一未 さん プロフィール

  •  
一未さん: 一未のブログ
ハンドル名一未 さん
ブログタイトル一未のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/azukisos/
サイト紹介文ポエム(詩)とドラマネタを中心に、書いています。短い詩が主体になっています。
自由文恋愛詩を書くことがほとんどですが、短い中に心に響くような、そんな想いをこめて、ブログでも公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2010/07/31 21:05

一未 さんのブログ記事

  • 啼かない鳥は空に溺れる
  • 啼かない鳥は空に溺れる著者 : 唯川恵幻冬舎発売日 : 2015-08-06ブクログでレビューを見る?2組の母と娘の物語。女ならではの作風。女が女を描いている小説だと感じました。二人の女性、千遥と亜沙子の心情は、どこかでわかる気がする女性が多いと思います。全く違う人生であれ、どこかで母親がライバルであったり、友達であったりするもので、それは心の中に潜んでいるもの。良くも悪くも母娘とはそんな関係なのでは?最後に千 [続きを読む]
  • ゴールデンスランバー ビートルズの歌が流れる仙台の街
  • ゴールデンスランバー (新潮文庫)著者 : 伊坂幸太郎新潮社発売日 : 2010-11-26ブクログでレビューを見る?面白い作品。途中からは加速して読み進めました。どうなるの?ハラハラしながら、そこがいい。主人公の青柳もいいキャラですが、登場人物、全てがいい味出してます。そこも楽しめるし、ビートルズの音楽がちょろちょろと出てくるのが、またいい味出してます。ひとつだけ、疑問が残っています。どうして青柳が標的になった [続きを読む]
  • 私が今ほしいもの
  • 私が今、ほしいものは・・・キャンペーンに参加してほしいものゲット★13周年、おめでとう。欲しい物は数えきれないほどある。物じゃなく時間とか、ゆとりとか。形あるものなら、今欲しいものは…… チロルチョコ1年分 [続きを読む]
  • 夜は短し歩けよ乙女 恋愛ファンタジー
  • div class="booklog_html">夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)著者 : 森見登美彦角川グループパブリッシング発売日 : 2008-12-25ブクログでレビューを見る?山本周五郎賞受賞作。恋愛ファンタジー。星野源さんアフレコ映画化というので手にした作品。文体が独特です。コメディ要素が随所にあります。ファンタジーですから、どこか現実離れしています。面白いという評判も多くありますが、心ごと奪われる感じもなく、終わってしまいま [続きを読む]
  • 昨日は「過保護のカホコ」本日は「黒革の手帖」
  • 日本テレビ水曜ドラマ「過保護のカホコ」昨日は第9話。バタバタと事件がありましたが、カホコと初のラブラブ度はパワーアップしてましたね。でもでも〜カホコ(高畑充希)と初(竹内涼真)のハグは、邪魔者が入ってしまうという……。来週は、最終話とのこと!なんか早いです。あっという間。 詳しい感想は↓ 気がむいたらどうぞちょろっと書いております。 過保護のカホコ・第9話 ネタバレ このドラマで竹内涼真君いいなぁなん [続きを読む]
  • 今週のドラマと本日の楽しみ「空耳アワード2017」
  • 本日の楽しみは「タモリ?楽部」です。ドラマも好きです。基本、テレビが好き。夜の11以降の番組は、結構面白い。よく見てます。途中で眠ってしまうことも多々ありますが。今日の一押しは「タモリ?楽部」。「空耳アワード2017の後編」星野源さんがゲスト。先週もかなり笑ったけど。空耳アワー。いいよね。面白い。笑える。そういえば、直木賞作家の道尾秀介さんが空耳アワーの大ファン。投稿作品が放送された回がありました。htt [続きを読む]
  • ごめん、愛してる(ネタバレ注意) 
  • TBS日曜劇場「ごめん、愛してる」 7話のあらすじ(HPより) 交通事故を起こし生死を彷徨うサトル(坂口健太郎)。取り乱した麗子(大竹しのぶ)は理不尽にもサトルの運転手である律(長瀬智也)を責め立てる。そして、サトルが事故を起こした時間に律と一緒にいた凜華(吉岡里帆)は、サトルから救いを求める着信に気付いてあげられなかったことに自責の念を抱く。その後、サトルの意識は戻るものの、医師からは将来的に心 [続きを読む]
  • 二宮和也&木村拓哉共演 映画「検索側の罪人」原作の雫井脩介作品
  • 犯罪小説家著者 : 雫井脩介双葉社発売日 : 2008-10ブクログでレビューを見る?裏の裏を読まずストレートに読んでいけば、犯人はわかるかも。犯罪がどこで出てくるのか途中までわかりませんでした。微妙なラストは、主人公のその後を想像するものがあります。ハッキリと終わらせていない感じ。曖昧なラスト。逆を言えば、想像をふくらませる終わり方。集団自殺、自殺サイトという暗いテーマに読みふけることはできなかったけど、 [続きを読む]
  • 復讐したい 山田悠介 殺人の復讐は殺人!
  • 復讐したい著者 : 山田悠介幻冬舎発売日 : 2011-04-21ブクログでレビューを見る?短時間に読める一冊。ストーリーを追いかけたくなる。そこは花丸。家族を殺された者が復讐をする。法律に定められた「復讐」は、犯人を死においやるために被害者家族が復讐に命をかけること。孤島での戦いは、緊迫感もありそれなりに楽しめる。リアルな世界にありそうな宗教団体もでてくるのですが、そこはあまり深く描かれておらず、残念でした。 [続きを読む]
  • 伊坂幸太郎 終末のフール
  • 終末のフール (集英社文庫)著者 : 伊坂幸太郎集英社発売日 : 2009-06-26ブクログでレビューを見る?八年後に小惑星が衝突し、全人類が絶滅する。パニックの時期5年を経過した、仙台のマンション「ヒルズタウン」を舞台に、死にむかって生きる人間模様。全部で8編。「終末のフール」「太陽のシール」「籠城のビール」「冬眠のガール」「鋼鉄のウール」「天体のヨール」「演劇のオール」「深海のポール」ヒルズタウンを中心にして [続きを読む]
  • 過保護のカホコにハマる理由
  • す今期ドラマの中で回を追うごとに面白くなるドラマ。日本テレビ水曜ドラマ「過保護のカホコ」。主役の根本加穂子(高畑充希)。母・根本泉(黒木瞳)、父・根本正高(時任三郎)。過保護で育ったカホコが恋する人・麦野初(竹内涼真)。他に、祖母に三田佳子、祖父に平泉成、西岡徳馬、など豪華な顔ぶれ。過保護で育ったカホコ(高畑充希)が恋をして成長して自立していくのを描いたドラマです。初回放送は「なにこれ?」と思っ [続きを読む]
  • 「6TEEN」石田衣良 
  • 6TEEN(シックスティーン) (新潮文庫)著者 : 石田衣良新潮社発売日 : 2012-06-27ブクログでレビューを見る?直木賞受賞作「4TEEN」の続編。14歳の彼ら(テツロー、ナオト、ダイ、ジュン)が16歳になって登場。月島が舞台。テツローが語る「16歳」「月島」が描かれている。「4TEEN」の感動には負けるかもしれないけど「16歳」の男子のハートがなんかいいね。けだるさとやる気が入り交ざったような。初めての出来事にドキドキの緊張 [続きを読む]
  • LOVE or LIKE 愛してる?好き? 問いかけてみたら……。
  • LOVE or LIKE (祥伝社文庫 ん 1-45)著者 : 石田衣良祥伝社発売日 : 2008-08-30ブクログでレビューを見る?祥伝社文庫から文庫化したアンソロジー小説。タイトル通り、好きと愛してるの違いがわかる!?「綺麗」な小説の集まり。どれも描写が綺麗。映画を観ているような綺麗さ。ドロドロ感のない恋愛小説。石田衣良の『リアルラブ?』、中田永一『なみうちぎわ』、中村航『ハミングライフ』、本田孝好『DEAR』、真伏修三『わかれ [続きを読む]
  • 死神の精度 伊坂幸太郎
  • div class="booklog_html">死神の精度 (文春文庫)著者 : 伊坂幸太郎文藝春秋発売日 : 2008-02-08ブクログでレビューを見る?日本推理作家協会賞(短編部門)受賞作。表題作ほか、「死神と藤田」「吹雪に死神」「恋愛で死神」「恋路を死神」「死神対老女」を収録。主人公は死神。死神といえどなぜか憎めない。クールなようでいて、どこか人間味も感ずるような死神。その名は千葉。千葉が追いかける人物は、死を目前としている。千葉 [続きを読む]
  • 警視庁いきもの係の原作「ペンギンを愛した容疑者」
  • ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)著者 : 大倉崇裕講談社発売日 : 2017-06-15ブクログでレビューを見る?講談社文庫・フジテレビドラマ「警視庁いきもの係」原作。元捜査一課の鬼刑事・須藤友三と薄圭子のコンビが事件を解決する大好評シリーズ「警視庁いきもの係」の三作目。1、2作は未読ですが、すんなりと3作目からもOKでした。薄圭子のボケっぷりが笑えます。刑事物ですが、そこかしこに笑いもあり、楽 [続きを読む]
  • 国立劇場 歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚」
  • 平成29年7月歌舞伎鑑賞教室「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚(きいちほうげんさんりゃくのまき いちじょうおおくらものがたり)」一條大蔵卿長成  尾上菊之助常盤御前     中村梅枝鬼次郎女房お京  尾上右近吉岡鬼次郎    坂東彦 三 郎***7月某日。国立劇場へ。観劇したのは「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚」。歌舞伎鑑賞教室なので「歌舞伎のみかた」の教えがあります。私は歌舞伎について、ほぼ無知なので、この「歌 [続きを読む]
  • 月9「コード・ブルー」主題歌はミスチルの「HANABI」
  • フジテレビ月9「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜」いよいよ7月17日(月)スタート。初回から緊急事態の救命シーンもふんだんにあり、かなり見応えあり。 不調の月9。久々のヒットではないかと思われます。昨日の視聴率は、16.3%。主役の藍沢耕作は勿論、山下智久(山P)。前シーズンのドラマ「ボク、運命のひとです。」の神様の役とは全然違い、クールでチャラくない山P。どっちも魅力的。白石恵(新垣結衣)もあの「 [続きを読む]
  • 愛してたって、秘密はある。 初回放送 ネタバレ注意
  • 日本テレビ「愛してたって、秘密はある。」昨日は初回。主人公・奥村黎(福士蒼汰)、恋人・立花爽(川口春奈)。奥村黎の母親(鈴木保奈美)、立花爽の父親(遠藤憲一)、立花爽の母親(岡江久美子)、立花爽の兄(賀来賢人)。ほかに、風見忠行(鈴木浩介)、山田隆也(柄本時生)ら豪華キャスト。 あらすじ(HPより)弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は、同期の司法修習生・爽(川口春奈)と交際中。黎は爽からプロポ [続きを読む]
  • 「ごめん、愛してる」初回!ネタばれ注意
  • TBS日曜劇場「ごめん、愛してる」初回視聴率は、9.8%だったとか。日曜劇場の枠は、かなり高視聴率の枠なので、これは微妙なところかな。「ごめん、愛してる」は、韓国ドラマのリメイク版。主人公の律は長瀬智也。長瀬智也、久しぶりの恋愛ドラマ。第一回(初回)は、自分を捨てた母親を探し出すまで。第二話は、15分拡大。 公式HP・あらすじ 母親・麗子(大竹しのぶ)がサトル(坂口健太郎)を溺愛し、裕福な暮らしをしている姿 [続きを読む]