素人トラ番評論家@風雨天の寅之助 さん プロフィール

  •  
素人トラ番評論家@風雨天の寅之助さん: 風雨天の寅之助が辛口でぶった斬る〜今日のタイガース
ハンドル名素人トラ番評論家@風雨天の寅之助 さん
ブログタイトル風雨天の寅之助が辛口でぶった斬る〜今日のタイガース
ブログURLhttp://ameblo.jp/55toranosuke/
サイト紹介文タイガースのゲーム結果を振り返り辛口に評論するブログです。 コメントもお気軽に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/07/04 15:46

素人トラ番評論家@風雨天の寅之助 さんのブログ記事

  • 勝てる投手とは
  • ホーム中日、ロードヤクルト6連戦を3勝3敗。昨日は最後ヒヤヒヤ勝利だったが勝つと負けでは大違い。チームを引っ張ってきた糸井の当たりが止まった状況で一週間を3勝3敗なら良しとすべきだろう。明日からは交流戦前ホーム6連戦。4勝2敗で交流戦へ臨みたいところ。 ヤクルト戦、藤浪が大暴れした日のヤクルト先発は小川。今季他のタイガースではない他のカードで小川のピッチングを見ていた時にあることに気づき、この日の神宮 [続きを読む]
  • キャンベルはどうなる
  • 前節はロード5試合の予定が雨で一試合流れ、4試合を3勝1敗で乗り切る。貯金を「2」増やして久々に2ケタ貯金ができた。 DeNA戦は3カード連続で1試合が中止となり、セリーグではタイガースが一番消化が遅い。そうでなくてもヘバるのが通例の秋口、過密スケジュールが今から心配なのは私だけか…。 12日金曜日、一年ぶりに横浜へ。ネット裏の見やすい位置からの観戦、3本塁打で勝利ゲーム。メッセンジャーも井納も制球よく [続きを読む]
  • コイのぼらずしてトラのぼる
  • 昨年の覇者でありいいようにカモにされた広島に対し、初戦は4点差逆転、昨日は9点差逆転、そして今日は完封勝ち。ファンにとっては最高のGWとなった。もし今季優勝でもすれば、間違いなく後世まで語り継がれるであろう9点差ビハインドからの逆転勝利。 さて今週は神宮、甲子園の6連戦を6勝1敗で乗り切り、貯金は昨年以降最多になる「8」まで伸ばした。秋山好投を見殺しにして敗れた神宮初戦、その翌日。山中先発に対して大幅 [続きを読む]
  • 上本の貢献度
  • 前週は雨で一試合を流し、ホーム5試合を3勝2敗。火曜日のDeNA戦は秋山が素晴らしい投球をしながら貧打線がルーキー濱口を攻略できず、スミ1を守られて負け。わずか3安打。糸井と鳥谷の3本だけ。スタメンが打てないのに一打席の新井を責めるのも酷な話。 その翌日、藤浪の登録に伴い新井が登録を外れる。個人的見解だがこの抹消には疑問視。中谷にはスタメンチャンスを多く与えているが、新井は代打ばかりの9打席。結果が出て [続きを読む]
  • ロード6試合を5分で乗り切る
  • ナゴヤで負け越し東京ドームで勝ち越す。6試合を5分で乗り切った。次週からはホーム6連戦、今度は5分ではダメ。しっかりと貯金しておきたい一週間。では今日の讀賣戦から回顧。 タイガースは4回以降5回に上本がヒット出塁した一度きりで他は綺麗に凡退。全くの防戦状態になってしまった。1点を最後まで守りきったゲームだが要所要所を三振で切り抜けられたことが大きい。走者2人溜まった場面が4度。村田のタイムリー以外はマ [続きを読む]
  • ベンチ采配の決断力
  • 今季13試合消化、2試合を雨で流した。8勝5敗の上々スタート。その上をいくのがカープ。他のチームがだらしない中、対戦成績をタイに持ち込めるのか否か、監督が重要な位置づけとした昨日のゲームに勝ったことは、今後のカープとの戦いにとっても大きな意味があった。 今季これまで、、、ベンチの積極采配が目立つ。讀賣戦の?山の代打・中谷に続き、北條の代打に糸原を。北條が讀賣戦で2本塁打後、まだ2試合目の出来事だ。そ [続きを読む]
  • 打順再考の余地
  • 前回の記事で懸念して書いた?山と鳥谷の打順、まだ8試合でサンプルが少ないながらも昨年同様の傾向が顕著に出ている。開幕から好調の鳥谷は、ヒットと四球で得た出塁が34打席中半数以上の18回を数えているが、18回出塁して本塁へ戻ってきたのは昨日の北條2ランのたった一度だけだ。つまり得点は「1」 ?山の出塁率は.312。1番打者としてはかなり物足りない。かつての今岡のように、?山という選手も走者を置いての集中力で勝 [続きを読む]
  • ?山俊はどう使うべきなのか…
  • 2017年ペナントレース開幕。遅ればせながら今季も宜しくお願い申し上げます。 開幕3連戦、金土はテレビ観戦、日曜日は外出でテキストで確認。出張に絡めて31日に現地へ行けなくもなかった。今から思えば行っておけば良かったか… しかし31日は寒すぎた。 3連戦、振り返ればいろんなことがあったが一言で言えばまぁよく取られたものだ。ミスは出る、四球は出す、痛打は喰らうでは歯止めがきかない。大阪へ戻ってキャッチ [続きを読む]
  • 走ればいいってもんじゃない
  • のっけからクイズを…。↓はセ・パの某ベテラン選手2人の直近5年間の盗塁数と成功率。A選手(39歳)→企画41 成功39 失敗2 成功率95.1%B選手(41歳)→企画26 成功24 失敗2 成功率92.3% 記事を読みながらこの両選手が果たして誰なのかを考えていただければありがたいと思いつつ本題へ。 日本シリーズで活躍した西川遥輝。前回記事でに少し触れたが、今季西川が記録した盗塁数は41個。成功率は.891。数は糸井、西武・ [続きを読む]
  • 今季の備忘録他
  • 長い空白期間ができてしまったが元気に生息はしております。試合終了後のブログ作成時間を他のことに当てていたのとサボタージュと…。日本シリーズも終わったこともあり、少し今季を振りかえって書き留めておきたいこともあったので久々に。 今季、変わらずにしっかり野球も見ておりましたし現地観戦も遠征6試合含めて20試合予定を入れ、雨で流れた2試合を除いて18試合を生観戦。遠征は広島、横浜、北海道、東京。いずれもチ [続きを読む]
  • 疑問残る8回の代打人選
  • 高齢の実母が歩行困難になり一人暮らしに限界。介護と施設入居の準備を進めているために時間をとられ、ブログアップがままならぬ状況。輪をかけて書く意欲が失せるような不快な出来事もあった。私より周囲の仲間の怒りが収まらない。家族の協力もあり、5日に行くはずだった名古屋を除いて広島と甲子園の参戦は予定通りこなせた。広島は負け、甲子園は讀賣戦がドロー、De戦は2勝して今季参戦3勝2敗1分に。甲子園は負けなし…。と言 [続きを読む]
  • 多用につき
  • 多用につきしばらく更新を見合わせなければならない状況です。中継は見れたり見れなかったりですが、記事を作成するために時間を割くことができません。落ち着いたら再開します。その際にはよろしくお願いいたします。寅之助 [続きを読む]
  • 聖地へ初参戦、江越会心の決勝打
  • 聖地初参戦の勝利の余韻に浸っていた時、東京の知人からメッセージ。「マテオの投球練習中に突き上げるような揺れ…」 帰宅電車の中で熊本で震度7の地震だと知った。九州地区の仲間からも続々情報が…。被災者が出ないことを願う。スタメンは火曜日のカード初戦と同じ。ヘイグの7番もどうなのかと思うが、他に弄りようがない状態とも思える。江越3番がどこまで通用するのか、期待をもって応援していきたい。その打球は目の覚める [続きを読む]
  • 久保と安藤、3球勝負の明暗
  • 初回が終わって藤浪の球数は「33」 。立ち上がり不安定とは言え投げ過ぎた。リリースがしっかり来ないのかストレートの球道が定まらない。2回からはやや立ち直り6回まで何とか辿りつくも既に100球を超えていた。7回で交替のはずが回の途中で高宮の救援を仰いでしまう。好救援の安藤に頭があがらないだろう。制球の暴れが藤浪を打ちづらくさせていることも事実。まぁ球数を意識した投球が思いのままなら軽く20勝はしそうだが…。終 [続きを読む]
  • あの采配を再検証 4月9日対広島8回表
  • あの場面を再検証。今季も老後の楽しみのため備忘録として書き留めておきたい。広島3連戦の初戦、逆転サヨナラで本拠開幕を飾ったあのゲームである。初回に2点を先取されたその裏、江越のソロで1点返したあとゲームは膠着。1点差のまま7回を終了した。能見は7回で交替、8回から歳内登板。その時にベンチが行った打順の入れ方と8回裏の攻撃について考えてみたい。タイガースは捕手二人制。1点ビハインドの7裏、二死一塁で岡崎に回っ [続きを読む]
  • 甲子園開幕はカード負け越し
  • あと1点まで追い詰めながら、8点目を取る前に27個目のアウトを取られてしまった。開幕京セラから関東遠征を負け越すことなく甲子園に戻ったが、皮肉にも聖地で初負け越し。これで一回り15試合が終わった。ゴメスが腰、ヘイグが体調不良で欠場。純和製のスタメン。高山−江越の1、2番から鳥谷を2番に挟み長打力のある江越を3番に。鳥谷3番よりこのほうが効率的。得点源になり得る江越と福留の前に置くほうが良い。外国人不在で何点 [続きを読む]
  • 対広島1回戦 魔物が現れたゴメスへの1球
  • 甲子園に戻って広島3連戦。今日土曜日、浜風さんからのお誘いで参戦する予定が、急な所用で断念となり残念。ゲーム経過はテキストラジオで確認。岩貞の好投は良かったが、2安打で勝てるほど甘くはなかったようだ。昨日はテレビ観戦するも多用につき記事のアップできなかったので、2、3気づき事項を書き留めておきたいと思う。まず誰もが驚いたのは打順入れ替え、横田から江越への2番起用だった。判断は対戦一回りしてからだと思っ [続きを読む]
  • 3回表 菅野対福留
  • 3回まで5安打、7回の鳥谷内野安打も入れて単打6本は打ったが、しっかり捉えた打球は1本もなかったと言ってもいいだろう。西岡の中前はいい打球だったが、0−2から投じた気の入っていない外し球だった。これほど球威球速も制球もあれば得点するのは容易ではない。今日はスッキリできる負け方。そんな完敗でもチャンスが来るのが野球、走者2人溜めて福留に回った3回、崩せる唯一のチャンスはここだった。昨年菅野には1勝3敗。ポレダ [続きを読む]
  • こんな横田を見たかった
  • DeNAは大幅に打線を入れ替え。5番の新外国人ロマックがベンチスタート。昨日書き忘れたが、初回二死一、三塁のチャンスでロマック。ここで重盗を仕掛けて失敗。三塁走者が梅野の動きを見て突っ込めなかった。一走は筒香なので普通に投げれば二塁はアウト。梅野の落ち着きぶりも良かったが、筒香はせめて挟まれないといけないケース。そもそも5番打者が不振だからそのサインを出したならスタメンから外すべきだろう。タイガースは昨 [続きを読む]
  • 第6の男、岩貞参上
  • 昨年のブログで岩貞先発の不甲斐ないピッチングをぼろカスに書いたことがある。8月6日の広島戦ピースナイター。岩貞の先発はその日以来となる。第六の先発として一軍で生き残れるか? 一発回答が条件だったと思う。記憶が正しければ今日の初球は逆球のストライクだったと思う。ストライクは良かったが、初回は球が暴れてどうなるのかと心配しながら見ていた。落ち着いたのは2回から。左打者外へのスライダーでカウントが取れるよう [続きを読む]
  • 昨年まで何度も見た光景
  • 昨年まで何度も見た光景。好投する投手を替えられず勝ち投手の権利から一転負け投手へ転落。能見が一番の被害者になっているような気がする。8回のピンチを凌ぎ9回どうするか? 浜風プロ と議論しながら迎えた筒香。結果論ではなく、9回は福原か筒香に高橋を挟んでという予想とも願望とも言うべき意見を交わしていた。8回裏二死、能見が投球練習を始める。同じサヨナラ負けをするかもしれないが、結果に関係なく能見は替えるべき [続きを読む]
  • 死闘5時間壮絶ドロー
  • ?山のプロ初本塁打を忘れかけてしまうほどロングゲームの結末は12回ドロー。色んな事が起きたが、勝てるゲームだったのか負けずに済んだのか…。福原、マテオを出して負けなくて良かったと思うべきなのか…。投手継投が前任と同じ匂いがすると記事にした。今日のマテオ3イニング61球はあまりにも投げ過ぎ。今日は秋風が吹く9月の終わりではない。残り5試合の中で戦っているのではない。まだ137試合も残す3月の末。7回3点リードし [続きを読む]
  • 投手継投の選択肢
  • 岩田は6回に崩れ、先発投手としてゲームを作れずに降板。開幕から5試合目、今日初めて大量失点してチームは撃沈した。今日は殆ど映像は見れなかったが、岩田は球が上ずり制球が不安定。いい出来でもなかったようだ。5回まで併殺が3度。これにも助けられての5回2失点で89球。6表は岩田からの攻撃。ここで岩田に代打を送って攻めに転じるという選択もあったと思う。岩田はそのまま打席に入り、その裏に大量点を奪われた。結果論にな [続きを読む]
  • 快勝の中に課題がいくつも
  • 藤浪が今季初登板。ヤクルト戦は昨年も相性が良く確か4勝負けなしだったはず。6連戦の頭、完投を期待されこの日に照準を合わせ満を持した。苦手にしていたデニングも退団し、バレンティンもいない中、見事に期待に応えた。完投を目指したもののあと一人で降板。球数は150球近くまで伸びた。長いシーズン一年通しての大黒柱、目指すのは完投ではなくあくまでチームの勝利。次回登板のために8回127球でお役御免が妥当。個人記録のた [続きを読む]
  • 明日からの関東遠征
  • 明日から関東遠征。4月8日の甲子園開幕広島戦まで、ヤクルト、DeNA、讀賣との9戦を敵地で戦う。現在の登録が27人。選手登録されていない藤浪、岩田が登録されれば一人誰かが登録を外れることとなる。その辺りを含めて今後の戦い方を書いてみたい。6番目の先発としてアピールを続ける岩貞と秋山。由宇のウェスタン広島戦で土曜日は秋山、昨日日曜日は岩貞が投げているため、開幕から6人目となる31日のヤクルト戦に先発6人目の登板は [続きを読む]