鬼軍曹 さん プロフィール

  •  
鬼軍曹さん: 植物ぶつぶつダイアリー
ハンドル名鬼軍曹 さん
ブログタイトル植物ぶつぶつダイアリー
ブログURLhttp://botdiary.blog122.fc2.com/
サイト紹介文写真と切手による日替わり植物図鑑です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2010/07/18 18:23

鬼軍曹 さんのブログ記事

  • 2390.今日の植物(1878):ジュルベルナルディア
  •  今日の植物は、ジュルベルナルディアという植物です。 これも聞きなれない名前ですが、マメ科 Julbernardia 属(ジュルベルナルディア属)の植物で、The Plant Listでは11種の名前があげてありました。一方、ウイキペディアでは8種が熱帯アフリカで見られるとされていました。 マメ科といいますと、私たちは食用に栽培している豆の仲間を思い浮かべるのですが、切手に描かれているJulbernardia paniculata種などは、普通で [続きを読む]
  • 2389.今日の植物(1877):クモラン
  •  今日の植物は、クモランという植物です。 クモランは、ラン科 Taeniophyllum属(クモラン属)の植物です。久し振りのラン科の植物ということになりそうです。 The Plant Listによれば、Taeniophyllum属に分類される植物は185種があるとされています。ウイキペディアでもほとんど200種に近いと表記されていますので、かなり大きな属ということになるようです。 そのほとんどはインドネシア、マレーシア、フィリピン、イ [続きを読む]
  • 2388.今日の植物(1876):クロバナロウゲ
  •  今日の植物は、クロバナロウゲという植物です。 クロバナロウゲは、バラ科 Comarum属(クロバナロウゲ属)の植物で、この属には切手に描かれているComarum palustre 種の1種のみがあるということのようです。 ウイキペディアの情報によりますと、このComarum属はかつてはキジムシロ(Potentilla)属のクロバナロウゲ亜属とされていたのですが、新しいAPGの分類体系で独立した属とされることになったようです。 Comarum p [続きを読む]
  • 2387.今日の植物(1875):アストラカンサ
  •  今日の植物は、アストラカンサという植物です。 アストラカンサは、マメ科 Astracantha属(アストラカンサ属)の植物で、The Plant Listでは253種を含む属だとされています。一方、ウイキペディアでは、Astracantha属はAstragalus属(ゲンゲ属)とされていて、双方の見解が違っていますが、切手の表記も含めて、今回はThe Plant Listに従ってAstracantha属とすることにします。 ウイキペディアにはこの植物に関する情報が [続きを読む]
  • 2386.今日の植物(1874):オランダビユ
  •  今日の植物は、オランダビユという植物です。 オランダビユは、マメ科 Psoralea属(オランダビユ属)の植物で、The Plant Listによれば105種を擁する属だということです。ウイキペディアの情報では、Psoralea属の植物のほとんどのものは有毒なのですが、中には食用になる種もあるということです。 また、ダイズのようにマメ科の植物の多くはイソフラボンという物質を含むのですが、Psoralea属の植物は特に多く含まれるとい [続きを読む]
  • 2385.今日の植物(1873):マハランガ
  •  今日の植物は、マハランガという植物です。 マハランガは、ムラサキ科 Maharanga属(マハランガ属)の植物で、The Plant Listによれば5種が確認されているという小さな属のようです。 考えてみると、このところ3回続けてムラサキ科の植物になりました。意図的なものではなく、気づいたらそうなっていたということなのです。 ですが、頼みのウイキペディアにもMaharangaに関する情報がなくて、これは弱った・・・状態でした [続きを読む]
  • 2384.今日の植物(1872):ハラクシア
  •  今日の植物は、ハラクシアという植物です。 ハラクシアは、ムラサキ科 Halacsya属(ハラクシア属)の植物で、この属に分類されるのは切手に描かれているHalacsya sendtneri 種の1種だけのようです。 この植物についても情報が少ないのですが、Halacsya sendtneri から有用な物質が撮り出される、といった記事がネットにありました。 また、この属名Halacsyaは、オーストリアの物理学者、植物学者のEugen von Halácsy氏(1 [続きを読む]
  • 2383.今日の植物(1871):アルカナ
  •  今日の植物は、アルカナという植物です。 アルカナは、ムラサキ科 Alkanna属(アルカナ属)の植物で、The Plant Listでは67種を擁する属だとしています。ウイキペディアではこの属はムラサキ科で約60種を含む草本である、という簡単な情報だけでしたが、切手に描かれているAlkanna tinctoria種については一項として取り上げられていました。 それによりますと、この種はその根が赤色の染料として利用されるということでよ [続きを読む]
  • 2382.今日の植物(1870):コドノボエア
  •  今日の植物は、コドノボエアという植物です。 コドノボエアは、イワタバコ科 Codonoboea属(コドノボエア属)の植物で、The Plant Listによれば87種が確認されている植物群です。 Codonoboeaについて、頼みのウイキペディアには、イワタバコ科の属で、その種の多くはかつてはHenckelia属に分類されていたという記事と属している種の名前が挙げてあるだけでした。 他のサイトで調べてみたのですが、マレー半島に分布するも [続きを読む]
  • 2381.今日の植物(1869):フィラガティス
  •  今日の植物は、フィラガティスという植物です。 フィラガティスは、ノボタン科 Phyllagathis属(フィラガティス属)の植物で、The Plant Listによれば25種が確認されているという植物群です。 この植物については、頼りにしているウイキペディアに情報がなく、ネットで探しました。 その結果ですが、この属は東南アジアに分布する植物のようです。 切手に描かれている種ではないのですが、Phyllagathis rotundifolia とい [続きを読む]
  • 2380.今日の植物(1868):ランテリウム
  •  今日の植物は、ランテリウムという植物です。3日続けての日替わり植物図鑑となりました。 ランテリウムは、キク科 Rhanterium属(ランテリウム属)の植物で、3つの種が知られているようです。 ウイキペディアによりますと、いずれも中東からアフリカ北部の砂漠地帯に分布する植物のようです。 ウイキペディアには切手に描かれているRhanterium epapposum種について詳しい情報がありました。 それによりますと、この種はサ [続きを読む]
  • 2379.今日の植物(1867):アンビレア
  •  今日の植物は、アンビレアという植物です。今回も日替わりのブログになりました。 アンビレアは、キク科 Anvillea garcinii属(アンビレア属)の植物群で、世界で3種が確認されているという小さな属です。 ウイキペディアにも情報が少なかったのですが、北アフリカや中東、アラビア半島に分布する植物のようです。 切手に描かれているAnvilleaAnvillea garcinii garcinii種は、北アフリカの地域では炎症に対する伝統的な薬 [続きを読む]
  • 2378.今日の植物(1866):エダウチナズナ
  •  今日の植物は、エダウチナズナという植物です。 エダウチナズナは、アブラナ科 Diplotaxis属(エダウチナズナ属)の植物の総称でThe Plant Listでは47の種が確認されているとされていました。 ウイキペディアの情報によりますと、この植物群はヨーロッパや地中海沿岸地域を原産地とする植物で、特にイベリア半島、アフリカ北部およびカーボベルデに多く分布しているということです。 その種のなかには、辛子の風味のある葉 [続きを読む]
  • 2377.今日の植物(1865):ペルグラリア
  •  今日の植物は、ペルグラリアという植物です。昨日に続いて久し振りの「日替わり」ブログになりました。 ペルグラリアは、キョウチクトウ科 Pergularia 属(ペルグラリア属)の植物で。15種が確認されているという小さな属のようです。 このPergularia も昨日のTalinum(ハゼラン)属と同じく、サウジアラビアから発行された切手のセットに入っていて、今回初めて植物の名前が判明した仲間です。 それと、名前について「へ [続きを読む]
  • 2376.今日の植物(1864):ハゼラン
  •  今日の植物は、ハゼランという植物です。 ハゼランはスベリヒユ科 Talinum属(ハゼラン属)の植物で、The Plant Listでは16種があるとされています。ただ、新しい植物分類体系ではハゼラン科という科が作られ、Talinum属もこちらに分類されるようになったようです。 ウイキペディアの情報によれば、Talinum属の植物の一部は葉を食用にするものもあるということで、熱帯地域では広く栽培もされているようです。また花壇用に [続きを読む]
  • 2375.今日の植物(1863):ランケステリア
  •  今日の植物は、ランケステリアという植物です。 ランケステリアは、キツネノマゴ科 Lankesteria属(ランケステリア属)の植物で、The plant Listでは確認された種として7つの種名があげてありましたので、小さな種ということになりそうです。 今回、このランケステリアを取り上げたのは、このビアフラ共和国(というかつてあった国)から発行された切手に描かれている植物の名前が分からずにいたのですが、最近になって初め [続きを読む]
  • 2374.今日の植物(1862):アナバシス
  •  今日の植物は、アナバシスという植物です。久し振りに2日連続の記事となりました。といいますのは、昨日の*と同じシリーズとして発行された切手にこの植物が描かれていたものですから、続けて掲載することにしました。 アナバシスは、ヒユ科 Anabasis属(アナバシス属)の植物で、The Plant Listによれば28種が確認されているということです。 ウイキペディアの情報では、この植物群はヨーロッパ南部から北アフリカ、アジ [続きを読む]
  • 2373.今日の植物(1861):ネウラダ
  •  今日の植物は、ネウラダという植物です。 ネウラダは、ネウラダ科 Neurada属(ネウラダ属)の植物で、このNeurada属に分類される植物は、切手に描かれているNeurada procumbens種の1種だけだということです。 ネウラダ科は久し振りに初めて登場する科なのですが、ウイキペディアの情報によりますとこの科に分類される属は3属だけで種の数も10種だけという小さな科のようです。 このネウラダ科は、かつてはバラ目(目は科 [続きを読む]
  • 2372.今日の植物(1860):イバラモ
  •  今日の植物は、イバラモという植物です。 イバラモは、トチカガミ科 Najas属(イバラモ属)の植物で、The Plant Listでは48の種名が挙げてありました。 ため池や湖沼に分布する一年生の水草です。 この属の植物は世界中に分布しているということで、日本には9種程度が生息しているようです。日本に分布するものの多くは絶滅が危惧されている種だという情報もありました。 一方、トリゲモ(Najas minor)のように日本で絶 [続きを読む]
  • 2371.今日の植物(1859):フッケンヒバ
  •  今日の植物は、フッケンヒバという植物です。 フッケンヒバは、ヒノキ科 Fokienia属(フッケンヒバ属)の植物で、The Plant Listによれば、切手に描かれているFokienia hodginsiiの1種のみが確認されているという属です。ウイキペディアの情報では、その他に化石で確認されている種があと1種あるのだそうです。 分類上ではFokienia属はChamaecyparis(ヒノキ)属に近く、研究者によっては独立した属と認めていないものもあ [続きを読む]
  • 2370.今日の植物(1858):ツガ
  •  今日の植物は、ツガです。 ツガは、マツ科 Tsuga属(ツガ属)の常緑の針葉樹で、The Plant Listによれば世界に14種があり、そのうち、日本ではツガとコメツガの2種が分布しているということです。 この2種とも大きなものでは樹高が30メートルになるものもあるのですが、コメツガの方は山岳部に分布しやや小さな葉を持っており、ツガの方は少し温暖な環境に分布しているということで、見分けがつくということです。 ツ [続きを読む]
  • 2369.今日の植物(1857):テンノウメ
  •  今日の植物は、テンノウメという植物です。 テンノウメは、バラ科 Osteomeles属(テンノウメ属)の植物で、The Plant Listでは2つの変種を入れても4種で構成されているという小さな属です。 東アジア原産の低木で、食用になる果実をつける植物だということです。 切手に描かれているOsteomeles anthyllidifolia種は、テンノウメと呼ばれる種で太平洋の亜熱帯から熱帯地域にひろく分布しているということです。日本でも南西 [続きを読む]
  • 2368.今日の植物(1856):マテレア
  •  今日の植物は、マテレアという植物です。 マテレアは、ガガイモ科 Matelea属(マテレア属)の植物で、The Plant List では確認された種として261の種名があげられていました。ウイキペディアでは約200種があるとされていましたので、200種を超える種を擁する大きな属ということになりそうです。 このような大きな植物群なのですが、全くなじみがなく、これまでその姿を見たことがないように思います。 このMatelea [続きを読む]
  • 2367.今日の植物(1855):カワラボウフウ
  •  今日の植物は、カワラボウフウという植物です。前回に続いてボウフウ仲間です。 カワラボウフウは、セリ科 Peucedanum 属(カワラボウフウ属)の植物で、ウイキペディアによりますと、世界に120種ほどが確認されているということです。そのうち、日本には3種が分布しているようです。 いつも思うのですが、セリ科の植物は属の間の違いがよく分からないのです。花はみな同じように見えますし、葉も余り違いがないように思 [続きを読む]
  • 2366.今日の植物(1854):イブキボウフウ
  •  今日の植物は、イブキボウフウという植物です。 イブキボウフウは、セリ科 Libanotis属(イブキボウフウ属)の植物です。前回のトルナベネアに続いてセリ科の植物となりました。 このイブキボウフウというのがまたよく分からない属なのです。まずイブキボウフウという種があるのですが、これは日本語版のウイキペディアではLibanotis coreana とされています。一方、Y Listというこれも日本のサイトですが、ここではLibanotis [続きを読む]