woody-aware さん プロフィール

  •  
woody-awareさん: めも。woody-awareのヤフーブログ。
ハンドル名woody-aware さん
ブログタイトルめも。woody-awareのヤフーブログ。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/woodyaware
サイト紹介文本来は小松左京さんと一般文学論について考えるブログでしたが今では様々な事何でも有りに成って居ます
自由文 本来は小松左京さんと「一般文学論」について考えるブログでしたが今では様々な事何でも有りに成って居ます。
 日々思う事、或る特殊な講義、マンガ、空の写真など、様々な事を提供して行きます。とても長文なので其の辺は知って置いて下さい。
 今の目玉は「うっでぃの講義録」かも知れません。
 出来るだけ毎日更新は続けて居ます。若し長〜い文章が読みたく成ったら、お出でに成るのもよいでしょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供415回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2010/07/16 17:41

woody-aware さんのブログ記事

  • コトリンゴさんと谷山浩子、斉藤由貴。
  • コトリンゴさんと谷山浩子、斉藤由貴。  未だに劇場アニメーション映画「この世界の片隅に」をスマホでさぇ見れて居無いが、NHK総合で深夜放送で「コトリンゴ」さんと言う方が音楽担当をされて居た事を知った。「悲しくてやりきれない」も其の映画のオープニング曲として使われて居り、本来はフォーク・クルセーダーズが1968年頃歌ったものから始まって居ると言うのも今回初めて知った。 今其れを未だ傍らにテレビ見て [続きを読む]
  • 夢とは何かと、「情報を引き出す遊び」。
  • 夢とは何かと、「情報を引き出す遊び」。  夢には様々な側面が有るが、其れには一抹の真実を伝えたり、訴えたりする機能も有ると思う。夢の中で起きて居る事は何処か欠けて居て直接の印象や効果を持た無い事が多い。だけれども、慎重に考え批判的に理解しようとすると何処か現実と結び付いて居る事さぇ有る。  夢は現実に起きて居る事の裏返しかと言うと、必ずしもそうでは無い様に思うし思われる。ただ、夢は面白く「象徴的」 [続きを読む]
  • 原テラ紀。
  • 原テラ紀。  パソコンのメモリは嘗てメインメモリが128KBだった時代が有る。 勿論其の前には32KB、16KB、8KBだった時代すら有るだろう。 今は其れがキロバイトからメガバイトを超えてギガバイトの単位の時代と成って居る。 今の標準的なパソコンの安い価格の物は4GBを基礎にデザインされて居る。多くて8GBだ。しかし最先端の家庭用を買えば32GBのものすら売って居る状態には成って居るみたいだ。 [続きを読む]
  • 空軍、と言う新しい組織の誕生。と独立。
  • 空軍、と言う新しい組織の誕生。と独立。  昨日8月13日日曜日、BS1スペシャル「なぜ日本は焼き尽くされたのか」(ニュース10分を含んで1時間50分)を見て居て、新しい軍事組織が成り立つ時の瞬間の問題を深く考える様に成った。比較すれば陸軍と言うのは考え易い存在だが、「海軍」と言うのは考え難い存在で有る。だが、海洋や海・湖・沼沢地に於いて「水の上を活動する」水軍、或いは海軍と言う組織は割りと古くか [続きを読む]
  • 此の夏はひとなみの高みへ。
  • 此の夏はひとなみの高みへ。  此の春終わり頃から考えて居た、修士の単位履修生は予定依りは縮小では有るが10月から発足の可能性が高い。簿記3級の夢やMOS資格合格、基本情報処理資格の取得等、更にはエクセルVBAやウェブデザインの学習等、やって居る事や当面の目的として居る事は多いが、何とか大学だけは守備出来そうで有る。難しい事は思うが、考えると此の方針の方が自分の実現には遠ければ遠回りでいいかも知れ [続きを読む]
  • 日本語が出来る事、出来無い事。
  • 日本語が出来る事、出来無い事。  うーん、日本語って出来る事と出来無い事が有ると思うのよね。 でも一方ではこんなに沢山の言葉を受け容れて居る言葉も世界で少ないのかも知れ無い。日本が海外の言葉と付き合う様に成ってから、其の言葉の問題で言えば日本国内の方言は別として、中国漢字語と朝鮮語以外ではなかなか付き合いが無かったのが、一時の戦国末期のポルトガル語とスペイン語は別として、江戸時代にオランダ語と付 [続きを読む]
  • リンダリンダぁ〜、YOUは何しに日本へ?
  • リンダリンダぁ〜、YOUは何しに日本へ?  いやぁアルゼンチン人の40代後半の人の行動力には物を言え無いわ。少年の時に日本人の空手の先生に日本文化を教えて貰って其れで日本に関心を持ち、其の後仕事の忙しさで忘れて居たけど、此の番組(TVプログラム)を見て日本を南端から北端迄自転車旅行を決断するなんて凄い決意振りだと思う。  熊本に10年間居たロシア出身でアメリカ在住の方の熊本震災ヴォランティア振りも [続きを読む]
  • マンガ変人伝。
  • マンガ変人伝。  マンガの中の登場人物の中で特に「変人」を扱った記事を何時か作ろうとして居る事が有る。既に「芸人伝」を作り掛けて一筆以上休めて居るが、同様の企画は無数に有る、か有り得るので有る。先の変更でヤフーブログは100書庫以内と言う限界を打ち破ら無かった為其の為此の作戦は変更せざるを得無い。大体が無数のコーナーを形作れる程巨大なコミュニケーション作業機関ではブログは無い。だから、此れはしょ [続きを読む]
  • よさこいの結果が臭い。
  • よさこいの結果が臭い。  昨日、8月10日高知よさこい祭り初日の「市民憲章よさこい踊り子隊」に2年振り(3年振り?)に関わって来ました。いや、いやぁ意外と夕方からの参加なので他の「本格チーム」に関わるよりは涼しくて楽なのですが、汗っかきが物凄いので追手筋と帯屋町の2箇所を踊っただけでもう汗でずぶ濡れ状態に成り自分のアパート迄帰って来ました。自分でも分から無いけど下着迄汗でずぶ濡れに成りきっと洗い [続きを読む]
  • 経済方針性の確保。保存。
  • 経済方針性の確保。保存。  あんまり多く無い収入と支出では有るが、多く数多の支出に充てて居る。其の中でも支出の方面と方針が大きいのが情報通信処理関連と受信関連だ。基本と成るのはやっぱり枢軸としてスマートフォンで有る。其の関連の周辺にタブレットやワイマックスが付いて来る。光回線の1Gbps有線通信料も欠かせ無い。そしてスカパー!のCS放送受信システムの稼働もかなり譲れ無い事では有る。実際の所外接H [続きを読む]
  • 携帯端末の普及と家電の発達の影響。
  • 携帯端末の普及と家電の発達の影響。  スマートフォンが発達をし始めてから其の実感をしたのが2011年の8月で有る。其の前の年2010年秋の段階で日本のスマホ投下市場は活性化をして居た。東芝の製品で有るTC01型と言うのが発売されて居り、アンドロイド2.0ヴァージョンで有ったが付属マイクロSDカードに16GBが選ばれ、既にイヤホンジャックが付くデザインが固定されて居たので有る。2011年夏状態では [続きを読む]
  • 庶民の動態力。
  • 庶民の動態力。  庶民力と庶民の動態力と言うのをつい忘れてしまう事が有る。と言うか其れは多いだろう。 戦国大乱時代等を見るのに其の理解って居る上部構造で有る識字系の大名文化人等を見るばかりでは無く、小学を通じた庶民動態歴史に目覚める事は重要で有る。庶民程変化激しく時代と事態に適応して居るものは少ない。此の庶民の歴史を知ら無ければ、本当の日本歴史も理解出来る訳も無く、日本は此の諸大名等の上層部と、 [続きを読む]
  • 1テラから多テラへ。
  • 1テラから多テラへ。  2006年頃のウィンドウズ・ヴィスタの頃から普及版パソコンはメモリを1GB以上多ギガに渡ってメモリを増設し、ハードディスクも現在では1TBが当たり前に成りつつ有る。外接ハードディスクも固定では2テラが1万円もせず3テラ以上5,6テラ辺りも誕生する始末と成って居る。家庭用ハードウェア情報処理端末では16GBをメインメモリとして積む事は10万円前後辺りのマシンでは可能と成り換 [続きを読む]
  • アイパッドプロ512GB。
  • アイパッドプロ512GB。  8月4日、7月に支払いし損ねた6月分の支払いをしにauショップを訪れた。 其処で、新しいアイパッド(プロ)に12.9インチの最大度と何よりも「512GB」内蔵メモリの物が有る事を初めて知った。アイフォン7でも既に256GB内蔵メモリの最大値が有り、自分の所持して居る2年前のアイパッド2でも128GBの内蔵メモリが有る。理想的には元より256GB機能が欲しいと思って居 [続きを読む]
  • 過保護のカホコ。其の4回目。
  • 過保護のカホコ。其の4回目。  色々有るもんですなぁ。 オレだって過保護かも知れ無い。 こりゃ不味いわ。かなり不味いが、痛々しいが、でも仕方の無い事だわ。 誰にでも其の時はやって来る。例えば、自分なら「自分一人で保育園から帰って来る」と言う決意と決断と実行をした時かなぁ。過保護から解かれるのは、「自分が成長した時」だ。  だから、少々「過保護」から卒業した。少々だけど、其れは素敵な大きなステップだ [続きを読む]
  • 新釈・「君の名は。」。
  • 新釈・「君の名は。」。  そう言えば、と、宇宙からの落下物と言う意味では細田守監督の「サマー・ウォーズ」も同じようなモチーフを最後に持って来てたなぁ、と思いつつ、「君の名は。」を思い返す。 今回は1200年毎かの巨大彗星の接近が一大モチーフに成って居るけれどもふうむ、時間の織り成す直列性では無い「編込み状態」の問題が含まれて居るんだよね。非常に良く出来て居る作品では有るけれどもう一寸音響が寂しか [続きを読む]
  • 聲の形。
  • 聲の形。  そうかぁ、アンドロイドアプリ「グーグルPlayムービー&TV」では未だ公開されて居無いんだ、と思いつつ。昨年話題を読んだ劇場アニメーション映画で3つの内一昨日「君の名は。」は¥500円でハイグレードで見つつ(3端末、スマホ・パソコン大モニター・アイパッド2を試してみたのは既述した)、「この世界の片隅に」は¥2000円買い取り制、で「聲の形」は又評判なのだが未だネット上では未公開なのだった [続きを読む]
  • やり繰り。
  • やり繰り。  さぁて段々行き詰まって来た。やり繰り。 経済的に逼迫すると問題が大抵起こる。起こる所では無い。逼迫その物が問題なのだ。 さぁて(←二度目だが)どうしよう。がどうしようも無い。資金は底を突いて居る。支払われる分量には決まりが有る。其れを破綻すれば破産だ。だからやり繰りは何とかせねば成らぬ。 支出は、節約をモットーとする。収入は上げるべき尽力要素では有るがそう簡単には収入・収益は入るも [続きを読む]
  • Zガンダム。(BS11で放送中)
  • Zガンダム。(BS11で放送中)  家の県域には当時放送が一寸しか無かったので(最大の理由はZ等ガンダム初期系はテレビ朝日系だったので、其の直接ネット局が無かった事)私は随分と此の番組を見る事が無かった。当時から言えばもう35年程も経って居るので随分長い視聴無し期間と言う事に成って居る。其処でTBS・MBS系で半年間を置き「鉄血のオルフェンズ」を放送し其の3か月遅れの放送をBS11がやって居る時 [続きを読む]
  • ひよっこ。(朝ドラ)
  • ひよっこ。(朝ドラ)  何か行方不明に成って居たお父さんが先週見付かりました。 今週は其の続きです。と言うか登場人物がどんどん増えて行って楽しく面白く成って急展開が激しく成って行った後で此の始末。脚本家〜、どんだけ視聴者を混乱させればいいんだぁぁぁと言う訳なのですが、今見時、面白味の有る部分です。 どう考えても将来不安が残って居た要素なのですが、どうやら片付き始めたストーリーの分枝で有り中心でも [続きを読む]
  • 文化と表現。
  • 文化と表現。  文化は人間の生活の流れ其の物だから、人間は様々な表現形態を採るけれど、其の社会の持てる資源力を通じて、文化は或る種の表現力を持つ。そして、其れは適度に強度を持ち、他者の文化に影響を与える事が有る。  日本で、江戸時代後期末期に栄えた「浮世絵文化」(錦絵文化)は其の一つで有る。 其れはフランスへ等渡り、美術の新方法を探る時のヒント(術・すべ)として縁(よすが)としてフランス印象派・新 [続きを読む]
  • 君の名は。
  • 君の名は。  今ようやっとスマホで観ました。劇場用アニメーション「君の名は。」。 嗚呼、こう言う話だったのね。まさか自分も良く考えてた宇宙からの災害の話だとは思っても居無かった。宇宙からの隕石や小惑星、そして伝統的彗星の話は良く有る。あのアーサー・C.クラークにも「宇宙からの小惑星等災害の為の宇宙ガード」と言う小説が有る位で有る。(「宇宙のランデブー」だったっけ。)  今、其れはグーグルムービー& [続きを読む]
  • ヴィタミンとオリザニン。
  • ヴィタミンとオリザニン。  森林太郎鷗外の問題って複雑なのねぇ。 鈴木梅太郎と言う農学者が脚気に対抗する物質で有ると思われるものを発見し得て、且つ当時の東京帝国大学派医学部出身の人達に「医学」として「栄養素」を認められず、ドイツ語で論文を書いた頃には2年前にポーランドの学者が論文を既に書いて居たとは。  時代の科学論争とは、難しいものだと初めて知った。 今では「インターディシプリン」の考え方が大き [続きを読む]