プライム さん プロフィール

  •  
プライムさん: 錆色港町
ハンドル名プライム さん
ブログタイトル錆色港町
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/prime-shimizu/
サイト紹介文エスパルスとか鉄道模型の話とかを、地元清水と絡めながら徒然と・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2010/08/01 01:19

プライム さんのブログ記事

  • みやか と ともえ の清水小景  旭町 新世界通り
  • (画像は で拡大します)みやかとともえの清水の愛すべき風景紹介第2弾です。今回は旭町の新世界通りです。未だに昭和の繁華街の空気を色濃く残していて、街並み見たさについつい足を運んでしまう路地です。飲みに行く訳じゃないですが・・・。描かれているキャラクターはエスパサポ4コマから、“辻ともえ”(左)と、“折戸みやか”(右)です。あと、細かい所ですが、二人が持っているカップは、ともえ(左)がタケダの生 [続きを読む]
  • しみずせんろめぐり
  • 君のGWは輝いていたかい?俺の場合は、まぁまぁそれなりに楽しかったさ、良い天気だったしね。車でちょいと遠くに出かけるのも良いけどさ、身近な景色の中を薫風と共に歩んで行くのも悪くないですぜ。今回は横砂からスタートします。国道1号線バイパス脇の廬崎神社(いおさきじんじゃ)です。なんか相撲が有名らしいです。ガチの地元じゃないんで詳しくありません。(すいません)せんろめぐりって言う位だから鉄道関連の施設を巡 [続きを読む]
  • VS ベガルタ仙台
  • 0-3敗戦。後半酷かった。ゲーム作れるボランチどこかに居ませんかね?せめて攻撃で「惜しいぃぃぃ!!」ってシーンがもっとあれば良かったのだけどねー・・・。ゲーム内容は今更俺があれこれ言ってもしょんない所です、チームには顔を上げてもらうしかありません。さて、唐突ですが昨季と今季のスタジアムを比べて一番感じるのは観客の多さです。これからのチームの成績も重要ですが、今の所、コンスタントに15000人以上は入るよう [続きを読む]
  • VS 鹿島アントラーズ
  • 2-3悔しい逆転負け圧力をかわす術がまだ足りないと言うか、まぁ、脚が止まっちゃったから何ともいえませんわ。ただ、今日は勝ちたかったなぁーと。開幕ではなかなか見えなかった攻撃のパターンもあったし、2015年の3-0を3-3にされた山形戦みたいな悲壮感は無いっす。課題がはっきり見えてくるのはいい事だと思う。もっともっと見ていたいんだ、このチームを。いやーそれにしても疲れましたわ。久々のゴール裏は。取り留めも無い記 [続きを読む]
  • とりあえず2月分
  • えー、2月も最後になりました。何か書こう書こうと思っているうちに、ここまで来てしまいました。ちょっと2月は忙しかった。土日もお仕事やってたりしたんでブログは休ませて頂きました。エスパルス勝てませんで、がっかりですわ。まぁ、最初の試合だからね〜って楽観的な見方も多少してますが、開幕戦は良い所も見つける方が難しく、怪我人も多いので気も滅入りますわ。3月もちょっと忙しそう。まぁぼちぼち行きますよ。 [続きを読む]
  • 黄昏の小迷宮
  • 桜橋の交差点の下の地下道です。ちょっと格好つけて"小迷宮"なんてタイトルつけましたが、大した事はなくて、慣れている人にとってはいつもの通り道だと思います。徒歩なら、まぁ思ったとおりに階段なり地下道なり進めば良いと思いますが、たまに自転車で行くと、あれれ〜おかしいぞ〜。どうやって向こうへ行くんだっけ??なんて事があります。初見殺し・・・とまでは言いませんが、近いものはあるかな?ドラクエのダンジョンにあ [続きを読む]
  • 風薫る街角
  • 年が明けて初めての投稿になってしまいました。今更ですが、今年もよろしくお願いします。最近は、どこかへ行ってきました!とか、珍しいモノ見つけました!的な記事が多くなった様な気がしています。まぁ、それはそれで続けるとして・・・以前は、フツーの景色のフツーの日常を集めていたはずなので、ここらで軌道修正します。清水区役所の付近です。J-オイルミルズの工場を写しました。古い言い方だと、豊年製油です。ネットがい [続きを読む]
  • 2016年 今年は本当にお世話になりました。
  • 2016年もあと少しですね。え? どんな年だったかって?総じて良い年だったと思うよ。J2で始った今シーズンのエスパルスは1年でJ1に復帰できたし、アイスタ開催試合はぜーんぶ見ることが出来たし、ハルチカやラブライブ!サンシャイン!!では、よく知っている場所が舞台として描かれて、改めてそういう場所を訪れる楽しみを味わうことが出来たし、その界隈での知り合いが増えたし、そういった交流の中で見聞を広めることができて [続きを読む]
  • 旧丸井ビルが無くなりました。
  • 「ついこの間まで見慣れてた風景があっちで朽ち果て、こっちで廃墟になり、ちょっと目を離すときれいさっぱり消えちまってる。それにどんな意味があるのか考えるよりも速くだ」(劇場版 機動警察パトレイバーより引用)再開発なんて言葉を聞いたり、実際に現場を見るたび、このセリフが思い出されてしょんないです。清水駅前の旧丸井ビルの解体工事が始まりおよそ半年、日々低くなっていく仮囲いでしたが、ついにそれも撤去され、 [続きを読む]
  • VS ファジアーノ岡山
  • 2-1ホーム最終戦、悲鳴と歓声と拍手に終わる。最後ねぇ・・・ATは心臓が止まるかと思った。いつ終了のホイッスルが鳴ったか分からなくて西サイドの空気は「え?、え?、終わったの?」って感じだったさ。だからなのかもしれないけれど、爆発的な歓声でなくて、「やれやれ〜」ってほっとした後の疲労感がそこら中に漂ってた。今シーズン、とりわけ後半戦においては、ATに焦れるような擦れるような展開を劇的に勝ちきってきたエスパ [続きを読む]
  • VS 京都サンガF.C.
  • 4-1総力戦。残り試合が少なくなってきました。日程が立て込んで参りまして、いつまでも勝利の余韻に浸っている暇は無くなってきました。ちょっと怪我絡みでスクランブルな交代が続いて、それでも交代で入った選手が上手く持ち味を出せたのではないかと思います。ほんとギリギリの所でメンバーを回しています。総力戦です。最後CKから失点しちゃったけど、ゴール裏は一瞬負けたかのような雰囲気だった。セットプレーなら仕方ないか [続きを読む]
  • 愛鷹に行ってきました。(沼津VS八戸)
  • えー、普段は日本平で開催されるエスパルスの試合ばっかりで、カテゴリーに関係無く他チームの試合は殆ど見ない私でありますが、静岡県で元清水の市川大祐のプレイヤーとしての勇姿が見られる最後の機会とあれば行くしかない・・・と、言うことでやってきました愛鷹広域公園。本日のプログラムは、アスルクラロ沼津VSヴァンラーレ八戸です。清水から東名乗って愛鷹PAで降りてすんなり着きました。冷たい風が強めに吹いていて寒かっ [続きを読む]
  • VS FC町田ゼルビア
  • 2-0決めるべき時に決めるべき人が決める。それだけで良いのです。河井いなかったし、三浦もSBでやりにくそうだったし石毛は相変わらずだし。なかなか前に良い形で運べない展開に不安はあったさ。そんな時後押しするのがスタンドからの声援な訳ですが、ここ何試合かは入場者数が1万人前後で、ホームの迫力がちょっと足りない。おっさんの昔話になっちゃうかもだけど、何年か前のダービーとか、レッズ戦とかね。あの時のような、何が [続きを読む]
  • 聖地観測
  • 台風が過ぎまして、見上げればこれぞ秋晴れ。と言わんばかりの青空が広がっていました。ラブライブ!サンシャイン!!がとりあえず終わっちゃいましたが、未だ余韻に浸っている今日この頃でございます。自分、好きな作品があると、その風景とか空気とかに常に触れていたいとか思っちゃうめんどくさい性分なんで、淡島とか内浦とか行きたいな、鯵だけでも食べに行きたいなとか思っていますが、清水からだとビミョーに遠いんですね。 [続きを読む]
  • VS 水戸ホーリーホック
  • 2-1水戸戦第二幕、土壇場の逆転劇今日は体の疲れが抜けなくてねぇ・・・こんな状態で西サイドの2階席行って90分立ちっぱなしで応援したら疲れすぎて泣いちゃうよ!!と言う位ヘロヘロな状態であったので、雨もそこそこ防げる1階席でまったり観戦を選んだのであった。・・・が、結局のところ、また泣かされる事になるのである。エスパルスに。攻めるも守るも焦れる場面が多くて、失点してからは水戸の時間を稼ぐプレーにひたすら、 [続きを読む]
  • VS モンテディオ山形
  • 3-1王の帰還。 想いよひとつになれ。応援していて、こんなに疲れた試合は久しぶりだ。昇格枠を争う上で、もう引き分けですら勝ち点は落したくない落せない状況。 そこに王様、元紀の復帰。これがどれほど嬉しくて心強かったか、実を言うと元紀がアイスタに入ってきた時から涙が止まらなかった。でも、まだ試合始ってなかったし「試合終了まで泣くんじゃない」と心に言い聞かせながら試合中は応援に集中・・・しようと心がけたけ [続きを読む]
  • VS 水戸ホーリーホック(天皇杯)
  • 3-0水戸戦第一幕、快勝。奪われても喰らいついてピンチらしい場面もあまり無かった。攻撃はラストパスのとその一本前のパスの場面がちょっと甘くて、そこにもうちょっと精度があればもっと早くに楽になっていたかも。クロスも同じ様なもので、悪くないんだけど誰も合わせられないのとか、割とあったように感じます。チャンスシーンは白崎が随所に顔を出してきました。無くてはならない選手になりつつあって嬉しいです。そこを言う [続きを読む]
  • VS 関西大学 (天皇杯)
  • 2-1塩試合制す。天皇杯に内容を求めてはいけない。とにかく勝たなければ前に進めない。ま、それは勝って上位に行かないと昇格できない今のリーグ戦でも同じですが、それはそれ。前半早いうちに主導権を握れなかったので、しょっぱい内容は予想通り。連携とか、お互いを意識するだとか、言わば急造チームでそりゃ難しいところはあるでしょう。でも、サブにいる選手はなぜサブにいるのか薄っすら分かる試合であったと思います。石毛 [続きを読む]
  • VS V・ファーレン長崎
  • 2-0前半?なにそれ?ホント、前半はあくびしながら見てた。キムの右サイドがあんまりだったし、河井は狙われていたし、でも、長崎の選手はこっちのボール回しにどんどんプレスに来ていたから、我慢して失点しなければ後半チャンスはありそうな気はしていた。失点しなければって言うのも相手の精度に助けられてるけどねぇ・・・後半はシュートも見られるようになった上に、相手の脚が止まりだして、交代カードも効果的だったかな。 [続きを読む]
  • VS FC岐阜
  • 2-0決めるべき時に決めると結果がついてくるのです。ドン引き相手にてこずったけど、こっちもメンバーが変わって、まぁやり難そうでした。サイドの攻め方がシーズン当初に戻ったかのような感も受けましたが、実戦で合わせて行くしかないのでしょうな。もうちょっとテンポ良く前へ前へチャレンジして欲しいものですが、今日は相手が食いついてこないのでそれもなかなか上手くいかない状況でした。でもそこを決められたのは良かった [続きを読む]
  • 軌道の下で名を残すもの
  • 先日ツイッターでフォロワーさんに教えてもらったプレートを見てきました。東海道新幹線の巴川橋りょうです。東岸です。近づいて見ると色々なプレートが貼られていますが、この写真右端の方に一際茶色いプレートがあります。「東海道幹線清水地区工事関係者」とあります。まだ新幹線と言う言葉が浸透する以前に作られたものでしょうか。今で言うと新東名を第二東名と呼ぶようなものでしょうね。1963.8とありますから、今から53年ほ [続きを読む]