えなかちゃん さん プロフィール

  •  
えなかちゃんさん: 中学受験中の母はこんなんです!?偏差値50以下!
ハンドル名えなかちゃん さん
ブログタイトル中学受験中の母はこんなんです!?偏差値50以下!
ブログURLhttp://ameblo.jp/taoyakaniikiru/
サイト紹介文日能研通塾終了。偏差値30からの子ザル男子と妄想女子の中学受験を母はどう支えたか?
自由文偏差値30台のW1(一番下)クラスから始まり、クラスアップしてW3へ。
おかげさまで、見事合格を勝ち取りました!
デイドリーマー女子の姉とともに中学受験を乗り切ってきた母が、今度は子ザル弟と共に歩んだ道。
テスト結果の覚書、というより、ごく普通のデイドリーマー女子と公園男子とその母が歩む、中学受験生活の一コマを書いていきたいと思います。
偏差値50以下の方、リアルな家庭勉強とはこれです!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2010/07/12 15:45

えなかちゃん さんのブログ記事

  • ”子供の受験以外のところを何とかする。”
  • こんにちは^^中学受験卒業母、えなかちゃんです。 6年生母たち、だんだんと気が焦ってまいりましたね〜。子供は、まだまだのんびりしてるし〜。 日特に行ってる子たちなら、それを勉強時間にカウントしときましょう。わかんない問題解いて、身になるんかなあとか思っちゃったりしてるでしょうが、だからと言って、行かなかったら家で何してるんだか。どのみち本番では、初見問題を解かなきゃいけません。Aクラスでは [続きを読む]
  • 姉弟でおんなじ学校に入れなくてもいい。
  • こんにちは^^中学受験卒業母、えなかちゃんです。 こないだ商店街で、おねえちゃんの時の小学生時ママ友に会ったんだけど、隣にいた次男君が制服姿でねえ。うちんとこらへんは、公立中の制服、男子はほぼ学ランなので、ああ、受験したんだなあって思ったわけなのよ。上のお兄ちゃんも、私立とか言ってたし。そしたらさ、まあ、お久しぶり、みたいなのの後に、「お兄ちゃんとこには入れなかったんだけど、」みたいなこと言う [続きを読む]
  • 母は父とは違う生き物だと知る
  • こんにちは^^中学受験卒業母、えなかちゃんです。 みたみた? 女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書) Amazonいや、これを旦那に読ますとか、そんなのどーでもいー。 そういうことじゃなく、これ読むと、旦那が受験に反対とか勉強見るの手伝ってくれないとか、いまいちことの重要性をわかってくんないとか今やっと子供の機嫌が直って勉強モードに入りそうだったのに、なにしてくれとんじゃ!!とか、と [続きを読む]
  • ”クラスアップしたことクラス出戻りになった子”
  • こんにちは^^中学受験卒業母、えなかちゃんです。昨日の記事の関連。 おとうとくんの4年の時のやつだけどね。まあ、こんなんですよ。 それに、なんだろう、おねえちゃんの時の経験的に、クラスダウンしたとしても、それはそれで今まで出来なかったところに時間が使えるようになると考えれば、それもあり、だしね。 何にしろ、過去の結果は変えられないので、今できることをしてくしかないのよね [続きを読む]
  • ”謎のクラスアップ。”
  • こんにちは^^中学受験卒業母、えなかちゃんです。 時々、「クラスアップするには、どうしたらいいですか?」と聞かれることがあります。たぶん、おとうとくんがW1から最終的にW3まで上がったからかな。 いろいろと検索もしてるんでしょうが、うちと子はこんなんなので、まあ、なんというか。 それでも、感触として、わかることは 国算の、カリテでは「共通」、公開では「正答率に対しての得点率」 [続きを読む]
  • テスト直し
  • こんにちは^^中学受験卒業母、えなかちゃんです。 こないだ、合格する親子のすごい勉強 Amazonを、読んだんですよ。イマドキって感じの書き方っていうか、話し言葉なので、すらすら読めちゃいますね。電話して塾の先生に聞きにくい方には、一冊あると、心の杖になると思います。勉強以外の範囲も、結構網羅してるので。 「10歳の壁」を境にした構成なので、もう6年生とかになっちゃってると、「そんなの今言わ [続きを読む]
  • 6年生でのクラスダウン
  • こんにちは^^中学受験終了母、えなかちゃんです。 日能研はね。6年になってからもクラス変動しばらくあるんですよ。だもんで、こんなこともある うちの場合、おねえちゃんはRクラスからどんどん降格、おとうとくんはW1クラスからどんどん昇格、と、非常に対比の激しい道のりだったので、クラス変動で、一喜一憂、非常によくわかります。 特に、おとうとくんの場合、昇格と言っても、一度目はクラスの編成の都合 [続きを読む]
  • 勉強して!は、束縛
  • こんにちは^^ 加藤諦三さんと言えば、どうしても「許せない」人 (ベスト新書) Amazon 悩まずにはいられない人 (PHP新書) Amazonとかが、つい思い浮かびますが、実は結構子育て本も出してるんですよね。 私今回読んでるのは、子どもに自信をつける言葉 傷つける言葉 (青春文庫) Amazon これはね。目次読むだけでも、結構リセットされるね。 「子供の頑張りを、これだけ?と言ってはいけ [続きを読む]
  • ゴールデンウィークが終わって
  • こんにちは^^カレンダー関係なくお仕事に行ってた皆様、私も同じです。中学受験卒業母、えなかちゃんです。 ゴールデンウィーク中、いろんなことが計画倒れになって、親子バトルになってしまった方々。ええ、失った時間は戻りません。今日、今からちょっとでも積み重ねればよし、としましょう。大体、アンダー50のうちらの子たち、受験するってだけでも、ものすごいチャレンジなわけですから。 とはいうものの、渦中 [続きを読む]
  • まだ5年生だったら
  • こんにちは^^中学受験の場合、このままいくか、撤退するか最後まで迷う方も多いと思いますが…まあ、うちでもこんなんだったしね。連休終わって思い返してみると、後悔ばかりみたいなおうちもあると思いますが、まあ、そんなもんっす。 過去原因説にこだわらず、子供の事なんですから、今からどうするか、考えましょうや。アンダー50の場合、精神年齢という、親でも先生でもどうしようもない壁が立ちはだかってる場合がほ [続きを読む]
  • 自分で勉強してほしい、という妄想。
  • こんにちは^^中学入ってからも、「宿題やった?」とか言わないでも自分から宿題に取り組んでほしい、とか思う普通の母です。 のコメントで「えなかちゃんのところは完全に本人任せにしていますか?」って聞かれちゃいましたね〜。そうですねえ。「今は」7割がた本人任せですかねえ。 でも、それには経過と要因があって、 おねえちゃんの場合、中1の時、燃え尽き症候群から発展した英語崩壊&数学意味不により、 [続きを読む]
  • 塾は勉強教えてくれるんでしょ?
  • こんにちは^^ そうですねえ。本来はそうなんだと思うんですよねえ。でもそれ言ったら、学校が本丸ですよねえ。 なんでこういうこと言ってるのかというと、おとうとくんが、「あいつ頭いいに決まってんじゃん。塾行ってんだよ?」なんて、いまさら言い始めたからです。 N研行ってると、「何で日能研高いお金出して行かせてるのに、結局、私がこうやって教えなきゃならないんだろう」とか、思っちゃいますよね?私 [続きを読む]
  • 受験生活は長いので
  • 私がもう何年もお世話になっているメルマガがあるのですが、その中の一つに「週間親技」というのがあります。 その中に、「力の入ってない自然な姿がいいですよ」というのがあって、ほんとに、なんていうか、受験生活長いので、「立派な親」にならなくてもいいんじゃないかなあって思っちゃいました。 いや、過去記事たどっていらっしゃる方はよくご存じですが、ちっとも「立派」じゃないですけどね。 でも、かっこ [続きを読む]
  • ”黒板写すのが精いっぱいなので” 続き
  • こんにちは^^前記事の続き。黒板写すのに精一杯だとしても、それはそれで、意味ある。だって、うちのとこの公立小、プリント学習ばっかで、ノート減らない学校だったもん。宿題やるときは、さすがにノートに書くけどさ。ということは、子供の、通常スキルに、「説明を聞きながらメモを取る(黒板の板書きを複写する)」というものは、培われていないのだ。 説明聞いてる=前向いて、先生見てる=手は動かない=ノート書いて [続きを読む]
  • 黒板写すのが精いっぱいなので
  • こんにちは^^ 中学受験卒業母、えなかちゃんです。 プレジデントFamily(ファミリー)2017年04月号(2017春号:わが子の受験大激変! ) Amazon 見てて、思ったんだけど、最近の受験本、というか教育本?って、ドリルついてたり、お勧めしてたり多いよね。一時期、ノートのとり方流行ったのとおんなじかな。 デモさ、アンダー50っつーか、40っつーかの子供の家庭学習のスタート考えると、ドリルって、難 [続きを読む]
  • ”受験撤退についてまつ毛と夫の問題。”
  • こんにちは^^ えなかちゃんです。こんなこともあったなあって記事。 受験うつ どう克服し、合格をつかむか (光文社新書) Amazon 「受験うつ」からわが子を守る本 Amazon なんかを読んで、心配が増している母たちへ。 なかなか難しいですよね…。 いろんなことがいろんな方向へ絡み合って、どれが原因でどれが、いい方法なのかわかんなくなったりしますよね…。 皆さん [続きを読む]
  • 塾友が出来ない
  • こんにちは^^終了組母、えなかちゃんです。 日能研などに入塾して、そろそろいろんなことが「こんなはずじゃなかった」と思っちゃうころですが、皆さん、乗り切ってますか? 中でも、ちびっと気になるのが「塾では、仲良くやってんのだろーか」「ボッチだったらかわいそう」「塾弁これから一人で食べてるんだろーか」あ、塾弁は学年上がってくると、か? まあ、塾友って言われるものがいないと、ちょっとはぶられ [続きを読む]
  • マンガじゃないほうで偏差値を考える
  • こんにちは^^もう受験終了母となってしばらくたつ、えなかちゃんです。 こないだの記事で書いた、中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ (日経BPムック 日経DUALの本) Amazonですが、同じ日経系列から、マンガじゃないのも出てますね。 中学受験を考えたらまず読む本2016-2017年版 (日経ムック) Amazonこちらは活字なので、情報量は多いですね。特に、目を引くのが真ん中ほどにある偏差値表 そう。 [続きを読む]
  • リッツ リバイバル ステム7
  • こんにちは^^ネイチャーラボさまのモニターに参加しています。 リバイバル ステム7 (LITS)LITSのエイジングケアライン、リバイバルシリーズより、美容クリームのリバイバル ステム7を試すことが出来ました^^ アルコールや鉱物油、パラペンなどが無添加なのは言うまでもないことですが、LITS史上初めて7つもの植物性幹細胞由来成分をギュギュっとカプセルに詰め、目に見える形で効果が実感できるクリームだそう。 [続きを読む]
  • こりゃワーママにいいや
  • こんにちは^^ もう中学受験終わってるのに中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ (日経BPムック 日経DUALの本) Amazonを買ってしまった、えなかちゃんです。 思うにね〜。この漫画の中でも言ってるけれど、「中学受験は高校入試や大学受験と違いすぎて、経験者じゃないと分かりづらい」ところがあるってのが、わかる〜っていうか、終了組母に、後に続く人のことを気に掛ける習性を持たせるんだと思うのよね。 [続きを読む]
  • ”太陽と豆電球とろうそく”
  • こんにちは^^結構理科でつっかえる6年生のおはなしが回ってくるので、たまには、過去記事。みかん地球儀だけじゃないよ!! ママ塾の真価が発揮されるのは、こういう、そのうち独自の言葉で説明できるところじゃないかしらね。「ゾロは触角のとれた蛾」みたいな。 うん。ほら、いつも言ってるけど、うち、親子して社会ダメダメだからね。理科くらいはね。皆さんのお役に立ちたいもんだわ。 [続きを読む]
  • 6年生、Wスクールを考える、が。
  • こんにちは^^ Wスクール、いろいろ断念組、えなかちゃんです。 6年生カリキュラムになって、もうすぐ5月かぁってな感じになりますと、「どうしよう、ゴールデンウィークは、弱点穴ぼこ補強のため、やっぱカテキョか個別?」みたいになってるご家庭もあるかも? もう、私のパート代、今年は全部カテキョとユリウスにつぎ込む!!みたいな。 う〜ん、ユリウスとの併用は、日能研でも時々話題になるよね。お [続きを読む]
  • もう、凸凹成績なのはあきらめる
  • こんにちは^^ 新学期早々、実力テストがある学校の親、えなかちゃんです。 子供たちは「マジ、ふざけんなよ〜〜〜、しかも、返却翌日に間違ったとこ直して提出とか、キチクだろ〜〜〜〜」とか、吠えていますが、まあ、親にできることはなんもありまっしぇ〜ん。 日能研時代、国語と理科が突出、社会、この世からなくなればいい、だったおねえちゃん、算数と理科が突出、国語と社会、日本から消えればいい、だった [続きを読む]
  • どの道、グルグルするんだから
  • こんにちは^^パート主婦となったえなかちゃん、もう一月ほど経ちましたかね。 うん。思ったんだけどね。ワーママの方々。専業主婦の人が結構こうした時間に、子供を教えたり、なだめたり、過去問分析したり、塾と秘密のやり取りしたりとかして、抜け駆けしてんじゃないかと、思わなくていいからね!! まあ、うちの場合だけど、やってみて思ったけど、このタイムスケジュールと、体力気力の疲れからだと(家に帰ると1 [続きを読む]
  • やっぱ筑駒に行くひとって
  • こういう感じの人じゃないと、6年間は辛いんだろうね。「学級崩壊でも東大に6割」まあ、偏差値だけで受験校決めるってことは、まさかないだろうけど、イメージ優先で決めると入った子供は辛いことになることもあるんだろうし、子供の性分考えて、受ける学校は決めたいものだわね。 ま!アンダー50のうちの子たちには、違う世界のお話だけどね!! そんなおねえちゃんも、ついに文理選択の高2。その前に保護者会があ [続きを読む]