ゴーダイ さん プロフィール

  •  
ゴーダイさん: HEAVEN INSITE's Blog
ハンドル名ゴーダイ さん
ブログタイトルHEAVEN INSITE's Blog
ブログURLhttp://dario.gloomy.jp/tt/blog/
サイト紹介文オリジナル漫画を描いているゴーダイのブログです。主に恐竜、生物学に興味があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2010/07/08 14:24

ゴーダイ さんのブログ記事

  • 異文化理解覚え書き③
  •  今回は主に18世紀。つーか、英語の本でスペイン継承戦争を読むと、チャールズもカルロスもカールもみんな表記がCharlesなので、どの勢力のCharlesなのかがごっちゃになって、要読解力(´;ω;`) 本国の人は同じスペルでどうやって区別しているのだろうか・・・「チャールズのいとこのチャールズが」とかいきなり出てきて、分裂した!!??って初見では狼狽したものよ。参考文献:Antonia Cunningham, Essential British Hist [続きを読む]
  • 異文化理解覚え書き②
  •  戦慄!テキストが全て英語・・・! 当たり前か・・・英語の単位だもんな。つーことで適当に翻訳。歴史の本としては結構記述がシンプルだったので(反乱したけど負けちゃいました、おしまい、みたいな)、他の歴史の本で、もうちょっと詳しく調べて追加した箇所もあります。参考文献:Antonia Cunningham, Essential British History : key dates, facts & people summarized※洋書の場合はタイトルを『』で挟まず、そのままイタ [続きを読む]
  • 中学3年生英語覚え書き
  •  中3では現在完了形や関係代名詞など、主に日本語には存在しない文章表現を扱う。したがって日本語でもよく使う受動態は中2のラストで取り上げることも多い。受動態(難易度☆☆☆)動作の受け手が主語になる文章のこと。テキストによっては中2のラストで出てくる。主語+be動詞+過去分詞形能動態(ペテロが主語)Peter uses the key.(ペテロはその鍵を使います)↓受動態(鍵が主語に)The key is used Peter.(その鍵はペ [続きを読む]
  • 上野への旅(浅草付き)
  •  久しぶりに上野〜浅草で遊んできました。 意外とでかいキチノスケ。その大きな背中は髑髏島の巨神のようだ。 こんなんやってたり こんなんやってたりしたけど せっかくだから、俺はこの黒の扉を選ぶぜ! ってことで国立西洋美術館にしました。学生以来。改めて見ると、ルネサンス、マニエリスム、バロックあたりがすごい充実。さすが松方コレクション! ほいでおまけの特別展示でデンマークの風俗画も見てきたんだけど、デ [続きを読む]
  • 中学2年生英語覚え書き②
  •  英語の勉強が煮詰まったので、タイムラインで絶賛しか聞こえてこない点が逆にマイン・オブ・ランド臭い『キングコング: 髑髏島の巨神』を鑑賞。 案の定ダメだった!!怪獣映画…つーかレジェンダリーの映画がダメだ。こいつらの作った映画で面白かったの一つもないもん(^_^;) 笑っちゃうくらい展開がワンパターンで退屈。ただ勉強の気分転換にはなった。作る方もそんな感じで作ってそうだしな。どこかの誰かが言ってて、つーか [続きを読む]
  • 中学2年生英語覚え書き①
  •  一気にボリュームがアップした感じがする。 過去形はまだしも、似通っててごっちゃになる助動詞、言葉の意味すらよくわからない不定詞、そして比較級・・・次から次へとキミに牙をむく!生き残れ!参考文献:数研出版編集部編『とけた!がふえる やさしい中2英語』be動詞過去形(難易度☆)amとisはwasareはwereに置き換えればOK。否定文と疑問文もルールは現在形と全く同じ。過去進行形(難易度☆)「〜していました」という [続きを読む]
  • 中学1年生英語覚え書き
  •  ・・・恐ろしい。この段階ですでに難しい。 英語の何が難しいってさ、ひとつのルールを教えたら、すぐにそれを覆す例外がカルマのように出てくるじゃん。 結局のところ言葉なんてのはテケトーってことの証明なんだけど、その部分を定期テストや入試ではある種のトラップとして出題するのが性根が腐ってやがるというかさ。 こんな難解なルールを12歳の子どもに教えてるなんて・・・あいつら、ついこないだまでランドセル背負っ [続きを読む]
  • ヒトラーの忘れもの
  •  「面白い度☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆ 緊張感☆☆☆☆☆」 約束したんだ。終わったら家に返すと。 デンマークにナチスが埋めていった220万個の地雷を、戦後、ドイツ少年兵に撤去させるという、地獄の黒ひげ危機一髪を描く、近年稀に見る大人はクソ映画。 やつらはもっともらしい綺麗事を言うのだけは上手いけど、結局は自己保身や利権のことしか考えてないからね。 協調性が大切とか言いながら、やつらがやってきたことはフ [続きを読む]
  • 異文化理解覚え書き
  •  ・・・これは社会の勉強だと思う。※2017年2回目。ハドリアヌスの壁(Hadrian’s Wall)イギリス版の万里の長城であると共にローマ帝国の国境の最北端でもある。『テルマエ・ロマエ』の市村正親が作った。もう少し詳しく言うと、グレートブリテン島(ブリタニア)にまで領土を拡大させたローマ帝国が、スコットランドからのケルト人(カレドニア人=スコットランド人)の襲来に備えて建設した。122年に工事が開始。10年の年月を [続きを読む]
  • 松任谷タカヒロ試乗レポート
  •  車を買いました。HEAVENインサイト!!  HONDAのサイトより。 以下試乗した感想。・ハイブリッドカーだから、燃料ゲージほんとに全然減らない。・ナビの操作音が『デザーテッド・アイランド』の功績ポイントを振り分ける音と一緒。これは嬉しいポイントですな。・車高が高い代車に乗っていたからか、車高が低くてなんか酔う。ゴーカートみたい。 ・・・うお!車に興味がないから3行くらいで終わった!! でも本当に車高が [続きを読む]
  • 化学実験覚え書き
  •  立派な中年になりました。(33)祝え!(´;ω;`) 大学近くのネットカフェが潰れたから、なかなか記事をアップできなかったんだけど、先月末に最後のスクーリングであるケミカル実験に行ってきたのです。 案の定、神様のような教授でした。この先生は昨年の面接試験での面接官で、その時からお世話になっていたんですが、面接時すごい意気投合して、地学実験の時に通りがかった時もお互い顔を覚えていたという。 な〜んで私 [続きを読む]
  • 英米文学覚え書き②
  •  ・・・これは社会の勉強だと思う。 そういえば、この前車検だったんだけど、5年間乗り倒したラパンがとうとうペッパーになっちゃって、車を買い換えるハメに。個人的には、ミニクーパー(ミスター・ビーン)とかベンツのMクラス(エディ・カー)がいいんだけど、外車は壊れやすいし部品代も高くつくらしいので、国産車にしました(現時点ではプリウスとかアクアのいわゆるハイブリッドカーを考えています)。 つーか、トラン [続きを読む]
  • 英語学概論覚え書き⑤
  •  第5回は、英語の方言(ダイアレクトdialect)について。大きく分けると、地域方言(リージョナル・ダイアレクト)と、社会方言(ソーシャル・ダイアレクト)の二種類がある。参考文献:長谷川瑞穂著『はじめての英語学』地域方言地域による言葉の変種。ちなみに方言とよく似た言葉になまりがあるが、方言が文法や語彙の違いを指すのに対して、なまりは発音の違いを指す。①スコットランドの方言notの代わりにnoやnaeを使う。He [続きを読む]
  • 英語学概論覚え書き④
  •  第4回目は、英文法について。そういやSVOCとか最後まで謎だったな・・・ スヴォク!!(シャザム的に)参考文献:長谷川瑞穂著『はじめての英語学』統語構造(syntactic structure)シンタクティック・ストラクチャー。文章における規則的な配列構造のこと。文章を構成する単語はただ横一列に並んでいるのではなく、その結び付きには強弱がある。だが、時としてそのプライオリティがよくわからない場合がある。以下の文章がそ [続きを読む]
  • 英語学概論覚え書き③
  •  第3回目は、英単語と英文法について。そういやSVOCとか最後まで謎だったな・・・ スヴォク!!(シャザム的に)参考文献:長谷川瑞穂著『はじめての英語学』形態素ことばにおける「意味を持った最小の形式」を形態素という。形態素は大きく二つに分けられ、poiceやcarのようにそれだけで単語になるものを自由形態素、edのようにそれだけでは単語になれず他の形態素に付随するものを拘束形態素という。さらに、拘束形態素は〜ed [続きを読む]
  • 英米文学覚え書き
  •  ちょっと臨時に置いておきます。そのうち追加&訂正。参考文献:板橋好枝・高橋賢一編著『はじめて学ぶアメリカ文学史』アメリカン・ドリーム古代ギリシャのアトランティス伝説以来、西方はヨーロッパ人にとっての黄金郷であり、17世紀に大西洋を渡った移民にとってもアメリカの新大陸は理想郷だった。新大陸は旧大陸の封建制による圧迫のもとで果たせなかった理想、願望の実現の場となった。アメリカンドリームは自由、平等、機 [続きを読む]
  • 英語学概論覚え書き②
  •  Hello, everyone!come on!join us!why not ECC?(I'm just saying.) というわけで、第2回は英語辞書に載っている謎のルーン発音記号について。イギリスの連中、こんなに微妙な音を聞き分けてんだな。英語の先生曰くhomeの「ホーム」はネイティブ的には「ホゥム(ho?m)」らしいよ。音素「いらっしゃい」と言ったとき、最初の「い」と最後の「い」は微妙に異なった音(最後の「い」は実際はかなり「え」に近い音)が出ている [続きを読む]
  • 英語学概論覚え書き
  •  ハローエヴリワン!ついに本ブログに新カテゴリー「語学」が登場だ!カモン、ジョインアス!ホワイノットECC?(言いたいだけ) しかし、ジュニアハイの英語も怪しい私がユニバーシティの英語の単位取れるのかなって思ってたんだけど、ユニバーシティの英語ってなんとまあ、ほぼ社会。 世界地理や世界史の知識があると、わりと有利にレポートが書けてしまうという・・・嬉しいけど、おそらくこれ、求めているような英語力つか [続きを読む]
  • 奇蹟がくれた数式
  •  「面白い度☆☆☆☆☆ 好き度☆☆☆☆☆」 大きな数字には慣れている。  去年からずっと観たかった、代数学ガチ勢シネマをついに鑑賞!!いや〜「シネマテークたかさき」っていう映画館しかこの辺ではやってなくて、北関東自動車道をドライヴンして行ってきたんだけど、この映画館、すごい雰囲気が素敵。 めっちゃ商店街の中にあって、古きよき昭和の小劇場感半端ねえ。上映作品も『92歳のパリジェンヌ』とかいぶし銀なやつ [続きを読む]
  • 2017年の抱負
  •  元日っすね〜。 こんばんは。今年もよろしくお願いします。昨年のいまごろはバリバリ元気に天文学とか勉強していた気がするんですが、今年はいきなりの体調不良で不穏な空気が漂っています。 さて、理科や数学が宣言通り大晦日までにすべて片付いたのでスッキリした半面、再び目標を見失ったわけで、いや、じゃあ、漫画とかの続き描けばいいじゃんって感じなんだけど、描く描く詐欺を初めて早三年。感覚とか取り戻すのに大変な [続きを読む]
  • 歴代閣下覚え書き
  •  大晦日っすね〜。 今年最大のニュースといえば、なんといっても素人がアメリカの大統領になっちゃったことだろう。過去の発言をさかのぼってくれればわかるけど、私はこの結果をわりと早いうちに予見してたんだよな。トランプさんって良くも悪くも時代を象徴する人じゃん。貴様らの心にトランプがいる限り、オレはいつでも蘇る!みたいな。 ということで、アメリカの動きにこれまで以上に目が離せません!戦後の日本はとにかく [続きを読む]
  • 地学実験覚え書き②
  •  こんばんは。2016年も終わりですね。思い返せばろくな年じゃなかったから、とっとと過ぎ去って欲しい。いい事といえば、数学の単位がほとんど優で取れたのくらいだな。あと真田丸が楽しかった。おわり。 ちなみに裕仁さんの誕生日に、三浦半島の城ヶ島でフィールド調査をしてきたので、そのレポートを抜粋して掲載します。この巡検に関しては、リアルデザーテッドアイランドみたくてちょっと面白かった。攻略サイトみたいなマッ [続きを読む]
  • 地学実験覚え書き
  • お久しぶりです&おはようございます。今日中に以下の石ころをすべて判別できるようにというミッション・インポッシブルが下されました。マジで覚え書き。堆積岩大気や水の風化侵食運搬体積作用でできる岩石。砕屑岩ポイント:粒の角が河川の運搬によって削られて丸い。①礫岩粒の大きさが2ミリ以上。②砂岩粒の大きさが2ミリ未満〜1/16ミリ以上。石英が砕けた粒(珪岩)をたくさん含むものはグレイワッケと呼ばれる。③泥岩粒 [続きを読む]
  • この世界の片隅に
  •  「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆☆」 警報もう飽きた。 観る予定どころか、その存在すら知らなかったけど、最近(ネットだけで)やたらめったら超大絶賛されているから、高崎まで行って鑑賞したアニメ映画。ちなみに『アイアン・スカイ』みたいにクラウドファンディングで製作されたらしい。で、おれ見た。別にフツーだった。君ら大げさ。 つーか、みんなが大絶賛するような作品って大きく2パターンあって、①そもそも作品のジ [続きを読む]
  • 数学科教育法覚え書き②
  • 数学の4領域中学校の数学教育の四天王的なジャンル。全領域においては、言語活動の充実を踏まえて、自分が表現した数式やグラフから読み取ったことを相手に説明したり伝え合ったりする力を養う。「A数と式」数量の関係や法則などを文字を用いた式に表現したり、その意味を読み取ったりする能力を培う。また、文字を用いた式で数量や数量の関係をとらえ説明できることや、目的に応じて簡単な式を変形したり、その意味を読み取った [続きを読む]