株式会社 かぼちゃん農園 さん プロフィール

  •  
株式会社 かぼちゃん農園さん: 赤いルバーブ及び加工品の販売・産地直送
ハンドル名株式会社 かぼちゃん農園 さん
ブログタイトル赤いルバーブ及び加工品の販売・産地直送
ブログURLhttp://kabochan39.com/
サイト紹介文<赤いルバーブ販売・産地直送>海抜1,000メートルの信州は富士見高原からお届け致します。
自由文当農園は赤いルバーブ出荷高日本一でございます。価格は税込(1130円/キロ)
HP「かぼちゃん農園」からお入りください。アントシアニンいっぱいの真っ赤なルバーブは、美味しい、きれい、体に良い、と三拍子揃った機能性野菜です。真っ赤なルバーブジャムは乳製品にもピッタリ!只今、人気上昇中です。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2010/07/18 10:57

株式会社 かぼちゃん農園 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2017 赤いルバーブの収穫と発送を開始いたしました。
  • 春先に低温の日が度々生じた影響で今年は異常なくらい赤いルバーブの株から花芽が出ました。例年ですと花芽は5月中旬には一段落するのですが、今年は6月になっても花が咲きました。花を摘み取らないと栄養が種にまわるので摘み取ります。また、収穫する茎の芽を出すためにも行います。また、梅雨に入っても雨が降りませんでしたが、先週の恵の雨で赤いルバーブも回復しております。本日、2017赤いルバーブの収穫開始宣言を致します [続きを読む]
  • 赤いルバーブの花の摘みとり最盛期です。
  • ◆当農園は昨年より環境に、そして安全に配慮した長野県エコファーマー認証を頂いております。我が家の圃場は海抜1000メートルの高原地帯です。遠くには八ヶ岳山麓が見えます。手前の花は花桃です。田んぼでは田植えの準備が始まりました。寒い日には田んぼに薄氷は張ったり、霜が降りる日もあります。ルバーブの花は赤い花でとてもきれいです。しかし栄養が全て種に行ってしまうので、花の芽は全部摘み取ります。当農園では約2000 [続きを読む]
  • ルバーブ畑が冬に逆戻り 3/27 早朝
  • 前日から雪が降ったり止んだりしていましたが、今朝は10センチ位はつもったでしょうか。雪の降ることは想定していましたので、先日乗用車のタイヤのみノーマルに交換しましたが、作業用の軽トラなどはそのままスタットレスです。春の雪は陽が出れば里は二日ほどで溶けてしまうのですが、今年は例年より寒いので少し心配です。昨年は暖かかったので桜の花もルバーブも一週間程度早かったのですが、今年は遅れるかもしれません。昨日 [続きを読む]
  • 2017 赤いルバーブの春はすぐそこ!
  • 赤いルバーブの里 富士見高原は3/21雪が降りました。春の雪は解けるのも早いですが、ルバーブ畑の土手には雪が残っています。今年は貝を焼いた石灰を撒きました。これは土壌を弱アルカリ性にするためです。今年の出荷予定は5月25日です。予約を開始しましたので、お電話・メール・FaceBookなどでお受けしております。 [続きを読む]
  • テレビ東京「旬菜の恵」のロケが行われました。
  • テレビ東京の新番組 旬菜の恵のロケが今日(8/10)赤いルバーブ畑で行われました。=大地からの希少な贈りもの=伝統野菜や西洋野菜等を専門的に生産する農園や生産者を紹介する番組です。勿論、当農園は赤いルバーブの紹介です。畑での収録の後、自宅で妻がルバーブジャムとルバーブドレッシングの作り方を紹介しました。ロケは約3時間半かかりました。放映は9月6日(火)21:54〜の予定です。ディレクターさん他皆さん大変にお [続きを読む]
  • 2016年の出荷を開始いたしました。
  • いつもご利用頂き誠にありがとうございます。今年度の赤いルバーブの出荷を開始いたしました。ご販売価格は 1130円(税込)でございます。ヤマト便のコレクト(代引き)での発送となりますので、本体価格に送料及びコレクト手数料をご負担ください。予約順に発送しておりますので少々お待ち頂く場合もございます。尚、当農園は長野県エコファーマー認証の農園でございます。安心・安全な赤いルバーブをお届け致します。 [続きを読む]
  • 今年も花摘みの季節が来ました。
  • 今年は諏訪大社の御柱の年です。四月には「山出し」五月には「里引き」という祭りがあります。太いモミの大木を山から切り出しで諏訪大社の境内の四隅に建てます。この祭事は猿と虎の年に行われます。そんな縁起の良い年です。ルバーブも元気に育っております。数日前より花摘みを始めました。畑により株の大きさは異なりますが、今年もいっぱいに花を付けています。良い茎を収穫するには、赤い花を全部摘まなければなりません。こ [続きを読む]
  • 過去の記事 …