confuoco さん プロフィール

  •  
confuocoさん: confuoco
ハンドル名confuoco さん
ブログタイトルconfuoco
ブログURLhttps://ameblo.jp/confuocodalnara/
サイト紹介文韓流ミーハー日記。K-Pop、K-Pop分析、歌詞和訳、韓国映画、K-Popファッション、最新韓国語、韓国ITなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2010/07/24 22:27

confuoco さんのブログ記事

  • Hola! Hola!
  • つ・い・に!だいすきな K.A.R.D 카드が来日!日本初ライブへ〜小さめのハコだったので後ろの方でもなかなか近く見えてダンスが迫力!とてもニコニコ楽しそうに歌って、ダンスしていて表情が手に取るようにわかる、楽しさが伝わる距離が良かった!トークでジウちゃんも吉ぎゅー好きと知ってKぽアーティストは吉野家好きの法則がまた...(?´ㅂ`?)?ジウのRap カッコいいよ...ソミンも可愛すぎる...日本語うまいし!제이셉×소민の [続きを読む]
  • さよなら ブーランジェリー
  • 2017年7月。縁のあったブーランジェリーやパン屋さんが閉店してしまった(;_;)プチメック LePetitmec 。かなり日常つかいだったブーランジェリー。バゲットもフーガスもチョコメックも...(?¯?¯?)下北沢で創業50年のアンゼリカ。味噌パンやカレーパンをいただいていた(?´?`?)子どもの頃から青山通り沿いのランドマーク的存在だったアンデルセンも。デニッシュペストリー発祥?(?????)?デンマークの文化も発信。ハート [続きを読む]
  • 最近K-Pop ちぇっきー 젝키
  • 1997年デビューのジェクスキッス Sechs Kies 젝스키스 じぇっきが2017年ついに日本デビュー!ファースト・コンサート(ファンミーティング)SECHSKIES JAPAN FAN MEETING 2017 へ〜会場周辺に黄色が目立つ...と近づいて行くと「応答せよ 1997」で視たままの、黄色いジャンパーを着た人々がっ!おおっ、これが...1997年にタイムスリップしたような...「응답하라 1997 Reply1997」H.O.T VS 젝스키스 팬들의 전설의 '대전쟁'이 시작되 [続きを読む]
  • 空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜
  • あらすじユン・ドンジュと従兄弟ソン・モンギュの未完成の青春を描いた『空と風と星の詩人〜尹東柱の生涯〜동주 DongJu; The Portrait of A Poet』(2015年)をハートアンドハーツ・コリアンフィルム・ウィークで。カン・ハヌル、パク・ジョンミン、キム・イヌチェ・ホンイル、キム・ジョンパル、チェ・ヒソシン・ユンジュ、ミン・ジヌン出演シン・ヨンシク脚本イ・ジュニク(イ・ジュンイク)監督。(以下、映画の核心に触れる部 [続きを読む]
  • クエイ兄弟 PHANTŒM MUSÆUMS
  • 昨年、神奈川県立近代美術館葉山館で開催されていた「クエイ兄弟 The Quay Brothers―ファントム・ミュージアム― PHANTŒM MUSÆUMS」展に行きそびれ。渋谷区立松涛美術館の巡回展へ。カフカの文学やヤナーチェクの音楽、ヤン・シュヴァンクマイエルの映像作品、ポーランドのポスターなどグラフィック・デザイン...と東欧文化の影響濃い、アメリカ東海岸らしからぬ?世界観にも興味を抱いていたがアニメーションの人形アーマチ [続きを読む]
  • 反逆の韓国ノワール:解氷
  • あらすじ医師のスンフン(チョ・ジヌン)がソウル市江南の個人医院をたたみ京畿道の花井市の病院で勤務を始めた。下宿しているのは肉屋の上階。ある日、勤務先の病院に肉屋の老人(シン・グ)が検査を受けに来た。麻酔を受けると無意識に深層心理にあることごとをつぶやく患者は多いが老人は「体は橋から捨てれば見つからない。頭はまだ冷蔵庫の中」とつぶやきスンフンをぎょっとさせる。チョ・ジヌン、シン・グキム・デミョン、ソ [続きを読む]
  • 残像 Powidoki
  • アンジェイ・ワイダ監督『すべて売り物Wszystko na sprzedaż』で主人公の「監督」が観に行くのがポーランドの前衛画家ヴワディスワフ・ストゥシェミンスキ Władysław Strzemiński の個展。ワイダ監督の遺作はポーランドでスターリニズム吹き荒れる中の画家ストゥシェミンスキの晩年を描いた『残像 Powidoki Afterimage』(2016年)。ボグスワフ・リンダ、アレクサンドラ・ユスタブロニスワヴァ・ザマホフスカ、ゾフィア・ヴィ [続きを読む]
  • 季節の花、文字摺り、和菓子など
  • 昨年は半島ゆかりの高麗神社で夏越の祓の茅の輪くぐり。今年は都内の神社で夏越の大祓の茅の輪くぐりを。和歌三首を唱えながら...みちのくのしのぶ文字摺りたれゆえにみだれそめにしわれならなくに毎年、ねじ花(文字摺り)が咲いているのを見つける、その発見がうれしいこの時季。今年も梅雨のころ雨にぬれて元気に背を伸ばし輝くねじ花が。たんぽぽの葉が色濃くなっている間で文字摺りは背を伸ばしている。コリオリの力とは関係 [続きを読む]
  • TWICE × TWICE
  • 2月に渋谷109の外壁シリンダーに登場して日本デビューを告知していた #TWICE 트와이스 。いよいよ日本デビューの初夏にまた渋谷を席巻!ファンにはたまらない...(?˙?˙?)サインもカワイイ!?(?????)?クリアファイルも後日いただき...これまで渋谷109シリンダーには少女時代(2010年12月)AFTERSCHOOL(2011年12月)EXO(2016年12月)が登場していたので...次に来るのは絶対防弾少年団Д・)to be continued...!?buzz KOR [続きを読む]
  • お嬢さん Extended
  • パク・チャヌク監督『お嬢さん 아가씨 The Handmaiden』のディレクターズ・カット、監督が再編集して通常版より24分長い「スペシャル・エクステンディット版」を観に。約4ヶ月と2週間前に観た(際の Review)ので、ディテールの記憶は朧かもしれないが...(以下、映画の核心に触れる部分もございます)まず上月のお邸に入る車の中でスッキが食べているお餅が蓬のお餅と今回判明!した気がする。公開版ではお餅が残っておらず、ただ [続きを読む]
  • 韓流積読 2017 Д・)
  • 韓流積読再び!? Д・)防弾少年団、SEVENTEEN、TWICE...?(?????)?TWICE特集のほかにイガリメイクのイガリさんがソウルレポもしていて楽しい!EXO-CBX が表紙のポップティーン Popteen も表紙中央下で宣言三行、「にこるんも韓国LOVEガールPOPモデルも韓国が大好き?」と。しかし、にこるんと韓国の記事は今回見当たらないよう...韓流積読と言いつつEXO-CBX が表紙の「JELLY」は買っていない...EXO すまんっ!でも、展示には [続きを読む]
  • 22年目の告白
  • 藤原竜也、伊藤英明夏帆、野村周平石橋杏奈、竜星涼早乙女太一、平田満岩松了、岩城滉一仲村トオル出演『SR サイタマノラッパー』の入江悠監督『22年目の告白 -私が殺人犯です-』(2017年)。ジョン・ビョンギル監督チョン・ジェヨン、パク・シフ主演、国民の情緒に結びついた『殺人の告白 내가 살인범이다』の日本リメイク。ワーナーブラザースが『藁の楯』に続いて日本テレビと製作(配給も)。(以下、映画の核心に触れる部分も [続きを読む]
  • Frame in Love(A&J 1)
  • スンヨン☆ペンが集結!そんな集結ぶりを見てもしかしたらスンヨンが舞台挨拶に来るかもしれない...と秘かに期待もしてしまったが...(?´ㅂ`?)?元 KARAハン・スンヨン 한승연『12人目の助祭 12번째 보조사제』主演のイ・ハクジュ 主演Won Jun Lee 이원준 監督『Frame in Love』をショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017SSFF & ASIA 2017 A&J 1 で。(以下、映画の核心に触れる部分もございます)出演したドラ [続きを読む]
  • すべて売り物 Wszystko na sprzedaż
  • 撮影場所に現れない主演俳優の代わりに走る電車の下に飛び込むスタントを披露する映画監督の姿から映画は始まる。「ゴドーを待ちながら」のように主演俳優を待ち探し続ける監督の妻、俳優の妻、監督たちだが...アンジェイ・ワイダ監督『すべて売り物Wszystko na sprzedaż Everything for Sale』(1968年)を EU Film Days で。タデウシュ・ルベルスキ教授の解題・解説によれば『すべて売り物』は神話への回帰でもあるそうだが撮影 [続きを読む]
  • 映画粒 2017年6月 Cool & Cold
  • また、失われたと考えられていたフィルムが見つかりましたね。KOFIC Newsより。ちょうど100年前の1917年に新聞連載されていた(1917年1月1日から6月14日まで連載されていたそう)李光洙による「無情」、朝鮮半島最初の近代小説を原作としたチェ・ウニ、イ・サンギュ主演イ・ガンチョン監督シン・サンオク製作『無情 무정 Cool and Cold』(1962年)の16mmフィルムが台湾で発見されたそう。そのうち観ることが出来るかしら...余談で [続きを読む]
  • CG
  • ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2017SSFF & ASIA 2017 でCGアニメーションプログラム 2 を。スペインの Juan Carlos Mostaza 監督『Down To The Wire』は針金で作られた人々、をCGで表現。針金ゆえ、生身の肉体ほどの衝撃はないものの攻撃し傷付け殺そうとするゴーストタウンの出来事。しかし、憎しみの連鎖、復讐を止める娘の姿など心の動きもどこか西部劇の余韻も残す。フランスCamille Le SouffachéMarion [続きを読む]
  • 最近K-Pop 2017年5月号 PSY 4×2=8
  • ピコ太郎、イ・ビョンホンもMVに登場するPSY 싸이 8th 4×2=8I Luv Itの歌詞は앞뒤 양옆 사람들 I LUV IT so much の部分ではキリスト教的隣人愛を想起もさせるが...생선을 먹을 땐 가시 발라먹어수박을 먹을 때는 씨 발라먹어날 좋아하는 분들 내 사랑 먹어のあたり발라먹어の 脚韻 のあたりはDrunken Tiger JK Monster の歌詞も連想する。떡볶이에 고추장을 발라버려 김밥에 참기름을 발라버려찬밥을 라면국에 말아먹어 비빔밥에 [続きを読む]
  • STOP
  • キム・ギドク監督問題作『STOP』(2015年)東京上映最終日にすべり込む。中江翼、堀夏子武田裕光、田代大悟藤野大輝、合アレン主演キム・ギドク監督『STOP』(2015年)(以下、映画の核心に触れる部分もございます)震災後の表現の自由について言えば、より小さいハコである演劇、舞台空間の方が(原発の問題等に)いち早く反応し創作し発表していたことと思い合わせ...演劇的な即興性、あるいはぎりぎり映画の体をなす、演劇に片 [続きを読む]
  • KCON 2017
  • BlockB 블락비 の Meet & Greetご招待いただいたので行って来ました、初KCON!!2015年日本初開催時はさいたまスーパーアリーナで。昨年から千葉の幕張メッセ開催で会場レイアウトをうまく使い分けている印象。今年は3日間盛り上がったうちの最終日に訪問。KCON はK-Pop 公演と展示会をミックスした韓流イベント。ビューティー、ファッション、フードなど体験やショッピング、コンベンションとコンサートをワンストップで楽しめる。 [続きを読む]
  • スホランとパンダビ 수호랑과 반다비
  • 平昌 PyeongChang2018 スターティング・イベントへ。スマートフォン2台とビデオカメラをつかってInstagram Live と Line Live でイベントを生配信。開演前の Instagram 投稿とTwitter によるクイズ解答でプレゼントを進呈、というプレゼント・イベントも。ゲストの一人、江原道知事のインスタグラム写真も公開され。知事がSNOW アプリを活用している様子も伺える!やはり(もう何年も前からですが、特に若い世代は)Facebook 離れ [続きを読む]
  • Arrival
  • 哲学クラスタ的にはニーチェを何度か想起させる映画だった。Amor Fati、運命愛も...エイミー・アダムス、ジェレミー・レナーフォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグマーク・オブライエン、ツィ・マー 出演ドゥニ・ヴィルヌーヴ Denis Villeneuve 監督『メッセージ ARRIVAL』(2016年)(以下、映画の核心に触れる部分もございます)映画の初めの方で「記憶はいろいろな見え方をする」とナレーションが入ったことで映画 [続きを読む]
  • 砂時計 모래시계
  • 1980年5月、光州事件、光州民主化運動を想起しながらドラマ「砂時計 모래시계」を観る。チェ・ミンスがカッコ良過ぎてもしかしたらアンジェイ・ワイダ監督『灰とダイヤモンド Popiół i diament』が公開された当時小学生までが主人公を真似てサングラスをつけるほど国民から支持された時のようにテス(チェ・ミンス)たちも支持されていたかしら...チョ・セヒ 趙世熙 조세희「こびとが打ち上げた小さなボール 난장이가 쏘아올린 [続きを読む]
  • AUDREY
  • バレンタインもホワイトデーも行列に躊躇して買えなかったいちご&チョコレート・スイーツ(?¯?¯?)オードリー AUDREY。パッケージ・デザインをしているのは...以前から好きだったD-Bros、そのアートディレクター KIGI(植原亮輔、渡邉良重)(KIKOFの器もなかなか好き)の渡邉良重氏。AUDREYな展示「絵をつくること」展へ。平面からちょっとだけ身を起こした感うっすら角度ある平面の奥行きとべた塗りの中心部分から抜け感ある [続きを読む]