福良すずめ さん プロフィール

  •  
福良すずめさん: 福良すずめ・夫婦の旅便り
ハンドル名福良すずめ さん
ブログタイトル福良すずめ・夫婦の旅便り
ブログURLhttp://suzume1.blog122.fc2.com/
サイト紹介文スズメ大好きな"ばぁば"が七十路の"夫さん"との 日常の些細な出来事を写真と共に綴ります
自由文夫が退職した記念に、子供たち夫婦がデジカメを
プレゼントしてくれました。
そのデジカメで撮った旅先での写真と思い出を、
サビつき気味の記憶を辿りながらブログに書くことで二度味わいつつ、
日々の些細な出来事も綴っていけたらと欲張りながら、
パソコンの知識がないのでわからないことは人まかせの
不安なスタートです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2010/07/28 23:38

福良すずめ さんのブログ記事

  • ガンバレ、藤井聡太四段
  • 将棋は空前のブームで、それを牽引しているのが注目の藤井聡太四段、今日は、増田康宏四段を相手に前人未踏の29連勝に挑戦!藤井四段の注目度はうなぎ上り、勝負飯のメニューは?グッズも即、完売、将棋教室に問い合わせが殺到したりと将棋界はいっそう盛り上がります。14歳という若さで、年上の先輩棋士に挑戦し、次々と勝ち進む姿に、将棋の世界はサッパリ分らない私でも心踊らされます。ちょうどバラエティー番組の中で将棋にま [続きを読む]
  • 見事な試合でした
  • 明日はMLBで田中とダルビッシュが投げ合うよ 何時から? 8時から放映されるよ8時すぎにテレビのスイッチを入れると、球場は雨で、画面は歴代の日本選手の活躍場面が流れていていました。先発はヤンキースは田中、レンジャーズはダルビッシュメジャーで初めての対戦で、ここ数試合は不安を抱えた田中でしたが、今日は8回、100球を危なげない投球でダルビッシュも7回、88球と、これまた申し分のない投球で、お互い0で抑え、勝敗はつ [続きを読む]
  • この手の震えは?・続
  • 今朝の味噌汁の具・ハートの形が良い予感?昨日に続き、私ごとの話にお付き合いください。早速、病院へ行ってきました、気になることは即、ハッキリさせないと落ち着かない性分なのは良いのか悪いのか、それが性分だから仕方がありません。まず、総合内科の受付で問診表に細かく記入しましたが、結局、診察時に先生から同じ質問をされ、じゃあ、書き辛いのを我慢して、私なりに時間をかけて書いたあれは一体何だったのか?と。健康 [続きを読む]
  • この手の震えは?
  • 今日は三ヶ月毎の内科行で、診察室に入るといつものように、変わりありませんか?採血の結果は異常はありません。最近右手の震えと、両足首の張りが強くなったようで気になるのですが…手の震えは書痙?字を書くときに手が震えてうまくかけない症状、か、パーキンソン病でも手が震える症状が現れます。もし、パーキンソン病が心配だったら、脳神経外科や精神科ではなく、神経内科のある病院を受診して…この病院(通院している)は [続きを読む]
  • メガネが無い!
  •  左・夫 、右・私オレのメガネ見なかった?何処に置いたの?最後に使ったのを思い出してみれば新聞を読んでたから…夫婦して探し物は珍しいことではないので、あまり気にも止めないのですが、目の前をウロウロされると鬱陶しく、読み始めた本を置き、どれどれ、と、テーブルの端を見ると、そこに私のメガネがあるではありませんか、じゃあ、今自分が掛けているこのメガネは?顔を見合わせて大笑です。お互いの老眼鏡は少々乱視が [続きを読む]
  • 診療時間厳守
  • 夫が2、3日前から腰の辺りが痛みと痒みがあるというので、見ると帯状に三ヶ所ほど赤く湿疹ができていて、数年前、帯状疱疹に罹り大変な思いをしたことが甦り、直ぐ病院行きを勧めました。さて内科?皮膚科?時計を見ると5時35分、最初の時には古くから掛かっていたE皮膚科でしたが現在は最近開業したT皮膚科に通院しているので、診察券で診療時間6時迄を確認し出かけました。「3分過ぎてたからダメだったよ、あの受付オバサン…」 [続きを読む]
  • あ〜もう返却日だ
  • 毎回、図書館の返却日に返し、借りるを途切れることなく利用しています。私が借りる本は、新聞の読書欄、広告、図書館の本棚特設コーナーで興味を惹く題名や作家、随筆など読んだ中に出てきた作家の本などをランダムに探すという無節操?な方法です。まず、PCで図書館の在庫を確かめ無ければ取り寄せ待ち、数冊まとめて借り、もし読み終えなければ、次の予約待ちを確かめ、入ってなければ延長します。読み始めてこれはどうも?と思 [続きを読む]
  • 痛みの程度は?
  • 朝起きて夫に「今朝は何パーセント?」これは降水確率ではありません。散歩がてら買い物に出かけた時、いつもは前を颯爽?と(私と比べると)歩いているのに、時々、立ち止まったり、歩きずらそうな足どりに「どうしたの?」と聞くと、急にふくらはぎが痛くなったそうで、何が原因か分らないと言います。思い当たることといえば、前日、このところ食べ過ぎ?後3?落とさなくてはいけないから歩いてくると言って出かけました。私と [続きを読む]
  • アジサイの季節
  • 関東地方は既に梅雨入りしたものの、梅雨らしくない夏日のような天気が続いています。毎年この時季、お隣りさんが庭に咲くアジサイを切り花にして届けて下さり、優しい色合いに和まされています。昨日、おお奥さんが「今年は咲き具合が悪いのよ」と素敵な手作りカードと共にいただきました。「私アジサイが大好きなの、だからちょっと作って みたけど線が……良かったら使って」長くパソコン教室に通われて、これまでにもPCを駆使 [続きを読む]
  • 困ったな〜…
  • 体操の前に自彊術のDVDの画面を観ながらいつも頭の体操を兼ねて一つ先の動作をするようにしているのですが、慣れてきたこともあり、ほとんど間違いなくスムーズに済ませていました。ところが、ここ数日同じ場面(耳の両側をこする動作)を飛ばして次に移り慌ててしまいました。違う所が毎回同じというのがどうも気になります。レコード針が同じところを飛ばすような状態で「あ〜イヤダヤダ」と言うと、夫がオレも時々あるよ、慰め [続きを読む]
  • 嬉しいコメント
  • 暑い中ご高覧くださいましてありがとうございました。いつもHPに載せて頂き、主人ともども喜んでます。  お孫さんのご活躍すごいですね。そして家族の暖かい気持ちがいつも伝わってきて、微笑ましく感心しています。すぐメールだそうと思いながら今日になってしまいました。 また、〇〇さんもお友達の事やらいろいろあるのに、前向きな姿勢には、私もそうありたいと思ってます。    落ち着いたら女子会しましょう。 最後にな [続きを読む]
  • ミュシャ展へ
  • 第一美術展を観に国立新美術館に足を踏み入れた途端異様な光景が目に入りました。物凄い混雑で、すれ違うのにも一苦労、ミュシャ展の隣りが第一美術展、人をかき分けて進み、やっとの思いで美術展に入りました。ある時、ミュシャ展がそろそろ終盤、入場者数50万人突破、幻の超大作『スラヴ叙事詩』全20作がミュシャの母国チェコ以外では世界初公開、更に、この機会を逃すと二度と縦6m×横8mの巨大絵画の連作を日本で観られる日は来 [続きを読む]
  • 今年も第一美術展へ
  • 毎年、友人のご主人が第一美術展(国立新美術館)へ出品され、今年も招待はがきを頂き、夫と出かけてきました。第一美術展は油彩をはじめいろいろな手法の絵画、彫刻、工芸など多彩な美術品が出品されていてその素晴らしさには感心させられます。ご主人はどんな題材か?、毎年ドキドキしながら、そのブースを探すのも楽しみの一つでもあります。望郷のメロディー2 ・油彩・F100 [部分]2012年〜17年まで観せて頂き、ご主人のテー [続きを読む]
  • 友人が骨挫傷に!
  • 暫らくぶりにパソコンメールを開いてみましたら、友人のiPhoneから届いていました。お元気ですか? ご無沙汰ばかりでm(__)m便りの無いのは元気な事。。。。と、言いたいところわざわざおしらせすることでも無く、少し落ち着きましたので、ご報告を。詳しく書けば長くなりますので。。簡単に。毛筆の帰り5月12日自転車に乗ろうとして、横転、左膝を打ちえらい目に、腫れてで、合わせて4本血抜き大分良くなりつつありますが、本当に [続きを読む]
  • 読書をしながら…
  • 一気に読んでしまったのは、向田邦子が昨年、没後35年に出版された「お茶をどうぞ」対談 向田邦子と16人、黒柳徹子、森繁久彌、小林亜星、阿久悠、他……、テレビ、小説、オシャレ、男女、食、旅、諸々の思いや考えを近しい対談相手と語りあい、向田邦子の魅力にはまってしまいました。向田邦子といえば、70年代、いろんな作品がドラマ化されていて、中でも人気ドラマ寺内貫太郎一家は、個性的な俳優陣が何気ない日常を演じ、コメ [続きを読む]
  • 良かったね〜
  • 珍入蝶今年2月24日のブログに「口から食べた〜い」と題して記事を書いた友人 I さんから嬉しい嬉しい報告がありました。以前、退院後Iさんからのメールに、望みは捨てず…その言葉通り、とはいへ長く辛い治療を耐えての回復は、担当医から「まず水分から…」と、聞いた時には一瞬信じられないくらいだったそうで、その喜びの程は I さん自身にしか計り知れません。放射線治療(陽子線)の副作用で食道と気管支の間に髪の毛ほどの [続きを読む]
  • 暑さにもマケズ
  • 朝の眠気にもマケズ(5時半起き)暑さにもマケズ、めっきり増えたシミにマケズ、日焼け止めジェルを塗り、UVカットの日傘を手放せず、紫外線と戦いながら…二週続き(日曜日)板橋戸田緑地球場へ孫チームの女子野球の準決勝、決勝戦を応援に、そして優勝を勝ち取り、23チームの頂点に立つことができました。ヤング 春季関東大会、初優勝を果たしました!(秋季は2回優勝)と、決勝戦ではホームラン、三塁打を打った活躍が認めら [続きを読む]
  • コインランドリー初体験!
  • 連休前にコタツを仕舞い、大分くたびれかけてきたコタツ布団の、上、中掛けを、来年は新品に買い換えようかと、思案していたところ、新聞の折り込みの中にコインランドリーのオープンセールのチラシを見つけました。オープンセール中は洗濯無料で、ふわふわ乾燥は14kg,5台、9分・23kg,4台、7分・34kg,1台、6分はすべて100円という価格です。コインランドリーは旅行先で何度か使ったことはあっても、ちゃんとしたお店のコインランド [続きを読む]
  • バトル!
  • 天気予報を信じて止まない夫と、感を頼りにしている私とはいつものことながら、降る、降らないのバトルになります。勿論言葉のですが、今日も3時すぎ頃からスーパーに散歩がてら出掛ける直前までそのバトルが…私は一応準備をして玄関に出て空を見上げてみると、所々真黒い雲が広がっていて、歩く気が失せてしまい「や〜めた」と。夫はといえば「予報では夕方から雨になるみたいだけど、まだ間があるからと言いながら、スマホで確 [続きを読む]
  • 母の日に
  • 昨夜、8時を回ったころ「ピン、ポ〜ン」ドアフォーンが鳴り、玄関ドアーを開けた途端孫から「ハイ」と渡されたのは、素敵なアジサイの花かご、一日早い母の日のプレゼントでした。今日は女子野球関東大会の第二戦が板橋戸田緑地で12:10開始、孫の応援にじじばばは駆けつけました。久しぶりの板橋戸田緑地球場は、曇天で応援日和?試合結果は7対2で勝利、孫はショートで鮮やかなプレーを連発し走者をアウトに、5回からはピッチャー [続きを読む]
  • イボ退治!
  • ここ半年ぐらい前から、首の後ろに数ミリのイボ状のようなものがポツンと一つできて、気になっていたので、思い切って皮膚科を受診しました。「ハイ、ここに座って」拡大鏡を手にし、一目見て、これはイボだ、その間僅か5秒でしょうか「念のため一週間後見せてね」看護師さんに治療を託されました。液体窒素を綿棒につけてイボに数回当てると紫外線には気をつけて、外出時には日焼け止めクリームを忘れずに、家の中でも塗るように [続きを読む]
  • 変わりあるのよ!
  • 娘時代同じ職場だった友人は結婚で上京し、間もなくして、ご主人の転勤で名古屋に移り住み、今はすっかり名古屋の人となっています。その友人とは、どちらからともなく電話で近況を知らせあい、約一年ぶり?に連絡をしてみました。「変わりない?」「それが変わりあるのよ、筋肉リューマチに罹って……」初めて聞く病名に、症状は?など聞いてみると、昨年8月のある朝、ベッドから立ち上がろうとした時、突然、肩に張りと痛みが走 [続きを読む]
  • おめでとう、お疲れさまでした
  • GW中に愛知、広島に遠征していた孫の所属の女子野球チームが、大人・ヤングチーム共々、昨日、無事帰ってきました。ヤングチームは西日本レディースカップ(広島)で優勝。マリンチームは全国選抜碧南大会(愛知)で準優勝。体力、気力をふり絞って試合に挑み、優勝、準優勝という立派な成績を収め、こちらまで感激しました。孫の最初の言葉が「疲れた〜」それでも車中では眠れたようで元気な顔を見て一安心です。気の毒なのは付 [続きを読む]
  • やっぱり!
  • 「Yさんから電話だよ」と、心当たりのない名前に 半信半疑で夫から受話器を受け取ると、Yさん「実は昨日、〇〇〇(柏市のスーパー)で 見かけて懐かしくなってお電話したの」「ま〜、どうして声を掛けてけれなかったの?」Yさん「だって顔にはシミやシワがいっぱいできて、 お婆ちゃん顔になって恥ずかしいから…」「それはお互い様じゃない、私だって…」昔、子供の小学校の時の役員が一緒で、つい3年ほど前まで年賀状のやり取 [続きを読む]
  • 想い出深いパートの仕事
  • 35年くらい前、子供たちがまだ小学生と小さく夏休みや冬休みがネックで、働きたい気持ちがあっても中々踏み出せずにいました。と、いうのは今は亡き義父が幼い時に母親を亡くし、寂しく心細い思いをした記憶があり、母親は家にいて子育てして欲しいという考えをずっと聞かされていたのです。偶々、近くの常磐高速道のインター工事前の遺跡調査の仕事を既にしていた知人から募集の話を聞き、勤務は自由で夏休みは休んでもОK送迎バ [続きを読む]