ももいろウサコ さん プロフィール

  •  
ももいろウサコさん: 作るの大好き
ハンドル名ももいろウサコ さん
ブログタイトル作るの大好き
ブログURLhttp://atsusan.exblog.jp
サイト紹介文転勤族の旦那様とチビちゃん2人との日々。 作る事と、ウサギとマトリョーシカが大好き
自由文編み物・洋裁・エコクラフト・消しゴムはんこ等など、作ることが大好きな ももいろウサコです。
良かったら遊びに来てくださいね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/07/08 21:17

ももいろウサコ さんのブログ記事

  • 彫り彫り…
  • ひたすら彫ってます…。彫り彫り彫り…φ(..)土台は負傷しているルクジューさん。この子は残念ながら、部分的に乾燥しきれず、型彫りの土台としては使えない柔らかい所が出来てしまった負傷ルクジュー。でも、他のところは上等(沖縄では良いものや、良いことをジョートーと言います。岐阜では喧嘩上等くらいしか聞かなかったような…(笑))なので、今回の型彫りから出番と相成りました。油から出た... [続きを読む]
  • 型彫り中(´∀`)/
  • 安心してください。高度技術者課程終わっても燃え尽きてはいませんよ(´∀`)現在パワーアップすべく和裁も習得中!少ない脳みそをフル回転です。先月はデザインに追われ、GWを過ぎてようやく型彫にはいりました。そう、型紙無くては紅型染めれぬ・・・あ、筒描きを除くwなにが出来上がるかは、乞うご期待!!!------------------------------------------... [続きを読む]
  • 予想以上の大石林山
  • 前から気にはなっていたけど行けてなかった大石林山に行って来ました。沖縄に数あるスピリチュアルスポットの中でも有名な拝所で、神聖な場所。ありがたや。色んな形の岩の中でも特徴的な形の岩には名前がつけられていて、この猫岩は本当に猫が座っているみたいでビックリ♪これはライオンキング♪名前は少し違ったかも…ライオン岩?でも、ほんと、ライオンに見えるー!幻の花と言われているイルカンダの... [続きを読む]
  • 新相棒♪くまの社長さま
  • やっと息子くんに頼まれていた熊を仕上げましたー♪(^∇^)まずは前から。筒描きといって絞り袋に入れた糊を絞り出して描いたラインが白色の部分になります。他の色の部分は顔料と染料で染めています。魚のネクタイがポイント >゜)))彡背中には古典のボタンと息子くんの名前を入れました。手はくっつくようになってて、JK憧れの後ろハグをしてくれるんだなー♪用途としては、背もたれ縫いぐるみ…... [続きを読む]
  • ありがとう…(о´∀`о)ティータイム
  • いい子に育ったもんだ…鳶が鷹を産むってやつです。ここ数日、仕事に追われている私を思ってか娘さんが屋上ティーパーティーを開いてくれました手作りスコーンを焼いて、ダージリンティーを入れて。中2に進級した娘がすっかり大人びて見えましたしかもおいしかった。お陰さまで気分転換ができましたよー沖縄は陽射しが春…というより夏になりつつある感じで、屋上の花達も咲き始めています。ジャスミ... [続きを読む]
  • 琉球びんがた×porter 2017
  • ついに発売されましたね♪今年のporter。昨年のトートバッグ3サイズ(大中小)に今年はリュックが加わり4種類展開。また、今年から琉球絣も加わり、琉球びんがた+首里織+南風原絣と工芸ラインナップも強化♪ 「RYUKYU×PORTER」の第3弾♪♪♪リュックは前にいた工房、やふそ紅型工房の生地を使ってます( ^∀^)価格(税込み)はリュックが2万430... [続きを読む]
  • 新垣妙子紅型遺作展
  • パレットくもじ那覇市民ギャラリーにて、故新垣妙子さんのびんがた展が開催されています。私が修了した平成24年度後継者育成事業研修は先生が受け持った最後の年となり、昨年の7月に惜しまれながら他界されました。教えていただけた私達はとても幸運で、しっかり伝承していかなければと感じています。あまり前に出るのが好きな方ではないので、なかなか多くの作品を一堂に目にする機会はありませんでしたが、今... [続きを読む]
  • 琉球びんがた工房ちゅらり 始動開始(^∇^)
  • 独立1日目の朝。あいにくの雨模様だけど、草花は嬉しそう♪八重咲きのカランコエが花をつけはじめ、沖縄の夏を心待ちにしているようです。工芸振興センターで染めた暖簾に付け替えて、気分一新( ^∀^)さあ♪染めますよぉー仕事の前に息子用の熊さん仕上げなきゃ…微妙に邪魔( ´△`)娘に振袖染めた代償の熊が出来る日はちかい…はず。(笑)ねこさまの試し染めは子供部屋カーテンになりました [続きを読む]
  • 筒描きでびんがたカンタービレ
  • 筒描きとは、型紙を使わない もうひとつのびんがたです。糊筒に防染糊を入れて、絞り出しながらフリーハンドで図案を描きます。自由度が高く、おおらかなラインが出せるメリットがあり、大きな布にもダイナミックに表現が可能になります。まさに歌うように表現できる筒描きカンタービレ♪♪♪仕事の合間に琉球びんがた工房 ちゅらりの看板猫を試し染め。 [続きを読む]
  • 無事 工芸振興センターの修了式♪
  • 沖縄県工芸振興センター 高度工芸技術者研修(びんがた)本日 無事に修了しました一年間が本当に短く、濃く、贅沢な時間でした。ちなみに私は左から三番目(´∀`)真ん中が先生♪工房で学んだこと、ここで学んだことを土台にしっかり工芸を継承していきたいと思います。研修中、何度か開いて頂いたバーベキュー会も最後となりました。さすが工芸関係者、彩りきれい♪目もおなかも大満足です♪ピザ... [続きを読む]
  • センター卒業まであと一週間。
  • 工芸振興センター修了式まで1週間ほどとなりました。せっかく広い作業場が使えるので最後まで色々つくりますよ(´∀`)息子君のリクエストのクマさん作成中。糊を落とす作業、水元(みずもと)をしています。紅型は型染ですが、紅型のなかでも型紙を使わない筒描きという技法で染めています。フリーハンドで描くので、よりおおらかでダイナミックな作品を作ることが可能になります。出来上がったら... [続きを読む]
  • 工芸振興センター展 無事終了しました。
  • 4日間にわたって開催された工芸振興センター展ちゃっかり テープカット(´∀`)この日の為に 皆さんにお見せして恥ずかしくない作品を作るために 日々を積み重ねてきました。染・織・木工・漆、そして金工、縫製、価値創造塾生の皆さん・・・自分の作品以外は著作権があるので掲載できないのが残念ですが、手仕事の力強さ、感じました。本当にお疲れ様でした。いい刺激いただきました。そして、想像... [続きを読む]
  • 「杜の賑わい」に合わせた太鼓帯彫り中♪
  • 今月16日から始まるセンター展で展示する着物「杜の賑わい」白地型 地染め上の着物に合う帯を…と思い、センターで過ごせる残り1ヶ月を使って太鼓帯作成中。藍の配色にする予定♪センター展にはこの帯は飾らないと思いますが、是非見に来てくださいねー♪**********************************沖縄県工芸振興センター展2月16日〜19日まで。... [続きを読む]
  • 振袖の地染め
  • 分かりにくいのですが、全ての柄を糊で伏せてあります。隈が終わったら、地染めの色を入れたくない所に蓋をするように糊で伏せる作業、「びんうし」をします。正直、大変でしたー( ̄0 ̄;)4色に色分けしたので、境界線にドキドキでした。やらなきゃ分からない技術的な反省点もあり、とても勉強になりました。もう一回染めたいなあ♪ [続きを読む]
  • 振袖の隈取り
  • 全ての配色が終わり、隈取りをしています。歌舞伎の隈取りや、女性のお化粧と同じで、立体感や深みがでます。配色の色の一色濃いものだけでなく、黄色に赤い隈をとり華やかな印象にしたり、ピンクに緑の隈をとって落ち着かせたりする効果もあります。隈次第で印象がガラリと変わるので、面白くもあり、難しくもあり…。奥深いです。 [続きを読む]
  • 振袖の配色
  • 配色してます。文字のごとく、色を配ります。基本的に明るく淡い色からさしていき、黒などは最後にいれます。びんがたには、基本色がありますが、色目は各工房によって違います。明るめだったり、暗めだったり、渋めだったり。工房出身者は、修行した工房の色目に近いことが多く、この人はあそこの工房出身じゃない?なんて言葉が展示会などでは聞こえてきたりします。私も屋冨祖先生の色目を忘れず、自分らし... [続きを読む]
  • 振袖の型おき
  • 振袖の型おきしました。今回の型紙は、染地型といって、地色を染めることで外側の輪郭が出てくる型紙。柄の青いラインは糊の線。だから、そこは染まらない…という感じです。染める時に糊のラインから出ると、地の色が濁るので、気を使います。配色楽しみっ♪因に画像は袖下の柄です。 [続きを読む]
  • 琉球びんがた事業協同組合 設立40周年記念組合展
  • 祝!40周年。日時 平成29年2月9日(木)~12日(日)10時から18時まで会場は沖縄県立博物館・美術館で無料です。今年の組合展は特別展示ということで、例年に増し見応えのある内容になっています。長年びんがたに携わっていらした先生方の作品が一同に観られるチャンス、是非ご覧下さい。びんがたの体験もありますよ。後継者育成事業出身ということで、おそれ多くも私の帯も飾らせてもらっ... [続きを読む]
  • 鯛でめでたいマヤー様
  • もういっちょ。まだ正月気分なので、招き猫。こちらは、コロン猫より大きめ。額にしようと思います♪販売はまた別のサイトを準備中なので、出来次第お知らせします(*^_^*)「鯛でめでたいマヤー様」沖縄では、猫のことをマヤー、犬のことをインと言います。ちなみににヤギをヒージャー、蝉をサンサナー、蚊をガジャン、ゴッキーをトービーラー…動物から昆虫にかわってるやーん(;´д`)生活... [続きを読む]
  • 型紙なくては型染めはできぬ
  • びんがたは型染めに分類される染め物です。型紙なくては始まらぬ?ということで、今回は型紙の話。まず薄紙に下絵を描きます。次に、それを洋渋紙に貼ります。昔は柿渋を塗った和紙を幾重にもした渋紙を使っていたのですが、今は扱いやすく、丈夫な洋渋紙を使うのが主流です。突き彫りで彫りこんで薄紙を剥がすとこんな感じ。今回は染地型といって、地染め(生地全体を染料で染める)しないと柄の輪郭が出ない... [続きを読む]
  • 道具のお話 Part2 彫る刃物、シーグさん
  • 「シーグ」といいます。型紙を彫るのに使います。例えば、カッターで紙を切るときは、上から下に、もしくは左から右へ(右利き)切りますよね?びんがたの型彫りは引かないんです。下から上に向かって彫ります。しかも、高速にテンテンテンテン…。点をつないで彫る突き彫りをします。それを可能にするのが、この「シーグ」。刃にくびれがあります。私にはないのに…。(笑)この刃も、持ち手も自分で作... [続きを読む]