BAN さん プロフィール

  •  
BANさん: よろずダイアリー  
ハンドル名BAN さん
ブログタイトルよろずダイアリー  
ブログURLhttp://ameblo.jp/sasukehime2002/
サイト紹介文ヴィクトリアンキルト・古布小物・ポーセリンアートのこと、お菓子作りや柴犬サスケ(♀)のおはなし
自由文私のHPはこちらです
古布の作品、ヴィクトリアン物、ポーセリンアートetc 趣味のサイトです
http://www.geocities.jp/angelheartban/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2010/07/09 20:46

BAN さんのブログ記事

  • 苺のシフォンケーキ
  • 店頭に苺が並ぶと作りたくなるケーキ いつもは大きいサイズで焼くんですが今年は久しぶりに直径10cmのパーソナルなサイズで焼きました 生地にもクリームにもいちごをミキサーにかけたピューレが入ってます口の中に種のプツプツが感じられてまた美味しい? まるまるひとつお皿に乗せると贅沢な気持ちになります 一度に10個焼くんですが型から外すのを手外しするようになってとっても楽に綺麗に外せるのがう [続きを読む]
  • こぉとな丸帯のトートバッグ
  • ひとめぼれした丸帯でトートバッグを作りましたとってもこぉと(地味洒落)な桐文様で状態もよかったので、すぐに切ってしまいました(笑)サイドの黒い繻子も、持ち手も帯地ですマチ幅もたっぷりあって長財布を寝かせたまま入れられます あんまり飾らず あっさり何か付けたいな〜、と古布恋店番の時に物色して見つけたのが男物の羽織紐祭礼用ほど大袈裟じゃないところが良くて即お買い上げ!思った感じに収まりました [続きを読む]
  • 聖夜に相応しい生徒さんの作品
  • 放置ブログほぼ2ヶ月あいてしまいました?? 久しぶりの更新は 生徒さんの作品です四角パッチベースのウォーターカラーキルト、ステンドグラスキルト、アップリケととってもお手間いりのタペストリー 作者の彼女は なんと教会の牧師婦人&シンガーソングライターなので忙しい日々の合間に足掛け3年かけて頑張られました今はチャペルに飾られているそうですみなさんに見てもらえますね♪イヴに間に合ってよかったです [続きを読む]
  • 柄違いのトリオ
  • まずは覚書 オーダーのティーポット可愛いピンクの薔薇よりも渋い色味で白薔薇を、というご希望でした そしてC&S、ケーキ皿のトリオ10セットくらい買ってあるので、いっぱい描いてからアップしようかと思っていたけどここらで軽く挫折。いっぺんアップしとこうかと(;´∀`) 牡丹この花はむかーし描いたこの図案の再利用です気に入ってるのよね♪ 薔薇オールドノリタケの本をお持ちの方は見たことあ [続きを読む]
  • リボンのバッグ オーダーのお品
  • 先日、オーダー主様のお手元に届いたようですどんどん使ってもらえたらうれしいな♪ お着物でも持たれるので前に作ったのと比べるとかなりかっちりと仕上げてあります自立してるしww 別マチにし、口布を付け、底板を入れましたリボンもグレードを上げて張りのあるタフタモアレイメージどおりのボリュームが出ました? そしてご愛嬌で作ったコレ 同じリボンのバッグチャームなので付けていてもそれ [続きを読む]
  • 古布を楽しむ手作り帖 其の弐
  • 9月15日発売の古布に魅せられた暮らし・特別編集古布を楽しむ手作り帖 其の弐にバッグを2点 掲載していただきました 仲間たちとやっている「古布恋」として掲載されていますので、個人名は出ておりませんが古布恋からもう一人掲載されていて彼女のバッグは大島や絣を使った正統派ながらとても可愛いバッグになっています 私のは、送った何点かの中からカラフルな縮緬のパッチワークバッグ2点が選ばれていま [続きを読む]
  • リボン結びとリボンのバッグ
  • 大きな台風が来ていますね市内の少し離れた地域は避難準備が発令されたようです幸いうちのへんは雨も弱まってきたようですがどこも被害が出ないことを祈ります 暑い間はほんとにミシン出す気にもならなかったんですがようやっと重い腰(重いお尻?)をあげました リボンで何かを作りたくて手持ちのリボンでせっせと結ぶ練習をしとりあえず作ったのが このヘアクリップたち 作るほどにどんどん大きくなってい [続きを読む]
  • 「なりくら」のアイスクリーム
  • 昨日なんですがいつもお野菜をどっさり分けてくださるご近所さんからまたまたいただきました  たくさんのおナスと、まくわうりの一種「なりくら」  http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/makuwa-narikura.htm滋賀県の野洲で昔から作られている 近江野菜だそうです小ぶりだけどジューシーで まくわうりとしては充分甘い♪今までは 傷む前に必死で生食していたのですが去年軽い気持ちで作ってみたら す [続きを読む]
  • コージーコージー ティーコージー♪
  • 作ってますw写真を撮り忘れたので、委託先の「Atelier Nalette 」さんからお借りしました 可愛いお店なので、可愛い系セレクトだったのですが店主のANちゃんの好みはシックなアンティーク調 え! そうだったの!?だったらジャガードで大人なコージーを! と思ったら、手持ちのジャガードは切れ端ばっかりになっちゃってティーコージー作れるだけの生地が残ってない!ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン 試作で無駄遣い [続きを読む]
  • 濃いぃティーポットのセットとERジャネット
  • 梅雨も明けてセミが五月蠅く鳴いていますすっかり夏ですね暑くて(?)全然更新してませんでした久しぶりにチャイナペイントです     縦長の、昔の輸出用の大きめポットを手に入れたので紫系のこってりとアンニュイな薔薇を   裏側にもたっぷりと描いてます地色を先に塗るんですが、持ち手や口部を先に塗ると薔薇を描くときに持つところが無くなるのでそこは後で塗りました(*´艸`*)  教 [続きを読む]
  • ヒヨドリに見つかりそうなので グースベリー
  • 玄関出たら、桜の木にヒヨドリが飛んできたとこだった!目が合って、慌てて逃げていったけどこれはやばい気がするなにがやばいかというと・・・    これ!一昨年もほとんど喰われてしまって収穫がほんの少ししかなかった去年は収穫自体少なかった今年は結構実が生ってる!  まだ青いんだけどね〜バラの陰にはなってるけど、見つかったら瞬殺なので目につく分だけでも収穫してしまおうと枝5〜6本分採ってきま [続きを読む]
  • ティーコージー 包み型
  • 先日、イギリス製の ちょっとシノワな生地を買いバッグにする予定で いつものビーズ刺繍を始めましたが  もう疲れちゃっていったん置いておいて〜(ビーズ刺繍、今現在はもっと進んでますが)以前から作ってみたかった包み込むタイプのティーコージーにチャレンジしてました手持ちのポットに合わせて型紙を作ってみたら充分余裕を取ったつもりがきちきちになってしまい、1作目は一回り小さいポット用に。でも、なんとなく [続きを読む]
  • 麒麟尽くし
  • バラの季節は バラのブログばかりが更新されてハンドメイドはすっかりご無沙汰でしたが一番花も終わり一段落したので ぼちぼちと取り掛かっていた麒麟尽くしのでかバッグやっと完成しました  キリンビールの日本手ぬぐいを柿渋染めしてあります  内袋も麒麟柄  大きいポケットひとつ後ろ側は男物の縞の着物のほどき  KIRINのタグがついてます 大きさの目安としては  これくら [続きを読む]
  • 仲良くなったよ!
  • 実家のにゃんずシェルティの「りん」が来た当座は2階に引きこもって出てこなくてやっと降りてきても窓越しに唸ってたにゃんず「テラ」は内弁慶   「まい」には上から目線なのによその猫や犬には全然ダメで「テラ」に意地悪されることもある食いしん坊でおっとりに見える「まい」   実は結構大胆で気が強いあとからおうちにやってきた「りん」    最初に近寄って行ったのはやっ [続きを読む]
  • 薔薇のクッキー皿
  • 昨日はこちら方面も結構な雨が降りました熊本、大分の皆さんはご無事で過ごされているでしょうか?早く日常が取り戻せますように。 この季節、神社などの下草に野イチゴの花を見かけますう〜ん、イチゴの花だね♪5月になると、膝下あたりの高さにラズベリーを小さくしたような実がなりますキウイフルーツのようなあっさり目の味で美味しいんですよ? 因みにヘビイチゴは地面に張り付いてますからね、まちがえるこ [続きを読む]
  • アンティーク風 蓋物
  • いただいた素材の中に可愛い蓋物がありましたヨーロピアンのように小花を散らすのがいいのかな?と思いましたがMikaco先生の「アンティーク風にたっぷり塗っても素敵だよ」のお言葉に、こってり好きなワタクシは一も二もなく・・・(笑)    あ・・・アラがよく見える・・・(;´∀`)額縁はコバルト風 (ただの青)金がぼてぼて〜〜!やっぱり鼬の面相筆を使えばよかった!   お花は薔薇をメイン [続きを読む]
  • 田舎でいいな! 犬も猫も♪
  •       こんな昔の画像を見つけました家の前、田んぼです!下に向かって4〜5段の棚田で 視界が広く琵琶湖の対岸まで障害物無しでした農閑期は子ども&犬のドッグラン!今は一番下の一枚を残して 4棟のアパートです   ここは近所の休耕田サスケが若い!ここらも稲作農家の高齢化と後継者がいないのと相続税対策でしょうねどんどん家が建っています国が農業問題を後回しにしてるうちに [続きを読む]
  • 丸紐飾りの古布バッグ
  • 三月だというのに朝から雪!積もってるし(´・ω・`)車のタイヤをノーマルに戻してしまった息子はそのまま出勤強行する気だったようであまりに危険すぎると、スタッドレス履いたままの私の車で行かせました今現在晴れていても、夕方以降はわかりませんもんね道路凍結したら帰ってこれないやん事故でも起こしたらエライこと!安全第一です着物リメイクのバッグがもう一点仕上がりました  小さい端切れを◆四角つなぎあとはいつ [続きを読む]
  • 古帯のテーブルランナー
  • 10年以上前に買った 古い解いた状態の袋帯色柄が気に入っていて切ることができず専らイベントの際のディスプレイ用として使っていました  が、傷みも激しく、裏から接着芯を貼って補強この際何かにリメイクしよう!切りちゃちゃくるのが勿体無いなら 長いままでつかえるもの・・・テーブルランナー!!てなわけで 縫うのはすぐでしたが先っちょにタッセル欲しいよね〜ところが 手持ちにこれに合う色が無くてネットで探し [続きを読む]
  • 普通のフォーマルバッグやん
  • なんかね、思ってたのと違うのができたのフツーにフォーマルになってしもた (;´∀`)  おっかしいなあ〜〜?アンティークレースやらアンティークモチーフやらビーズやらレースやら張りこんでんけどもひとつパッとせんな〜〜もっとド派手に破天荒な黒いバッグにしたかってんけど・・・  性格が地味やったかしら?(ノ∀`)っぷwいや多分 黒いバッグを作りたいからって 黒だけっちゅーのが敗因やねキラキラ度が足らん [続きを読む]
  • 古布木綿のバッグ
  • 古布の型染めと絣と無地と縞木綿をパッチワークした横長のバッグです  色彩構成が好きなのでたいてい一つのピースで色遊びしてしまいます青、藍、紺は 同系色の様々な表情が素敵ですね〜?・・・木綿はあまり手持ちが無いので総動員ですが(笑)  長めの持ち手で肩にかけていただけます留め具は大きめの竹の釦をコードがけで  背面はかっちりした縞木綿  内袋は現代ものの木綿でポケットふたつW42×H24 底 [続きを読む]
  • ポケットがわりの持ち手付きポーチ
  • 久しぶりのビーズ刺繍ポーチですずっと置いてあったのをポーチのふた部分に使いました本体は黒の帯で、内袋もオレンジ色の帯  持ち手がずいぶん短いのは  こういう風に使うため♪ポケットがわりなので、内ポケットは付けてませんでも、持ち手を変えれば  ミニバッグとしてちょっとしたパーティーにも使えます?ホームページにアップしようとしたらデータを送る先が見つからない、と更新できませんでしたちょっと前 [続きを読む]
  • 絽の帯バッグ
  • 持ち込みの絽の帯を使ったオーダーのトートバッグです 帯は淡いピンク地の雪輪に草花 脇の焦げ茶の生地は、これもリクエストで男物の紬最初聞いた時は「え?」と思ったのですが合わせてみると 絽を引き立てていい感じでした♪  背面は柄は控えめ内ポケットふたつ持ちやすい40×30cmです お願いします にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 信玄袋
  • ろうけつ染めの生地をお預かりの上 オーダーいただいたのは男持ちの信玄袋  女持ちのあずま袋にしてもよいような 綺麗なブルーの生地でしたこの時は、紐通しの部分は共布のループにしています  でも、Pコキというのも使ってみたくてまとめ買いしてしまいましたwwそう云えば男性のお客さんから信玄袋、時々聞かれます古布のもの、女性用が圧倒的やもんね〜でも 最近京都は若い男の子も着物着てるしせっかく買ったから [続きを読む]
  • なんの活動もしていないけど・・・
  • 時々行くHCのちょっと広めのペットコーナー18万近い値がついてる仔猫の様子がおかしくて よく見たら目がおかしい暗いケージなのに瞳が極細 目ヤニもあり 目の病気で眩しくて見えてないんじゃないか?...耳もミミダニでまっくろ! 後ろ脚は毛が剥げてる最初は寝起きだからかと思ったけど、動きが緩慢過ぎで おまけによろよろでまともに歩けてない生後6か月のわりに隣のケージの同じ6か月の猫と比べると半分くらいしかない(種類 [続きを読む]