ちょっこ さん プロフィール

  •  
ちょっこさん: ちょっこのちょこっと幸せ
ハンドル名ちょっこ さん
ブログタイトルちょっこのちょこっと幸せ
ブログURLhttp://happy-chokko.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文人生喰い倒れ!! 東京で、旅先で…いつも食べています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供478回 / 365日(平均9.2回/週) - 参加 2010/07/15 19:21

ちょっこ さんのブログ記事

  • 【食】木曽路
  • 春の会席しゃぶしゃぶでお馴染みの木曽路ですが、今日は春の会席です。(前回は瀬戸店) 季節会席菖蒲。先付には、若鮎の田楽や、空豆が並び、爽やかな春を感じます。お造り、煮物、一人鍋、揚物と続きますが、どれも無難に仕上がっていて、チェーン店としては及第点。親戚の集まりや、町内会の会合などには、使い勝手が良いと思います。木曽路 公式HP 食べログ 次はしゃぶしゃぶ食べようかな♪ワン お願いします [続きを読む]
  • 【食】鳥富士
  • お惣菜で昼飲み差し入れていただいたのは、鳥富士のお惣菜色々。(前回記事はコチラ) 炭水化物多めですが、これらをオアテに一杯やりましょう。 お好み焼きは、キャベツたっぷり。ザクザクッと食感も楽しく、軽い仕上がりが好きです。鶏の唐揚げは、スパイシーなふっくら衣に、しっとりジューシーな鶏肉。鶏肉専門店なので、鶏料理は間違いのない美味しさです。唐揚げ片手に、ハイボールをクピクピッと。ハイカラで、ご機嫌さ [続きを読む]
  • 【食】角上魚類
  • お刺身祭り新鮮な魚が食べたくなったら、角上魚類へ。(前回記事はコチラ) 今日は、お刺身盛合せで、一杯やりましょう。 マグロ、鯛、サーモン、鰹、イカの、豪華な5点盛です。ねっとり濃厚なマグロ。予想以上に脂ノリノリの鯛。とろっとろのサーモン。ムチッと食感が心地良いイカ。そして、やっぱり春は鰹でしょう。たたきも良いですが、お刺身で食べると、より素材の味がわかります。新鮮で、美味しくて、こんなにボリューム [続きを読む]
  • 【食】ドンレミーアウトレット
  • チョコづくし♪おやつを買いに、ドンレミーアウトレットへ。(前回記事はコチラ) ショーケースには、激安ケーキが並びます。 ベルギーチョコプリンのアラモードは、上から下までチョコづくしです。チョコプリンにチョコクリーム。チョコクッキーとチョコチップ。さらに、たっぷりチョコムース。チョコ好き大興奮、午後のコーヒーブレイクにぴったりの、美味しいプリンアラモードです。ドンレミーアウトレット 公式HP 食べログ [続きを読む]
  • 【食】かざま
  • 分厚い衣がノスタルジック北千住の、激安惣菜店かざま。(前回記事はコチラ) 晩酌のおあてを、ちょこちょこっと買って帰りましょう。 初めて買ってみた、ハムチーズフライ。薄切りハムで、チーズをサンドして、揚げました。ハムはあまり存在感なく、チーズもちょっぴり。分厚い衣が、思いっきり主張してきます。この安っぽさが、昭和の子どものおやつって感じ。ビールもすすむ、懐かしい味です。かざま 食べログ 分厚い衣が逆 [続きを読む]
  • 【観】そのうハッピーショップ
  • うしろ姿は、、、北千住のアイドルにゃんこ、なるとクン。会いたくなったら、そのうハッピーショップへ行きましょう。(前回記事はコチラ) 今日は地べたで、マッタリお昼寝中。歳を感じさせない、つやつやの毛並みが美しいです。ポッテリ丸いうしろ姿は、なすびか、ひょうたんか。その可愛さに、メロメロです。そのうハッピーショップ なるとクンのブログ つやつやの毛並みを撫でたくなったら、ワン お願いします。m( [続きを読む]
  • 【食】タンブリン
  • 極辛口にチャレンジスリランカ式カレーが食べたくなったら、タンブリンへ。(前回記事はコチラ) 前回食べた辛口は余裕だったので、極辛口にチャレンジです。 ライスの上に盛られた、色鮮やかな具材が、食欲をそそるタンブリンカレー。サラサラカレーのホッダをかけて、少しずつ混ぜながらいただきます。レンズ豆の旨味が美味しい、パリップ。スパイスをきかせた玉葱、ルヌミリス。ココナッツ風味豊かなスリランカのふりかけ、ポ [続きを読む]
  • 【食】とらや
  • 手土産に小形羊羹手土産を買いに、とらやへ。(前回記事はコチラ) ついでに自分用も、買っちゃいました。小形羊羹の定番味を全種類。片手でつまんで食べられる、カジュアルな感じが気に入っています。小倉羊羹夜の梅、抹茶入羊羹新緑、黒砂糖入羊羹おもかげは、食べたことがありますが、はちみつと紅茶は初めて。賞味期限も長いので、ゆっくり味わいたいと思います。とらや 公式HP 食べログ 手堅い手土産とらやの羊羹♪ワンクリ [続きを読む]
  • 【食】幸楽苑
  • 幸楽苑デビュー今更ながら、幸楽苑デビュー。ラーメンをおあてに、昼飲みしてきました。 数あるラーメンから、二代目醤油らーめん司を食べることに。麺硬めで注文しました。麺は、幅のある中太縮れ麺。無駄に弾力があり、大量生産的な安っぽい味が否めません。スープは、濁りのある醤油味。動物系と魚介系をブレンドしたであろうスープは、見た目には濃厚そうです。しかし実際食べてみると、旨味自体はそれほどでもなく、全体の [続きを読む]
  • 【食】小野珈琲
  • もちっむちっホットケーキ店内にコーヒー香る小野珈琲。ちょっぴり昔懐かしい、落ち着いた雰囲気の喫茶店です。 マスターお気に入りの、小野珈琲ブレンドとともにいただいたのは、人気のホットケーキです。銅板で焼き上げた、優しい焦げ目。厚みのある生地は、焦げ目はサックリ、内側は濃密で、結構ズッシリしています。噛むと、もちっむちっの弾力と、広がる小麦の旨味。これだけ弾力があると、途中で重く感じてくるものですが [続きを読む]
  • 【観】深川神明宮
  • 深川発祥の地立派な伊勢鳥居の、深川神明宮。御祭神は伊勢神宮から分霊された、天照皇大神です。 葦の生い茂る三角州だったこの一帯を、開拓したのが深川八郎右衛門とその一族です。後に徳川家康が、深川八郎右衛門の姓を、地名にするよう命じたのだとか。深川八郎右衛門が創建した深川神明宮は、深川発祥の地と言われるようになり、現在も地域の方々から愛されています。深川神明宮 公式HP 深川界隈ぶーらぶら♪ワン [続きを読む]
  • 【食】みや古
  • 江戸の春を満喫春になると食べたくなるのが、深川めし。みや古で、江戸の味を、満喫してきました。(前回記事はコチラ) 湯気あがる竹わっぱに、青のりの彩りも美しい、深川めしです。あさりの旨味がしみ込んだお米は、ほわほわ柔らかで、優しい口あたり。柔らかなお米に、ぷっくり膨らんだあさりの、プルッフルッとした食感が際立ちます。口いっぱいに広がる旨味と、鼻から抜ける良い香り。しみじみ美味しい、江戸の味です。 [続きを読む]
  • 【食】東あられ
  • サクッと軽い東京土産創業100有余年、両国の老舗東あられ。元々米問屋だったこともあって、原材料にこだわっています。 北斎の富嶽三十六景柄の袋が、東京土産にもピッタリの、北斎揚げです。高級もち米コガネモチの生地を、米油で手揚げ。サクッと軽く、ついつい手が伸びてしまう、やめられないとまらない系です。素材の味がよく分かる、シンプルな塩味。少し甘くて後からスパイスが香る、和風カレー味。どちらも美味しかっ [続きを読む]
  • 【観】てくてく東海道
  • 宿場町に美味い物ありすみだ北斎美術館で開催中の、てくてく東海道--北斎と旅する五十三次--へ行ってきました。 東海道五十三次といえば、歌川広重が有名ですが、その30年前に、北斎も描いていたことを、御存知でしょうか。美しい風景を描いた広重に対し、その土地土地の風俗を描いた北斎。食いしん坊の私は、宿場町の名物グルメの絵に、興味津々です。藤枝の染飯、白須賀の柏餅、桑名の蛤。現在も、その伝統の味を受け継ぐお [続きを読む]
  • 【観】野見宿禰神社
  • 相撲の神様両国界隈ぶらり散歩。野見宿禰神社は、相撲の神様を祀った、何とも両国らしい神社です。 かつて、この辺りにあったのが、高砂部屋。初代の親方が、この地に相撲の神様である野見宿禰を祀ったのが、この神社の始まりです。門が閉まっていたので、今回は外からお参りしましたが、境内には歴代横綱の石碑などもあるようです。野見宿禰神社 地図 両国界隈ぶーらぶら♪ワン お願いします。m(_ _*)m↓↓↓ [続きを読む]
  • 【観】津軽稲荷神社
  • 津軽藩の屋敷神両国界隈ぶらり散歩。もともとは、津軽藩下屋敷の屋敷神として祀られていた、津軽稲荷神社です。 石の鳥居を抜けると、風にはためく幟の参道。キリッと凛々しいお狐様が、迎えてくれます。朱塗りの小さな社殿に、お参りしましょう。緑の生い茂る境内に、柏手が響く、清々しい朝です。津軽稲荷神社 地図 両国界隈ぶーらぶら♪ワン お願いします。m(_ _*)m↓↓↓ [続きを読む]
  • 【食】空也
  • 最中の最高峰足取りも軽やかに、銀座へ。予約した空也の最中の、受け取りなんです。(前回記事はコチラ) 小箱いっぱいに、詰まった最中。最中の皮の空也の文字が、神々しく見えます。まず感動するのは、焦がし皮のとびきり良い香り。その香ばしい皮はふっくらで、噛めばハフッと優しく広がります。中の餡も、また素晴らしいこと。つぶし餡でも、しっとり滑らか。上品な甘さが、小豆の旨味を引き立てます。美味しい、美味しい、 [続きを読む]
  • 【観】数寄屋橋公園
  • 今は顔なしツツジの花が鮮やかに咲く、春の数寄屋橋公園。銀座の玄関口です。 数寄屋橋公園のシンボルといえば、岡本太郎氏作の若い時計台です。しかし、修理のため、時計盤が一時撤去され、現在は顔なし状態です。時計盤の設置は、5月下旬の予定。またその頃、遊びに来ます。数寄屋橋公園 地図 岡本太郎のパブリックアートが好き♪ワン お願いします。m(_ _*)m↓↓↓ [続きを読む]
  • 【食】重慶飯店
  • 横浜土産に番餅はいかが?四川料理の名店重慶飯店。売店には、たくさんのオリジナル商品が並びます。 神奈川県名菓展菓子コンクールで、優秀賞を受賞したこともある、人気商品番餅です。たっぷり豆沙餡を生地で包み、ゴロゴロクルミのトッピング。豆沙餡はしっとり滑らかで、きちんと甘味がありますが、後味はサラリ軽やかです。まわりの生地もしっとりしていて、餡との見事な一体感。ザクザクッとクルミの食感と、香ばしさが、 [続きを読む]
  • 【食】華正楼
  • 月餅とは少し違うような横浜中華街でも、最大級の中華料理店華正楼。売店には、たくさんの中華菓子が並びます。 焦げ目の照りが美しい、スタンダードな月餅。皮はホコホコ、豆沙餡はしっとり滑らかです。見た目は月餅なのですが、実際食べてみると、月餅とは少し違うような。餡こそ中華風ですが、子どもの頃よく食べた、なごやんに少し似ています。私は、きちんと中華な月餅が好きですが、日本人には食べやすい味だと思います。 [続きを読む]
  • 【食】喜久家
  • 老舗の逸品横浜元町の、老舗洋菓子店喜久家。ここへ来たなら、何はともあれ、ラムボールでしょう。 チョコレートでコーティングされた、直径5センチ程度のつやつやラムボール。食べる前から、ラム酒の香りが、鼻孔をくすぐります。半分に割ると、ラム酒のなじんだ、滑らかな生地。口へ運べば、ホロホロッと溶けて、ラム酒が華やかに広がります。チョコレートコーティングは、夏は暑さで柔らかくなりすぎないように、冬は寒さで [続きを読む]
  • 【食】カフェネクストドア
  • コーヒーに詰まった元町愛横浜元町のフランス料理店、霧笛楼が経営する、カフェネクストドア。落ち着いた雰囲気で、居心地の良い空間です。 ネルドリップで丁寧に淹れた、霧笛楼オリジナルブレンドコーヒー。酸味も苦味も穏やかで、優しくまるみのある香りと味です。クセがなく飲みやすいので、ゴクゴクいってしまいそうですが、そこはゆったりと余韻まで楽しみましょう。舌の上に残る甘味が、上品でありつつ、ちょっぴりキュー [続きを読む]
  • 【食】聚楽
  • ふかふか中華蒸しパン中華菓子専門店聚楽。ショーケースには、手作り感あふれる中華菓子が並びます。 淡い茶色の蒸しパン馬拉糕。しっとり、ふかふか、最後にもっちり。素朴な甘味のあと、クリーミーが広がります。材料に練乳が使われているので、このクリーミーな感じが出せるのでしょう。濃く淹れたコーヒーと一緒に食べると、ベトナムコーヒーを飲んでいるような味になって、とても美味しいです。聚楽 食べログ 中華蒸しパン [続きを読む]
  • 【食】東北人家
  • 豪快にかぶりつけ店内に中国語が飛び交う、東北人家。素朴な木のテーブルとイスが並び、まさに大陸の東北料理店の雰囲気です。 見た目のインパクトも凄い、東北醤大骨。東北人家の名物料理です。ほんのり中華スパイスをきかせた特製醤油ダレて、じっくり煮込んだ豚の背骨。ビニールの手袋をはめて、手づかみで豪快にかぶりつきます。骨のまわりのお肉は、少々食べづらいですが、しっとり柔らか。骨の髄の、ねっとりコラーゲン [続きを読む]
  • 【食】ウチキパン
  • 食パン発祥の店イギリス人のロバート・クラークさんから教わり、日本で初めて食パンを販売したのが、ウチキパン。(前回記事はコチラ) 1888年創業、横浜元町の老舗ベーカリーです。 看板商品のイングランド。大きな山型食パンは、創業当時と変わらず、現在もホップ種を使って発酵させています。綺麗な焦げ目のミミは、手で触るとしっかり硬さがありますが、トーストして食べてみると、サックリとても軽やかです。内側は、し [続きを読む]