CHOCOL@T さん プロフィール

  •  
CHOCOL@Tさん: フォトジェニックな日々
ハンドル名CHOCOL@T さん
ブログタイトルフォトジェニックな日々
ブログURLhttp://chocolatti.exblog.jp/
サイト紹介文シンガポール在住。時々日本、時々それ以外の国。写真と旅とお花と美味しいものを少々の日々。
自由文<旧ブログ>
Happy Singapore☆Diary
http://ameblo.jp/chocolatti-taste/
Happy Singapore☆Diary~シンガポール駐在日記
http://blogs.yahoo.co.jp/chocolatti_taste
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2010/07/23 01:14

CHOCOL@T さんのブログ記事

  • 日経新聞連載『愉楽にて』が楽しみすぎる
  • 先週から始まった日経新聞朝刊の新連載小説『愉楽にて』舞台が東京、京都、そしてシンガポール。「主人公は虚無とも呼べない心の平坦を恋愛で埋めていこうとする男性」とな。第1話からシンガポール駐妻登場で最初の会話がメイドの愚痴という。。。シンガポール駐妻とはなんぞや解説に朝からニヤニヤさすが林真理子さん!掴みはばっち... [続きを読む]
  • 眺めの良い和食屋さんにて
  • 在星期間が長くなりますと出不精に拍車がかかりちょっとランチなんて思いましてもあそこもここも行ってしまったしもう行くところ無いわ、、、なんてのはシンガポールでよくあるパターン。そもそも情報に疎くなってます。。。イカンイカン最近行きましたシャングリラホテルの最上階の和食屋さん『波心』。とても眺めが良くて明るくて... [続きを読む]
  • アマランサスの秋色ブーケとGUAXS
  • おNEWのGUAXSフラワーベースでちょっぴり秋カラーなブーケ。このサイズのオレンジのアマランサスは初めて見たかも?普段使うことのないタイプのユーカリ・ニコリーと合わせてみました。春に注文していたGUAXSのフラワーベースが夏休み中にシンガポールに届いたようでサンフランシスコ滞在中に国際電話で連絡が来ました。... [続きを読む]
  • お花市場へ*夏の終わりのBOUQUET
  • コロコロコロコロンなエノコログサ。やっと夏休み気分が抜けて来ました。そろっと通常運転。久しぶり、ほんと久しぶりにお花市場に行って来ました。夏休み前ですから、、、ええっとほぼ三ヶ月ぶりじゃありませぬか!?もうすっかりお花市場の人たちに忘れられちゃってるかな〜と若干遠慮気味に足を踏み入れましたら... [続きを読む]
  • SEPTEMBER*ドライ紫陽花のリース
  • 絶賛断捨離中。シンガポールの我が家に戻ってからコツコツと、そして時にはえいやっと捨てられなかったあんなものこんなものを悉く処分しております。まあ色々出てくるわけですわ。存在そのものを忘れていた物も多々。次回のお引越しの時は出来ればインテリア総とっかえぐらいの勢いで挑みたいですのう。だからもう絶対ものは増やさない... [続きを読む]
  • 2017★ SUMMER in USA
  • 丸々たっぷり二ヶ月長い長〜い夏休み終わりました。ブログ投稿が久しぶり過ぎてお写真の編集方法やエキサイトの書き方をすっかり忘れてます。なので1記事投稿するだけなのにやたらと時間がかかっております、やれやれ。***夏休みいかがお過ごしでしたでしょうか?我が家は今夏も日本はスルーしてそのままア... [続きを読む]
  • FLOWER*SEASON3へ
  • 2012年の秋から始めたお花。当初はテーブルフォトの被写体として自分の手でお花をアレンジできるようになりたいという思いで始めたかと思います。しかし、続けていくうちに私ってばこの分野、もしやのもしかして好き?と意外な面を発見することになりました。次第にただお花に触れ眺めるだけでなく今自分に持っているものに繋げられたらと思うよ... [続きを読む]
  • STING LIVE @ SINGAPORE INDOOR STADIUM
  • こんばんは。日付は変わってしまいましたが今晩は楽しみにしていたSTINGのライブでした。シンガポールでSTINGのライブに行くのは5年ぶり2度目。もうきっと更におっさんになっていると思いきや何だか髪が増えてた、かも。そんなわけでインドアスタジアム夕刻8時スタート。とにかく前座が長くて長くて、... [続きを読む]
  • FLOWER #45 PEONY SEASON*芍薬フォーリンラブ
  • 芍薬シーズン!お花市場はぷっくりまん丸な蕾と今か今かと開くのをふんわり待ち構えている色とりどりの芍薬でいっぱい。一体全体どのお色を選んだら良いの???と嬉しい悲鳴。選んだ芍薬のカラーはホワイト。一晩お家で様子を見ていい感じに開き始めたところでブーケにしました。ずっと見ていて飽きないほど美しくて嫋やかな芍... [続きを読む]