enelooper さん プロフィール

  •  
enelooperさん: 久保田 里山を歩く会
ハンドル名enelooper さん
ブログタイトル久保田 里山を歩く会
ブログURLhttp://satoyamawk.exblog.jp/
サイト紹介文千葉県袖ケ浦市の里山を拠点にイベント開催や農作業、林道整備を通して自然に親しむ会のブログです。
自由文今年も引き続き、千葉大学園芸学部の学生さんと連携した荒廃した里山再生プロジェクトを計画中。
約1年をかけて雑木林の中に侵入した竹を間伐し、生物多様性あふれる里山の復活を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/07/07 21:21

enelooper さんのブログ記事

  • サトイモの植え付け
  • 地元の方のご厚意で貸していただいた台地上の畑でサトイモの植え付けを行いました。まずは冬の間地面深くに埋めていた種イモの掘り出し。これも昨年譲っていただいたもの。畝を2本作って種芋を植え付けていきます。サトイモの作付けは初めてなので、収穫の時期が楽しみですね。畑の端では遅めのフキノトウが顔を出していました。 [続きを読む]
  • 春の里山散策&甘酒を味わう
  • 春の里山散策に会員も含め約30名の方が参加されました。果樹園では甘酒が用意され、一行の疲れを癒します。まだ、寒い日が続きますが、里山には春を告げる可憐な花が咲いています。新築(?)した休憩小屋(竹の屋根のみ)で一休み美味しい甘酒をどうぞby 山下 [続きを読む]
  • 春の里山散策&甘酒を味わう
  • 春の里山散策に会員も含め約30名の方が参加されました。果樹園では甘酒が用意され、一行の疲れを癒します。まだ、寒い日が続きますが、里山には春を告げる可憐な花が咲いています。新築(?)した休憩小屋(竹の屋根のみ)で一休み美味しい甘酒をどうぞby 山下 [続きを読む]
  • 梅園に香り漂う
  • 2月5日 記寒暖の差が激しいですが、里山の果樹園では早咲きの梅の木が満開となっています。2月末まで楽しめます。鎌倉街道入口の河津桜も蕾(つぼみ)がほころび始めています。地元の農家からお借りした畑の土起こしも進んでいます。サトイモを植える予定です。by 山下 [続きを読む]
  • 里山から春便り
  • 新年が明け、寒い日が続いていますが、里山には春の便りが届いています。果樹園では梅の花も咲き始めました。剪定がまだ終わっていない木もあるため、作業を急いでいます。散歩道の水仙も香りの良い花を咲かせています。by 山下 [続きを読む]
  • 紅葉前線の終着駅
  • 2016年の紅葉も千葉県南部の平地まで下りてきてまもなく終わりを迎えます。ここ袖ケ浦市久保田の里山は12月最初の一週目が紅葉の見ごろ。この山では本当の「里山」だったころの名残で、薪などに利用されていたコナラの木々が健在。そのコナラが色付き今週末3日、4日あたりがちょうど紅葉のピークに。観光地の紅葉にはかないませんが、紅葉前線の終着地点を見に足を運んでみてはいか... [続きを読む]
  • イノシシ山を歩く!?
  • 里山を歩く会主催のウォーキングイベントが本日開催されました。小春日和で天気も良く意気揚々とスタートしたのですが・・・まずは平成通り東側のスカイツリーが見える丘を目指して出発、しかしいきなり思わぬ落とし物を発見!それはイノシシのフン。続いて先導役のWさんが「あそこにイノシシがいる!」の声。その後も道沿いには足跡や鼻で地面を掘り返した跡が次々と。東隣の... [続きを読む]
  • 秋の里山散策(健康生き生き塾)
  • 10月26日(水)、長浦公民館主催の「健康生き生き塾」が開催され、里山散策が行われました。「里山を歩く会」もスタッフとして5名が協力参加いたしました。この日は汗ばむ陽気でしたが、一行は2時間半のコースを元気に歩き通しました。里山を歩く会からのお知らせ秋の里山散策を下記日程で行います。日時:11月13日(日)9時〜    (雨天中止)集合:浜宿団地自治会... [続きを読む]
  • イノシシ捕獲
  • 久保田周辺の山林にはイノシシが出没しています。各所に罠が設置されていますが、そのうちの一つにイノシシが入っていました。平成通りの南側の山林の罠です。まだ、つかまって間もないようで、近づくと威嚇してきます。周辺でイノシシが出るという話は聞いていましたが、実際に遭遇したのは初めてです。by 山下 [続きを読む]
  • ノウサギのこと
  • 今日の朝日新聞夕刊に「ノウサギ減りし里山 草地残し、保護目指す」という記事が掲載されていました。http://www.asahi.com/articles/DA3S12578599.html内容は里山に人の手が入らなくなった結果、森林や藪が増えてエサとなる草地が減り、1970年には100万羽あった捕獲数が現在では1万羽程度に激減し、地域によっては絶滅の危機にあるとのこと。久保田の里... [続きを読む]
  • 野生のラン、過去最多
  • 野性のラン、キンランとギンラン。1990年代から急激に数を減らし環境省のレッドリストで、絶滅危惧Ⅱ類に分類されている貴重な花です。久保田の里山では今年も生息株数の調査を行い、結果はキンラン26株、ギンラン8株でした。2012年の調査ではキンラン13株以上、ギンラン1株だったので大幅に増えている事が確認できました。生息株数が増えているのは、2010年より定期的に... [続きを読む]
  • 浜でないのにハマダイコン
  • 春の花を撮ろうと久しぶりに足を踏み入れた里山。帰り際歩いていると、目立つ白い花の群落が視界に飛び込んできました。場所は谷津田跡のあぜ道を舗装した「貝殻のこみち」途中の「木登りの樹」に面した広場です。近づいてよく見るとなんと海浜植物のハマダイコン(アブラナ科)ではありませんか!なぜ山の中に海辺の植物が根付いているのか一瞬よくわかりませんでしたが、場所を考えると納... [続きを読む]
  • 新緑がまぶしい
  • 新緑が目にまぶしい季節となりました。これから日に日に緑が濃くなっていきます。ウグイスの声を聞きながら、散策を楽しんでいます。by 山下↓↓↓↓1 は活動の力になります!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 春爛漫の里山
  • 4月10日(日)、汗ばむ陽気の中、里山を散策正福寺へ続く道の途中の三本桜は、花が舞っています。梅の木にも実が付き、6月の収穫が今から楽しみです。山イチゴも可憐な花を咲かせています。黄色の甘い実がなります。果樹園の畑のジャガイモも元気に葉を広げています。今日は土寄せを実施。by 山下にほんブログ村 [続きを読む]
  • 春の里山を散策
  • 3月13日(日)、里山を歩く会の恒例行事で、春の里山散策が行われました。曇り空で気温も上がりませんでしたが、梅林では熱々の甘酒が用意されました。梅の花はほぼ終わりでしたが、菜の花は見頃でした。by 山下 [続きを読む]
  • NAGAXウォーキングの部に協力
  • 長浦地区総合型スポーツクラブ(NAGAX)のウォーキングの部は毎年久保田地区の里山を歩く事が恒例になっています。里山を歩く会メンバーが道案内役になり、会場の長浦公民館を出発、さつき台を抜けて山道に入り約2時間をかけてウォーキングを楽しみました。当日は気温15度程度と、この時期としては温かい陽気。軽く汗をかきながら、春の足音が聞こえる里山の景色に親しんでくれたのではと思いま... [続きを読む]
  • 里山植物図鑑づくり
  • こんにちは、千葉大学の古川です。さて、今日は私が取り組んでいることについて書きたいと思います。現在、私は活動当初より撮りためていた里山の植物の写真を使って、簡単な植物図鑑のようなものを作成しているところです。まだ、製作中ですが、少し紹介させていただきます。こんなふうに、里山に生えている草花を紹介した冊子を作っています。次回の作業日に完成させたものを... [続きを読む]
  • クラウドファンディングに挑戦します!
  • 「里山保全の写真集を図書館へ、次世代に里山の姿を伝えたい!」  里山を歩く会は2000年に市内の有志が集まって誕生し、今年で設立17年目をむかえました。里山を歩く会は地域に貢献した団体に贈られる新日鐵「クローバー賞」のほか袖ケ浦市景観まちづくり賞「大賞」・「まなび賞」を受賞するなど、地道な活動が地域の内外で認められてきました。  しかし近年、会員の高齢化が進み、里山の維持... [続きを読む]