山婆 さん プロフィール

  •  
山婆さん: 山婆のニューヨーク田舎生活
ハンドル名山婆 さん
ブログタイトル山婆のニューヨーク田舎生活
ブログURLhttp://ameblo.jp/yamabaasato/
サイト紹介文鹿より日本人が少ないニューヨークの田舎で遭遇した珍事を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2010/07/11 09:34

山婆 さんのブログ記事

  • 2017年夏アニメ、何見よう?
  • 2017年春アニメが続々と終わっていくーーー。今期は、当初の予定からは2本挫折し、下記8本を見続けることができた。 【僧侶と交わる色欲の夜に】 タイトルに釣られた。 煩悩は色欲だけでなく、身内に型破れな寺の息子の例を見聞きしているせいか、スケールの小ささを感じてしまった。 【弱虫ペダルNEW GENERATION】 見た中では今期1、2で填った。 手嶋新主将(CV岸尾だいすけ氏)の出番が多くて嬉しかった。 当初、山形最 [続きを読む]
  • 『下天の華』徳川家康√の感想
  •  やっとゲームの進め方の要領がわかってきた・・・が、スチールは二枚回収できなかった(全攻略後にやることにする)。  攻略対象中、最も若く(多分・・・)女人と接するのが苦手だが、優しく素直で出しゃばらず、動物を愛し、薬学や武道にも長けて・・・と、やはり江戸幕府を築いた人なりの全方位的好感度の高い人物像で描かれている。  今の時代から眺めた家康が女性の前でグズグズしているのは面白いが、後の偉業を知らず作 [続きを読む]
  • 日本ではなかなか見られない道
  • ウチのエリアにある道―――。 銀爺が子供の頃、お母さんに「行っちゃいけません!!!」(当時は「ニューヨーク市から流れて来たマフィアの巣窟」のイメージがあったらしい)と、言われていたイタリア人街にある道。 今では二世、三世と代替わりして、ちっとも物騒な雰囲気は無く、街の特色として生かしているらしい。・・・が、コレ、公道なんだが、センターラインがイタリア国旗の配色!!!停止線の代わりにイタリア国旗!?消 [続きを読む]
  • 『下天の華』二巡目・三巡目
  • なんというか・・・。これほどペースを乱されるゲームというのも初めてだ。相性が悪いのかなぁ? 攻略対象を徳川家康に定め、攻略サイトを参考に進めているつもりなのに、その通りにイベントが発生しなくて、途中から余儀なく自力攻略となる。 結構、健気に家康が好きなクチナシの花を貢いでいるというのに、ノラリクラリの家康に業を煮やして『誘惑』を選択してしまって、疑惑パラメーターを一気に上げてしまうヘマをやったり・・ [続きを読む]
  • 悪天候に咲き急ぐ
  • 今年はNY田舎(内陸)の気象がおかしい。冬の頃から妙に日本の天気予報と連動していて、まあ、同じ緯度帯で気候区分も同じだから、高緯度や低緯度からの広範に渡る圧迫があれば似たような影響を受けるのかもしれない。 こちらは例年、4月に雨が多い。気温が上がって、雪になるところが雨になるからだ。・・・が、5月から徐々に雨が減って、6月は日本とは対照的にカラッと晴れが続くハズなんだけど、今年は、いつも重い雲が垂 [続きを読む]
  • 『下天の華』一巡目
  • 私、『下天の華』の『愛蔵版』が、『下天の華』と『下天の華 夢灯り』に分かれているとも知らずに購入しておった(やってみて、ビックリ!)。 ・・・ということで、『下天の華』から始めているが、前回、事前好感度で並べた攻略対象は、『下天の華 夢灯り』のメンバーで、『下天の華』の方には登場しない人もいるなど、下調べの甘さが手伝ってメチャクチャなことになっている・・・(涙)。偽トロキャプチャー使用 改めて、『下天 [続きを読む]
  • 実りの繋ぎに
  • 先日、私が唯一好んで食べるトマト、ミニトマトのサンゴールドを植えたことを書いたが(まだ夜は冷えるので銀爺が室内に入れて過保護に育てている)、収穫までの繋ぎのつもりらしく、銀爺が似たトマトを買って来てくれた。 名前がサンバースト(複数形だけど・・・。日輪模様の意味)。 「名前が違う」、「旬ではない(多分、ハウスもの)」という不安そのままに、あのフルーツのような甘さからはほど遠く、でも、無駄にはできな [続きを読む]
  • 「空き巣関係者です!」と自爆?
  • 「アメリカの空き巣の6割は近隣関係者」 と、いうのを日本人の被害体験者から実感を交えて聞いたことがある。 二年前、我が家でも空き巣未遂事件があって、それを切掛けとして、ホーム・ディフェンスのためにショットガンを所有することとなった。 その事件が起こった時、すぐさま隣の独居婦人にも知らせたのだが、銀爺は、その御婦人から、 「多分、Aさん家の子達だと思うわ。ガラの悪い友達連れて帰って来てたから・・・」 っ [続きを読む]
  • 『下天の華』with夢灯り愛蔵版 事前好感度
  • 久々のPSVITAゲーム(去年の『剣が君forV』以来ですナ)。ストレートもので対象年齢12歳以上と、この所、腐臭を放っている私にはリフレッシュのいい機会になりそう。 時は戦国、安土桃山時代・・・。和物好きな私だが、正直、戦国時代は物語として客観視する分にはあまり好きではない。戦、戦で、国内総じて疲弊し、目まぐるしく代わる勝ち組には雅やかどころか成金臭が漂ってる気がしてならない。そのくせ、もし、自分がその時代 [続きを読む]
  • 夏のお菓子の置き換えに
  • 春は夏野菜の栽培開始の時期でもあります。 人からもらったものも含めて、去年はトマト、インゲン攻めだった。一昨年はスクワッシュ(ウリの仲間)攻めだった。 去年、銀爺のトマト大豊作には辟易したが、おかげでトマトの冷凍保存を学び、皮剥きが簡単でソース作りにも重宝したので、今年は恐れ慄かないゾ! それに、銀爺の同僚がサンゴールドという黄色に近いオレンジのプチトマトを取れ過ぎて押し付けてきて分けてくれて、それ [続きを読む]
  • グリーンは初めて見た
  • アスパラガスが美味しい季節となりました。 ・・・が、ナゼかフレッシュでなく缶詰の方を買って来た銀爺 初めて目にしたグリーンアスパラガスの缶詰めに、どう使っていいのかわからず、戸惑う私・・・。 とりあえず開けてみた。こんな感じ・・・。(一缶分) 色はくすんで残念なことになっていて、指で潰せるくらい柔らかい。スープか、ソースか、生地に練り込むくらいの用途しか思い浮かばない。匂いは結構 [続きを読む]
  • ブロックハムの強制焼豚化
  • アメリカの消費、少し上向いてるんですかね? ウチが利用するスーパーで、いつもならサンクスギビングの時しかしない(それも数年前は一時中断した)ターキーorハム(10パウンド相当。加工コストがかかっているハムはちょっと小さい)のポイントサービスが今年は春のイースターにも実施されて、単に日常の買い物をしただけなのにハムをゲットしてしまった(私がターキーを好きではないので、ウチはハムをチョイスする)。&nbs [続きを読む]
  • 気分だけでも夏を先取り(?)
  • 内陸のNY田舎は寒暖の差が大きくて、北緯42度とはいえ、この季節でも日中気温が上がると30℃近くになるんだ・・・。かと思うと、夜間は5℃くらいとかね。 銀爺兄弟会(妹二人・弟一人とその家族)ではパーティーシーズンの始まりで、早速、イースター・ディナーに呼ばれた。年に4、5回、そんな食事会があって、日本の親戚付き合いより頻度高いんだよな・・・。私は義理で出席するパーティーは苦痛を感じる方なので(出る [続きを読む]
  • 『花陰 −堕ちた蜜華―』総括と事後好感度順位
  • 1月から丸4ヶ月、マイペースなりにメイン、サブ両キャラとも攻略し、シーンの取り溢しも無く完全に終えることができた。 最後に主人公、伊織に触れておこう。 前作『花町物語』の主人公、朱璃が日英ミックスの白人寄り容姿で、それだけで強烈な個性だったから、次作主人公の外見設定は結構、難しかっただろう。 私から見た伊織の第一印象は割と平凡で、“育った家の格もプライドも高いキャラ”の外見だったら、『 [続きを読む]
  • 『花陰 −堕ちた蜜華―』サブキャラ√の感想
  • 先に攻略した4人以外で主人公の伊織とエロっぽく絡んだのは(伊織が好むと好まざると)、元カレの長瀬和臣、獅子尾豪の異母弟の烈、陰間の同僚の蒼(客のリクエストで+朱璃もあるが・・・)だ。 蒼は何かと伊織に突っかかって行く面倒臭いヤツだったのだが、「好きな子は構いたくなる心理」だったらしく、そうとわかれば微笑ましいが、和臣と烈のケースは桐島冬吾が背後で糸を引いていて、ここでも冬吾の伊織を得ようとする [続きを読む]
  • 暖かくなると痛いヤツも活動し始める
  • 豪雪も溶け(結局、一昼夜で1m近く積もった)、春らしさが日に日に増すこの頃。それでもNY田舎は朝晩まだ冷えるので、外出時のバッグ選びには慎重になる。 そう、外気温の低さはビニールコーティングされている“痛バッグ”を痛め(傷め)かねないのだ。 “痛バッグ”を下げる痛い私よりも、“痛バッグ”を痛めることを心配する私。 昨年末、日本から新たなカスタマイズ・バッグ(今度はポーチサイズ)を取り寄 [続きを読む]
  • 『花陰 −堕ちた蜜華―』獅子尾豪√の感想
  • ヒュー・グレン→桐島冬吾→一之瀬聖と来て、とうとう事前好感度1位にして最後の攻略対象、獅子尾豪に到達した。 このゲーム、攻略対象が4人と少なかったので、エンディングは5前後と充実しているにもかかわらず、割とアッサリ終わってしまった感がある。 明治の頃を想定(元号は架空だが)した時代背景で、皆が西洋の物真似に躍起になっている中、一人、着流しに晒巻いてガタイ良く野生味のある豪さんは、どうしたっ [続きを読む]
  • 2017年春アニメ、何見よう?
  • 2017年冬アニメが続々と終わっていく・・・。結局、下記8作品+ずっと見続けているナルトで、挫折無くいった。簡単な感想を・・・。 『銀魂』:ずっと見続けている作品。ただ、万事屋と真選組とのギャグ展開が好きだった(特に近藤さんが好きだった)ので、自分の中ではピークを越えた感が生じてしまった。 『弱虫ペダルNEW GENERATION』: これも見続けている作品。特に熱を上げているキャラはいないが、毎シリーズ、 [続きを読む]
  • 三月も半ばだというのに・・・
  • NY田舎に住んで7年になろうとするが、こんな大雪、初めてダ! 三月中旬だし、もう今冬の雪も終わりだろう、いやぁ〜、今年も暖冬で助かった♪・・・と、思ったらこれだよ。 朝7時頃 夕方6時過ぎ 参考まで:雪の無い時(去年7月) 昨夜12時頃から降り始め、朝7時には30センチ以上になっていた。銀爺は夜勤なので、早朝、ドライブウェイのエントランスから車1台分のスペースを確保して雪掻き [続きを読む]
  • 『花陰 −堕ちた蜜華―』一之瀬聖√の感想
  • ヒュー・グレン→桐島冬吾→一之瀬聖(いちのせ・ひじり)と、三人目まで来た。 攻略制限がない限り、私はいつも事前好感度順位下位から始めるのだが、このゲームに関しては桐島冬吾を最後に取っておくことをお勧めする。冬吾と伊織の縁は他の攻略キャラに比べて深く長く、良くも悪くも結末は重く感じられるからだ。 私の場合、冬吾の後に一之瀬聖だったので、聖の伊織への想いが冬吾には敵わないと思ってし [続きを読む]
  • パンキッシュを作るはずだったんだけど・・・
  • 3月に入り、こちらも気温、風、空に春を感じる今日この頃・・・。薬局には花粉症コーナーができておった(アメリカも同じなんだなぁ)。 この冬は除雪機を2回しか使わずに済んで、暖冬という結論に落ち着くんだろう。庭の雪も消えて、森から鹿が5頭出て来て草を食べておった。 窓ガラス越しに撮ったので、ボケボケ・・・。 春のせいか?極たまに発作的にレシピに頼らない直感料理にチャレンジしたくなる私・・・ [続きを読む]
  • 苦行の英語学習。今年はコレを読むことにする
  • 語学の勉強が好きでないのに英語圏に居る私は、 ・興味ある分野の英語本を選ぶ ※ まずは日本について書かれているものを選んでみたりした・平日のみ1日1ページ、辞書を片手に、でもいいから読む ※ ノリが良くても1ページに抑えて、その代わり絶対サボらない(これがBLコミックなら、1日1冊なんてケチ臭いことは言わずサクサク行くんだけどナ) という、ユルユルの掟を自分に課して英語から離れないように努 [続きを読む]
  • 『花陰 −堕ちた蜜華―』桐島冬吾√の感想
  • ヒュー・グレン→桐島冬吾(きりしま・とうご)と、二人目の攻略対象。 この√は思いの外ストーリーに引き込まれてサクサク進んだ。冬吾に関しては、サイドが長過ぎる髪型、陰湿な性格と、いい印象を得ないところからスタートしたので、やっぱりストーリーの力が大きかったのだろう。 う〜〜〜む、この展開、既視感あるゾ! 主人公(伊織)が幼少の頃から攻略対象(冬吾)は御執心↓攻略対象(冬吾)は主人公(伊織 [続きを読む]