ビオキッチン京都 さん プロフィール

  •  
ビオキッチン京都さん: 和食の素晴らしさを世界に向けて情報発信します。
ハンドル名ビオキッチン京都 さん
ブログタイトル和食の素晴らしさを世界に向けて情報発信します。
ブログURLhttp://www.voluntary.jp/weblog/myblog/620
サイト紹介文和食が世界無形文化遺産に登録。食文化に深く根ざした伝統料理の大切な麹は「国菌」に定められています。
自由文ビオキッチン京都にようこそ!おこしやす!

皆さんとご一緒に作りながら、ご一緒にいただきながら、海外からの観光客と共に楽しいひと時を過ごせるサロンづくりを目指してまいります。ここから素晴らしい「和の文化」が広がっていくことを念じながら。

http://www.bio-cafe.jp/concept.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2010/07/11 19:32

ビオキッチン京都 さんのブログ記事

  • 世界経済は大転換の時代へ
  • 世界経済は大転換の時代へ 1967年に創設され、今年で50周年を迎えるASEAN(東南アジア諸国連合)は、今や、活動内容においてEU(ヨーロッパ連合)に次ぐ高い国際的評価を得ています。 日本にとってもASEANは重要な貿易相手です(中国に次ぐ第2位。アメリカは第3位)。 人口6億2000万人、GDP2兆5000億ドルを有するASEAN市場は、日本企業にとっては、製造拠点として、また、自社製品の消費市場として長らく注目されてきた地域です。 [続きを読む]
  • トランス脂肪酸禁止のニューヨークで心臓発作が減少
  • 一般社団法人 大丹波ふるさとネット トランス脂肪酸禁止のニューヨークで心臓発作が減少 今の市販マーガリンにはトランス脂肪酸は含まれず、バターよりむしろヘルシー(C)AP 「トランス脂肪酸」を多く含む油脂は、クッキーやクラッカーなどの加工食品、ファストフードの揚げ物などに使われています。 アメリカでは、その量はかつての5分の1程度まで減っていると考えられていますが、さらに2018年までに加工食品への使用 [続きを読む]
  • 国内有数のやぎ牧場 るり渓やぎ農園
  • 国内有数のやぎ牧場 るり渓やぎ農園  るり渓ふもとの大河内小田仮で、大勢のヤギをはじめブタやニワトリたちが元気に暮らしています。 るり渓口からるり渓の方に行かずに、田んぼの方へ府道54号線を直進してください。 しばらくすると、そこは、まさしく園部の動物王国!! 特に夏は、道の両脇にある緑の草原の上に真っ白なヤギ、ヤギ、ヤギ…「アルプスの少女ハイジ」のような世界です。 今回は「るり渓やぎ農園」にお邪魔しま [続きを読む]
  • 「山羊(やぎ)」と「羊(ひつじ)」の違いは?
  • 「山羊(やぎ)」と「羊(ひつじ)」の違いは? ヤギ 見た目だけでは判断の難しい「山羊(やぎ)」と「羊(ひつじ)」ですが、一体どのような違いがあるのでしょうか。 「山羊(やぎ)」と「羊(ひつじ)」は、生物学上では同じ「ウシ科ヤギ亜科」に属しています。 「山羊(やぎ)」は、ウシ科ヤギ亜科のヤギ属です。 草以外にも木の葉っぱや木の芽を好んで食べて生活しています。 見た目の特徴として、角は少し湾曲して後ろに伸びており、尻尾は [続きを読む]
  • 低塩の塩麹〜レシピ写真付き〜 https://cookpad.com/recipe/17389
  • https://cookpad.com/recipe/1738980 低塩の塩麹〜レシピ写真付き〜 https://cookpad.com/recipe/1738980 キツイ塩分も感じないのでスイーツ作りにも、料理にも使いやすい塩麹です。 oharumin 材料 麹 100g 塩(天然塩) 10g 水 100cc 1 ほぐす前の麹です。これを手でしっかりほぐします 2 この様に、しっかりほぐして下さい。 お鍋に水と塩を入れて沸かします。火を止めて50~60℃まで冷まして 3 冷まし塩水を麹に入れます。 4 ゴ [続きを読む]
  • セサミンだけでは語り尽くせないゴマの健康成分
  • セサミンだけでは語り尽くせないゴマの健康成分 2015.09.18(Fri) 漆原 次郎 筆者プロフィール&コラム概要  そこで、勝崎氏が推測したのが「配糖体」とよばれる化合物だ。配糖体とは、糖が水酸基という部分をつなぎ目にして、他の物質と結びついた化合物のこと。いわば、糖のブロックと、他の物質のブロックが、水酸基というポッチでくっついているようなものだ。  まず、勝崎氏は、木に多く含まれている配糖体がゴマのかすに [続きを読む]
  • セサミンだけでは語り尽くせないゴマの健康成分
  • セサミンだけでは語り尽くせないゴマの健康成分 漆原 次郎 筆者プロフィール&コラム概要 ゴマの粒(タネ)。殻のなかには健康に関わるさまざまな成分が含まれている  今回は、身近な食材「ゴマ」の歴史と科学を前後篇で追っている。  前篇では、日本人がゴマとどう接してきたか、その変遷を見てきた。食材に、燃料に、そして薬にと、日本人はゴマにさまざまな役割をもたせてきた。 とりわけ薬としてのゴマは、江戸時代の由緒あ [続きを読む]
  • セサミンだけでは語り尽くせないゴマの健康成分
  • セサミンだけでは語り尽くせないゴマの健康成分 漆原 次郎 筆者プロフィール&コラム概要 ゴマの粒(タネ)。殻のなかには健康に関わるさまざまな成分が含まれている  今回は、身近な食材「ゴマ」の歴史と科学を前後篇で追っている。  前篇では、日本人がゴマとどう接してきたか、その変遷を見てきた。食材に、燃料に、そして薬にと、日本人はゴマにさまざまな役割をもたせてきた。 とりわけ薬としてのゴマは、江戸時代の由緒あ [続きを読む]
  • ドライパックで豆を手軽に食べよう
  • ビオファーム丹波 https://www.facebook.com/biokitchen/ ドライパックで豆を手軽に食べよう 豆は、たんぱく質、脂質、炭水化物の宝庫と言われていますが、栄養価は豆の種類によって違います。 他の豆は炭水化物が3分の2を占めるところ、大豆はたんぱく質と脂質が3分の2以上。 植物性食品中もっとも良質なたんぱく質を含み、米や小麦に足りないアミノ酸も豊富です。 大豆が「畑の肉」と呼ばれるゆえんですね。 大豆以外の豆は、炭 [続きを読む]
  • 積極的に推進されるドローン技術実証
  • 積極的に推進されるドローン技術実証 同市が取り組むドローン事業は、輸送・計測事業にとどまりません。 同市は「近未来技術体験プログラム」や「SEMBOKUドローンスクール」と銘打ったイベントを開催。2016 年には 7 回の体験プログラム・講習会が実施されました。 これは「ドローンの知識と操縦を学ぶ機会を提供する」という目的で、イベントは市内に限定せずさまざまな企業の協力・支援のもと、市内外から集めた有志により開催 [続きを読む]
  • ドローンと近未来技術で実現する仙北市「地方創生」の姿
  • ドローンと近未来技術で実現する仙北市「地方創生」の姿 Intel Japan Writer 東京一極集中を是正するとともに、地方の人口減少に歯止めをかけようと政府が推進する「地方創生」。 そして地方創生を加速する「近未来技術」のひとつとして最近大きな注目を集めるのが「ドローン」。 秋田県仙北市はそのドローンを活用して地方創生に取り組む「ドローン特区」として、このところクローズアップされています。 仙北市ではいったいどの [続きを読む]
  • ビオファーム丹波 https://www.facebook.com/biokitchen/ins
  • ビオファーム丹波 https://www.facebook.com/biokitchen/insights/ 地方は結局「若者」を排除して自ら衰退する 「若者に活躍してほしい」は、ほとんど口だけ 木下 斉 :まちビジネス事業家 2017年03月15日 地方が衰退するのは、当たり前。 「若者に活躍してほしい」 と言いながら、口だけに終わっているからだ (写真:うげい / PIXTA) 前回の記事「地方は儲からない『イベント地獄』で疲弊する」では、地方がいたずらに「やることばか [続きを読む]
  • 第2特集「キーワードは“台所”! 日本の道具が愛おしい」
  • 最新号『料理通信』2017年4月号(好評発売中!) http://s.r-tsushin.com/2m9QvRg 巻頭特集「すてきな、フランス惣菜」 第2特集「キーワードは“台所”! 日本の道具が愛おしい」 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 丸くなったのは体だけ、と思いたくない。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 最新号(4月号)の第2特集は、台所企画。 「キーワ [続きを読む]
  • 納得!「料理キット」が売れ続ける根本理由
  • 納得!「料理キット」が売れ続ける根本理由 別に手抜きがしたいワケじゃない 阿古 真理 :作家・生活史研究家 2017年03月17日 ネット食品通販Oisixの料理キット。中には有名料理家が監修したメニューも(撮影:今井康一) 農薬や化学肥料をなるべく使わず育てた野菜、食品添加物を極力抑えたソーセージや豆腐……。 「オイシックス」や「らでぃっしゅぼーや」など、安心・安全が売りの食品通販を利用するのは、料理が上手で手間を惜し [続きを読む]
  • ■正しいかみ方で肥満抑える
  • ごはん・おかず交互に 「口中調味」でおいしく健康 NIKKEI STYLE 2/24(金) 7:47配信 ■正しいかみ方で肥満抑える  咀嚼は、食べ物をかみ砕くだけではなく、全身の機能を活性化する重要な役割を担っている。 唾液を出やすくするほか、脳内血流の増加、食後体温の上昇、脳内のセロトニンの増加につながる。 満腹中枢を刺激してくれるため、食べ過ぎにも効果がみられるという。  「肥満防止には、かむ食品が硬いか軟らかいかより、 [続きを読む]
  • ■危うい糖質制限
  • ごはん・おかず交互に 「口中調味」でおいしく健康 ■危うい糖質制限  ダイエットのため糖質制限をする人がいる。 ただ「適度にブドウ糖を取らないとエネルギー代謝がうまくいかない可能性がある」と京都大学大学院医学研究科の糖尿病・内分泌・栄養内科学特定助教の池田香織さん。  糖質が極端に減り、タンパク質や脂質が増えると、ケトン体と呼ばれる物質が体内に増える。 すると「糖尿病の人では、体が酸性に傾いて意識障害 [続きを読む]
  • ごはん・おかず交互に 「口中調味」でおいしく健康
  • ごはん・おかず交互に 「口中調味」でおいしく健康 NIKKEI STYLE 2/24(金) 7:47配信  口中調味(こうちゅうちょうみ)という言葉を耳にしたことがあるだろうか。 日本の家庭の食卓で昔から普通に実践されてきた食べ方で、米飯とおかず類を交互に食べ、口の中でゆっくり混ぜ合わせて味わうことを指す。 かむ回数も増えて唾液が増えるなどし、早く満腹感を感じられ、食べ過ぎや塩分・脂質の取りすぎを防ぐことも期待できる。  東 [続きを読む]
  • 次は「公園」という公的不動産を見てみましょう。
  • なぜ日本は「廃校」や「公園」を使わないのか 「570兆円の公的不動産活用」で世界一になる 阿部 崇 :ジャーナリスト 2017年02月21日 ――次は「公園」という公的不動産を見てみましょう。NYのマンハッタンにあるブライアントパークは、ベンチの代わりに可動式のいすが置いてあり、世界で初めてフリーWi-Fi(無料の無線インターネット接続)を飛ばした公園です。公園側は「イベント使用料」「園内レストラン賃料」「BID」「スポンサー料」 [続きを読む]