鬼家雅雄 さん プロフィール

  •  
鬼家雅雄さん: 北杜市・自然の中で
ハンドル名鬼家雅雄 さん
ブログタイトル北杜市・自然の中で
ブログURLhttp://sizen068.blog95.fc2.com/
サイト紹介文山の中の独り暮らし、片目を失い行政や医療との関係、そして孤独死寸前までを綴ります。
自由文雑木林の庭の真ん中に沢が流れ、ヤマメも泳いでいます。不便な場所なのに自動車に乗るのを止め自転車に乗りはじめました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2010/07/31 10:52

鬼家雅雄 さんのブログ記事

  • 人は死んで名を遺すと言うけれど
  • 人は死んで名を遺すと言うけれど、名誉な事もしてはなく、地位も財産もない、ヨボヨボの老人になってしまいました。前回に続いて過去に造ったものを載せます。井戸に名を遺しても・・・・井戸とポンプ室・三十数年前に造った井戸で、主な道具はバールとチェーンブロックでした。この場所は石と砂の層から出来てスコップで掘れるような場所ではありません。石の周りの砂を取り除き吊り上げて石を出すの繰り返し、難工事でした。ポン [続きを読む]
  • 我が庭の橋
  • 眼が不自由になり毎日何もせずにいますが、過去は結構身体を動かしいろいろな物を作っていました。一番大きなものは家ですが写真はブログに何度も載っていますので省略します。いろいろ造った中で今回は橋を載せたいと思います。ただ、数年前に1度載せましたが、当時と見てくれる人もだいぶ替わりました。次回は橋以外のものを載せたいと思います。屋上をつなぐ横断歩道橋庭の中に沢が流れています上流の橋中流の橋下流の橋池を渡 [続きを読む]
  • 庭から山を・庭は石だらけ
  • 春とは言え名ばかりで朝はマイナスの気温。池の表面は薄い氷が張っている。眼病のため行動範囲は庭だけで、写真の対象となるものはあまりない。天気が好いので庭に出て見ると山がきれいに見えていた。甲斐駒ケ岳や南アルプスや八ケ岳。庭とは言っているが、雑木林の原野であり、大昔に土石流が起きたのか何十トンもある大きな石が沢山あり、石を集める事は不可能だが、もし集められたら敷地面積の1割の100坪以上はあるだろう。天然 [続きを読む]
  • ランキング
  • FC2のブログを書いてから8−9年になりますが、FC2のブログの人が訪問してくれると、訪問者リストを見れば誰が訪問してくれたのかわかると言う事を最近まで知りませんでした。過去にさかのぼり、訪問者のブログを見ることにしました。今は訪問したくれた翌日にすべてのブログを見ることにしています。私もランキングに参加していますので、マークがありますと、FC2、ブログ村、その他のランキングの優先順位で1つだけ してき [続きを読む]
  • 歳はとりたくないね
  • 2月の半ば、トイレに行き便器に座る時膝に激痛を感じた。昨年11月24日の初雪の時に怪我をしてから、1日中炬燵に入り霞んだ眼でテレビを見たりDVDを見たりして、運動は何もしなかった。散歩も危険なうえにトボトボ歩いていればボケ老人の徘徊に見られてしまう。筋肉もだいぶ衰えてしまったようだ。ただ、パソコン室などの椅子に座る時は痛みは感じなかったのに、多分、高さや脚の開き具合の違いだろう。このままの状態を続けていれ [続きを読む]
  • 福寿草・障害者
  • 上の写真の木の根元付近に福寿草が植わっています。この写真を撮った近くで昨年の初雪の日に転倒し怪我をしました。医師はすぐに治るだろうと5日分の痛み止めを処方してくれましたが、3ヶ月経った今も痛みは残っています。多分骨に異常が起こったのでしょう。越冬は大変でしたが、雪が少なく最低気温がマイナス7−8度と暖かいのが救いでした。昨日庭を見ると福寿草が咲いていました。ここには2株しか植わっていませんが、昨年は10 [続きを読む]
  • 2017年の福祉・ボランティア・他
  • 月日曜日文1.04水後藤夫妻が訪問してくれた。1.05木福祉課の二人が来て障害者手帳を申請するように言われたが断った。一昨年も手続きに入ったが、白州診療所の村田眼科医の行為により中断されてしまった。一度梯子を外された者がまた梯子を登れと言われても・・・。全盲の寸前に手帳を取得しても役に立たない。既に福祉課には独りで生活が出来ない視力になったら自死すると告げてある。1.12木福祉に関するアンケート用紙が郵送され [続きを読む]
  • その後
  • 雪の中の転倒の痛みはだいぶ治まったものの、まだ痛み完治は来年にずれ込むようですが、実生活に影響はありません。内科の病気は心房細動も大きなものは起こらず、血圧も安定し昨年のような肺炎や風邪にもかからず、順調そのものです。眼科には20日に行ってきました。視力検査はそれほど悪くはなっていませんでしたが、実際の生活では最悪の状態です。例えばパソコンも満足に使えない状態が起きたり、テレビも画面がはっきり見えず [続きを読む]
  • 転倒してから1週間
  • 11月24日 雪のち曇前回のブログと一部重複します。起きると雪が降っていた。11月にこれほどの雪を山梨で経験したことはなかった。越冬生活は初雪から福寿草が咲くまでと定義している。灯油は12缶買ってあるが、マイナス10度にもなる所で1カ月の使用量3缶とは、厳しい越冬になるが春まで何とか頑張ろうなど思いながら雪の降っているのを見ていた。わずかな時間後転倒事故が起こるとは思ってもみなかった。この付近は郵便物は午前中 [続きを読む]
  • 初雪・転倒
  • 今朝起きると雪が7−8センチ積もっていて、その後も12時半過ぎまで降っていた。12時10分ごろはまだ降って積雪は平均して10センチ程度でした。降っている中、今夜冷え込みそうなので不凍栓を締めに外に出た。右手で傘を差し左手でカメラを持って注意しながら歩いたつもりだったが、写真3枚目の木の付近にあった丸い縁石の上に乗ってしまった。アッと言う間の出来事で左腰の上の後ろを強打して、しばらくは起き上がれなかった。2−3 [続きを読む]
  • 今年の庭の紅葉は綺麗でなかった
  • 今朝の気温が2度とまだマイナスではないが寒さを感じる季節となりました。色づき始めた頃に強い風が吹き、葉が落ちたり長雨の関係か色づきが綺麗でなく、この数年で最低の景色と言ってもいいでしょう。庭からの甲斐駒ケ岳眼に関する文へのリンク年月日タイトルメモ 2015.10.28つまみ食い「山梨」 弟のブログ・山梨大学付属病院に行った時の感想2015.11.08眼科医・村田博昭 対 患者 木内正夫北杜市立の診療所で本人の承諾を得ない [続きを読む]
  • クリタケ
  • この周辺は9月下旬から11月上旬までクリタケが沢山生えて地元や甲府の方からもキノコ採りに大勢の人が来ましたが、開発や雑木林を切って別の木を植林などを行ったために、キノコは採れなくなりました。近頃、庭に出ることも少なくなり、昨日庭に出て見るとクリタケが少し発生していました。採ってみましたが量が少なく料理するのも面倒なので、捨ててしまうかも。「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけ の協力お願い [続きを読む]
  • 屋根の一部修理・老動者
  • 前回の更新で書いたように12日から弟と約40年前に建てた風呂場などの屋根の修理を始めました。内装工事を解体してすべてを替えればよいのですが、費用も掛かるうえに長期の工事になるので、屋根の上に屋根をはる方法を選択しました。二人合わせて146歳、労働者というより老動者と言った方があっているような気がします。低い屋根とは言え眼の不自由な私、あまり動かず監督だけしていました。一日目は二人でホームセンターに材料を [続きを読む]
  • 片づけはじめて4か月
  • 前回の更新から1か月が過ぎてしまいました。季節も寒さを感じるようになり、庭の朴の葉もだいぶ落ちて空が見えるようになりました。小説「朴の葉の落ちるころ」は殆どが実話で弟があるところに応募するため付け加えた部分がありました。そのころから約1年が過ぎようとしています。眼も段々と悪くなりましたが、何とか来春までは完全な失明はしないで欲しいと願っています。「飛ぶ鳥跡を濁さす」出来るだけ負の遺産だけは残したくな [続きを読む]
  • 朴(ほお)の葉の落ちるころ--普通表示版
  •  朴(ほお)の葉の落ちるころ--普通表示版 (小説です実話ではありません)メールフォームから動いている文字は読みにくく、途中から読めないと言う投稿がありましたので、通常の表示で載せることにしました。                            目の前に深い滴るような緑がある。光が木々の間を縫って苔むした岩や、群れた篠竹や、生い茂った雑草の上に降り注いでいる。耳の存在を疑うほど静かだった。 頼み [続きを読む]
  •  朴(ほお)の葉の落ちるころ
  • 早くて読めない場合はマウスオンで止まります。 朴(ほお)の葉の落ちるころ (小説です実話ではありません)                             目の前に深い滴るような緑がある。光が木々の間を縫って苔むした岩や、群れた篠竹や、生い茂った雑草の上に降り注いでいる。耳の存在を疑うほど静かだった。 頼みたいことがあるから来てほしいと、里山に独り住む兄の田原真一から電子メールが入ったのは二日前 [続きを読む]
  • ウバユリ (2)
  • この2週間ほど猿は来ませんでした。ウバユリの花を十数年ぶりに見ることが出来ました。花の見ごろが過ぎましたら種をつけると弱るので摘んでしまいます。「70歳以上」「北杜情報」のどちらか一つだけ の協力お願いします。 [続きを読む]
  • ウバユリ
  • ウバユリ前回の更新から1か月近く過ぎてしまいました。1か月過ぎると広告が出てしまいます。書くことはないのですが更新しないと。パソコンを見るのが眼がかすんで大変になってきました。多少の不自由はありますが普通の生活は大丈夫です。「立つ鳥跡を濁さず」身辺整理をしています。金銭とか女性問題はありませんが、整理整頓の方の整理、20数年間のゴミを毎日片づけをしています。10数年前に種を蒔いたウバユリが後2−3日で咲き [続きを読む]
  • パソコン室・モリアオガエルのオタマの引っ越し
  • 前回の更新からだいぶ経ってしまいました。眼は悪くなっていますが見た目は元気でいます。写真上は4畳ほどの広さのパソコン室で通販の発注やブログの更新などを行う部屋です。写真下は別の部屋にあるパソコンで主にエクセルや日記などの個人情報専用で使っています。XPですがネットにつないでいませんので情報は洩れないと思います。卵塊1個のオタマジャクシ約300匹も大きくなり、すぐに水が汚れ水替えなども大変なので池に引っ [続きを読む]
  • モリアオガエル・ホタルブクロ・ドクダミ
  • 前回に載せたモリアオガエルの卵塊からオタマジャクシが誕生した。20日ほど育てて池に放つことにするつもり。今年は招かれざる客になりたくなかったのか、4個だけの卵塊となった。蛙が私の病気に理解してくれたと考えたい。好い池を探当ててほしいと思う。水が濁っているが卵塊の溶けたもので問題はない。1センチ程度のオタマです。FC2のブログに解析というのがあり、見るとサントリーのブログから訪問してくれた人がいた。サント [続きを読む]
  • ボランティア・モリアオガエル産卵(2)
  • 15日、KITAHOさんの送迎で韮崎市立病院の眼科に行ってきました。いつものリンクにメモ程度追加記入の形で書いておきました。梅の収穫は7月に入ってからですが、収穫しやすいようにKITAHOさんが刈払機を持参で梅の木の周辺などを刈ってもらいました。その他、剪定や危険な枯れ木を倒す事などの作業をしてらいました。玄関前に小さな池があったが、昨年土を入れて湿地にして芹、クレソン、水芭蕉などを植えてしまいました。雨の降っ [続きを読む]
  • モリアオガエル産卵・ジギタリス
  • 久しぶりに池の方に行ってみた。庭の中の池だが近頃では危険なのでなるべく行かないようにしている。大きな池の隅にモリアオガエルの卵塊が1個と小さな池にも1個あった。まだ数も増えるかもしれないが、蛙の命を心配する余裕がなくなってしまった。上の写真が大きな池の隅の卵塊。庭ではジギタリスしか咲いていなかった。動物の被害は凄く、今回も斑入りのホトトギスをイノシシに掘り起こされていた。テンナンショウの仲間のマムシ [続きを読む]
  • 山梨・甲斐の国から黄泉の国への引っ越し準備
  • 下の写真は約30年前に家を自作した時のものです。大工の経験のない私、独自の方法を考えて作ることにしました。材料は10センチ×5センチ。図面を描き計算しやすいように屋根勾配は30度として屋根部分の材木の交差する中心点を三角関数を利用して計算、筋交いは三平方の定理を利用して計算し、寸法を間違わないように材木に穴を明けたり、切断しました。それを1本1本ボルトで一人で組み立てました。登ったり降りたり何回も繰り返し [続きを読む]
  • 的外れ・ツチアケビ
  • 鹿らしき動物被害が続いている。以前はここでも畑を作りジャガイモ、インゲン、トマト、キュウリ、ナスなどを作っていた。特にイノシシの被害が酷く、それならイノシシを捕えて食べればと思い1週間かけて縦横90センチ高さ180センチの穴を掘り、細い竹で穴を隠し芋を載せておいたが芋を盗られ捕まらなかった。今回も鹿をボーガンで射殺して食べれば食物連鎖と思った。パソコン室にあるボーガンは約40年前に買ったものだが肝心の矢が [続きを読む]
  • 親族の集いと私の77歳誕生祝
  • きょうだいは8人いますが、我が家には誕生日を祝うと言う習慣はなく、両親から誕生祝をしてもらった者はいません。誕生祝いだけでなく、子供の日もなければ、反対に母の日や父の日もありません。正月は形式的に行なうだけで両親からのお年玉をもらった記憶もありません。行事のない家庭に育ち、76年間誕生祝いなどをしたことのない私の77歳の誕生祝をしてくれると言う事になりました。既に参加者や宿泊施設も手配が終わっていまし [続きを読む]