oka さん プロフィール

  •  
okaさん: 出雲での,今日明日
ハンドル名oka さん
ブログタイトル出雲での,今日明日
ブログURLhttp://oka64.blog118.fc2.com/
サイト紹介文神話の国 島根県出雲の地に生まれ育って73年  楽しい歩みを始めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2010/07/30 22:29

oka さんのブログ記事

  • 珈琲館     松江市
  •  松江市宍道湖湖畔に煉瓦造りの古風な佇まいの 純喫茶 珈琲館でランチをいただきました最近数年ぶりに入れば 純喫茶の面影 カフェの軽さは無く 調度品たたずまいも重厚な雰囲気宍道湖の湖畔から 国道9号方面を写しましたメディアが 安倍内閣支持率急落を盛んに書き立てています たまにTBS”ひるおび”を録画して見ますが、評論家は”飯の種”に結論は言わず隔靴掻痒のコメントで明日に繋げます。テレビも新聞も食うために [続きを読む]
  • 赤い鳥居
  • 私鉄一畑電車沿線出雲大社駅近くに 稲生神社が有ります 本殿と鳥居の間には一畑電車が走っていて、撮鉄には話題の神社です。空梅雨の日照り状態の快晴の日にサイクリング 片道10kmの地です赤い鳥居にだけでは絵になりません タイミングよく女の子が自転車に乗って来ました、しまねっこ号が通過しました昨日の夕方から 久しぶりの雨 畑は日照り状態に恵みの雨になるでしょう 我が家の畑は草ボウボウ、垣根も剪定をお願いし [続きを読む]
  • 「我らがパラダイス」  林真理子著
  • 林真理子の本はほとんど読みません 対談 エッセイ は目を通すことは有りますがセレブ入所の高級施設を舞台にしたテーマは面白く読みましたが、最後のあと10ページを読む気がしなくなりました、現実味のない感じのエンディングだったので2週間してからやっと完読、起承転結はむつかしい、映画化すれば脚本はどう仕上げるか。「下流の宴」も訳の分からなかったNHKドラマの印象が有りました。この本は書店で見つけ  ”横丁カフェ [続きを読む]
  • 写真展見学
  • 概ね3年前にデジタル一眼レフカメラを買ってから、写す楽しみを覚えました。 今は デジタル一眼レフカメラを持って出かけるのが趣味の一つになりました  カメラを持って 何かを狙って出歩くのはポジティブな生き方につながる思いです写真展を見るのも好きです コンテストに出すのは煩わしくたまにしか出しません。 無料もあれば、プリント・額装・出品料で3万円位の費用のいる写真展も有ります、   東京都美術館開催の写 [続きを読む]
  • 蕎麦 ゆかり庵  奥出雲町
  • 2日前に、 大阪で信号待ち中に見えたのが、意味不明の文字      父の日 角の日 ね、お父さん   角瓶と解ったのはしばらくあとでした!       私は  父の日 カードの日(図書カードを娘家族より頂きます だんだん)中国山地の奥出雲町横田の町へ 蕎麦を食べに出かけました神話 古事記の舞台となった 稲田神社の境内にある社務所が食事処となっています全国的に有名になった ゆかり庵で食事します石臼挽き [続きを読む]
  • 喜ばれる訪問
  • 自身も高齢者なので、周りの知り合い親戚先輩は80歳以上になります施設へ入っている 先輩 友人 姉を 元気づけに行く事になります、 楽しい話題提供が主です。下半身が不自由なのでほとんどベッドで過ごされています、お世話になった陶*先輩は家庭的には恵まれなかったので楽しい話題提供で元気に過ごされるよう訪問します、感心するのは服装は清潔 顔もイケメンのまま 老衰を感じません、すごいことです。”なんぞほしもん [続きを読む]
  • 今しかない 
  • 梅雨なのに快晴の日々が続きます、でべそ(出ることが好き)なのでそわそわしています 花粉も飛ばなければ、マスク無しで自転車を乗り回すことができます。25度前後のカラッとした天気は今だけ、  ジメジメした梅雨が来て 汗だくの夏が来てうだるような暑さは9月まで   今しかない爽快な天気暑いかもっと暑いか、乾季か雨季か 四季の無いタイ・ベトナム・インドなどで暮らす日本人はつらいでしょう 重慶・成都など内陸部 [続きを読む]
  • カフェ モルフォ
  • 松江の田和山で お茶を "ウイーンの森"も良いけれど 他人の話し声が聞こえすぎるので、気が散ってしまいます。カフェモルフォへ入りました、 喫煙室は仕切ってあり遠慮なく話が出来るので、友人とも良く入るカフェです。女性の賑やかなグループが去れば 急に静かになりましたビッグサイズのホットケーキを 4等分にカットしていただきますホットケーキにシロップとクリームをいっぱいつけて食べるのも贅沢気分になります。今 [続きを読む]
  •  「たたら侍」上映中止に
  • 錦織良成監督渾身の大作ながら、ケチがつき6月9日で上映中止の報に、Tジョイ出雲は超満員! 私は7日の21:05上映時間に行けば満席、翌8日21:05からの上映を見ました、普段映画を見ない方には面食らう事?  映画館が満員になったのを見るのは4,50年以上前かもしれません、他国の映画館の満員状態は近年でも見ましたが。6月17日から一部を編集をして 再上映することになり安心しました。「たたら侍」 あらすじを説明しようにも [続きを読む]
  • 我が町の景色
  • 出雲市斐川町は見た目は田んぼに囲まれた純農村の風景ですが 県下有数のIT関連企業など大手上場企業が進出している町です、  斐伊川の豊かな水源と出雲空港と高速道そして社会インフラが整備されているなどが企業進出の条件かもしれません。 出雲地方独特の ”築地松”と言われる防風林で、冬の季節風から家・屋敷を守るためと  松の小枝などで風呂とかご飯焚きとか 昔からの生活の知恵の産物だと思います。   今は 農 [続きを読む]
  • 潜水橋   斐伊川
  • 神話伝説の地、出雲を流れる斐伊川には数か所 潜水橋 =沈下橋 があります今の季節は 水量が少ないので 橋は 自転車 バイク 歩行で充分渡れますが 梅雨どきの 大雨にでもなれば 水中に隠れてしまいます。我が町 の田園地帯 シラサギ アオサギ などが飛び交っています   保育園児も遊びに来ています斐伊川土手旧斐川町と出雲市に架かる 潜水橋井上橋  おじさんが渡っています斐伊川の川幅は500mくらいでしょう [続きを読む]
  • 月初めの参拝         出雲大社
  • 出雲大社へ参拝には行きますが 月初めの1日に行くのは久しぶり月始祭 が行われていました青い空に 大きな大きな日章旗がはためいています、見事です。初夏の神事でしょうか いわれのある 祭祀ながら 私は詳しく説明できません出雲教 北島国造会館の本殿5円を両替したら、久しぶりにピカピカの新しい5円玉だったので、スタッフが家内(店長)に渡してくれました  家内は朝夕近くの神社へ参拝 ご縁5円と賽銭は新しいお金を [続きを読む]
  • みな美   松江市
  • 昼食を4人で出かけました 松江市の”みな美”宍道湖と中海を 結ぶ  大橋川沿いに佇む 老舗旅館皆美の食事処 みな美今回は 家内の姉2人と一緒  軽い怪我ながら快気祝いということで集まりました、わたしは運転手に徹します。 にぎやかな3姉妹です  2人とも寡婦になり寂しさ虚しさを乗り越えて、今は悠々自適。私の4人の姉も 家内の2人の姉も 私達も確実に歳を重ねます。 今年出来たことが 来年再来年も出来るとは限 [続きを読む]
  • 下津井港
  • 晴天続きの今はドライブ日和、湿度の低いさわやかな梅雨前のドライブを楽しみました 北前船  蛸漁 瀬戸内大橋 下津井港瀬戸大橋が港の真上を通っています昔の街道がそのままに走っています自転車は私のクロスバイクKONA製  たこが有名のようです       [続きを読む]
  • 回らない寿司屋          ナンバ     
  • 大阪へ出かければ殆ど日帰りです、帰る時間は 19:00出発 23:00帰宅をめどにしています 車はナンバ千日前 道頓堀のの近くに停めてあります  夕食は何を食べようか どこにしようか   道頓堀川沿い 焼肉 ラーメン イタメシ 和食 エスニック なんでもあれの ”食の大阪” 簡単に 回転寿司にしよう、19:00 どこも行列の回転寿司です、待つには長すぎ。超賑わいの心斎橋筋商店街を歩いて,入った店は 市場すし  [続きを読む]
  • #ブルーインパルス   フレンドシップデー
  • 青い空に映える #ブルーインパルス のアクロバット飛行(展示飛行)を写しました #海兵隊岩国航空基地で行われた「フレンドシップデー」の様子です。パイロットが乗り込みましたコックピットからパイロットが手を振って出発ヘルメットをかぶり 色々な機器を装着すれば 風防も締まります最接近しながらの編隊飛行は非常にむつかしいようです すべての 飛行は厳しい訓練の賜物  垂直に急上昇する4機の英姿高高度から一気に [続きを読む]
  • 雑草には手を焼いています
  • 庭に雑草が生えて困ります、荒砂を敷き詰めてはいますがより厚くしようと 荒砂を追加しました。今回は 砂の追加のみ  垣根とか植栽の手入れ草刈りは後日 砂屋さんはリモコンを操作するのみ 汗一つかきません 木 蔦 竹などはどんどん成長します、手入れしなければ手に負えなくなります。 目に余るので垣根の蔦の枝を半分切りました石を縁取るように ”龍の髭”を植えていましたが 植栽はスッキリと取ってしまいました雑 [続きを読む]
  • 献上そば 羽根屋   出雲市
  • 出雲蕎麦の老舗と言えば 出雲に住む私たちの年代なら  献上そば 羽根屋でしょう献上そば羽根屋  出雲市今市町本町の本店で久しぶりに食べました蕎麦の味について一家言ある方が有りますが 私は全く 拘りはありません 美味い おいしい また来よう そんなおもいですこの日は 1人で 羽根屋の前を通った時間が11:40 急な思いつき 食べたい! 入店しました実は何十年ぶりです。 でも 出雲伝承館内の羽根屋へは年1回 [続きを読む]
  • 煩わしい選択
  • 高齢者にとって 複雑なデジタル機器・電気製品は苦手になりました 最近、大型家電量販店へ行くこともありません,欲しければエディオンのI君にお任せです。D社の店頭無料相談会からお客さん扱いされ宣伝物を頂きました、先日も大きなDMを見てスマホにしようか?ドコモ⇒ ドコモ⇒ソフトバンクまたドコモに変えています   SB社のオープンイベント前を通っても無視、”ムッ”客扱いしません、ターゲットはヤングに絞っているよ [続きを読む]
  • 鷲羽山から瀬戸大橋をのぞむ
  • 児島市内から 下津井港へ それから帰る途中に鷲羽山へ立ち寄りました。鷲羽山展望台から 瀬戸大橋を今回は 四国へは渡りませんでした いつか バイクツーリングか 自転車車載して ”四国遍路”もしなければ、気力体力信仰心が有るうちに。元気な女性ライダーは ハーレーの大型バイク   足つきはバレリーナ(つま先立ち) [続きを読む]
  • 「遺書」    森喜朗著
  • 「遺書」東京五輪への覚悟 森喜朗著メディアからネガティブキャンペーンにあって、シナリオはすっかり 悪代官になっています      手籠めどころか百合子姐に噛みつかれるありさま、TV新聞を見ている方にはそう思われるでしょう。医者から”1年の命”と宣告も、 新薬が体にピタッと合って元気回復、オリンピック成功が著者の集大成でしょう。死を覚悟した著者が 真実を語った内容は実名も有り 然もありなん  著者の [続きを読む]