密教僧侶ヒーラー正仙「法名」 さん プロフィール

  •  
密教僧侶ヒーラー正仙「法名」さん: 元ヤクザ組長から僧侶ヒーラーに成った男のブログ
ハンドル名密教僧侶ヒーラー正仙「法名」 さん
ブログタイトル元ヤクザ組長から僧侶ヒーラーに成った男のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/budha888/
サイト紹介文魂の僧侶ヒーラー正仙のパワフルな愛に触れて見てくださいね。
自由文私は15才より右翼団体に所属し、その後極道の世界に身を投じ、約20年その世界に生きてきました。

10年程前に最後の服役の時に「神との対話」という本を読んだ事が機縁で精神世界に開眼し、出所後堅気になり、その後得度し真言宗僧侶に成り、現在はクレアボヤント(透視)、ヒーラーとしても活動しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供187回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2010/07/23 19:35

密教僧侶ヒーラー正仙「法名」 さんのブログ記事

  • ☆今日の龍神雲
  • 水墨画を思わせる様な雲でした。鳳凰とも天使の羽とも思える雲が形を崩して行ったと見るや、右側から龍神雲が生きているかの様に伸びてきて間もなく何もなかった様に消えてしまいました。 自然の造作とは楽しくも不思議なものがあります。 合掌 ☆ヒーリング吉祥の営業日時☆ヒーリング吉祥のセッションメニュー 【日程迫る!講演】極道から密教僧侶ヒーラーへ! 修羅の道のは [続きを読む]
  • アキバのふくろう達
  • 連休中日の昨日は、お昼に秋葉原へ行ったものでしたが、前より噂に聞いていた「アウルの森」と言うふくろうカフェに行ってきました。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜アウルの森HPより〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜当店のフクロウは全て人工孵化したCB生体(captive bred)です全て雛から大切に育てております。野生捕獲の [続きを読む]
  • あなたの側にもいるお地蔵さまとは?
  • 昨日もいつもの如く、夜半より数名の方への遠隔加持を行いました。一昨日は一名、昨日は二名の方から新たに加持祈祷、ヒーリングの申し込みがあり、大きな伽藍を擁するお寺などではない私のところなどに全くもって有り難い事でもあります。 昨日もお客様よりご親族の方の手術が無事に済んだとのお礼のメッセージなども頂き、手術の成功は医療スタッフの力あっての事なれど、同時刻に手術の無事を祈り、お加持させ [続きを読む]
  • あれから六年…今日の龍神雲
  • 今日の夕日を映したものですが、夕日の上の雲に龍眼らしきものが見えます。 六年前の東日本大震災当日の空です。 震災のあった当日の今頃と言うのは、強い余震が間断なくあり、テレビを点ければ、刻々と東北沿岸部の被害の状況が報じられている時間でした。 あれから6年…この地震の時に政権与党だった枝野さんは「ただちに影響はない」を繰り返していたものですが、皮肉にもこの言葉の通 [続きを読む]
  • 今日の龍神雲
  • セッションを終え、ベランダに出て何気なしに空を見ると太陽に向かって龍が湾曲するかの様な雲が現れていました。 休憩中に頂いたご近所の和菓子屋の「すあま」はもちもちとしていて美味いのです。コーヒーカップにも早い春が来た様です(笑) 合掌 ☆ヒーリング吉祥の営業日☆ヒーリング吉祥のセッションメニュー [続きを読む]
  • 一昨日はカレーの会でした!
  • 一昨日は東京下町は町屋駅前の「桜ダイニング」で第11回カレーの会を開催しました。 この日も各テーブルからは笑い声なども聞こえ、スパイシーなインドカレーの香りと、皆さんの熱気が混在したかの様な盛り上がりを見せたカレーの会となりました(笑)今回の会場となった桜ダイニングは、私のところにセッションにおみえになっている方などはよく知っている「ニューガ [続きを読む]
  • 龍の氣が宿る棒とは?
  • お不動様のご縁日などで真言宗のお寺を訪れた事のある方なら、護摩炉に火が入る前など、お坊さんが細い木で出来た棒を、まるで音楽の指揮者がタクトを振る様な所作をして振っているのを見た事があるかも知れません。 または、仏像や仏壇の開眼やお葬式等の儀式で目にされた事のある方も多いのではないでしょうか。 写真にもある肌色をした一見何の変哲も無い木の棒ですが、これは散杖(さんじょう)と [続きを読む]
  • 万引き地蔵
  • ※写真はタイトルとは関係ありません。 昔、満月時のセックスへの欲求と、万引きする事への衝動が、ワンセットの様に訪れる事があると話してくれた女性がいたものです。 先日、加持祈祷をお願いしたいと言う女性からの電話に、どの様な依頼なのか尋ねると… 内容は「ワケあり」で会って直接お話したいと言うこの女性でしたが…混乱や恐れで、心ここにあらずの状態がその人の声の状態にありありと現れて [続きを読む]