プーちゃん さん プロフィール

  •  
プーちゃんさん: いつか迎えに来てくれる日まで
ハンドル名プーちゃん さん
ブログタイトルいつか迎えに来てくれる日まで
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/youchan1201/
サイト紹介文たった一人の家族、最愛の妻を癌で喪った。独り遺された男やもめが、暗闇の中でもがき続ける日々の日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供337回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2010/07/09 15:46

プーちゃん さんのブログ記事

  • 少しは生きやすくなると思うんだ。
  • かみさんが死んじゃった。あの日、俺の心の中に、大きな穴がポッカリ開いた。俺の心と身体の半分が削ぎ落とされた。今でも俺は、失った半身を探しているけれど、欠落した「何か」は見つからない。たぶん、その「何か」は永遠に見つからないだろう。俺は死ぬまでの間、大きな穴とともに生きていかなきゃならないんだろう。いっぱい泣いた。運命を憎んだ。余生に絶望した。何度も後追いを考えた。死別の「二次被害」は嫌と言うほど味 [続きを読む]
  • かみさんの癒し
  • ここ数週間、俺はメチャクチャ落ちていた。とても哀しくて、あまりにも寂しい。薬を飲んでも「鬱」から這い上がることができず、孤独感、不安感に耐えられない。生きてることがバカバカしくて、死にたくもなる。かみさんが亡くなってから、俺は何度も同じような体験をしてきた。だが、歯を食いしばって堪えていると、必ず救いの手を差し伸べてくれる人がいる。それは、かみさんだ。・・・8月22日の未明。俺は夢を見た。俺は何もな [続きを読む]
  • 哀しみに蝕まれる。
  • わずかな安息を求めて眠りに就いてはみたけれど、目覚めてみたら、やっぱり悪夢だった。周囲を見回してみても、容ちゃんはいなかった。神経を研ぎ澄ませてみたが、容ちゃんの気配は感じなかった。真っ暗闇で、静まり返った家の中。すべてが静止していた。「この世界の中で、俺は本当に独りぼっちなんだ」俺はボンヤリとした意識と、鉛のように重たい身体を引きずって、かみさんの仏前に座り、線香を手向けた。ふと、「もう二度と、 [続きを読む]
  • 複雑性悲嘆 (9) 〜眠りに逃げる〜
  • 頭の中がカラッポだった。何にも考えられないし、何にも思い浮かんでこなかった。ただただボンヤリしていた。目の焦点が合わず、俺は虚空を見つめていた。音は聞こえてくるけれど、俺は聴いてはいなかった。重力が疎ましくて、身体を動かす気力もなかった。心はとても深く沈んでいるくせに、ザワザワしてもいた。苦しい。あまりにも苦しい。苦しくて苦しくて、居たたまれない。今ここから逃げ出したい。今ここではない何処かに逃げ [続きを読む]
  • 週末の慟哭
  • 平日はほとんど泣くことがない。全身がダルくて仕方がないし、疲労感はハンパじゃないし、悲しくて、寂しくて、虚しくて、どうしようもないけれど、それでも俺は、平日には泣かない。死にたくなったりもするけれど、それでも俺は、決して泣かない。たぶん平日は、緊張しているんだろう。明日も会社に行かなきゃいけないんだ…と思うから、心も身体も張り詰めているんだろう。・・・金曜日の夜。週末になると、心身から緊張が抜け落 [続きを読む]
  • ため息が止まらない。
  • 俺は「ため息」ばっかりついている。朝目覚めた瞬間、1日で一番深い「ため息」をつく。「また朝が来てしまったのか…」と絶望的な気持ちになってしまう。無意味で、カラッポで、くだらない1日の始まりだ。かみさんに線香をあげ、しばしの間、かみさんの遺影と見つめ合う。そうしていると、残酷な現実を再確認し、心が重たくなって、俺は奈落の底に落ちていく。「やっぱり容ちゃんはいなくなっちゃったんだ…」と想い、俺は嘆息す [続きを読む]
  • 何を想いながら死ぬんだろうか。
  • 俺の寿命が80年だとすると、あと30数年で俺は死ぬ。死ぬ直前、80年の人生を振り返り、俺はいったい何を想うんだろう。俺はいったい、どんなふうに死んでいくんだろう。最近、自分の死の瞬間に思いを馳せることが多くなった。こんなことばかりを考えているのは何故だろう。かみさんを亡くしてしまったからだろうか。それとも誰だって、人生の後半には自分の死を想うようになるんだろうか。よく分からないのだが、今の俺にとって、死 [続きを読む]
  • どこまでも残酷な世界
  • 閉鎖された薄暗い空間の中にいる。空虚でカラッポな時間がゆっくり流れていく。すべてが静止している。周囲の空気でさえ動きを止めてしまったかのようだ。人の気配がない。本当の独りぼっちだ。寂しいのとは、ちょっと違う。虚しいのだ。あんまりにも虚しいのだ。アイデンティティが溶けていく。気が狂いそうだ。俺は誰だ?何故、今ここにいるんだ?俺はどうして生きているんだ?何のために生きているんだ?閉塞感に耐えられない。 [続きを読む]
  • かみさんを悲しませているんじゃないかと想うんだ。
  • かみさんに線香をあげる時。かみさんにお供えをする時。仏前に座って酒を飲んでいる時。かみさんの遺影と目を合わせることができない。顔をあげることができない。やましいような、申し訳ないような気持ちになって、うつむいてしまう。たまにだが、そんなことがある。かみさんに叱られているような、かみさんを哀しませているような、よく分からない感覚だ。自分でも判然としないのだが、微かな罪悪感を覚えているような気もする。 [続きを読む]
  • もう二度と得られないもの
  • 自宅を出てから最寄りの豊洲駅まで歩き、東京メトロ有楽町線に乗る。飯田橋で降りて、駅の構内を延々と歩き、東西線に乗り換える。目的地の中野駅までは15分ほどだ。駅からゆっくり歩いても、会社の中野支店までは8分程度で到着する。8月14日の月曜日。予想していたとおりだった。街中も、地下鉄の中も、いつもより遥かに人が少ない。会社のビルの中も閑散としている (ビルの中のいくつかのフロアーは電気もついていなかった) 。俺 [続きを読む]
  • 些細な光景の中の幸せ
  • かつて、かみさんの実家が北海道の旭川市にあった頃のこと。かみさんと俺は、毎年、二人でかみさんの実家に遊びに行った。確か平成18年の9月だったと思う。ある日、かみさんと俺は、旭川市の「春光」という街を散歩した。目的地も決めず、ひたすら二人で並んで歩いた。他愛もない会話をしながら、二人で一緒に歩いた。歩き続けていると、突然大きな公園に出た。かみさんと俺は、その公園に入り、空を見上げた。空にはたくさんの赤 [続きを読む]
  • 堕落
  • やっぱり俺は、普通じゃない。早朝に起床し、かみさんに線香をあげる。バルコニーに出てタバコを吸う。部屋に戻って、かみさんにお供えをする。洗濯機を回しながら床掃除をする。そして洗濯物を干す。そこまではいい。だが、その後はやることが何もない。見るともなしにテレビを見ているが、次第に心がザワついてくる。だんだん心が落ちていき、不安感が強くなっていく。そのくせ無気力になってしまい、身体を動かすこともできやし [続きを読む]
  • 生き地獄が待っている 〜お盆休みをめぐって〜
  • 世間は「お盆休み」だそうだ。帰省で道路は渋滞し、東京駅も人でごった返している。空港は出国ラッシュだ。かみさんが生きてた頃ならば、今ごろ俺も日本にはいない。10日間前後の連休を取り、かみさんと一緒に海外に行って、どこかの国の海で泳いでいたことだろう。ひとりぼっちでは、10日間も休んだって意味がない。俺は暦のとおり、3日間だけ休むことにした。・・・毎年のことだが、この時期、東京の人口は減る。多くの人が、地 [続きを読む]
  • 悪夢をめぐって
  • 8月10日の未明。俺はかみさんの夢を見た。夢のストーリーはボンヤリとしか覚えていない。目覚めた瞬間、怖かったような、悲しかったような、そんな記憶が残っているだけだ。かみさんに逢いたいのに逢えない。かみさんが遠くに行ってしまう。俺は必死でかみさんを探すのに、かみさんの姿が見つからない。ひとことで言えば、悪夢だったのだ。そんな夢を見ると、目覚めた直後の気分は最悪だ。その気分をどう表現したらいいのか分から [続きを読む]
  • 還りたい。
  • 酒を飲みながら虚空を見つめているとき。風呂に入ってボンヤリしているとき。バルコニーでタバコを吸いながら、見るともなしに空を眺めているとき。要するに、頭がカラッポのときだ。俺は深いため息をつきながら、無意識に「還りたいなぁ…」と呟いてしまうことがある。自分の意思とは無関係に出てくる「還りたいなぁ…」という言葉。呟いた瞬間、戸惑ってしまう。そして俺は、「いったい、どこに還りたいんだろうか…」と考え込む [続きを読む]
  • いざというとき弱いのだ。
  • やっぱり俺にはわからない。俺はいったい何のために生きているんだろう。俺はいったい何のために頑張っているんだろう。ある「上から目線」の人からは、アンタは会社での立場があるんだから、頑張るのは当たり前だと言われた。課長は経営者側の役職である以上、会社に尽くすべきであり、いつまでも死んだ嫁のことで悲しんでんじゃない!とも言われた。(すでに多くの誤解を受けているので付言しておくが、「上から目線」の人とは俺 [続きを読む]
  • それでも「ひとりぼっち」になりたいの?
  • ごく稀に、伴侶を亡くした人から「うらやましい」と言われることがある。なんで俺のことが「うらやましい」んだろう。理由は俺が、「ひとりぼっち」だからだそうだ。子どもはいない、親とも同居していない、正真正銘の「ひとりぼっち」であれば、泣きたいときに泣けるだろう。自分には子どもがいるから、泣きたいときに泣けない。自分は親と暮らしているから、泣きたいときに泣けない。そんな自分と比べれば、泣きたいときに泣ける [続きを読む]
  • 思慕の理由
  • 頂いたコメントを読んでいて気づいたことがある。一部の読者の方々は、「プーちゃんは“あの世”や“死後の世界”があることを確信している」、「来世があることを信じている」と思っていらっしゃる。一方で、別の読者の方々は、「プーちゃんは“あの世”や“死後の世界”があることを否定している」、「来世があるなんて信じていない」と感じていらっしゃるようだ。なぜ正反対の結論が導かれたのだろうか。読者の方々が悪いわけで [続きを読む]
  • 傍にいるような気がするんだ。
  • 土日や祭日。家族のいない俺は、完全な孤独だ。話しかける相手もいないし、話しかけてくれるはずのかみさんもいない。そんなとき、友人たちのことを思い出す。今頃みんな、どうしてるんだろう…なんて考えてみたりする。Aくんは子どもを諦めたけど、奥さんと仲良く暮らしてるんだろうなぁ…だとかBくんには子どもができたから、家族そろって賑やかな休日を過ごしてるんだろうなぁ…だとかCさんはご主人と二人で笑ってるんだろう [続きを読む]
  • 疎外感
  • なぜだろう。ここ数日間、疎外感を覚えている。誰かとケンカして、嫌われてしまったわけではない。部下を怒鳴りつけて、恨みを買ったわけでもない。俺のブログを嫌いな人たちが、いくつかのブログで俺を批判しているのは目にするが、その程度のことには慣れており、疎外感の原因にはなりえない。周囲の人々との関係は、今までと何ら変わりはない。客観的に見れば、みんな今までどおり、笑顔で話しかけてくれている。それなのに、他 [続きを読む]
  • こんなにも不条理な世界
  • 朝から全身がダルい。身体があまりに重たくて、起床するのもしんどいし、通勤や仕事もツラくて仕方がない。おまけに抑鬱 (死別反応) の症状もひどくて、他人と関わることが疎ましい。楽しいことなど何もない。面白いことも何もない。嬉しいことだって何もない。俺にあるのは深い哀しみと、ひとりぼっちの寂しさと、生きている苦しみだけだ。・・・しょせん人生なんて、苦しみの連続だ。生きることは苦しくて、バカバカしくて、くだ [続きを読む]
  • 泣くことのできる場所
  • 早朝の6時前。目覚まし時計が鳴る前に、俺は自然と目が覚める。重たい心と身体を引きずって、布団から脱け出し、かみさんの仏前に座る。かみさんの遺影を見つめつつ、線香を手向ける。また朝が来たけれど、やっぱり容ちゃんはいない。俺は深いため息をつく。ひと呼吸おいてからバルコニーに出る。ぼんやりと空を見上げながら、タバコを一本吸う。やっぱり容ちゃんはいない。とても寂しい。部屋に戻り、かみさんにお供えをする。そ [続きを読む]
  • どっちも嫌いだ。
  • かみさんが元気だった頃。俺は「平日」も「休日」も好きだった。どっちが好きか? と聞かれれば、もちろん「休日」のほうが好きに決まってる。かみさんと一緒に買い物をしたり、散歩をしたり、外食したりの「休日」だ。かみさんと俺が、時間と空間のすべてを共有し、二人で一緒に笑っていられる「休日」だ。かみさんが隣にいてくれる、たったそれだけのことなのに、俺は幸せだ、生まれてきて良かったと、心の底から実感することの [続きを読む]
  • かみさんは確かに俺の横にいた。
  • 当たり前すぎた。かみさんが俺の隣にいることは、俺にとって、当たり前すぎたんだ。かみさんと俺が、同じ空間で、同じ時間を過ごすこと。かみさんが俺と同じ風景を見て、同じ音楽を聴き、同じ物を食べ、同じ香りをかぎ、同じ物に触れること。かみさんと俺が、二人で一緒に笑っていること。そんな幸せな日々が続いていたのは「奇跡」だったのに、俺はその「奇跡」に感謝するでもなく、「当たり前」のこととして受け留めていた。・・ [続きを読む]
  • かみさんと語り合った夜
  • かみさんと俺が付き合い始めたのは平成2年の春のこと。平成3年3月までの間、かみさんと俺は半同棲状態だった。平成3年4月、千葉県の浦安市にアパートを借り、そこで同棲し始めた。平成7年4月に入籍するまでの約4年間、かみさんと俺は小さなアパートで寄り添って暮らしていた。・・・当時、俺は今の会社に入る前だったため、経済的な余裕はなかった。だが、かみさんと俺との同居生活は、本当に楽しかった。毎日が新鮮で、幸 [続きを読む]