MM201-910 さん プロフィール

  •  
MM201-910さん: 中央線 駅長室
ハンドル名MM201-910 さん
ブログタイトル中央線 駅長室
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/chuoline_201
サイト紹介文このブログとともに自分風に201系を最後まで見届けたいと思います。
自由文首都圏の201系、中央線を関連にしたブログです。

I love Series 201 forever.
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/07/06 11:47

MM201-910 さんのブログ記事

  • 4両で納めるキハ40
  • 道内のキハ40オンリーで組成される3両編成は細々存在しますが、4両となると数えて片手に満たない貴重な運用です。そこで、断片的なメモを統括したいこともあり、4両編成をまとめてみました。1. 回4551D 北旭川4:58→上川5:51早朝のため、冬至を考えるとその... [続きを読む]
  • 高架化前のお披露目
  • ときは10年前、三鷹〜国分寺の部分高架化を控えた6月11日、武蔵境で新品状態の下り線が一般開放され、線路まで降りることができました。ちょっとした振り返りです、使用開始まで数カ月を控えたコンコースには、資料や歴代写真が展示されていました。... [続きを読む]
  • 急行|拝 島…幕車
  • 下りの急行幕を掴むのに、側面まで陽が回る夏至が狙い目です。西武柳沢―田無ー無念ー急行灯なし?に加え、曇られてしまいました。その代償として、無骨な顔に照らされる夕日は、ご馳走そのものです。今年はそのリベンジに思いをかけて、去年の記... [続きを読む]
  • 宗谷マヤ 最終章
  • マヤ34+重連ごときで、鬱蒼とした抜海丘陵にダイブしてまいりました。南稚内―抜海南稚内―抜海(252kp付近)以上復路から先にご覧いただいたには、大失態を起こしたからです。徹夜(のつもり)→寝落ち→お寝坊、でもまだ3時頃でしょうか。近くに陸... [続きを読む]
  • 予讃線名物
  • 原色PF!単線! 快晴!フル積載!このときをお待ちしていました。豊浜―観音寺海岸寺―詫間ところで、全検出場後初の関西入りの当時冬至近くで影の中でも眩さを維持したままでした。平野※やっつけ合成なのはお許しください(次位まで221系が... [続きを読む]
  • クハ201-1の近況
  • 本線を最後に走り切ってから9年が経ち、それまでの鉄粉が蓄積されたままです。このほど修繕線に近い保管場所から、観察を誘うかのような場所に移動されました。2009年〜2012年に過ごした定位置とは本線から1つ分、離れていますので、全貌が伺えやすくなっています... [続きを読む]
  • 開放感!
  • 夏至が近づくにつれ、蜜柑色の日差しは瞬く間に過ぎてしまいます。長柄―巻向翌日以降は青空とタイミングが合わなかったり、前面への陽当たりが弱くなりったりで、5日費やすもバッドエンドで終ってしまいました。長柄―巻向 [続きを読む]
  • 特急大雪 代走特集
  • 丸瀬布―下白滝生野―生田原遠軽―瀬戸瀬遠軽―瀬戸瀬遠軽―安国美幌―西女満別この一回だけ、噂通りの誤幕で通過してまいりました。それでも、スラントノーズが入るまでの、北見で過ごした無駄な数日を思うと安上がりな結果です。 [続きを読む]
  • はじめての阪和線
  • 初乗車した目的はこの重連にありました。下津―初島紀伊宮原―御坊西九条摂津富田―高槻(車内)お題で訴求したように、ハードルが低いはずの阪和線、今更ながら関西空港線を除いて完乗しました。これまで和歌山を経由するのに、アナロ... [続きを読む]
  • あずさ50周年with201系編
  • 臨時特急の場では健在でありながら、とうとうこの列車名誕生から50年がたちました。当形式には40年選手がいますが、まだ引退の気配を感じさせません。201系がいる限り、記録を続けてまいります。後追いは曇り気味で逆光を回避、前撃ちは少々晴れて背景はまずまず... [続きを読む]
  • 初夏のマルーン補給
  • 直通特急が乗り入れる季節で最も夕方が遅い5月、思わぬ日影が帳消しになるほど山脈美しかったです。松尾大社―上桂迫る来るシャドーに耐え切れず機転して後追い、シールドビームの反射で後追いと判別できない良好さです。上桂―松尾大社でも8000系以... [続きを読む]
  • 5006F 本線時代
  • 本線設計の5000系が支線に流れてくる時代、数年後には今津線に主力になりそうです。日中に前照灯を光らせ、先に支線デビューした5004の8Rとすれ違います。御影武庫之荘岡本西宮北口春日野道HID化の猛威で意気消沈した割には... [続きを読む]
  • 森 ノ 宮
  • 今は亡き、森ノ宮行き。所属区の行先表示、レア所か定期では数年前に消滅しました。その頃は森ノ宮到着後、大阪城公園一駅通過して折り返し入庫、中央線で例えますと一日一本の国分寺回送を連想させるようなものでもありました。芦原橋―今宮天王寺... [続きを読む]
  • 国鉄車の区間快速
  • ゛区間快速”と検索すると目的違い、東の東武の方が上位に入るという煩雑さが思い出深いです。そんな201系と103系が担っていた区間快速は近代化(221化)されてから半年が過ぎたこともあって、検索キーワードとしての需要が下がることでしょう。桜ノ宮玉... [続きを読む]
  • ピンク色のトンネル
  • 遠征先から作りかけの記事に、作りかけの作品集、本日も遡行モードでまいります。近年の晴天率はゼロですが、満開の季節ですので、載せない訳にはまいりません。奈良―佐保信桜ノ宮―京橋京橋―桜ノ宮桜ノ宮玉造金橋―高田... [続きを読む]
  • 客レ 201系
  • 体調崩したりして、停滞気味だった投稿も2週間以上空いてしました。去年10月の運用変更で奈良乗り入れが転削目的の週1回しかなくったのが大きく、それ以来201系はまともに撮影していません。主題であるはずの201系離れが進んでいましたので、今回は客車列車で... [続きを読む]
  • 白坊主の記録
  • ダイヤ改正を境に用途消滅となりましたが、よく今年まで延命してくれたと思います。緋牛内―端野遠征始めた途端、予備に回るなどしてもどしかったですが、最後は向こうから近づいてくれました。愛し野―柏陽雪の海を泳ぐように、余命まで1週間しかな... [続きを読む]
  • 抜海丘陵にて
  • 特急サロベツは17年の歴史の中でスラントノーズが入ったのは僅か1年、あっという間でした。南稚内―抜海南稚内―抜海南稚内―抜海南稚内―抜海宗谷丘陵からキハ183を捉えたい一心で、歩道が根雪で埋まるオロロンラインを歩いて通いました... [続きを読む]