鬼軍曹 さん プロフィール

  •  
鬼軍曹さん: 植物ぶつぶつダイアリー
ハンドル名鬼軍曹 さん
ブログタイトル植物ぶつぶつダイアリー
ブログURLhttp://botdiary.blog122.fc2.com/
サイト紹介文写真と切手による日替わり植物図鑑です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2010/07/18 18:23

鬼軍曹 さんのブログ記事

  • 2407.今日の植物(1895):バンヘールデア
  •  今日の植物は、バンヘールデアという植物です。 バンヘールデアは、ツルナ科 Vanheerdea属(バンヘールデア属)の多肉植物で、The Plant Listには1種の名前が挙げてあるだけでした。非常に小さな植物群だと思われます。 実は、切手に描かれている種はVanheerdea divergensとされていて、The Plant Listの種名とは違っています。ネットで調べてみるとVanheerdea divergens種に関する情報も載っていましたので、この種はThe Pl [続きを読む]
  • 2409.今日の植物(1894):ディディマオツス
  •  今日の植物は、ディディマオツスという植物です。 ディディマオツスは、ツルナ科 Didymaotus属(ディディマオツス属)の多肉植物で、切手に描かれているDidymaotus lapidiformis種の1種だけの属のようです。 そのDidymaotus lapidiformisは、南アフリカの喜望峰の乾燥した環境に分布する植物で、分厚い一対の三角形の葉を持っているようです。秋には白、ピンクあるいはシルバーピンクの花を咲かせ、驚いたことに普通の生育環 [続きを読む]
  • 2405.今日の植物(1893):トリコカウロン
  •  今日の植物は、トリコカウロンという植物です。 トリコカウロンは、ガガイモ科 Trichocaulon属(トリコカウロン属)の植物で、Plant Listでは28の種があげてありましたので、小さな植物群ということになりそうです。 Trichocaulon属についてウイキペディアで調べてみましたが、Trichocaulon属としての記事は見つからず、Stapelianthus属の記事に飛んでいくようになっていました。ということは、ウイキペディアではこの属はS [続きを読む]
  • 2404.今日の植物(1892):ギバエウム
  •  今日の植物は、ギバエウムという植物です。 ギバエウムは、ツルナ科 Gibbaeum属(ギバエウム属)の植物で、The Plant Listには、亜種2種を含めて25の種があげてありました。 ウイキペディアの情報によりますと、この属は小型の多肉植物で南アフリカのLittle Karoo地域固有の植物だとされていました。 この属の植物は、肉厚の2枚の葉を持っていて、春に白あるいはピンクの花を咲かせる植物だそうです。 写真です。葉の外 [続きを読む]
  • 2403.今日の植物(1891):フィカリア
  •  今日の植物は、フィカリアという植物です。 フィカリアは、キンポウゲ科 Ficaria属(フィカリア属)の植物で、The Plant Listには4種と5つの亜種が載っているという小さな植物群です。 ウイキペディアの情報によりますと、Ficaria属の植物はかつては*Ranunculus(キンポウゲ)属に含められていたそうですが、その後、遺伝子解析の結果を受けて分離されたということです。切手にも描かれているFicaria verna種はlesser cela [続きを読む]
  • 2402.今日の植物(1890):ヒメノカルディア
  •  今日の植物は、ヒメノカルディアという植物です。 ヒメノカルディアはトウダイグサ科 Hymenocardia属(ヒメノカルディア属)の植物で、The Plant Listには変種も含めて8種があげてありましたから、小さな植物群です。 そのほとんどはアフリカ原産の樹木なのですが、1種だけは東南アジア原産なのだそうです。 切手に描かれているHymenocardia acida種は、アフリカのガンビアからエチオピア、モザンビークを原産地とする樹木 [続きを読む]
  • 2401.今日の植物(1889):ヒルデガルディア
  •  今日の植物は、ヒルデガルディアという植物です。 ヒルデガルディアは、アオギリ科 Hildegardia属(ヒルデガルディア属)の植物で、The Plant Listによれば変種や亜種を含めて14種が確認されているという小さな属です。 このアオギリ科は、遺伝子解析による分類体系では、アオイ科に統合されているようです。 ウイキペディアの情報では、これらの種は広く熱帯地域に分布しているということですが、生育環境が失われたこと [続きを読む]
  • 2400.今日の植物(1888):ワルツェウイツィア
  •  今日の植物は、ワルツェウイツィアという植物です。 ワルツェウイツィアは、アカネ科 Warszewiczia属(ワルツェウイツィア属)の植物で、この属には9つの種が含まれるようです。 ウイキペディアによりますと、この植物は中南米の熱帯地域に分布する植物で、そのうち切手に描かれているWarszewiczia coccinea種が最もよく知られている種で、この種はトリニダード・トバゴの国花とされているということです。 属名のWarszewic [続きを読む]
  • 2399.今日の植物(1887):ミカヅキグサ
  •  今日の植物は、ミカヅキグサという植物です。これまで3回続けて登場しているトリニダード・トバゴから発行されたセットに含まれている植物です。 ミカヅキグサは、カヤツリグサ科 Rhynchospora属(ミカヅキグサ属)の植物で、The Plant Listには374の種名があげてありましたので、これは相当に大きな属ということになります。 ウイキペディアの情報によりますと、この植物群は南極大陸を除く各大陸にひろく分布していると [続きを読む]
  • 2398.今日の植物(1886):リアニア
  •  今日の植物は、リアニアという植物です。 リアニアは、ヤナギ科 Ryania 属(リアニア属)の植物で、The Plant Listでは11種が掲載されている小さな植物群です。 ウイキペディアによりますと、このRyania 属はかつてはイイギリ科という科に分類されていたのですが、遺伝子解析に基づくAPGの分類体系ではヤナギ科にされたのだということです。そんな背景で、このイイギリ科は今は科としては存在しないことになっているのです [続きを読む]
  • 2397.今日の植物(1885):イチベンバナ
  •  今日の植物は、イチベンバナという植物です。 イチベンバナは、マメ科 Swartzia属(イチベンバナ属)の植物で、The Plant Listによれば203種を擁する属だということですので、かなり大きな属ということになります。 ウイキペディアの情報によれば、新世界の熱帯地域に分布する植物で、低地から高地の熱帯雨林、草原などに分布しているということです。 また、アメリカの始新世(5600〜3900万年前)の化石にも見ら [続きを読む]
  • 2396.今日の植物(1884):クリソテミス
  •  今日の植物は、クリソテミスという植物です。 クリソテミスは、イワタバコ科 Chrysothemis属(クリソテミス属)の植物でThe Plant Listには7つの種があげてありましたので、小さな属ということになります。 ウイキペディアにはそのうちChrysothemis pulchella種について情報があり、熱帯地域の多年草で、温室や室内で育てることができる植物のようです。英語名は、black flamingo(黒いフラミンゴ)とか copper leaf(銅の葉 [続きを読む]
  • 2395.今日の植物(1883):デカスペルマム
  •  今日の植物は、デカスペルマムという植物です。 デカスペルマムは、フトモモ科 Decaspermum属(デカスペルマム属)の植物で、The Plant Listでは34の種名があげられていましたので、割合に小さな属ということになりそうです。 ウイキペディアによりますと、18世紀には属としての報告がなされたということですので、古くから知られた植物群だといえそうです。中国から東南アジアおよび太平洋の島嶼地区に原産地を持つ植物 [続きを読む]
  • 2394.今日の植物(1882):ニデマ
  •  今日の植物は、ニデマという植物です。 ニデマは、ラン科 Nidema i属(ニデマ属)の植物で、The Plant Listには2つの種が載せてありました。ウイキペディアでも2種が知られているとされていましたので、2種だけの非常に小さな植物群だと思われます。 ウイキペディアの記事によりますと、この2種とも西半球の熱帯地域、メキシコや中央アメリカ、カリブ海地域を原産地としているようです。 ウイキペディアの記事はこの程度 [続きを読む]
  • 2393.今日の植物(1881):フランケニア
  • 今日の植物は、フランケニアという植物です。 フランケニアは、フランケニア科 Frankenia属(フランケニア属)の植物で、The Plant Listでは80種が確認されているという植物群です。 切手に描かれているFrankenia portulacifolia種は、セントヘレナ、アセンション、トリスタンダクーニャといった南大西洋の島嶼固有の種だということです。塩分に強い植物のようで、乾燥した岩場や、海岸の岩場を生息地としているようですが、 [続きを読む]
  • 2392.今日の植物(1880):ヒペルテリス
  •  今日の植物は、ヒペルテリスという植物です。 ヒペルテリスは、ザクロソウ科 Hypertelis属(ヒペルテリス属)の植物で、The Plant Listによれば属としては7種が確認されているとされていました。 しかしややこしいことですが、ウイキペディアによればかつてHypertelis属だった植物は1種を除いてKewa(キュア?)属(キュア科)に移されることになったのだということです。2014年のことと言いますから3年ほど前になりま [続きを読む]
  • 2391.今日の植物(1879):メハジキ
  •  今日の植物は、メハジキという植物です。 メハジキは、シソ科 Leonurus 属(メハジキ属)の植物で、The Plant Listによれば25種が確認されている植物群です。ウイキペディアの情報によりますと、ヨーロッパからアジアに至る地域を原産地とする植物で、オセアニアから南北アメリカ大陸でも自生化しているということです。 種としてのメハジキLeonurus japonicusは、日本でも本州や九州、四国の日当たりのよい草地に自生して [続きを読む]
  • 2390.今日の植物(1878):ジュルベルナルディア
  •  今日の植物は、ジュルベルナルディアという植物です。 これも聞きなれない名前ですが、マメ科 Julbernardia 属(ジュルベルナルディア属)の植物で、The Plant Listでは11種の名前があげてありました。一方、ウイキペディアでは8種が熱帯アフリカで見られるとされていました。 マメ科といいますと、私たちは食用に栽培している豆の仲間を思い浮かべるのですが、切手に描かれているJulbernardia paniculata種などは、普通で [続きを読む]
  • 2389.今日の植物(1877):クモラン
  •  今日の植物は、クモランという植物です。 クモランは、ラン科 Taeniophyllum属(クモラン属)の植物です。久し振りのラン科の植物ということになりそうです。 The Plant Listによれば、Taeniophyllum属に分類される植物は185種があるとされています。ウイキペディアでもほとんど200種に近いと表記されていますので、かなり大きな属ということになるようです。 そのほとんどはインドネシア、マレーシア、フィリピン、イ [続きを読む]
  • 2388.今日の植物(1876):クロバナロウゲ
  •  今日の植物は、クロバナロウゲという植物です。 クロバナロウゲは、バラ科 Comarum属(クロバナロウゲ属)の植物で、この属には切手に描かれているComarum palustre 種の1種のみがあるということのようです。 ウイキペディアの情報によりますと、このComarum属はかつてはキジムシロ(Potentilla)属のクロバナロウゲ亜属とされていたのですが、新しいAPGの分類体系で独立した属とされることになったようです。 Comarum p [続きを読む]
  • 2387.今日の植物(1875):アストラカンサ
  •  今日の植物は、アストラカンサという植物です。 アストラカンサは、マメ科 Astracantha属(アストラカンサ属)の植物で、The Plant Listでは253種を含む属だとされています。一方、ウイキペディアでは、Astracantha属はAstragalus属(ゲンゲ属)とされていて、双方の見解が違っていますが、切手の表記も含めて、今回はThe Plant Listに従ってAstracantha属とすることにします。 ウイキペディアにはこの植物に関する情報が [続きを読む]
  • 2386.今日の植物(1874):オランダビユ
  •  今日の植物は、オランダビユという植物です。 オランダビユは、マメ科 Psoralea属(オランダビユ属)の植物で、The Plant Listによれば105種を擁する属だということです。ウイキペディアの情報では、Psoralea属の植物のほとんどのものは有毒なのですが、中には食用になる種もあるということです。 また、ダイズのようにマメ科の植物の多くはイソフラボンという物質を含むのですが、Psoralea属の植物は特に多く含まれるとい [続きを読む]
  • 2385.今日の植物(1873):マハランガ
  •  今日の植物は、マハランガという植物です。 マハランガは、ムラサキ科 Maharanga属(マハランガ属)の植物で、The Plant Listによれば5種が確認されているという小さな属のようです。 考えてみると、このところ3回続けてムラサキ科の植物になりました。意図的なものではなく、気づいたらそうなっていたということなのです。 ですが、頼みのウイキペディアにもMaharangaに関する情報がなくて、これは弱った・・・状態でした [続きを読む]
  • 2384.今日の植物(1872):ハラクシア
  •  今日の植物は、ハラクシアという植物です。 ハラクシアは、ムラサキ科 Halacsya属(ハラクシア属)の植物で、この属に分類されるのは切手に描かれているHalacsya sendtneri 種の1種だけのようです。 この植物についても情報が少ないのですが、Halacsya sendtneri から有用な物質が撮り出される、といった記事がネットにありました。 また、この属名Halacsyaは、オーストリアの物理学者、植物学者のEugen von Halácsy氏(1 [続きを読む]
  • 2383.今日の植物(1871):アルカナ
  •  今日の植物は、アルカナという植物です。 アルカナは、ムラサキ科 Alkanna属(アルカナ属)の植物で、The Plant Listでは67種を擁する属だとしています。ウイキペディアではこの属はムラサキ科で約60種を含む草本である、という簡単な情報だけでしたが、切手に描かれているAlkanna tinctoria種については一項として取り上げられていました。 それによりますと、この種はその根が赤色の染料として利用されるということでよ [続きを読む]