MM201-910 さん プロフィール

  •  
MM201-910さん: 中央線 駅長室
ハンドル名MM201-910 さん
ブログタイトル中央線 駅長室
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/chuoline_201
サイト紹介文このブログとともに自分風に201系を最後まで見届けたいと思います。
自由文首都圏の201系、中央線を関連にしたブログです。

I love Series 201 forever.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2010/07/06 11:47

MM201-910 さんのブログ記事

  • 生き残りの快速
  • 釧網線の看板列車しれとこ号です。快速でありながら、わずか数駅しか通過しませんので、乗り得の実感が湧きません。この先頭にあるヘッドマークですが時刻表に載るのと同じで列車名、停車駅が多い故にこの名の存在意義を背負っている一面が伺えます。民営... [続きを読む]
  • 湘南色フル編成
  • 西も東も、復刻色のブームの真っ只中、遂に岡山も湘南色の保持に乗り出しました。5月は運用まで公表されました。広石信―井倉高崎では思いのほか、211系の侵攻はスローペースに進んで捗るのは良いんですが、夕方は雲に塞がれる日が多く歯痒い限りです。... [続きを読む]
  • 木曽あずさ
  • トンネルに挟まれた小さな駅に、ありそうでなかった離合風景に出逢いました。ほかの収穫をちゃらで良いほど、こんな光線は久々でした。日羽 [続きを読む]
  • 増結やくも
  • クモハ381の500番台化の完了から半年ほど、クモハ381のスカートが汚れ始めて様になってきた気がします。クモハが先頭に立つ機会が減る8月ですが、まだ床下から滲み出るピンク色がまだ目立っていました。備中川面―方谷 [続きを読む]
  • 残念ながら
  • 音威子府までの、一日一往復のあの運用ですが、まさかのキハ54による代走でした。そもそも渡道した時点で予定外、9月と思って予約後に、明後日の日付と判明。しかし取消にかかる手数料を考えますと、この際仕方ありませんでした。前夜にふらっと咲来に漂着... [続きを読む]
  • 懐かしの3並び
  • 夕ラッシュを前に、201系が溢れる午後のひと時、武蔵小金井電車区細かいことは気にせず、容量一杯までシャッターボタンを押していました。武蔵小金井電車区武蔵小金井電車区逆光にも負けません。同じ個体が3つ集い、インパクトは絶大です。... [続きを読む]
  • 平日優勢
  • 現行の休日ダイヤではいつからか、ついに高田→奈良の201系が撤退、もちろん103系も入らない順繰りとなっていました。平日も数年前に比べて2往復から1往復に半減、収穫も半減です。志都美2本入っていた時代は天理で交換していました。いずれも221系化を... [続きを読む]
  • 真夏の103系1500番台
  • 玄界灘沿いから見届けてまいりました。鹿家―福吉幌が取り外され、渡り板に幌座も健在ですが、連結はしません。鹿家―福吉現在は6編成で、ワンマン限定の4仕業をこなしています。鹿家連結仕業が廃止されたから数年、西唐津寄りの幌は一部手... [続きを読む]
  • 寝過ぎの爪痕
  • 夏なのに、なぜか睡眠が快適すぎて撮影が捗りません。コンテナが風光明媚な56レをワープした動態保存機状態のこちら、そんな日の起床が8時、のぞみでも大垣以西で撮る望み叶いませんでした。 [続きを読む]
  • 4両で納めるキハ40
  • 道内のキハ40オンリーで組成される3両編成は細々存在しますが、4両となると数えて片手に満たない貴重な運用です。そこで、断片的なメモを統括したいこともあり、4両編成をまとめてみました。1. 回4551D 北旭川4:58→上川5:51早朝のため、冬至を考えるとその... [続きを読む]
  • 高架化前のお披露目
  • ときは10年前、三鷹〜国分寺の部分高架化を控えた6月11日、武蔵境で新品状態の下り線が一般開放され、線路まで降りることができました。ちょっとした振り返りです、使用開始まで数カ月を控えたコンコースには、資料や歴代写真が展示されていました。... [続きを読む]
  • 急行|拝 島…幕車
  • 下りの急行幕を掴むのに、側面まで陽が回る夏至が狙い目です。西武柳沢―田無ー無念ー急行灯なし?に加え、曇られてしまいました。その代償として、無骨な顔に照らされる夕日は、ご馳走そのものです。今年はそのリベンジに思いをかけて、去年の記... [続きを読む]
  • 宗谷マヤ 最終章
  • マヤ34+重連ごときで、鬱蒼とした抜海丘陵にダイブしてまいりました。南稚内―抜海南稚内―抜海(252kp付近)以上復路から先にご覧いただいたには、大失態を起こしたからです。徹夜(のつもり)→寝落ち→お寝坊、でもまだ3時頃でしょうか。近くに陸... [続きを読む]
  • 予讃線名物
  • 原色PF!単線! 快晴!フル積載!このときをお待ちしていました。豊浜―観音寺海岸寺―詫間(津島ノ宮)ところで、全検出場後初の関西入りの当時冬至近くで影の中でも眩さを維持したままでした。平野※やっつけ合成なのはお許しください(次... [続きを読む]
  • クハ201-1の近況
  • 本線を最後に走り切ってから9年が経ち、それまでの鉄粉が蓄積されたままです。このほど修繕線に近い保管場所から、観察を誘うかのような場所に移動されました。2009年〜2012年に過ごした定位置とは本線から1つ分、離れていますので、全貌が伺えやすくなっています... [続きを読む]
  • 開放感!
  • 夏至が近づくにつれ、蜜柑色の日差しは瞬く間に過ぎてしまいます。長柄―巻向翌日以降は青空とタイミングが合わなかったり、前面への陽当たりが弱くなりったりで、5日費やすもバッドエンドで終ってしまいました。長柄―巻向 [続きを読む]
  • 特急大雪 代走特集
  • 丸瀬布―下白滝生野―生田原遠軽―瀬戸瀬遠軽―瀬戸瀬遠軽―安国美幌―西女満別この一回だけ、噂通りの誤幕で通過してまいりました。それでも、スラントノーズが入るまでの、北見で過ごした無駄な数日を思うと安上がりな結果です。 [続きを読む]