霊界コンシェルジュ光明 さん プロフィール

  •  
霊界コンシェルジュ光明さん: 霊界コンシェルジュ光明の霊視ブログ
ハンドル名霊界コンシェルジュ光明 さん
ブログタイトル霊界コンシェルジュ光明の霊視ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/koumeican/
サイト紹介文霊視・前世・守護霊・レイキ霊気・リモートビューイング・CRV・浄霊・風水・スピリチュアル・オーラ・開運
自由文霊界コンシェルジュ光明の鑑定は、まず20〜30分ほどソファで目を瞑りリラックスすることから始まります。霊界コンシェルジュ光明は集中して霊視に入り、霊視鑑定の基本である「オーラ」「守護霊」「前世」「現在の運気」を視ます。生年月日や氏名などの情報は一切不要ですので予約は仮名でも結構です。目を閉じソファに座っているだけという、何も情報が無い中で霊視をし、概要をつかむことで、極めて強い信頼関係が生まれます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2010/07/13 13:40

霊界コンシェルジュ光明 さんのブログ記事

  • USJはトレーニングジム 鉄下駄で歩いた日
  • ■心を前に向けること鉄下駄を履いてUSJに行きました。少し遠くにある民間の安い駐車場に停めてUSJまでの入り口まで歩きました。歩くのはシンドイけれどトレーニングは楽しい。では、歩く動作そのものをトレーニングにすることを考えました。鉄下駄を履いて行けば歩くたびに強くなれる気がします。気持ちを空手の稽古と思えばどこでも空手の稽古ができます。設備が整っていない体育館で無くても空手の稽古はできます。心を前に向 [続きを読む]
  • ■私は神である
  • ■私は神である私は神である私は特別な存在であるこのようなことを吹聴する人達は極めて危ない人達であることは歴史が証明しています。イエス=キリストブッダは神である特別な存在であったような文献も言葉も無いように思います。イエス=キリストは大工の息子でブッダは釈迦族の王子で普通の人でした。ただ、人々に真理を説き幸せを祈っていたことが物珍しいと見られながらでも人々の心に響いたのだと思います。現存する宗教の [続きを読む]
  • 嬉しいこと
  • 嬉しいこと最近は僕のところで占いを学びに来られた方が占い師として仕事をしている方が多いのでなんか嬉しいです。鑑定に来られた時は辛くて大変そうでしたが今は、楽しい未来に向けて歩んでいるので嬉しく思います。占いを学びに来られる生徒さんは先生を選びます。そして、僕も、占いを教えても大丈夫な人を選びます。そして、占いを学びに来られる生徒さんには占いを学ぶために自己投資をした金額は占い師として良い鑑定をし [続きを読む]
  • ■力をつけることから始めよう
  • ■力をつけることから始めよう試合に負けてから色々なことを考えています。現在の伝統空手の組手競技では前蹴りを使う選手はほとんどいません。射程距離が短いのと初動作が大きいのと体重移動が明確なので察知されやすく身体も蹴った瞬間は正面に向くため相手からすると的が大きくなり防御反応が遅くなり中段をもらいやすいからだと推測されます。今回の試合では前足による前蹴りができていないので初動作が大きかったのだろうと [続きを読む]
  • 鉄下駄を履いてショッピング
  • 鉄下駄を履いてホームセンターで買い物をしてお会計をしたらレジの店員さんに「渋いですね〜」「格好良いですねー」と褒められました。嬉しかったです。そういえば最近、日本橋の知人か経営しているフィギュアとかのオタクグッズを販売しているお店の経営者の方とエアガンのことで真夜中0時頃に熱く語りあっていました。古いエアガンの箱を頂きまして車に積み込みしていましたら警察に呼び止められました。職務質問されました。「 [続きを読む]
  • リズムの重要性②
  • 僕には、残念ながら、生まれつきリズムが悪いと思います。そして、合わせることも非常に困難な魂をしています。小学一年生の時に朝礼の時に校歌を気持ちよく大声で歌っていたら担任の先生が飛んできて、「もう歌わなくてよいよ」と言われました。周りは歌っているのですが僕だけ歌うことができませんでした。その時は何故なのか?わかりませんでしたが、なんとなく僕は歌ってはいけないんだなーと思いました。おそらく、僕だけ、 [続きを読む]
  • ■リズムの重要性
  • ■リズムの世界空手の試合に出て、空手の試合に負けると多くのことを考え、そして気付くことがあります。中学生や高校生の試合の方が戦い方は美しくて上手だと感じます。伝統空手には伝統空手特有のリズムがあり近年の伝統空手には近年の伝統空手のリズムがあるように感じました。そういえば、ボクシングの練習の時にプロボクサーとスパーリングしたいとトレーナーに話しをしたら、選手のリズムが狂うからダメだと言われました。 [続きを読む]
  • 修道館での空手の試合 2017年
  • ■空手の試合本日の試合は組手は一回戦負け形は四位でした。組手はバタバタでした。香川政義先生のアドバイスの通り前に出て、前蹴りを出しました。帰りに香川政義先生に挨拶に行きましたら「組手バタバタだったやないかい」と言われました。僕は「香川先生の先日のアドバイスの通りに思い切って前に出ました」https://youtu.be/bIRzzHErUcgと答えましたら「アホか、あれは子供に言うたんや」「大人は冷静にしっかりみなあかんで [続きを読む]
  • ■占い師の言葉が違うのは? ③
  • 【私から】おはようございます。占い師さんも人ですので閉鎖的な固定観念がある方がほとんどだと思います。特に不倫の悩みにおいては不倫を悪として捉えている人がいれば悪い鑑定結果に必然となります。中には不倫関係で一時的に心を救われて前向きになることもありますので一概には悪とは考えることはできない部分もあります。自分に合わないものは拒否するというスタンスでいれば占いの鑑定結果を上手に利用できると思います。 [続きを読む]
  • ■占い師の言葉が違うのは? ②
  • 有名なスピチュアルな書籍で「シルバーバーチの霊訓」があります。シルバーバーチは高級霊に属しています。シルバーバーチは言います。「私の話すことが納得できなれば拒否しなさい」 つまり、自分の言葉を鵜呑みにすることもなく納得できなければ無理する必要は無いと説いているわけです。これが真理です。 僕も含めて、占い師、霊媒師、霊能者の言葉で納得できないものがあれば聞く必要は無いということです。 [続きを読む]
  • ■占い師の言葉が違うのは?①【大阪霊視光明】
  • ■占い師の言葉が違うのは? ① 【大阪霊視光明】お客様との質疑応答をまとめてみました。【お客様から】疑問に思ったことがあるのでお聞きいたします。盲目の方にマッサージと同時に鑑定(私の声で観ていく)もしていただく機会がありました。その方の鑑定結果は光明様とは全く逆でした。↓墓守の役目があるから家から離れなくてもよい私がお金の管理をし、主人には何も求めず、諦めて生活するしかない↓地元で占い好き [続きを読む]
  • ■心の状態 by 光明
  • ■心の状態赤ちゃんが泣いている。うるさいと思う母親。あらあらと思う母親。仕事が頓挫した。あいつのせいだと思う経営者。まあ仕方が無いと思う経営者。些細なことで嫉妬する人。嫉妬しない人。失うことに執着する人。執着しない人。現象が同じでも現象に対して心の向きが違います。心の向きで幸せにもなるし不幸せにもなると思います。心の向きは自分で決めることができます。幸せになるか否かは自分で決めることができます。 [続きを読む]
  • ■好きになられると逃げる恋愛
  • ■好きになられると逃げる恋愛人を好きになる時その人のことに集中します。人から好かれた時自分自身に集中します。人から好かれた時自分に自信が無かったり自分に嫌悪感を感じていたり自分を大切にしていなかったり自分を好きでなければ自分を好きになる人に対してセンスが無いと思い嫌悪感を抱くことが多いようです。自分を好きになることが幸せな恋愛をする秘訣だと思います。最近、恋愛の相談が多く寄せられていてふと気づい [続きを読む]
  • 政治家かあー
  • 市議「腹切るつもりだった」 朝日放送で包丁出した疑い:朝日新聞デジタルいい大人が何をしているんだろう?政治家を選ぶ基準を変えるべきだと思います。お金を求めているなら政治家ではなく経営者になり事業をすることを選択するべきだと思います。政治家がお金を求めはじめた時点で判断ミスを犯すと思います。政治家は政治が好きな方がするべきで医師は医療行為が好きな方がするべきで占いは占いが好きな方がすることが大切だ [続きを読む]
  • 嫉妬と執着心
  • ■嫉妬心と執着心嫉妬心は女性の心の中に生まれやすい感情で執着心は男性の心の中に生まれやすい感情のように思います。嫉妬も執着もあまり良い感情では無いように思いますしプラスの方向のエネルギーでは無いように思います。嫉妬心は攻撃的になりやすいので危険な感情だと思います。執着心は独裁的で相手の自由を奪う危険な感情だと思います。いずれにせよ嫉妬心と執着心の先にあるものは「破壊」だと思います。呪いとは遊郭に [続きを読む]
  • 馬子にも衣装 入園式の準備
  • 馬子にも衣装【読み】 まごにもいしょう【意味】 馬子にも衣装とは、どんな人間でも身なりを整えれば立派に見えることのたとえ。服で身なりは変わる。本当だと思います。そして人生は選択だと思います。良い人生は良い選択が大切です。しみじみ思います。入園式の準備、一時はどうなるかと心配でしたがだいぶ落ち着きました。 [続きを読む]
  • ■勉強を嫌いになる理由
  • ■勉強が嫌いになる理由中学生になると中間テストと期末テストがありました。高校生になると中間テストと期末テストがありました。勉強は嫌いでは無かったのにいつの間にかテストが多くなるにつれて勉強が嫌いになりました。テストが嫌いだから勉強が嫌いになりました。中学生の時、誰が試験の採点をして誰が判断するのか?疑問でした。高校生になるとその気持ちは強くなり尊敬もしていない大人達に判断されることに違和感を感じ [続きを読む]
  • ■なぜ、うまくいかないのか?②
  • 2社目はyoutubeでお金を稼ぐという内容でした。セミナーに行きました。教室に入ると異様な空気が流れていました。数人ずつのグループに分けられました。司会者が「youtubeでお金を」「どうしたら稼げるか話し合ってください」マジか・・僕は控えめにおとなしく、オドオドしながらダメな人間を演じ意見は無いです・・的なオーラをだして観察していました。セミナー会場は実験室でありセミナーは実験であると思いますので観察するこ [続きを読む]
  • ■なぜ、うまくいかないのか?①
  • ■なぜ、うまくいかないのか?「現象をみること」現象とは判断や行動の結果に現れるものです。今、起きている現象が納得できないならば判断と行動にミスが起きています。行動は判断が起因となり判断は心の在り方が起因となります。心の在り方を変えなければ現象は変わらないと思います。心の在り方はこのままじゃあかんな〜と気付くことで簡単に変えることができます。心の在り方は簡単に変えることができるのに変えられない人は [続きを読む]
  • ■テコンドーの稽古 スケートボードの稽古 軸を倒す 軸足に体重を乗せない
  • ■久しぶりにテコンドーの稽古神戸の三田市に出張姫路市に出張など連続して家を開けることがあり空手もテコンドーも道場に行けませんでした。やっと昨日、テコンドーに行きました。練習はあまりしていなかったのですが前日、変わった稽古をしていたのが良かったのかなあ〜と思いました。テコンドーの組手の稽古では蹴りまくる組手相手との間合いを意識する組手と考えながら練習しました。空手とテコンドーの蹴りの違いは空手は必 [続きを読む]