りゅう さん プロフィール

  •  
りゅうさん: Birder から
ハンドル名りゅう さん
ブログタイトルBirder から
ブログURLhttp://birder048.blog107.fc2.com/
サイト紹介文Birder仲間のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2010/07/24 18:42

りゅう さんのブログ記事

  • ヤイロチョウ 枝への飛びつき
  • 育雛中のヤイロチョウ。雛に餌を運ぶ手順はほぼ決まっているようでした。大好物のミミズを集めてくると先ず近くの倒木に止まり、更に巣の近くの枝に止まってから巣に入ります。枝に飛びいた時の様子です。暗い場所なので、400mm、f5.6のレンズでシャッタースピード…1/1,000秒を確保しようとするとISO…10,000でザラザラ画面。 [続きを読む]
  • ヤイロチョウ 念願叶う
  • 何時かは撮りたいと思い続けていたヤイロチョウ、念願が叶い撮ることが出来ました。2年前は場所の特定に時間がかかり行った時は2日前までは居たとの事で重い足取りで帰りました。今年もネットを調べたら、『営巣しかかったが人が多くて営巣放棄した』とのニュースがあり諦めていたのですが。ある場所で、昨日ヤイロチョウを撮って来たと聞き早速駆けつけ初めて撮ることが出来ました。抱卵中でしたが巣材を運んでいましたうしろ姿近 [続きを読む]
  • ミソサザイ巣立ち雛
  • よく見かけるミソサザイですが雛は意外と見る機会が少ないように思います。3年ぶりに見ることが出来たミソサザイの巣立ち雛です。 [続きを読む]
  • コマドリ 待望の尾羽開き
  • 待ちに待ったコマドリが尾羽をピーンと上げて大きく開く姿をようやく見ることができました。この時は♀が近くに居て何となくソワソワしている様子、チャンスがあるなと期待していたところ数m先で突然囀りながら尾羽を上げ近くにいた♀に雄姿をアピールしているように見えました。わずか2秒間の出来事でした。背景がスッキリしていればよかった、位置が目線ぐらいの高さだったらよかった、嘴が大きく開いていたらよかった……など、 [続きを読む]
  • コマドリは尾羽が魅力 その3
  • コマドリを撮るときに何時も『尾羽をピンとあげ更に広げている』状態を期待してしまいます。枝が邪魔をしている尾羽を上げて一心不乱に囀っていたコマドリ翼をピッタリ脇につけて大きな口を開けてている様子は、純真な幼稚園児が元気よくハイッと返事をしているように見えます少し首を傾けて裏から見た尾羽も綺麗この時は早朝で日陰、シャッタースピードも1/100秒程で鳥が動くとブレブレ [続きを読む]
  • コマドリは尾羽が魅力 その1
  • いよいよコマドリを見ることができる頃となりました。コマドリの魅力は囀りにもありますが何と言っても尾羽を広げた時の姿です。尾羽を広げた様子を見たくて山へ行ってきました。鳴き声を頼りに頭上を見上げると空抜けの高い所で囀っていました暫く待っていると低い場所に降りて囀り始めました一心不乱に囀りながら開いた尾羽が美しい向きを変えると尾羽の内側もまた美しい [続きを読む]
  • イスカが柳の木にやって来ました
  • 1カ月ほど前に撮ったものです。イスカ♂が芽吹き始めたネコヤナギ?にやって来ました。芽吹き前の芽をかじったり芽吹いた殻の根元を交差した嘴でちぎり取ろうとしているいとも簡単にちぎり取った殻は食べるわけでもなかった単なる遊びだったのか、嘴を鍛える為だったのか、見たのはこの時だけでした [続きを読む]
  • イスカ 巣立ち雛 その4 最終編 親子
  • 巣立ち間もない幼鳥に対して、親は細心の注意をはらっている様子を見ることができました。移動する時には親子一緒、親は安全な場所を確認。親は常に周囲を確認子は只ひたすら親について行く更に慎重に辺りを確認親が先に飛び降り子も後に続きました [続きを読む]
  • イスカ 巣立ち雛 その3 給餌
  • 同じ場所にずっと我慢強く居続けるイスカの巣立ち雛の所に親が給餌にやってきました。親は口の中か或いは胃の中から何度かに分けて餌を吐き戻して給餌。以前見たカワラヒワの給餌と同じような感じでした。雛の態度は随分落ち着いている感じノビタキやコマドリの場合は親の気配を感じると口を目いっぱい開けて餌をせがむのにイスカの場合は兎にかくクール、他のイスカの雛は見たことが無いのであるいは個体差かもしれませんが親は餌 [続きを読む]
  • イスカ 巣立ち雛 その2
  • 巣立ってから3日経ったイスカの巣立ち雛はほとんどの時間を睡眠に費やしているものの時々可愛らしい仕草で動きも見せてくれました。よちよち歩き背伸びして何かを突いたり下方をじっと見つめたりエンゼルポーズも気持ちよさそうに羽根を伸ばしてストレッチ [続きを読む]
  • イスカ 巣立ち雛 その1
  • 針葉樹の実を主食にするイスカ、冬でも食料は十分に手に入れることができます。そのために季節に関係なく子育てをすると聞いていました。今回、幸運にもイスカの巣立ち雛を初めて見ることができました。松の木にじっと止まって親が来るのを待っていました巣立ちから3日経った巣立ち雛ですトリミングしました嘴の先はまだ交差していません1〜2週間で交差し始めるとも聞いています寝る子は育つほとんどの時間は寝ていました [続きを読む]
  • カオグロアメリカムシクイ 採餌
  • カオグロアメリカムシクイが何かを食べていました。この時は比較的長い時間同じ場所に居ました。しかし、直ぐに移動するのではないかと思い画像の確認はできずシャッターを押し続けました。露出補正が暗く眼が出ません。もう少し明るくすべきだった。トリミング無しの画像  リサイズのみ 400mm f5.6 EOS7D MARK Ⅱ分かりやすくするため少し拡大ヨシの茎を突いている口元が分かるように更に大きく拡大何か虫のようなものを食べて [続きを読む]
  • カオグロアメリカムシクイ 何とか見れる画像
  • ほとんど込み入ったヨシの中に居たカオグロアメリカムシクイですがまぐれで何とか見れる画像もありました。とは言ってもヨシが邪魔をしていますが珍鳥なので我慢。名前の通り黒い顔が愛嬌があり胸の黄色も綺麗横向きで目も出ていたのですが手前にヨシが少し羽根を広げた姿が美しい [続きを読む]
  • カオグロアメリカムシクイ ヨシの中
  • 知人からの情報で幸運にも撮れた珍鳥カオグロアメリカムシクイは本当に難しかった。密集したヨシの中点々と移動していて姿を見せるのは一瞬で直ぐ潜り込んでしまう。動いた方向に出てくるのを目をこらして探すしかありません。双眼鏡で確認してから撮るなんて悠長なことは出来なくて肉眼で確認して見つけたら即シャツターを押すことの繰り返し。撮った画像を確認する暇もありません。そのような訳でピント外れの量産でした。普通は [続きを読む]
  • 赤いオオマシコ 最終編
  • 赤いオオマシコの最終編です。前頭部と喉元の白い部分が広いほど貫禄が感じられるオオマシコの成鳥♂です。オオマシコを撮るときに何時もこの白が表現できないか気にかけています。来季もこのようなオオマシコが見られることを楽しみにしています。 [続きを読む]