教的な雰囲気の漂う一日だった。今週もいろんなニュースが聞こえたきたが、世の中平和であってほしいと本当に思う… [続きを読む]
  • 6月15日ドイツの祝日
  • 6月15日は、ドイツの祝日。キリスト教カトリックの聖体の祝日に基づいたお休み。私の滞在している小さな町はカトリックの町。鼓笛隊のパレードが行われ、町の各所に設置された大きなスピーカーからは教会でのミサの模様を流していた。なんとも、宗教的な雰囲気の漂う一日だった。今週もいろんなニュースが聞こえたきたが、世の中平和であってほしいと本当に思う… [続きを読む]
  • テュービンゲン オールドシティ散策
  • テュービンゲン、観光エリアで有名なオールドシティを散策。オールドシティの入り口。月曜日ながら観光客、地元の人で結構にぎわっていた。メインストリートではなく、路地裏の写真をアップ。歴史のある古い建物がたくさん。古い家は改築されてアパートとして利用されている。オールドシティは観光地なのだと思い込んでいたけど、実は人が住むための住宅地でもあると今回歩いて理解した。テュービンゲンは大学町で、人口のほとんど [続きを読む]
  • 散策
  • フランクフルトから南西ドイツの小さな町へ。いつも深夜に到着することが多いのだけど、今回はフランクフルト経由なので午後に着いてしまった。しかし、月曜日、このエリアの私のお気に入りの飲食店は定休日。アパートホテルはキッチン付きの部屋ではなかったのでスーパーで食材を確保して調理というわけにもいかず、食事をとるために、テュービンゲンまでわざわざ行くことになった。テュービンゲンのお約束の風景。パステルカラー [続きを読む]
  • Tattoo Gallery 94:サムライと虎のタトゥー完成
  • サムライと虎のタトゥー完成。今日は移動日。今週もベストを尽くします。日没前のフランクフルト。今日、6月12日の日暮れは22時20分。日暮れというのは遅すぎる時間で、夏のドイツは冬に比べて日照時間が長い。夏至のころは日没が23時を回る地域もある。そんなわけで、この時期、朝早い仕事の方などは日が沈まないうちに就寝するので明るいうちに床に就くのは妙な感じだと聞いたことがある。遮光カーテンは必需品。明るいと昼寝の [続きを読む]
  • ステーキハウスへ
  • フランクフルトでのゲストワーク後、アルゼンチンステーキレストランへ。アルゼンチンはステーキ料理が有名なのだそうだ。サラダステーキ。フィレステーキ200グラム。付け合わせのポテトのほうが多いという…。炭火焼の良い香りがするとても柔らかいジューシーなステーキ。ステーキ自体は味付けがされていないので、料理が到着後に、塩コショウをお好みでかけてもらう。200グラムも食べられないかと思ったが、ペロリと食べてしまっ [続きを読む]
  • 練習下絵
  • 下絵練習。今日は旅の道中の遅れや、やり取りの行き違い、お客さんの遅延などが生じて、一日中、妙な一日だ。こういう日は、のんびりした方が良さそうだ。 [続きを読む]
  • ザクロのタトゥー、旅について思うこと
  • ゲストワーク最終日は、ザクロのタトゥー。次回、牡丹の花の色入れで完成。仕事道具を荷造りして、再びベルリンへ。どーんと構えたケルン大聖堂を、列車内から見ると、「Good Bye, Köln!」という気持ちになる。といっても、二週間後には戻ってくるのだが。2015年2月から、ゲストワーク旅を続けて2年と3カ月。ドイツの大都市の姿しか知らなかった私は、旅をしたおかげで、ドイツの田舎や小さな町に残されたドイツの伝統的で古風な [続きを読む]
  • 現在進行中のタトゥー178:文様系フルスリーブタトゥー
  • 現在、施術中のフルスリーブプロジェクト。デザインは、ケルトとノルディックのタトゥーをモチーフにしたオリジナルタトゥー。毎月、コンスタンスに通ってくださっている。当初、お客さんが持ち込んだアイデアは、ケルトタトゥーのような、ノルディックタトゥーのような伝統的な紋様に、さらに細かいドットワークの背景で腕が黒く塗りつぶされている、というものだった。しかし、打ち合わせの過程で、実は、ドットワークは好きでは [続きを読む]
  • 現在進行中のタトゥー178:文様系フルスリーブタトゥー
  • 現在、施術中のフルスリーブプロジェクト。デザインは、ケルトとノルディックのタトゥーをモチーフにしたオリジナルタトゥー。毎月、コンスタンスに通ってくださっている。当初、お客さんが持ち込んだアイデアは、ケルトタトゥーのような、ノルディックタトゥーのような伝統的な紋様に、さらに細かいドットワークの背景で腕が黒く塗りつぶされている、というものだった。しかし、打ち合わせの過程で、実は、ドットワークは好きでは [続きを読む]
  • 現在進行形のタトゥー176:ドラゴンとサムライマスクのタトゥー
  • 兜に面頬(めんぼう)を装着した武者。ドイツを含むヨーロッパ、アメリカなど西洋のほうではジャパニーズスタイルの人気のあるモチーフとしてサムライマスクと呼ばれているタトゥー。面頬は顔を覆う防具なのだけど、タトゥーの場合は鬼のような、または般若面のような表情をしたサムライが兜をかぶっているデザインになっている。それに大きな龍の頭部を配置。初回のセッションでは全体のアウトラインを施術。次回は龍の鱗のライン [続きを読む]
  • 現在進行形のタトゥー176:ドラゴンとサムライマスクのタトゥー
  • 兜に面頬(めんぼう)を装着した武者。ドイツを含むヨーロッパ、アメリカなど西洋のほうではジャパニーズスタイルの人気のあるモチーフとしてサムライマスクと呼ばれているタトゥー。面頬は顔を覆う防具なのだけど、タトゥーの場合は鬼のような、または般若面のような表情をしたサムライが兜をかぶっているデザインになっている。それに大きな龍の頭部を配置。初回のセッションでは全体のアウトラインを施術。次回は龍の鱗のライン [続きを読む]
  • 現在進行形のタトゥー175:鬼のタトゥー
  • 鬼のタトゥー、途中経過。ケルンから鉄道で一時間ほど離れたコブレンツからのお客さん。コブレンツは、世界遺産に登録されているライン川の一部、ライン渓谷中流上部の側にある街。最近このエリアに興味を持ち出しているので、毎回美しい景観を見ながら鉄道でやって来る彼がとても羨ましかった。またライン渓谷中流上部の話は後日に。今日も頑張ります。 [続きを読む]